国営 明石 海峡 公園。 淡路島国営明石海峡公園の口コミ一覧

淡路島国営明石海峡公園:近畿エリア

国営 明石 海峡 公園

淡路島国営明石海峡公園は、四季折々の花が咲く国営公園です。 淡路島の玄関口となる明石海峡大橋から程近い場所で、東京ドームの約9個分の広大な敷地が誇ります。 淡路島国営明石海峡公園では、日本最大級の立体的な花壇でお花を楽しめます。 関西最大級の複合遊具で子供と遊べます。 淡路島の自然を満喫できます。 淡路島では非日常体験へと誘う拠点となる観光施設となっています。 淡路島国営明石海峡公園は、国際交流に相応しいリゾート感溢れる海辺の園遊空間をコンセプトに造成された国営公園です。 約100ヘクタールに及ぶ敷地は、関西空港の埋め立て用の土砂として取り除かれた更地でした。 淡路島の自然・歴史・文化を感じられる庭園として整備されました。 淡路島の海と空と緑の大パノラマを取り入れた四季折々に色づく見事な花風景を演出しています。 淡路島国営明石海峡公園のテーマは、「自然と人との共生、人と人との交流」です。 2000年には、淡路花博ジャパンフローラ2000の会場となりました。 世界各国の庭園が大集合した「国際庭園」、世界各国の花が展示された「花の館」、人と自然との共生を紹介した「緑と都市の館」、パフォーマンスを披露された「ふれあいステージ」などが行われて約700万人が来場しました。 淡路島の自然溢れる空間で、花とふれあうことで自然との共生を感じながら、国際交流を通じて人とのつながりを育むことができます。 なお、駐車場は、淡路口駐車場、海岸南駐車場、ウェスティンホテル淡路地下駐車場と3カ所あります。 イベント会場や大型遊具や芝生広場などを利用する場合は淡路口駐車場、季節の花々が咲くお花畑などを利用する場合はウェスティンホテル淡路地下駐車場が便利です。 淡路島国営明石海峡公園の基本情報 名称 淡路島国営明石海峡公園 住所 電話 0799-72-2000 公式HP 開園時間 4月~6月(9:30~17:00)最終16:00 7月~8月(9:30~18:00)最終17:00 9月~10月(9:30~17:00)最終16:00 11月~3月(9:30~16:00)最終15:00 休園日 年末年始(12月31日~1月1日) 、2月第2週(月~金) 入園料金 大人(15歳以上)450円、シルバー(65歳以上)210円、中学生以下無料 2日間通し券(大人500円、シルバー250円、中学生以下無料) ペット同伴 可能 授乳室 あり(おむつ交換室) ベビーカー貸出 あり コインロッカー あり 駐車場 淡路夢舞台地下駐車場(600台)、淡路口駐車場(240台)、海岸南駐車場(160台) 駐車料金 500円(普通車)、1600円(大型車)、100円(二輪車) アクセス 神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分 淡路島国営明石海峡公園の四季の花まとめ 淡路島国営明石海峡公園は、花の公園として四季折々の花々を楽しむことができます。 春にはチューリップやスイセンにアジサイ、夏にはヒマワリ、秋にはコスモス、冬にはクリスマスローズなどが咲きます。 庭園では、一年中途切れることなく四季折々の草花や木々が色づきます。 園内を様々なカラーに染め上げます。 庭園は、広大な敷地を活かして季節の花が植栽されています。 起伏と曲線、森林や水辺でダイナミックな演出が施されています。 様々な工夫を凝らした花壇で魅せる四季の花は迫力満点です。 移ろいの庭、せせらぎ広場、空のテラス、花の谷、水の棚田、水の岩戸、春一番の丘、月のテラス、陽だまりの丘、ポプラの丘、大地の虹、滝のテラス、花の島、花の丘道と見どころ満載です。 四季折々の花が咲く淡路島国営明石海峡公園には、淡路島の豊かな自然を活かした幅広い植物群、花を美しく咲かせる園芸の技術が兼ね備わっています。 花によって感動できる体験を味わうことができます。 園内の様々な花壇の周辺には各所にベンチが備えられています。 飲食の持ち込みが自由となっていますので、家族やカップル、友達でお弁当を広げての花見をしながら休憩するのも楽しいかもしれません。 立体的にデザインされた関西 最大級の花壇となる「ポプラの丘」や「大地の虹」では、広大な敷地を活かして、淡路島の海や空、緑の山々を取り入れた花風景を楽しむことができます。 大地の虹では、季節の花が赤、黄、青、紫と色とりどりに帯状に並んだ花壇は虹のように見えます。 ポプラの丘では、海を眺める傾斜地に様々な種類の美しい花々が勢揃いします。 移ろいの庭では、朝日から夕日まで一日の移ろいから、春夏秋冬の四季の移ろいまで時間や季節の移ろいを感じながら散策ができます。 起伏に富んだ遊歩道と花壇が楽しませてくれます。 花のモニュメントとして、タコの形に花飾りを施したタコピアリー、震災からの再生と復活の祈りを込めた高さ4m長さ30mの超豪華な花火鳥があります。 インスタ映えの記念写真におすすめです。 淡路島国営明石海峡公園には、丘あり、谷あり、川あり、池あり、広場あり、森ありと淡路島の自然がいっぱいです。 