京都 アニメーション 作品。 京都アニメーション「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」アニメ映画公開間近、作品紹介

京アニ作品おすすめランキング!理由付きで説明します!

京都 アニメーション 作品

京都アニメーションの作品 京都アニメーションは先ほど書いたように、 放火が起きたことによって有名になりましたね 僕も京アニの 作品知らないので今から調べて行きまーす。 フルメタル・パニック これは、 賀東招ニ ガトウ ショジ さんの ライトノベルを原作にし、通称 フルメタ と呼ばれている SFミステリーロボットアクションのアニメに なっています。 軍事組織『 ミスリル』の兵士とし育てられた主人公、 相良宗介 あるとき彼は、 千鳥かなめ という女子高生を 護衛する任務を行うことになり、彼女の通う 都立陳代高等学校に 編入。 かなめは 「 ウィスパート」という ブラックテクノロジーの知識があるただひとりの人物でした ブラックテクノロジーによって支配された世界で、 宗介 ソウスケ の戦いを描かれた シリアスな面と平和な 日常な中で起きることをコメディータッチでかかれた 二面性のあるストーリーになってます 我は 神龍。 言え、 どんな願いも聞くだけきいてやろう..。。 しかし無事に中学を卒業、 高校生活を楽しんでいました。 勇太は 中二病であったことを 隠して生活していましたが、 クラスメートの 現役で中二病の 小鳥遊六花と、半強制的に付き合うことになってしまいます。 すみまんせん知った気になってるだけです かきふらいさんによる 4コママンガを原作にした テレビアニメシリーズで、 2009年に放送が開始されて次の年に第二期スタート 2011年に映画化されて、現在でも多くのファンがいます。 関連グッズは2019年2月時点で売上 150億円以上凄まじい人気作品になっています。 あらすじ 前年度の部員は 皆三年生、今は卒業してしまって いるので 現在部員はなんと皆無 Zero 新年度は部員が 4人以上集まらない場合軽音部は廃止。 それをきいた、 田井中津と幼なじみの 秋山澪 はメンバーの募集を行いドラム津、ベース澪 知り合った 琴吹紬はキーボード 残るはあと一人、そんな状態で主人公の 平沢唯は入部したいものが見つからず、入部届けが出せませんでした。 ちょっとした 勘違いから 唯は、 軽音部に入部します。 しかしバンドとは知らずに、入ってしまったので入部の取り消しをしようとしますが、 津、澪、紬の演奏を聞き 考え直しました。 そして 何とか4人の部員の確保出来てスタート こんにちは、こんばんは おはようございます。 当ブログGalaxy scale pythons 星々の白蛇伝 代表 M. Oと申します このブログでは、蛇等爬虫類と虫 をキャラクターにした物語と トレンドや話題の内容、 ランナー向けのトレーニング の三種類を扱っています。 詳細は記事または、僕にお尋ねください。

次の

京アニ作品一覧【名作ばかりの京都アニメーション】

京都 アニメーション 作品

2019年7月18日午前10時半に発生した京都アニメーションの放火火災の影響で 死者だけで25名の死亡が確認されました。 京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで18日朝、放火とみられる火災があった。 京都府警は同日夜、25人の死亡が確認されたと明らかにした。 出火当時の建物内には約70人がいたという。 複数の国内報道によると、重症10人、中等症6人、軽症20人の負傷者が出ているほか、まだ数人の安否が確認できていない。 この時点で平成以降最悪の放火事件となっています。 現場では、未だに数人の安否が確認できておらず、まだ死傷者が増える可能性があります。 これほどの大惨事ですので、当然、京都アニメーションの作品も無傷でいられるわけがありません。 京都アニメーションは数多くの名作を輩出していることもあり、アニメファンの中では 今後の作品への影響も心配なのではないでしょうか? 今回は 京都アニメーション放火火災により京都アニメーションの作品への影響や損害額、そして気になるは今後について調べました。 京アニ事件に関連するその他の記事についても是非参考にして下さい! 京都アニメーション火災状況がヤバイ!状況と経緯まとめ 2019年7月18日に発生した京都アニメーションの放火火災では、建物全体が業火に包まれるほど、被害影響は甚大でした。 京アニ火災、死者25人に 身柄確保された男は意識不明 警察によると、火をつけた後に現場から逃走し、近くで確保された男は重いやけどを負っているようです。 — 朝日新聞デジタル編集部 asahicom 確保の男「死ね」叫んで建物へ 駅まで逃走 京アニ火災 男は火を放った後、南に約100メートル離れた京阪電鉄宇治線の六地蔵駅近くまで逃走。 路上で倒れていたところを追いかけたスタジオ関係者が取り押さえたという。 — 朝日新聞デジタル編集部 asahicom 【関西のニュース】京都市伏見区にあるアニメーション製作会社のスタジオが男に放火された事件で、消防によりますと33人の死亡が確認されたということです。 