イオン銀行 キャッシュ+デビット。 イオン銀行キャッシュ&デビットが届いた!申し込み方法、かかった日数、届いたらやることなど!

イオン銀行デビットカードとイオンカードセレクトを徹底比較

イオン銀行 キャッシュ+デビット

イオンデビットカードは発行手数料や年会費は発生するの? イオンデビットカードは、イオン銀行が発行するデビットカードです。 後ほど詳しく紹介しますが、イオン銀行が発行するだけあり、イオンモールでお得に利用できる特典が多数含まれていますので、イオンのヘビーユーザーは見逃せない1枚です。 とは言え、気になるのは発行時にかかる手数料や年間費です。 多額の手数料や年会費を徴収されては、作る意味がなくなります。 ですが、イオンデビットカードは発行手数料や年会費は一切発生しません。 維持費がかからず、イオンの様々な特典を利用できますので、大変ありがたいデビットカードです。 イオンデビットカードは2種類ある!?デビットカード単体&キャッシュカード一体型 さて、肝心のイオンデビットカードですが実は、イオン銀行で2種類用意しています。 「2つのカードで何が違うの?」 と思いますよね?では、続いての項目から2種類のカード共通の特典や違いについて解説していきましょう。 イオンデビットカード共通の特徴とは? イオンデビットカード共通の特徴として、イオングループで受けられる特典があります。 例えば、これより紹介する特典はどちらのデビットカードでも受けられます。 イオンデビットカード(単体)の特徴は? 次にイオンデビットカード単体の特徴を見ていきましょう。 この特徴は、国際ブランドに「VISA」が付いていることです。 VISAは国際ブランドの中でも、世界約4,000万ヶ所以上で利用できる決済システムであり、もちろん日本国内でも使えないところがないほど、幅広く利用できます。 もし、あなたが海外旅行や海外出張に行く場合、他の国際ブランドではなくVISAが付属していると、店舗で利用できないところは少なくなるでしょう。 したがって、海外に足を運ぶ機会が多いなら、イオンデビットカード単体がおすすめです。 イオン銀行キャッシュ+デビットの特徴は? 国際ブランド「JCB」が付属している イオンデビットカード単体と異なり、一体型の国際ブランドは「JCB」が付属します。 JCBは日本国内唯一の国際ブランドであり、日本国内であればVISA以上に利用できる場所は多くなります。 反対に、海外に出ると幅を利かせているのは「VISA」になりますので、JCBが全く使えないわけではないものの、利用できる店舗は限られます。 そのため、国内限定で利用するなら、利用できないことはほとんどないでしょう。 電子マネーWAON機能を搭載 キャッシュカード一体型のイオンデビットカードでは、電子マネー「WAON」が搭載されています。 現金でチャージしても良いですが、銀行口座から直接、最大5万円までチャージが可能。 もちろん、WAONを利用しても同額のポイントを入手できるため、WAONポイントの二重取りが可能です。 便利なWAONを利用できるのも、一体型の強みと言えます。 イオン銀行キャッシュ+デビットならではの優れた特典とは? キャッシュカード一体型のため、イオン銀行ならではの特典を存分に堪能できます。 例えば、イオン銀行口座の預金に発生する金利が「年0. 1%(税引後 年0. 079%)という高額な金利が発生します。 現在、メガバンクの預金金利が0. 01~0. 05%の中、0. 1%の金利は非常に魅力的です。 そしてもう1つ見逃せないのが、イオン銀行を給与振込の口座にすることで毎月「10WAON」ポイントプレゼントされることです。 給与振込口座にするだけで、1年間で120WAONポイントが貯まるため、メインバンクにイオン銀行を利用しているなら、こんな美味しい話を逃すのはもったいないですよ。 ときめきポイントクラブの優待加盟店で利用するとポイントアップ 最後に紹介するのは、ときめきポイントクラブの優待加盟店についてです。 もし、一体型のイオンデビットカードをときめきポイントクラブの優待加盟店で利用すると、ポイントをお得に貯められます。 加盟店の例として下記の店舗が軒を連ねます。 ・日本航空(オンライン店舗限定):ポイント還元率2倍 ・近畿日本ツーリスト(オンライン店舗限定)ポイント還元率2倍 ・コスモ石油:ポイント還元率2倍 ・タカキュー:ポイント還元率2倍 ・アート引越センター:ポイント還元率2倍 ・ワタミグループ:ポイント還元率2倍 などなど、この他にもときめきポイントクラブの優待加盟店は数多くあります。 もし、上記店舗以外にもときめきポイントクラブの優待加盟店を利用する機会がありましたら、一体型のイオンデビットカードを利用しましょう。 イオンデビットカードは海外でも大活躍!どちらも現地通貨も引き出せます キャッシュカード一体型・デビットカード単体のイオンデビットカードは、海外で現金が必要になった時でも安心です。 と言うのも、海外のATMで現金を引き出せるからです。 キャッシュカード一体型は「JCB」「Cirrus」マークのあるATM。 デビットカード単体は「VISA」「PLUS」マークのあるATMならOKです。 とはいえ、引き出す際に発生する手数料を忘れてはいけません。 6%の手数料が発生するため、何回も利用すると無駄な手数料を徴収されます。 確かに便利ですが、使いすぎには十分注意しましょう。 イオンデビットカードにクレジットカード機能?バックアップサービス機能とは? デビットカード単体のイオンデビットカードでは、クレジットカードと似た機能「バックアップサービス」が搭載されています。 この機能は万一、あなたの口座に預金がない、または銀行のシステムが停止している時に利用した場合、イオン銀行が最大10万円まで立て替えるシステムです。 バックアップサービスを利用すると、利用日から締め日の間までに1回振替が行われますので、必ず利用した分は入金しておきましょう。 このように、クレジットかカードと似た機能を搭載しているため、デビットカード単体には「審査」が発生します。 とは言え、クレジットカードよりも金額が低いため、クレジットカード利用料金の延滞や滞納、金融事故などを頻繁に起こしていなければ審査に弾かれることはないでしょう。 ショッピング保険&不正利用時の補償もバッチリ! キャッシュカード一体型・デビットカード単体のイオンデビットカード双方、ショッピング保険・不正利用時の補償を用意しています。 補償内容を簡単にですが、紹介していきます。 もし、あなたが国際ブランドのVISAを求め、なおかつ「バックアップサービス」を求めるなら、デビットカード単体のイオンデビットカードが良いでしょう。 バックアップ機能を必要とせず、イオン特典&イオン銀行の特典を存分に味わうならキャッシュカード一体型がおすすめです。 それぞれの特徴を理解して、あなたに合ったイオンデビットカードを選んでみましょう。 ポイントサービス名 ときめきポイント:イオングループの対象店舗で利用すると200円 税込 ごとに2ポイント WAON POINT: イオングループのWAON POINT加盟店での電子マネーWAONでのお支払い、またはイオンカードご提示のうえ現金での支払いでWAON POINTがたまります。 年会費(初年度) 永年無料 ETC年会費(初年度) 取扱なし 対応電子マネー• 後日電話確認。