自然との共生を考えてデザインされた美しい庭園といえるでしょう。 季節毎に変わる旬の花があちらこちらで咲き誇ります。 淡路島の「花の島」を象徴する公園です。 スイセン、チューリップ、リビングストンデージー、アジサイ、ヒマワリ、コスモス、クリスマスローズなど園内の各所のスポットで、春夏秋冬と一年を通して見応えのある美しい花風景が見られます。 庭園は、毎年ごとに植栽計画を変えて異なる表情に演出するために、リピーターにも飽きることがありません。 様々なフォトスポットの仕掛けられており、インスタ映えする記念写真が撮れることで人気です。 チューリップ 4月に、ポプラの丘と大地の虹で約250品種20万本のチューリップが見頃を迎えます。 関西最大級の規模です。 七色に見える花壇とオランダの風車をイメージしたモニュメントで人気のフォトスポットです。 チューリップが咲いているポプラの丘と大地の虹の2つのエリアは、約4600平方メートルの敷地を誇り、日本最大級の立体的な花壇となっています。 毎年テーマを変えてチューリップの配色をアレンジします。 見頃シーズンには「チューリップアイランドパーティー」というイベントが開催されます。 オランダの衣装の試着や撮影会、摘み取り体験やファッションショーなど、様々な企画を実施しています。 アジサイ 6月上旬から7月初旬まで、空のテラス周辺とせせらぎ広場で、16品種約1万4000株のアジサイが見頃を迎えます。 青やピンクや赤などの手まり咲きアジサイや額咲きアジサイをはじめ、白の大輪のアナベル、白色で八重咲きの隅田の花火など多種多様なアジサイが植えられています。 見頃時期には、トラムカーの夢ハッチ号がアジサイを見ながら楽しめる特別ルートを通って東口ゲートから淡路口ゲートまで片道25分で運行しています。 1日乗り放題300円で定員30名完全入替制です。 見頃期間には、アジサイのアレンジメント作り(参加料100円)とラベンダーのサシェ(香り袋)(参加料100円)などのアジサイクラフト体験を開催しています。 思い出の記念品を作れます。 春に見頃となるその他の花 春に見頃となるその他の花は以下の通りとなります。 河津桜(カワヅザクラ) 3月に、春一番の丘で、約100本の河津桜(カワヅザクラ)が見頃を迎えます。 淡路島で一番早いお花見となります。 セイヨウスイセン(西洋) 3月から4月まで、陽だまりの丘とやすらぎの森で、約7万株のセイヨウスイセン(西洋スイセン)が見頃を迎えます。 リビングステージー 4月から5月まで、陽だまりの丘で、リビングステージー約1万5000株が見頃を迎えます。 カラフルで光沢がありキラキラ光ります。 ネモフィラ 4月から5月にまで、ポプラの丘と大地の虹で、約10万株のネモフィラが見頃を迎えます。 ネモフィラブルーでとポプラで美しい青の世界となります。 ヒマワリ 7月上旬から8月下旬まで、大地の虹で、40品種、約3万6000株のヒマワリが見頃を迎えます。 黄色から赤色、白色、黒色まで様々な色の品種、大輪から小輪まで様々な色のヒマワリが咲きます。 大地の虹には南エリアと北エリアがあり、花色や花形が異なる様々なヒマワリが楽しめます。 なだらかな丘に沿って縫うように遊歩道が施されています。 品種の異なる一輪一輪を見比べながら散策できます。 南エリアは7月の早咲きの開花、北エリアは8月の遅咲きの開花と時期をずらすことでヒマワリを長く楽しめるように工夫しています。 インスタ映え写真にはおすすめの人気スポットです。 夏に見頃となるその他の花 夏に見頃となるその他の花は以下の通りとなります。 ユリ 6月から7月まで、花の谷で、30品種約1万2000株のユリが見頃を迎えています。 順次開花して鮮やかな色彩と芳しい香りに包まれます。 コスモス 10月上旬から11月上旬まで、ポプラの丘と大地の虹で8品種約5万6000株のコスモスが見頃を迎えます。 約3000平方メートルの敷地を誇る花壇に、赤にピンク、白に黄の様々なコスモスが咲きます。 大地の虹では、コスモスを色ごとに仕分けて植栽してストライプ模様の虹をイメージしたデザインが施されています。 キャンパスシリーズから、ハッピーリングにカップケーキ、シーシェルまで種類が豊富です。 ポプラの丘では、赤にピンクに白のコスモスがバランス良く配色されて、素晴らしいコスモスの立体花壇となっています。 丘から眺めても、水辺から眺めても、美しい秋の光景を目にすることができます。 秋に見頃となるその他の花 秋に見頃となるその他の花は以下の通りとなります。 ダリア 10月上旬から10月下旬まで、陽だまりの丘で、46品種約10000株のダリアが見頃を迎えます。 寒咲きナノハナ 12月~1月頃に、移ろいの庭で、約7000株の寒咲きナノハナが見頃を迎えます。 見頃時期に合わせて摘みとり体験が開催されます。 寒咲きナノハナを眺めながら春の到来を待ち遠しく感じます。 淡路口ゲートから移ろいの庭に向かう途中の見晴台と西洋風の東屋のある丘からは、美しい景色が眺められます。 