既に警察に身柄を確保されていますが、犯人自身も手足にやけどをおって重症とのことで、病院に搬送されている模様です。 現場からの情報では、京都アニメーションで働いている女性が 「知らない男性から灯油のようなものをかけられた」と語っていることから、少なくとも京都アニメーションの関係者や従業員ではない可能性が高いようです。 犯人の詳しい情報については、未だに詳細が公表されていませんので情報が入り次第追記いたします。 画像引用元: 京都アニメーションの本社・スタジオ• 本社 (京都府宇治市木幡大瀬戸32)• 第1スタジオ(京都府京都市伏見区桃山町因幡15-1)自社ビル。 養成所やアニメーターの現場が存在• 第2スタジオ(京都府宇治市木幡内畑34-11 ハイショップビル3階)• 商品開発部(宇治市木幡西中)第2スタジオ付近に所在。 東京オフィス(東京都港区赤坂2-12-23 キャビンアリーナ赤坂201号室) 京都アニメーションは、本社含めて市内にスタジオが複数点在しますが、今回火災が発生した第1スタジオは、 アニメのキャラクターデザインや養成所などを兼ねていたため、まさに京都アニメーションの根幹ともいえ現場です。 ここが全焼するということは、現場で作られていた原画や動画は全て無に帰することになります。 当然、関連作品の続編は延期どころか中止となる可能性もあります。 未だに安否不明なアニメーター達 もっと甚大なのは、まだ安否不明者の中に有名な演出家が数多く含まれていることです。 〈現時点で安否不明な従業員の一部〉• 武本康弘 監督• 木上益治 監督• 北之原孝将 演出家• 河浪栄作 監督• 小川太一 演出家• 山村卓也 原画• 藤田春香 原画• 澤真平 原画,動画• 池田晶子 キャラデザ• 池田和美 キャラデザ• 堀口悠紀子 キャラデザ• 西屋太志 キャラデザ 京アニ放火事件による安否不明者については、下記記事にて最新情報をまとめています。 よかったら参考にして下さい。 彼等がもし、今回の事件で亡くなるとれば、京都アニメーション自体の存続が危ぶまれます。 中には、 木上益治、武本 康弘、河浪栄作監督など京アニを引っ張ってきた有名アニメーターの名前も確認できますね。 もちろん、現代では電子データがあれば原画や動画の一部は復活できる可能性はありますが、受け継がれてきたノウハウや才能はそこで途絶えてしまいます。 このような長年培ってきた才能が、データのように簡単に復活できるわけがありません。 多くの有名アニメを輩出してきた京都アニメーション 京都アニメーションはたくさんの名作があり人気のアニメ制作会社ですよね。 『フルメタル・パニック』• 『AIR』• 『涼宮ハルヒの憂鬱』• 『Kanon』• 『CLANNAD』• 『空を見上げる少女の瞳に映る世界』• 『けいおん! 『日常』• 『氷菓』• 『中二病でも恋がしたい! 『たまこまーけっと』• 『Free! 『境界の彼方』• 『甘城ブリリアントパーク』• 『響け! ユーフォニアム』• 『無彩限のファントム・ワールド』• 『小林さんちのメイドラゴン』• 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』• 『ツルネ -風舞高校弓道部-』 引用元: これらの作品の中で、皆さんも一度は耳にしたことがある作品も多いのではないでしょうか? それに京都アニメーションは 外注分業していないアニメ制作会社ですので、現在進行形のアニメ作品においては、 確実に支障が出てしまうと思われます。 しかし、 京都アニメーションは第1スタジオ以外にも他オフィスがあるため、全く作業ができない状態ではないはずです。 進行は遅れてしまうかもしれませんが、全作品の中止などの最悪の事態は免れる可能性はあります。 ただ先ほども言った通り、最も惜しいのは人的被害です。 優秀な才能を持った多くの人たちが事件に巻き込まれてしまい、そのノウハウが継承されないことは、アニメの進捗だけでなく質にも影響してくることでしょう。 損害額については今の所情報がありませんので、分かり次第追記いたします。 京アニ跡地は公園に? 八田英明社長は会見で、京アニ第一スタジオの跡地は公園で慰霊碑を建てたい意向を示しました。 2001年に倒壊したワールドトレードセンターのように、その場所全体を公園にして、碑を建てて少しでも慰霊の気持ちを込めたいのでしょう。 恐らく犠牲になった人々の名前も、その碑に刻まれることでしょう。 また、事件現場の第1スタジオについて「近所の方は建物を見たくないと思う。 早い段階で目隠しをして撤去したい」とし、その上で「思いとしては、できれば公園にして碑を作りたい」と述べた。 マンハッタン南部にある、旧ワールド・トレード・センター跡地。 2001年9月11日の同時多発テロ事件で崩落したツインタワーの建物があった場所(二か所)には、敷地を四角く掘り下げた追悼施設が作られ、絶え間なく水が流れている。 周辺一帯は商業施設として再開発され、多くの観光客でにぎわっていた。

次の

京都アニメーションが誇るアニメランキングTOP5と人気キャラは?

