オリックス 転職。 オリックス銀行株式会社の中途採用・求人・転職情報|パソナキャリア

オリックス生命保険 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

オリックス 転職

預金・カードローン等は、インターネットや電話によりお申し込みからご契約まで、全国どこからでも取引可能。 不動産投資ローン・アパートローン・法人融資・資産流動化業務は、営業担当者がお客さまのお話を対面で直接伺い、最適なソリューションを提供。 中途入社者も多く、活躍していただきやすい環境。 【事業所】本店、立川、名古屋、大阪、福岡 オリックス銀行株式会社の求人一覧 4件 募集中の求人職種を一覧でご紹介しています。 オリックス銀行では、運転資金や設備資金など、さまざまな資金ニーズにお応えする最適なオーダーメード型のファイナンスを提供しております。 」というスローガンのもと、リスク・リターンを十分に意識して顧客基盤の拡充を行って参りました。 仕事内容 個人営業部門にて「不動産投資ローン」を中心とする個人営業業務をご担当いただきます。 アソシエイト職(非管理職層)を想定しています。 お客様のニーズやライフサイクルに沿ったオーダーメード型の住宅ローン(不動産投資ローン/住宅ローン/不動産活用ローンなど)を提供していただきます。 その他、カードローン事業の企画・推進・プロモーションなどご担当頂く場合がございます。

次の

オリックス銀行株式会社の中途採用の求人情報|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

オリックス 転職

回答者 3. 0 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 860万円 35万円 20万円 200万円 -- 給与制度: 基本給に加え、一定の要件を満たせば住宅手当が支給される。 会社都合での転勤であれば借上げ社宅に、月2万円程度ですめる。 別途、年に1回5日間連続でリフレッシュ休暇を取得する業務があり、取得すると5万円が支給される。 またカフェテリアプランとして年に6万円の支給があり、育児や自己学習に利用することが出来る。 評価制度: 評価制度はあるものの、中心化傾向が強く感じる。 また直属の上司が評価したあとに、さらにその上の上司が評価、さらにその上にいき、最終的に全社員を順位づけする。 営業等数値が有るものは比較が容易かもしれないが、その他の部門においては、直属の上司ならいざ知らず、さらに上の上司が正しく順位をつけているのかは、甚だ疑問が残る。 また当たり前だか、定常業務をミスする事無く、またトラブルを未然に防いだりするような業務の場合、出来て当たり前とされ、企画や新しいプロジェクトに携わるメンバーが評価されやすい。 回答者 4. 4 入社を決めた理由: 成長の余地があるため、会社の成長と一緒に自身も成長できると考えた。 また、成長途中であるからこそ、いろいろなことにチャレンジさせてもらえる環境があると感じ、入社を決めた。 「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」: ギャップはなく、むしろ思っていた以上に様々なことに挑戦させてもらえている。 未経験の仕事もどんどん任せてもらえるため、キツイと感じることもあるが、自身の成長を感じられるためやりがいがある。 認識しておくべきこととしては、生保会社ではありがちなことだが、ぶら下がり社員は一定数いるため、自身のモチベーションを維持するためにそれなりの工夫と努力が必要であると思う。 言われたこと以外やりたくない、ぬるま湯に浸かっていたい人にとっては非常に居づらい環境になってきていると思う。 回答者 3. 5 ワーク・ライフ・バランスはとてもいい会社です。 忙しい時期は、もちろんありますが、休みは比較的取りやすいです。 支社にもよるかもしれませんが、一般社員から支社長クラスまで、休む人は休みます。 連休に合わせて休みを取り、長期の休みにする方もいます。 また、日常的にも、休みやすいです。 忙しい時には、休みづらくなることはもちろんありますが、子どもがいる方は、子どもの体調不良を原因に休むこともあり、有給取得も、自由に取れます。 土日祝日の休みであり、代理店さんからの電話も、コールセンターが充実しているため、基本的には、取る必要はないです。 時期によっては、残業も増えますが、やり方次第で、定時退社もできます。 世間一般的に、ワーク・ライフ・バランスは調整しやすい会社です。 回答者 3. 1 強み: 親会社の営業力に頼った法人向け税効果商品から脱却し個人向けの保障性商品の価格訴求で拡大 近年は個人向けの資産性商品にも強みあり 販売チャネルの大部分は代理店ラインであるが、通販・WEBラインの拡大、直販ラインを創設するなど多様化しリスク分散を図っているように感じる かつては商品力と代理店手数料の優位性でマーケットシェアの拡大・維持が可能であったが、顧客本位の営業が近年求められてきており正念場 弱み: 昔から商品力に頼った営業スタイルのため営業担当者のスキルは他社と比較して総じて低い印象 業界内競争は熾烈であり、今後も他社優位性のある商品をリリースしていけるかが課題 第三分野商品の価格力競争は行き着くところまで行った感があり、競争力のある資産性・保障性の第一分野商品投入が必須であるが、代理店にそれを売り込む営業担当者のスキルアップが課題と感じる 事業展望: 今まで10年以上一本調子で規模拡大してきたが、ここ数年が更に拡大し大手生保の一角まで至れるのかの正念場 収益拡大以上に費用が拡大しており、事業費コントロールをどうしていくのかも大きな課題 商品力があり代理店手数料も良いことでマーケットシェアをとってきたが、今後はビジネスモデルの変革が必要とかんじる.

次の

オリックス銀行株式会社の中途採用の求人情報|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

オリックス 転職

回答者 3. 8 金融といっても、銀行のように若いときにきちんと勉強させてもらえる環境はありません。 研修後 当時は1ヶ月 はすぐに現場配属され、OJTで学びながら仕事をします。 在籍中は、もっと研修とかをしっかりしてもらえたらと思いました。 ただ、配属先によって全く仕事内容が違う為、会社の判断は正しいと今なら思えます。 数年に一度異動がありますが、部署が変わると転職したように業務内容が変わります。 働く側の人間はそれなりに大変ですが、会社としては、こんなに事業ポートフォリオをきちんと組めている会社は少ないのではないかと思います。 また、上司のことはさん付けで呼び、役職では呼びません。 井上社長も井上さんです。 先輩や上司とも距離が近く、すごく風通しの良い会社だと思います。 回答者 4. 0 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 730万円 32万円 10万円 220万円 -- 給与制度: 新卒3年目で職位が上がり、時間外、ボーナス含め年収700万円前後になる。 ボーナス評価次第では年収900万円程度もあり得る。 30歳前後で更に職員が上がると850〜1100万円くらいになる。 評価の良し悪しでボーナスにかなり差も出てくるため、同年代でも評価により年収格差がある。 評価制度: 行動評価と業績評価に分かれる 行動評価が昇格降格に影響 業績評価がボーナスに影響 営業会社なので、業績が良ければ、当然にして、行動評価も良くなる傾向がある。 ただし、課長職以上は部署の成績次第で降格もあり得る。

次の