高台からは海を借景とした青と菜の花の黄と芝生の緑のコントラストが絶妙です。 冬に見頃となるその他の花 冬に見頃となるその他の花は以下の通りとなります。 アイスチューリップ 1月~2月頃に、淡路口の入場ゲート付近で、10品種約6000株のアイスチューリップが見頃を迎えます。 開花して1カ月以上咲き続けます。 ストックとハボタン 1月~2月に、陽だまりの丘で、約4700株のストックと約700株のハボタンが見頃を迎えます。 冬に咲く花としては定番です。 風車(かざぐるま) 2月~3月に、ポプラの丘で、約6000本の風車(かざぐるま)をお花に見立てて色鮮やかな演出をします。 チューリップが咲くまでの期間です。 クリスマスローズ 2月~4月まで、花の丘道で、関西トップクラスとなる130品種1500株のクリスマスローズが見頃を迎えます。 淡路島国営明石海峡公園の遊具まとめ 淡路島国営明石海峡公園には、巨大アスレチックで子供と一緒に家族で遊ぶことができます。 「夢っこランド」は、150種類が合体した大型の複合遊具です。 じゃぶじゃぶ池と水の遊び場は、じゃぶじゃぶ水遊びしたりシャワーやミストで遊ぶ施設です。 芝生広場は、ボール遊びやかけっこ、テントを張ってのピクニックやペット散歩などを楽しむ施設です。 全てを合わせると関西最大級の規模のアスレチックとなります。 大型複合遊具「夢っこランド」 風・花・水をテーマにした長さ130m高さ14m幅40mの関西最大級の大型遊具です。 すべり台、ブランコ、ターザン滑車など150の遊具が備えられています。 じゃぶじゃぶ池 夢っこランドの隣にある水遊び場です。 春から秋にかけてオープンします。 暑い夏、水をかけあいっこしたり、水につかったり、じゃぶじゃぶ遊ぶことができます。 芝生広場 4.3ヘクタールもある広大な芝生の広場です。 かけっこやボール遊び、ペットの運動にもピッタリです。 お弁当を食べたり、お昼寝したり、ゆっくり時間が過ごせます。 ユニバーサルデザインの大型遊具「子供の森」 ユニバーサルデザインを取り入れた大型遊具です。 迷路のような大きなジャングルジムやすべり台など、子どもたちの冒険心をくすぐる遊具がいっぱいあります。 淡路島国営明石海峡公園のイベントまとめ 淡路島国営明石海峡公園では、一年を通して様々なイベントが開催されます。 花の大型イベントは、春の花と秋の花が次々と咲いてゆくフラワーリレーが展開される「春のカーニバル」と「秋のカーニバル」となります。 夏と冬の体験イベントは、昆虫がテーマの「わくわく昆虫フェスタ」、恐竜がテーマの「あわジオフェスティバル」、宇宙がテーマの「きみもみらいの宇宙博士になれる」となります。 花の祭典「春のカーニバル」 3月から5月に、「春のカーニバル」が開催されます。 自然豊かな淡路島がお花いっぱいになる「公園島淡路」を象徴するメインイベントです。 春の花のフラワーリレーが始まります。 昆虫イベント「わくわく昆虫フェスタ」 7月から9月に、昆虫イベント「わくわく昆虫フェスタ」が開催されます。 世界各地のカブトムシやクワガタなど約40種類の展示、工作や自由研究の体験教室も行われます。 花の祭典「秋のカーニバル」 9月から11月に、「秋のカーニバル」が開催されます。 自然豊かな淡路島がお花いっぱいになる「公園島淡路」を象徴するメインイベントです。 秋の花のフラワーリレーが始まります。 恐竜イベント「あわジオフェスティバル」 12月から1月に、恐竜イベント「あわジオフェスティバル」が開催されます。 化石の展示や模型の展示、ダンボールや木工のクラフト、巨大迷路や手作り体験などが行われます 宇宙イベント「きみもみらいの宇宙博士になれる」 1月から2月に、宇宙イベント「きみもみらいの宇宙博士になれる」が開催されます。 ロケットなどの模型展示、宇宙服やブルースーツの試着、クラフト体験が行われます。 淡路島国営明石海峡公園の乗り物とレストラン 淡路島国営明石海峡公園には、乗り物として、公園を周遊しながら一回りするトラムカー「夢ハッチ号」と、公園の大きな池うあ水路をボートに乗って散策するスワンボートがあります。 レストランは、東浦口ゲートの近くにあります。 釜揚げしらす丼、淡路牛焼肉丼、淡路島玉ねぎまるごとカレーなど淡路島のご当地グルメが味わえます。 カフェとして利用できます。 夢ハッチ号 東浦口ゲートと淡路口ゲートを結び園内を走るトラムカーです。 乗車料金:300円(12~2月運休)障がい者と3歳以下は無料 スワンボート 公園にある花の中海や水路をボートに乗って散策できます。 花の咲く季節には大地の虹やポプラの丘の大花壇の花々に囲まれて楽しいです。 釜揚げしらす丼、淡路牛焼肉丼、淡路島玉ねぎまるごとカレーなど淡路島のご当地グルメが味わえます。 釜揚げしらす丼:700円• 淡路牛焼肉丼:1200円• 淡路島玉ねぎまるごとカレー:880円 淡路島国営明石海峡公園のアクセス 淡路島国営明石海峡公園のアクセスは、自動車、高速バス、高速船の3つの方法があります。 また、公園入口は、南側にある東浦口ゲートと、北側にある淡路口ゲートの2つがあります。 