京都 アニメーション 作品

の本社 略称 京アニ Kyoani 本社所在地 〒611-0002 木幡大瀬戸32番地 設立 (法人設立) 事業内容 アニメーション製作 TV・劇場・OVA グッズ企画・製作・販売・卸 出版 キャラクターデザイン・パッケージ制作 スクール運営 代表者 八田英明 代表取締役社長 資本金 1,000万円 従業員数 137名 (2019年10月現在) 主要子会社 株式会社 関係する人物 参照 外部リンク 特記事項:創業は。 として法人化。 、に変更。 株式会社京都アニメーション(きょうとアニメーション、: Kyoto Animation Co. , Ltd. )は、の。 略称は 京アニ(きょうアニ)。 主にや用作品の企画・制作()、他社作品の制作協力を行っている他、事業や事業なども行っており、アニメーションを軸とした事業を展開している。 会社は「京」の文字をモチーフにしてデザインしたもの。 概要 [ ] のとに本社と複数のスタジオを構え、テレビアニメーションの制作や、その劇場版アニメーションの制作を主力事業としている。 2016年には、テレビアニメを経由しない単体となる長編アニメーション映画の制作にも初参入した。 また、自社関連グッズを販売する『京アニショップ! 』を京都に実地店舗として持つほか、オンライン上での通信販売も行っている。 その他の事業に、自社文庫レーベル『』での出版事業や、『』でのスクール事業運営も行っている。 一部の工程は社外で行う必要があるため、京都の本社とは別にオフィスをに置く。 また、演出など一部のメインスタッフは京都と東京を往復することも多いといわれる。 そのほか、福利厚生としてを完備。 からは自社イベントを京都市内で定期的に開催している。 発表のアニメ版からは最高峰の制作技術で業界の先駆けとなる企画を展開し、ネット時代の日本のアニメ文化の方向性を決定付けたとされている。 の「」ではと呼ばれるほどのブームを引き起こし、その名がアニメファンのみならず一般にも知られるようになった。 歴史 [ ] 創業 [ ] 創業者の八田陽子(旧姓:杉山)は出身で、高校卒業後にである実兄のの紹介によりに師事し、旧で経験を積んだ。 その後、転職して京都府に移住し、の農家出身で担当のである八田英明と知り合い、1975年に結婚。 宇治市に移り住み、3人の子供を育てる傍ら、そこで近所の主婦に請われてアニメ製作の塾を開講した。 その後、東京にいる実兄やの社長であるなどの人脈を駆使して仕事を探し、に前述の主婦らと共にシンエイ動画、及びの仕上げの仕事を始めたことが事業の始まりである。 当初は「京都アニメスタジオ」と名乗っていたが、のちに「京都アニメーション」に改称して英明を社長に据え、に有限会社として法人化される。 元は仕上げの工程を行う仕上専門会社であったが、に作画部門を設立し、他社の動画の下請けを始めている。 のタツノコプロ制作のテレビアニメ『』では実質的な制作を行ったとされ、同作品のプロデューサーが(後のProduction I. G)を設立する際には出資を行った。 なお、京都アニメーションもアイジーも、設立当初は杉山卓及び陽子の実姉が、大手製薬会社で経理を担当した経験を活かして支援していた。 体制確立後 [ ] やがて1990年代半ばから、演出・作画・仕上げ・背景・撮影などを自前で行う体制を整え、テレビアニメのを行うようになった。 スタジオを4か所構えた時期もあったほか、ゲームソフトのパッケージデザインや、そのソフトに関連したコミック版も請け負っていた。 1992年にはからの受注で原作のテレビアニメ『』を、演出から仕上げまで初めて社内スタッフだけで制作した。 このころにはすでに質の高い仕事で評判になっていた。 その後、長らく主要取引会社であるシンエイ動画・サンライズ・・タツノコプロ・などの制作作品のグロス請け等の下請けを行った。 また、『』や『』などの作品の制作にも参加した。 アニメ監督のによると、その評判から仕事の依頼が絶えず、発注元の制作会社では京都アニメーションに仕事を依頼するためにスケジュール調整を行うことがあったという。 1999年、株式会社に組織変更。 このころから、デジタルペイント・デジタルコンポジット制作体制へと移行する。 元請制作参入後 [ ] 2002年、グロス請けを担当していたテレビアニメ『』のスピンオフ作品であるOVAシリーズ『』にてタツノコプロと共同元請制作ながら一般作品の元請制作に参入(1・2話のみ)。 2003年、初の元請制作のテレビアニメ『』をいくつかの話数でタツノコプロの制作協力を得ながら制作し、アニメファンの注目を集めた。 