どちらから入園するかによって、駐車場や停車駅がことなります。 お花畑、花イベント、スワンボート、レストランを楽しみたい方は東浦口ゲート、遊具、アスレチック、芝生広場、屋内イベントを楽しみたい方は淡路口ゲートが便利です。 自動車の場合 自動車の場合、神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、神戸淡路鳴門自動車道の最寄りとなるインターチェンジが異なります。 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10• 電話:0799-72-2000 神戸方面から 神戸方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の淡路インターチェンジから車で約5分で到着します。 北側に淡路口駐車場、南側にウェスティン淡路地下駐車場があります。 徳島方面から 徳島方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の東浦インターチェンジから車で約10分で到着します。 北側に淡路口駐車場、南側にウェスティン淡路地下駐車場があります。 高速バスの場合 高速バスの場合、JR三宮駅もしくはJR舞子駅の最寄りにある高速バス乗り場より乗車します。 JR三宮駅から JR三宮駅から高速バスを利用する場合、徒歩1分でミント神戸1階の三宮バスターミナルに到着します。 本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。 淡路口ゲートから入園する場合、最寄り駅は聖隷淡路病院前バス停留所となります。 東浦口ゲートから入園する場合、最寄り駅は淡路夢舞台前バス停留所となります。 それぞれ徒歩約5分で入園ゲートに到着します。 神戸三宮駅ー聖隷淡路病院前(所要時間45分、乗車料金930円)• 神戸三宮駅ー淡路夢舞台前(所要時間50分、乗車料金930円) JR舞子駅から JR舞子駅から高速バスを利用する場合、徒歩3分で神戸淡路鳴門道の高速舞子駅に到着します。 本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。 淡路口ゲートから入園する場合、最寄り駅は聖隷淡路病院前バス停留所となります。 東浦口ゲートから入園する場合、最寄り駅は淡路夢舞台前バス停留所となります。 それぞれ徒歩約5分で入園ゲートに到着します。 高速舞子駅ー聖隷淡路病院前(所要時間15分、乗車料金510円)• 高速舞子駅ー淡路夢舞台前(所要時間20分、乗車料金510円) 高速船の場合 高速船は、本州の明石港と淡路島の岩屋港を結んでいます。 明石港は、JR明石駅から徒歩10分で到着します。 なお、岩屋港から徒歩1分で路線バス岩屋に到着します。 岩屋から淡路交通の路線バスを利用します。 淡路口ゲートから入園する場合、最寄り駅は聖隷淡路病院前バス停留所となります。 東浦口ゲートから入園する場合、最寄り駅は淡路夢舞台前バス停留所となります。 それぞれ徒歩約5分で入園ゲートに到着します。 淡路ジェノバライン• JR明石駅ー明石港(徒歩10分)• 明石港ー岩屋港(所要時間13分500円)• 岩屋ー聖隷淡路病院前(所要時間7分210円)• 岩屋ー淡路夢舞台前(所要時間10分260円) 淡路島観光おすすめスポット46選 淡路島は、兵庫県にある瀬戸内海で最大の島で観光地として人気の観光地です。 古いの歴史と豊かな自然と美味しいグルメがおすすめです。 世界一の明石海峡大橋と世界一の鳴門海峡の渦潮の絶景を眺められます。 ご当地グルメとして、淡路島バーガーと淡路島牛丼、淡路島生しらす丼が人気です。 花の名所として、淡路島国営明石海峡公園とあわじ花さじきが人気です。 遊びとしてイングランドの丘やONOKOROが人気です。 日本最古の神社である伊弉諾神宮と日本三大鳥居のおのころ島神社があります。 最近は、キティちゃんレストラン「ハローキティスマイル」、クレヨンしんちゃんアスレチック「アドベンチャーパーク」が注目です。 淡路島観光でおすすめスポット46選をご紹介します。

次の

【淡路島国営明石海峡公園】アクセス・営業時間・料金情報

国営 明石 海峡 公園

平成28年5月28日、新たに第一期開園となったあいな里山公園のイベント「やまももまつり」を紹介します。 国営明石海峡公園といえば淡路島にある公園と思われると思います。 私もそう思っていました。 実は、平成14年に開園した「淡路地区」(兵庫県淡路市)と、今年(平成28年)第一期開園した「神戸地区」(兵庫県神戸市)である【あいな里山公園】の2地区からなる全体で330ヘクタールもの公園計画だったのです。 やまもも やまももはあいな里山公園のある藍那と深いつながりのある植物で、初夏にルビー色の果実をつけます。 味は甘酸っぱく、意外とあっさりしていて食べやすい印象です。 真ん中に種が1つあります。 イベントでは、やまもも摘み体験をメインに、やまももシロップ作り、やまもも染め体験の他、たくさんの里山お楽しみプログラムが用意されていました。 