には全話グロス請けに出さずに制作した『』を手がけ、他を圧倒するほどの作り込みと巧みな演出が話題を呼び、京都アニメーションの名はアニメファンの間でブランド化した。 以後、グロス請けは動画仕上げにとどめ、1話毎のグロス請けを請けず自社元請制作に専念するようになり、『AIR』以降、ゲームブランドが製作したをテレビアニメ化し、『』、『』、『CLANNAD 〜AFTER STORY〜』と毎年1作ずつ制作した。 2006年、初めて地上波として制作した『』は、「時系列シャッフル」と呼ばれる手法などで同年上半期最大の話題作となった。 2009年、自社オリジナル企画OVA『』に新作カットを加えたディレクターズカット版として『空を見上げる少女の瞳に映る世界』を制作し、UHFアニメとして放送。 同時期に劇場版企画『天上人とアクト人 最後の戦い』で劇場アニメに初進出した。 同年、軽音楽をテーマとした同年4月の『』では、キャラクター名義のCDとして初のオリコンチャート1位獲得や、登場人物の使用する楽器が急激に売り上げを伸ばすなどの結果、2009年ヒット商品番付の西前頭に選出されるなど 、その経済的影響力にも大きな注目が集まり、マスメディアからと呼ばれるまでに至った。 本作は2010年に第15回アニメーション神戸において作品賞・テレビ部門を受賞。 2011年に公開された劇場作は興行収入19億を記録し、2012年に第17回アニメーション神戸において作品賞・劇場部門を受賞した。 文庫レーベル展開後 [ ] 2009年10月2日から第1回を開催し、2011年にはレーベルを立ち上げ、奨励賞のうち『』(著:、イラスト:)と京アニBON! での連載作品『』(著:、イラスト:)を文庫本化した。 2012年からは上記の京都アニメーション大賞の受賞作品を中心としたKAエスマ文庫原作・原案作品の制作が多くなり、他社の原作付きの作品は『』を最後にしばらく制作が行われなかった が、2014年に以前アニメ化している「フルメタル・パニック」シリーズでつながりのある著・発行のライトノベル『』のテレビアニメ制作が発表され、2014年10月から12月まで放映された。 2014年10月、第19回において特別賞を受賞した。 2016年9月、『』が公開。 本作は京都アニメーションとしては初となる、テレビシリーズを挟まない映画となった。 第1スタジオにおける放火事件 [ ] 放火事件により全焼した第1スタジオ(撮影) 2019年7月18日、第1スタジオ(参照)でによる火災が発生し、建物が。 国内の放火事件では以降最悪となる36名の死者(内3名は病院へ搬送後に死亡)を出し、33名が負傷、1名は無傷だった。 一方でからまでの・本店で京アニ原画展「私たちは、いま!! 特別展」が企画されており、事前に貸し出されていた原画70点は被害を免れている。 尚、原画等の紙書類は殆どが焼失したが、ルームは火元から遠くコンクリートで囲われていたことから被害を免れ、画像データは全て回収された。 放火事件の2日後である7月20日、社長の八田英明は甚大な被害を受けた同社の第1スタジオを取り壊す意向を明らかにした。 作風 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2017年12月) 原作の再現度 [ ] 元請制作作品は『空を見上げる少女の瞳に映る世界』『』を除き、アドベンチャーゲーム(Key作品)・ライトノベル・コミックなどを原作としているが、これらの作品はいずれも基本は原作に忠実であり、その上でサプライズ的な要素を付加させるといったストーリー展開を貫いていた(ただし『フルメタル・パニック! The Second Raid』では女性キャラが少なすぎるため、原作の一部男性キャラクターを女性キャラクターに変更した)。 『AIR』『Kanon』『CLANNAD』はもアニメ版を制作しているが、東映が独自の解釈でオリジナル要素が強いのに対し、京都アニメーションでは原作に忠実な点が評価される一因となっている。 また、こうした制作会社の姿勢が、作品の前評判や人気にも繋がっているという分析もある。 ストーリー以外でも、原作のCGやイラストと近い作画を制作し、Key作品においては原作に使用されている主題歌・BGMを多用している。 しかし、近年はオリジナル色を打ち出したアニメが増えてきている。 『』ではオリジナルのキャラクターやストーリーで世界観を膨らませている。 『』では、主人公がクラス委員に入っていたり、オリジナルキャラが登場している など、を原作とした作品はかなりアレンジしたものとなっている。 また、『』は初の自社制作オリジナルテレビアニメである。 