飲食や野菜の販売もあり、どこか里山ののんびりした雰囲気の中、多くの方が楽しまれていました。 遊びの森の遊具 新しくできたばかりで、一部開園のためか案内が少しわかりにくいです。 やまもも摘みは受付から1時間ほどで定員に達していましたので、時間に余裕を持って向かわれる方が良いと思います。 年に4回行われる予定のイベント時には、藍那口ゲートが臨時で開きますので、車の場合はそちらから入った駐車場が近くて便利です。 通常ゲートのしあわせの村連絡口から入る駐車場からは、トラムカーに乗車しての移動となります。 もちろん時間はかかりますが里山風景を楽しみながら歩いても。 またしあわせの村と連携していますので、どちらも楽しまれてもいいですね。 しあわせの村から送迎バスも利用できます。 今回はイベント会場しか周れませんでしたが、またゆっくり訪れてご紹介したいと思います。

次の

見ごろの花情報

国営 明石 海峡 公園

淡路島国営明石海峡公園は、四季折々の花が咲く国営公園です。 淡路島の玄関口となる明石海峡大橋から程近い場所で、東京ドームの約9個分の広大な敷地が誇ります。 淡路島国営明石海峡公園では、日本最大級の立体的な花壇でお花を楽しめます。 関西最大級の複合遊具で子供と遊べます。 淡路島の自然を満喫できます。 淡路島では非日常体験へと誘う拠点となる観光施設となっています。 淡路島国営明石海峡公園は、国際交流に相応しいリゾート感溢れる海辺の園遊空間をコンセプトに造成された国営公園です。 約100ヘクタールに及ぶ敷地は、関西空港の埋め立て用の土砂として取り除かれた更地でした。 淡路島の自然・歴史・文化を感じられる庭園として整備されました。 淡路島の海と空と緑の大パノラマを取り入れた四季折々に色づく見事な花風景を演出しています。 淡路島国営明石海峡公園のテーマは、「自然と人との共生、人と人との交流」です。 2000年には、淡路花博ジャパンフローラ2000の会場となりました。 世界各国の庭園が大集合した「国際庭園」、世界各国の花が展示された「花の館」、人と自然との共生を紹介した「緑と都市の館」、パフォーマンスを披露された「ふれあいステージ」などが行われて約700万人が来場しました。 淡路島の自然溢れる空間で、花とふれあうことで自然との共生を感じながら、国際交流を通じて人とのつながりを育むことができます。 なお、駐車場は、淡路口駐車場、海岸南駐車場、ウェスティンホテル淡路地下駐車場と3カ所あります。 イベント会場や大型遊具や芝生広場などを利用する場合は淡路口駐車場、季節の花々が咲くお花畑などを利用する場合はウェスティンホテル淡路地下駐車場が便利です。 淡路島国営明石海峡公園の基本情報 名称 淡路島国営明石海峡公園 住所 電話 0799-72-2000 公式HP 開園時間 4月~6月(9:30~17:00)最終16:00 7月~8月(9:30~18:00)最終17:00 9月~10月(9:30~17:00)最終16:00 11月~3月(9:30~16:00)最終15:00 休園日 年末年始(12月31日~1月1日) 、2月第2週(月~金) 入園料金 大人(15歳以上)450円、シルバー(65歳以上)210円、中学生以下無料 2日間通し券(大人500円、シルバー250円、中学生以下無料) ペット同伴 可能 授乳室 あり(おむつ交換室) ベビーカー貸出 あり コインロッカー あり 駐車場 淡路夢舞台地下駐車場(600台)、淡路口駐車場(240台)、海岸南駐車場(160台) 駐車料金 500円(普通車)、1600円(大型車)、100円(二輪車) アクセス 神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分 淡路島国営明石海峡公園の四季の花まとめ 淡路島国営明石海峡公園は、花の公園として四季折々の花々を楽しむことができます。 春にはチューリップやスイセンにアジサイ、夏にはヒマワリ、秋にはコスモス、冬にはクリスマスローズなどが咲きます。 庭園では、一年中途切れることなく四季折々の草花や木々が色づきます。 園内を様々なカラーに染め上げます。 庭園は、広大な敷地を活かして季節の花が植栽されています。 起伏と曲線、森林や水辺でダイナミックな演出が施されています。 様々な工夫を凝らした花壇で魅せる四季の花は迫力満点です。 移ろいの庭、せせらぎ広場、空のテラス、花の谷、水の棚田、水の岩戸、春一番の丘、月のテラス、陽だまりの丘、ポプラの丘、大地の虹、滝のテラス、花の島、花の丘道と見どころ満載です。 四季折々の花が咲く淡路島国営明石海峡公園には、淡路島の豊かな自然を活かした幅広い植物群、花を美しく咲かせる園芸の技術が兼ね備わっています。 花によって感動できる体験を味わうことができます。 園内の様々な花壇の周辺には各所にベンチが備えられています。 飲食の持ち込みが自由となっていますので、家族やカップル、友達でお弁当を広げての花見をしながら休憩するのも楽しいかもしれません。 