『』ではオリジナルキャラが登場するだけに留まらず、ストーリーも原作とは異なる展開になっている。 制作環境 [ ] 制作体制 [ ] 近場に外注を出せる制作会社が少ないこともあって、演出、作画、仕上げ、美術、撮影、デジタルエフェクトまでのプロダクション作業を社内で行なえる体制を構築しており、外注による分業体制を取るプロダクションに対して、スタッフのコミュニケーションが密に取れることが特徴となっている。 現在のところ、他社へのグロス出しは『フルメタル・パニック? ふもっふ』を除いて行われていない。 スタッフ [ ]• ゲーム作品(ここではKey作品)のアニメ化にあたっては、強制ではないがアニメを制作するスタッフ全員で原作ゲームをプレイしている。 設定制作、をそれぞれ「設定マネージャー」「制作マネージャー」と呼称する。 には必ずが起用されている。 社屋 [ ] 本社屋にスキャン・動画検査などを行うデジタル映像開発室を備える。 デジタルペイント・作画などの作業は別棟スタジオにて行われる。 2005年、宇治市内に新社屋完成。 2008年2月、京都市桃山町(宇治市六地蔵との境界付近)に建設していた新スタジオ(第1スタジオ)が完成した。 第1スタジオは本社と、本社の徒歩圏内にあるスタジオ(第2スタジオ)まで一駅で行ける距離にあり、2008年度以降はこの3スタジオでアニメーション制作を行っていた。 2019年、上述の事件により第1スタジオ焼失したが、その後のスタジオ再建は未定である。 自社店舗 [ ] 第5スタジオ内に「京アニショップ! 」と言う名の店舗を構え、自社関連グッズ類を販売している。 店舗サイトでは通信販売も行っている。 本社・スタジオ [ ] 京都 [ ] 第2スタジオ(3階部分) 並走するとの駅である木幡駅・六地蔵駅周辺に点在している。 本社(京都府宇治市木幡大瀬戸32)• 奈良線前に所在。 自社ビル。 第1スタジオ(京都府京都市伏見区桃山町因幡15-1)• 最寄り駅は。 自社ビル。 木幡駅からは一駅の距離にあたる。 住所としては京都市であるものの、宇治市との市境とは目と鼻の先にある。 1階は主に制作進行、2階は主に若手の原画・動画・背景画・キャラクター担当、3階は経験豊富なアニメーターや監督が所在していた。 に放火によるにより、した。 2019年10月、八田英明社長が第1スタジオの解体撤去を表明。 2019年11月、解体に向けた準備が始まり、2020年1月7日から解体の工事を開始。 2020年4月28日に第1スタジオの解体工事が完了した。 アニメーションドゥウが入居している扶桑道修町ビル• 株式会社アニメーションドゥウ(大阪府大阪市中央区道修町1丁目7番10号 扶桑道修町ビル5階)• 関連会社の株式会社アニメーションドゥウは、京都アニメーション大阪スタジオを分社化する形で法人化してに設立された。 大阪府大阪市にスタジオを構える。 代表は八田英明。 別社名ではあるものの、京都アニメーションと一体経営となっている。 シンエイ動画の制作協力をアニメーションDo名義で行っていた時期もあったが、京都アニメーションが元請制作に一本化して以降、同社と一体で制作を行っている。 そのため、京都アニメーション制作作品では制作協力、または連名で表記されている。 東京 [ ]• 東京オフィス(東京都港区赤坂2-12-23 キャビンアリーナ赤坂201号室) 作品履歴 [ ] 元請制作 [ ] テレビアニメ [ ] 放送開始 放送終了 タイトル 監督 シリーズ構成 原作媒体 原作レーベル 1 2003年8月 2003年11月 小説 2 2005年1月 2005年3月 志茂文彦 ゲーム 3 2005年7月 2005年10月 武本康弘 賀東招二 小説 富士見ファンタジア文庫 4 2006年4月 2006年7月 石原立也 涼宮ハルヒと愉快な仲間たち 5 2006年10月 2007年3月 志茂文彦 ゲーム Key 6 2007年4月 2007年9月 武本康弘 漫画 7 2007年10月 2008年3月 石原立也 志茂文彦 ゲーム Key 8 2008年10月 2009年3月 9 2009年1月 木上益治とユメミる仲間たち オリジナル 10 2009年4月 2009年10月 涼宮ハルヒの憂鬱(2009年版) 石原立也(総) 武本康弘 涼宮ハルヒとやっぱり愉快な仲間たち 小説 角川スニーカー文庫 11 2009年6月 漫画 12 2010年4月 2010年9月 けいおん!! 