立体的にデザインされた関西 最大級の花壇となる「ポプラの丘」や「大地の虹」では、広大な敷地を活かして、淡路島の海や空、緑の山々を取り入れた花風景を楽しむことができます。 大地の虹では、季節の花が赤、黄、青、紫と色とりどりに帯状に並んだ花壇は虹のように見えます。 ポプラの丘では、海を眺める傾斜地に様々な種類の美しい花々が勢揃いします。 移ろいの庭では、朝日から夕日まで一日の移ろいから、春夏秋冬の四季の移ろいまで時間や季節の移ろいを感じながら散策ができます。 起伏に富んだ遊歩道と花壇が楽しませてくれます。 花のモニュメントとして、タコの形に花飾りを施したタコピアリー、震災からの再生と復活の祈りを込めた高さ4m長さ30mの超豪華な花火鳥があります。 インスタ映えの記念写真におすすめです。 淡路島国営明石海峡公園には、丘あり、谷あり、川あり、池あり、広場あり、森ありと淡路島の自然がいっぱいです。 自然との共生を考えてデザインされた美しい庭園といえるでしょう。 季節毎に変わる旬の花があちらこちらで咲き誇ります。 淡路島の「花の島」を象徴する公園です。 スイセン、チューリップ、リビングストンデージー、アジサイ、ヒマワリ、コスモス、クリスマスローズなど園内の各所のスポットで、春夏秋冬と一年を通して見応えのある美しい花風景が見られます。 庭園は、毎年ごとに植栽計画を変えて異なる表情に演出するために、リピーターにも飽きることがありません。 様々なフォトスポットの仕掛けられており、インスタ映えする記念写真が撮れることで人気です。 チューリップ 4月に、ポプラの丘と大地の虹で約250品種20万本のチューリップが見頃を迎えます。 関西最大級の規模です。 七色に見える花壇とオランダの風車をイメージしたモニュメントで人気のフォトスポットです。 チューリップが咲いているポプラの丘と大地の虹の2つのエリアは、約4600平方メートルの敷地を誇り、日本最大級の立体的な花壇となっています。 毎年テーマを変えてチューリップの配色をアレンジします。 見頃シーズンには「チューリップアイランドパーティー」というイベントが開催されます。 オランダの衣装の試着や撮影会、摘み取り体験やファッションショーなど、様々な企画を実施しています。 アジサイ 6月上旬から7月初旬まで、空のテラス周辺とせせらぎ広場で、16品種約1万4000株のアジサイが見頃を迎えます。 青やピンクや赤などの手まり咲きアジサイや額咲きアジサイをはじめ、白の大輪のアナベル、白色で八重咲きの隅田の花火など多種多様なアジサイが植えられています。 見頃時期には、トラムカーの夢ハッチ号がアジサイを見ながら楽しめる特別ルートを通って東口ゲートから淡路口ゲートまで片道25分で運行しています。 1日乗り放題300円で定員30名完全入替制です。 見頃期間には、アジサイのアレンジメント作り(参加料100円)とラベンダーのサシェ(香り袋)(参加料100円)などのアジサイクラフト体験を開催しています。 思い出の記念品を作れます。 春に見頃となるその他の花 春に見頃となるその他の花は以下の通りとなります。 河津桜(カワヅザクラ) 3月に、春一番の丘で、約100本の河津桜(カワヅザクラ)が見頃を迎えます。 淡路島で一番早いお花見となります。 セイヨウスイセン(西洋) 3月から4月まで、陽だまりの丘とやすらぎの森で、約7万株のセイヨウスイセン(西洋スイセン)が見頃を迎えます。 リビングステージー 4月から5月まで、陽だまりの丘で、リビングステージー約1万5000株が見頃を迎えます。 カラフルで光沢がありキラキラ光ります。 ネモフィラ 4月から5月にまで、ポプラの丘と大地の虹で、約10万株のネモフィラが見頃を迎えます。 ネモフィラブルーでとポプラで美しい青の世界となります。 ヒマワリ 7月上旬から8月下旬まで、大地の虹で、40品種、約3万6000株のヒマワリが見頃を迎えます。 黄色から赤色、白色、黒色まで様々な色の品種、大輪から小輪まで様々な色のヒマワリが咲きます。 大地の虹には南エリアと北エリアがあり、花色や花形が異なる様々なヒマワリが楽しめます。 なだらかな丘に沿って縫うように遊歩道が施されています。 品種の異なる一輪一輪を見比べながら散策できます。 南エリアは7月の早咲きの開花、北エリアは8月の遅咲きの開花と時期をずらすことでヒマワリを長く楽しめるように工夫しています。 インスタ映え写真にはおすすめの人気スポットです。 夏に見頃となるその他の花 夏に見頃となるその他の花は以下の通りとなります。 ユリ 6月から7月まで、花の谷で、30品種約1万2000株のユリが見頃を迎えています。 順次開花して鮮やかな色彩と芳しい香りに包まれます。 コスモス 10月上旬から11月上旬まで、ポプラの丘と大地の虹で8品種約5万6000株のコスモスが見頃を迎えます。 約3000平方メートルの敷地を誇る花壇に、赤にピンク、白に黄の様々なコスモスが咲きます。 大地の虹では、コスモスを色ごとに仕分けて植栽してストライプ模様の虹をイメージしたデザインが施されています。 