戀 石原立也 20 2014年7月 2014年9月 Free! -Eternal Summer- 内海紘子 横谷昌宏 21 2014年10月 2014年12月 武本康弘 志茂文彦 富士見ファンタジア文庫 22 2015年4月 2015年6月 石原立也 花田十輝 23 2016年1月 2016年3月 志茂文彦 KAエスマ文庫 24 2016年10月 2016年12月 響け! ユーフォニアム2 花田十輝 宝島社文庫 25 2017年1月 2017年4月 武本康弘 漫画 26 2018年1月 2018年4月 石立太一 吉田玲子 小説 KAエスマ文庫 27 2018年7月 2018年9月 Free! -Timeless Medley- 約束 98分 13 2017年9月30日 劇場版 響け! ユーフォニアム 〜届けたいメロディ〜 石原立也(総) 小川太一 花田十輝 宝島社文庫 105分 14 2017年10月28日 特別版 Free! -Take Your Marks- 河浪栄作 横谷昌宏 KAエスマ文庫 100分 15 2018年1月6日 映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me- 石原立也 花田十輝 98分 16 2018年4月21日 山田尚子 吉田玲子 宝島社文庫 90分 17 2019年4月19日 劇場版 響け! ユーフォニアム 〜誓いのフィナーレ〜 石原立也 花田十輝 100分 18 2019年7月5日 劇場版 Free! -Road to the World-夢 河浪栄作 横谷昌宏 KAエスマ文庫 99分 19 2019年9月6日 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形- 藤田春香 吉田玲子 90分 20 未定 劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 石立太一 21 未定 Free! シリーズ完全新作劇場版 OVA [ ]• 残された名刺-ある在日一世の軌跡- 1996年• 二匹の猫と元気な家族 1997年• おじいちゃんの花火 1998年、人権啓発作品• (自社オリジナル企画、2003年)• MUNTO 時の壁を越えて(自社オリジナル企画、2005年)• フルメタル・パニック! The Second Raid 特別版OVA わりとヒマな戦隊長の一日(2006年)• (2008年)• (2011年3月発売の単行本6巻限定版に付属 )• 第11. 5話(2013年1月発売の単行本コミックス3巻限定版に付属)• (自社オリジナル企画、2017年)• バジャのスタジオ~バジャの見た海~(自社オリジナル企画、2019年11月発売の「私たちは、いま!!全集2019」に収録予定) Webアニメ [ ]• (2009年)• (2009年)• (2012年)• (2013年)• 中二病でも恋がしたい! 戀 Lite(2013年 - 2014年) 自社オリジナルCM(CMライブラリ) [ ]• 花編(2010年)• 空編(2010年)• あじさい編(2010年)• 星編(2011年)• 発想編(2012年)• メガネ編(2012年)• 傘編(2012年)• 行きたくなるお店編(2012年)• 水泳編(2013年) その他の元請制作 [ ]• 『』(平日夜のローカルニュース)オープニング、タイトルロゴ 制作中止 [ ]• - 2009年にアニメ化される予定であったが、諸般の事情で中止となった• - 京都アニメーション担当回が、放火殺人事件の影響で制作中止となった KAエスマ文庫 [ ] 詳細は「」を参照 制作協力 [ ] シンエイ動画 [ ]• (劇場版(テレビ版は原画、動画、仕上げ)、1979年 - 2005年)• 呪いのワンピース(1992年)• (劇場、1994年)• (1994年、1995年)• (アニメーションDoと共同、2001年)• (アニメーションDoと共同、2001年)• ジャングルはいつもハレのちグゥ デラックス(OVA、アニメーションDoと共同、2002年 - 2003年)• ジャングルはいつもハレのちグゥ FINAL(OVA、アニメーションDoと共同、2003年 - 2004年)• (1986年)• (1990年)• (1995年)• (1996年)• (1997年)• (1998年)• (1999年)• (1999年 - 2000年)• (1999年)• (2000年)• (2001年)• (2002年) タツノコプロ [ ]• (1983年)京都アニメ名義で動画制作• (1987年)事実上の元請けデビュー作• (1996年)• (1998年)• (2001年)• (2002年) サンライズ [ ]• (1994年 - 1995年)• オー・エル・エム [ ]• (1997年 - 2002年)• (2000年)• (2002年) GONZO [ ]• (2000年)• (2001年)• (OVA、2002年)• (2002年) その他の制作協力 [ ]• (制作元請:、1982年)• しあわせってなあに(布教OVA、製作;学研、1991年)• (OVA、制作元請:、1996年)• (OVA、制作元請:・、1997年)• (制作元請:、テレビシリーズ、1997年)• (劇場、制作元請:、2000年)• (制作元請:、2001年)• (制作元請:、2002年) 動画・仕上担当作品 [ ]• (1981年 - 1986年)• (1982年)• (1983年)• (1983年)• (1983年)• (1984年)• (1984年 - 1985年)• (1985年 - 1986年)• (1985年)• (1987年)• (1987年 - 1989年)• (1988年 - 1989年)• (1988年)• (1988年 - 1992年)• (初期OVA 1、2、3、5話)• (1989年)• (1991年)• (1991年 - 1992年)• (1992年)• (1996年 - )• (1997年)• (1999年)• (2000年 - 2001年)• (2001年)• (2008年) 背景担当作品 [ ]• 1995年 - 1996年• 1999年 - 2000年 劇場映画 [ ]• (1984年)• (劇場、制作元請:、1988年)• エスパー魔美 星空のダンシングドール(1988年)• (1989年)• (制作元請:、1990年、仕上げ)• (1991年)• (1992年)• (1993年)• クレヨンしんちゃんシリーズ(1993年 - )• および以降のシリーズは不参加。 (1994年)• (1995年)• (1998年)• (2000年)• (2001年)• (2002年) ゲーム内ムービー・動画パート [ ]• Dancing Blade かってに桃天使! II 〜Tears of Eden〜• 11)OP 11 ED• ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて OP• ファルコムクラシックス• ファルコムクラシックスII 番組オープニング映像 [ ]• - 2010年度10月期(同9月27日)より放送開始。 2013年5月9日に2代目OPを放送。 関連人物 [ ] 故人・退職者を含む。 大橋永晴(Do取締役・プロデューサー)• 北之原孝將(Do取締役・作画)• 八田真一郎(取締役・プロデューサー)• 八田英明(代表取締役)• 八田陽子(専務取締役・企画制作部長)• 村元克彦(Do監査役・脚本・総務部)• 外部スタッフ [ ] 原作はゲームブランド、ライトノベル・漫画ではによる作品を多く扱う。 さらに2016年には4大漫画雑誌である『』で連載された『』が映画化されている。 Key作品のアニメ化にあたっては、Keyファンであり『』アニメ化の話を持ち込んだアニメーション脚本家のが脚本を務め、同じくKeyファンで 京アニの主監督を務めるがタッグを組んで制作を行っている。 また『フルメタル・パニック! イベント [ ] 京都アニメーションとアニメーションDo主催による自社イベントが、よりにて開催されている。 イベントでは、所属スタッフによるトークショーやサイン会、また作品出演キャストによるステージイベントの他、原画や美術設定といった作品展示が実施されている。 京アニ&Do C・T・F・K 2013 会社初となる自社イベント。 2013年11月30日に(みやこめっせ)にて初開催。 協力は・・・・。 」 2015年10月31日・11月1日の2日間に渡り、京都市勧業館(みやこめっせ)にて開催。 -2年ぶりのお祭りです-」 2017年10月21日・10月22日にはにて、同年10月28日・10月29日には京都市勧業館(みやこめっせ)での計4日間の開催。 ロームシアター京都では自社作品の先行上映や、作品にちなんだ公式吹奏楽コンサートを実施。 お別れ そして志を繋ぐ式 2019年11月2日から4日まで、京都アニメーション放火殺人事件の犠牲者を悼む式典がにて開かれた。 