キャンパスシリーズから、ハッピーリングにカップケーキ、シーシェルまで種類が豊富です。 ポプラの丘では、赤にピンクに白のコスモスがバランス良く配色されて、素晴らしいコスモスの立体花壇となっています。 丘から眺めても、水辺から眺めても、美しい秋の光景を目にすることができます。 秋に見頃となるその他の花 秋に見頃となるその他の花は以下の通りとなります。 ダリア 10月上旬から10月下旬まで、陽だまりの丘で、46品種約10000株のダリアが見頃を迎えます。 寒咲きナノハナ 12月~1月頃に、移ろいの庭で、約7000株の寒咲きナノハナが見頃を迎えます。 見頃時期に合わせて摘みとり体験が開催されます。 寒咲きナノハナを眺めながら春の到来を待ち遠しく感じます。 淡路口ゲートから移ろいの庭に向かう途中の見晴台と西洋風の東屋のある丘からは、美しい景色が眺められます。 高台からは海を借景とした青と菜の花の黄と芝生の緑のコントラストが絶妙です。 冬に見頃となるその他の花 冬に見頃となるその他の花は以下の通りとなります。 アイスチューリップ 1月~2月頃に、淡路口の入場ゲート付近で、10品種約6000株のアイスチューリップが見頃を迎えます。 開花して1カ月以上咲き続けます。 ストックとハボタン 1月~2月に、陽だまりの丘で、約4700株のストックと約700株のハボタンが見頃を迎えます。 冬に咲く花としては定番です。 風車(かざぐるま) 2月~3月に、ポプラの丘で、約6000本の風車(かざぐるま)をお花に見立てて色鮮やかな演出をします。 チューリップが咲くまでの期間です。 クリスマスローズ 2月~4月まで、花の丘道で、関西トップクラスとなる130品種1500株のクリスマスローズが見頃を迎えます。 淡路島国営明石海峡公園の遊具まとめ 淡路島国営明石海峡公園には、巨大アスレチックで子供と一緒に家族で遊ぶことができます。 「夢っこランド」は、150種類が合体した大型の複合遊具です。 じゃぶじゃぶ池と水の遊び場は、じゃぶじゃぶ水遊びしたりシャワーやミストで遊ぶ施設です。 芝生広場は、ボール遊びやかけっこ、テントを張ってのピクニックやペット散歩などを楽しむ施設です。 全てを合わせると関西最大級の規模のアスレチックとなります。 大型複合遊具「夢っこランド」 風・花・水をテーマにした長さ130m高さ14m幅40mの関西最大級の大型遊具です。 すべり台、ブランコ、ターザン滑車など150の遊具が備えられています。 じゃぶじゃぶ池 夢っこランドの隣にある水遊び場です。 春から秋にかけてオープンします。 暑い夏、水をかけあいっこしたり、水につかったり、じゃぶじゃぶ遊ぶことができます。 芝生広場 4.3ヘクタールもある広大な芝生の広場です。 かけっこやボール遊び、ペットの運動にもピッタリです。 お弁当を食べたり、お昼寝したり、ゆっくり時間が過ごせます。 ユニバーサルデザインの大型遊具「子供の森」 ユニバーサルデザインを取り入れた大型遊具です。 迷路のような大きなジャングルジムやすべり台など、子どもたちの冒険心をくすぐる遊具がいっぱいあります。 淡路島国営明石海峡公園のイベントまとめ 淡路島国営明石海峡公園では、一年を通して様々なイベントが開催されます。 花の大型イベントは、春の花と秋の花が次々と咲いてゆくフラワーリレーが展開される「春のカーニバル」と「秋のカーニバル」となります。 夏と冬の体験イベントは、昆虫がテーマの「わくわく昆虫フェスタ」、恐竜がテーマの「あわジオフェスティバル」、宇宙がテーマの「きみもみらいの宇宙博士になれる」となります。 花の祭典「春のカーニバル」 3月から5月に、「春のカーニバル」が開催されます。 自然豊かな淡路島がお花いっぱいになる「公園島淡路」を象徴するメインイベントです。 春の花のフラワーリレーが始まります。 昆虫イベント「わくわく昆虫フェスタ」 7月から9月に、昆虫イベント「わくわく昆虫フェスタ」が開催されます。 世界各地のカブトムシやクワガタなど約40種類の展示、工作や自由研究の体験教室も行われます。 花の祭典「秋のカーニバル」 9月から11月に、「秋のカーニバル」が開催されます。 自然豊かな淡路島がお花いっぱいになる「公園島淡路」を象徴するメインイベントです。 秋の花のフラワーリレーが始まります。 恐竜イベント「あわジオフェスティバル」 12月から1月に、恐竜イベント「あわジオフェスティバル」が開催されます。 化石の展示や模型の展示、ダンボールや木工のクラフト、巨大迷路や手作り体験などが行われます 宇宙イベント「きみもみらいの宇宙博士になれる」 1月から2月に、宇宙イベント「きみもみらいの宇宙博士になれる」が開催されます。 ロケットなどの模型展示、宇宙服やブルースーツの試着、クラフト体験が行われます。 淡路島国営明石海峡公園の乗り物とレストラン 淡路島国営明石海峡公園には、乗り物として、公園を周遊しながら一回りするトラムカー「夢ハッチ号」と、公園の大きな池うあ水路をボートに乗って散策するスワンボートがあります。 レストランは、東浦口ゲートの近くにあります。 