京都アニメーションプロ養成塾 [ ] 設置学科・講師 [ ]• アニメーター科• (演出・原画)• 北之原孝將(演出・原画)• (演出・原画)• 秋竹斉一(作画監督・原画・設定)• 樫原教子(動画)• (演出・原画)• 浦田芳憲(原画)• 瀬崎利恵(作画監督・原画)• 澤真平(原画・設定)• 丸木宣明(作画監督・原画)• 美術・背景科• 渡邊美希子(美術監督・背景)• 山砥愛瑛(背景)• 平石朋基(背景)• 篠原睦雄(美術監督・背景) 参考文献 [ ]• 長年、ソフト発売元として、2000年代前半からゲートキーパーズやキディ・グレイド等のグロス請けから付き合いがあったKADOKAWAとポニーキャニオンが製作枠を分け合っていたが、『氷菓』以降はKADOKAWA製作枠がなく、ポニーキャニオン製作枠が京都アニメーションが版権を持っている作品しかなかったため。 一部は原作に逆輸入されている。 ただし前述の通り、『甘城』筆者の賀東招二は本スタジオと関わりが深い。 当初は2020年1月10日に世界同時公開予定としていたが 、諸般の事情によって公開延期となり 、新たに4月以降の公開を目指していた ものの、新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、公開の再延期が4月6日に発表された。 当初は2020年夏公開予定だったが、放火殺人事件により一旦は公開中止が発表されたものの、2019年11月11日、公開延期という形で再び公開が発表された。 『TV版Key作品 オーディオコメンタリー』での発言が複数回あるのに加え、ビジュアルファンブックの中でも取り上げている。 出典 [ ]• 2019年11月11日閲覧。 京都アニメーション. 2010年8月16日23:17閲覧。 アニメ! アニメ!. 2016年1月1日. 2017年5月23日閲覧。 AERA dot. アエラドット. 2019年7月19日閲覧。 東京新聞TOKYO Web. 2019年7月20日. 2019年8月13日閲覧。 「」『朝日新聞』、2020年11月18日、朝刊14版、30面。 2020年1月26日閲覧。 The Hollywood Reporter, LLC. 2020年1月26日閲覧。 「」『毎日新聞』、2019年8月17日、22面。 2019年8月18日閲覧。 NEWSポストセブン. 女性セブン2019年8月8日号. 2019年7月28日. 2019年8月13日閲覧。 杉山卓 2019年8月18日. 「テレビアニメ全集」のころ. 2019年8月25日閲覧。 「この人に話を聞きたい 第六十九回 石川光久」『アニメージュ』徳間書店、2004年1月号• 杉山卓 2019年8月19日. 「テレビアニメ全集」のころ. 2019年8月25日閲覧。 [ ]、2006年6月21日• 「」『ITmedia NEWS』アイティメディア、2009年12月2日。 2020年1月26日閲覧。 「」『NIKKEI STYLE』日本経済新聞社、2012年1月9日。 2020年1月26日閲覧。 「」『ORICON NEWS』オリコン、2009年8月8日。 2020年1月26日閲覧。 産経ニュース. 産業経済新聞社 2019年8月14日. 2019年8月25日閲覧。 共同通信 2019年10月5日. 2019年10月5日閲覧。 産経新聞 2019年7月20日. 2019年7月20日閲覧。 小林佑基 2009年7月22日. の2009年7月23日時点におけるアーカイブ。 2009年7月24日閲覧。 山崎健太郎 2009年7月21日. AV Watch. 2009年7月24日閲覧。 原口正宏「夏…再訪」『アニメージュ』徳間書店、2006年7月号• 「他愛ない愛しさ キャラクターデザイン・池田和美さんが語るKanonの少女たち」『アニメージュ』徳間書店、2006年7月号• 「」『産経新聞』産業経済新聞社、2019年7月31日。 2020年1月26日閲覧。 foursquare. 2017年8月8日閲覧。 アニメーションドゥウ. 2014年11月15日閲覧。 2018年7月2日. 2018年7月2日閲覧。 『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト. 2019年9月6日. 2019年9月6日閲覧。 ねとらぼ. 2019年10月18日. 2019年10月18日閲覧。 『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト. 2020年4月6日. 2020年4月6日閲覧。 2010年9月23日20:21閲覧。 2010年8月16日23:17閲覧。 2013年10月5日閲覧。 2017年5月20日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 kyoani -• kyoanishop -• kyotoani -• - チャンネル.

次の