釜揚げしらす丼、淡路牛焼肉丼、淡路島玉ねぎまるごとカレーなど淡路島のご当地グルメが味わえます。 カフェとして利用できます。 夢ハッチ号 東浦口ゲートと淡路口ゲートを結び園内を走るトラムカーです。 乗車料金:300円(12~2月運休)障がい者と3歳以下は無料 スワンボート 公園にある花の中海や水路をボートに乗って散策できます。 花の咲く季節には大地の虹やポプラの丘の大花壇の花々に囲まれて楽しいです。 釜揚げしらす丼、淡路牛焼肉丼、淡路島玉ねぎまるごとカレーなど淡路島のご当地グルメが味わえます。 釜揚げしらす丼:700円• 淡路牛焼肉丼:1200円• 淡路島玉ねぎまるごとカレー:880円 淡路島国営明石海峡公園のアクセス 淡路島国営明石海峡公園のアクセスは、自動車、高速バス、高速船の3つの方法があります。 また、公園入口は、南側にある東浦口ゲートと、北側にある淡路口ゲートの2つがあります。 どちらから入園するかによって、駐車場や停車駅がことなります。 お花畑、花イベント、スワンボート、レストランを楽しみたい方は東浦口ゲート、遊具、アスレチック、芝生広場、屋内イベントを楽しみたい方は淡路口ゲートが便利です。 自動車の場合 自動車の場合、神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、神戸淡路鳴門自動車道の最寄りとなるインターチェンジが異なります。 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10• 電話:0799-72-2000 神戸方面から 神戸方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の淡路インターチェンジから車で約5分で到着します。 北側に淡路口駐車場、南側にウェスティン淡路地下駐車場があります。 徳島方面から 徳島方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の東浦インターチェンジから車で約10分で到着します。 北側に淡路口駐車場、南側にウェスティン淡路地下駐車場があります。 高速バスの場合 高速バスの場合、JR三宮駅もしくはJR舞子駅の最寄りにある高速バス乗り場より乗車します。 JR三宮駅から JR三宮駅から高速バスを利用する場合、徒歩1分でミント神戸1階の三宮バスターミナルに到着します。 本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。 淡路口ゲートから入園する場合、最寄り駅は聖隷淡路病院前バス停留所となります。 東浦口ゲートから入園する場合、最寄り駅は淡路夢舞台前バス停留所となります。 それぞれ徒歩約5分で入園ゲートに到着します。 神戸三宮駅ー聖隷淡路病院前(所要時間45分、乗車料金930円)• 神戸三宮駅ー淡路夢舞台前(所要時間50分、乗車料金930円) JR舞子駅から JR舞子駅から高速バスを利用する場合、徒歩3分で神戸淡路鳴門道の高速舞子駅に到着します。 本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。 淡路口ゲートから入園する場合、最寄り駅は聖隷淡路病院前バス停留所となります。 東浦口ゲートから入園する場合、最寄り駅は淡路夢舞台前バス停留所となります。 それぞれ徒歩約5分で入園ゲートに到着します。 高速舞子駅ー聖隷淡路病院前(所要時間15分、乗車料金510円)• 高速舞子駅ー淡路夢舞台前(所要時間20分、乗車料金510円) 高速船の場合 高速船は、本州の明石港と淡路島の岩屋港を結んでいます。 明石港は、JR明石駅から徒歩10分で到着します。 なお、岩屋港から徒歩1分で路線バス岩屋に到着します。 岩屋から淡路交通の路線バスを利用します。 淡路口ゲートから入園する場合、最寄り駅は聖隷淡路病院前バス停留所となります。 東浦口ゲートから入園する場合、最寄り駅は淡路夢舞台前バス停留所となります。 それぞれ徒歩約5分で入園ゲートに到着します。 淡路ジェノバライン• JR明石駅ー明石港(徒歩10分)• 明石港ー岩屋港(所要時間13分500円)• 岩屋ー聖隷淡路病院前(所要時間7分210円)• 岩屋ー淡路夢舞台前(所要時間10分260円) 淡路島観光おすすめスポット46選 淡路島は、兵庫県にある瀬戸内海で最大の島で観光地として人気の観光地です。 古いの歴史と豊かな自然と美味しいグルメがおすすめです。 世界一の明石海峡大橋と世界一の鳴門海峡の渦潮の絶景を眺められます。 ご当地グルメとして、淡路島バーガーと淡路島牛丼、淡路島生しらす丼が人気です。 花の名所として、淡路島国営明石海峡公園とあわじ花さじきが人気です。 遊びとしてイングランドの丘やONOKOROが人気です。 日本最古の神社である伊弉諾神宮と日本三大鳥居のおのころ島神社があります。 最近は、キティちゃんレストラン「ハローキティスマイル」、クレヨンしんちゃんアスレチック「アドベンチャーパーク」が注目です。 淡路島観光でおすすめスポット46選をご紹介します。

次の