次の

「イオン銀行キャッシュ+デビット」のメリット・デメリット・イオンカードとの比較まとめ

イオン銀行 キャッシュ+デビット

Contents• イオン銀行キャッシュカードのデザイン イオンバンクカード イオン銀行のキャッシュカードと言えばこれです。 ・イオン銀行キャッシュカード ・電子マネーWAON イオン銀行口座を開設出来れば誰でも作ることが出来ますが、冒頭でも書いた通り電子マネーWAONの機能も搭載しております。 オートチャージ設定をした場合は、イオン銀行口座から設定した金額が引き落とされます。 キャッシュ+デビット【一般】 デビット機能を搭載したキャッシュ+デビットです。 ・イオン銀行キャッシュカード ・JCBデビット ・電子マネーWAON キャッシュ+デビットは2016年に登場しました。 高校生でも持つことが可能です。 クレジット機能は搭載していませんが、特典などはイオンカードセレクトとほぼ変わりません。 バンクカードはWAONのオートチャージでポイントは貰えませんが、キャッシュ+デビットならセレクトと同じように貰えます。 カードのポテンシャルはかなり高いです! キャッシュ+デビットの一般デザインは黒を基調としたシックなデザインになっています。 ただ、どちらかと言えば男性向きのデザインですね。 キャッシュ+デビットには、女性向けのデザインも用意されています。 キャッシュ+デビット【キャラクター(スージー・ズー)】 キャッシュ+デビットのキャラクター(スージー・ズー)デザインです。 一般デザインと比べるとガラッとイメージが変わりますね。 女性はもちろん、男性でも使えそうなポップなデザインに仕上がっています。 キャッシュ+デビット【スイーツ】 キャッシュ+デビットのスイーツデザインです。 カード全面にカラフルなマカロンが散りばめられています。 女性が好みそうなキュートなデザインに仕上がっていますね。 イオンカードセレクト(通常デザイン) イオンカードセレクトの通常デザインです。 紫を基調としたお馴染みのイオンカードデザインとなっていますが、こちらはクレジットカードになりますので、申込みには審査が必要になってきます。 ・イオン銀行キャッシュカード ・クレジットカード ・電子マネーWAON まさに三位一体のイオン系最強のカードとなっております。 イオンカードセレクト(ディズニーデザイン) イオンカードセレクト(ディズニーデザイン)です。 切手のミッキーがトレードマーク(画像は自粛してます)のキュートなデザインとなっていますが、完成度が高いので男性が持っていても違和感がありません。 私も現在はこのカードを使っております。 イオンゴールドカードセレクト イオンゴールドカードセレクトは招待制のカードです。 イオンカードセレクトを保有していて一定の条件をクリアすると手にすることが出来ます。 いきなり持つことは出来ませんので、まずはイオンカードセレクトを作ることから始めてみましょう。 ・通常デザイン ・ディズニーデザイン デザインはこの2種となりますが、イオンカードセレクトのデザインがそのままゴールドカードにも反映されることになりますので、一般デザインからディズニーデザイン、ディズニーデザインから一般デザインに変更することは出来ません。 どうしても変更したい場合は、一度解約してから申込みをし直すことになります。 時間と労力が必要になるので、イオンカードセレクトのデザインを選ぶ時はゴールドになった時のことも考えて選ぶようにしましょう。 イオン銀行キャッシュカードの変更について イオン銀行キャッシュカードは1枚のみ持てる イオン銀行のキャッシュカードの機能を搭載したカードは、1口座につき1枚までの発行となっています。 今回の記事で8枚のキャッシュカード機能付きカードを紹介しましたが、持てるのは一人1枚までということになります。 イオン銀行店舗、コールセンターでの変更申込み 審査不要のカードはイオン銀行の店舗、またはイオン銀行コールセンターにてカードの変更申込みが出来ます。 コールセンターで変更を申込んだ場合は、送られてきた変更用紙に記入して郵送で申込むことになります。 イオン銀行 ・イオンバンクカード ・キャッシュ+デビット これらのカードは原則審査が不要です。 イオンバンクカードからキャッシュ+デビットへの変更も、キャッシュ+デビット(一般)からキャッシュ+デビット(キャラクター、スイーツ)への変更もコールセンターに連絡をすればOKです。 イオンカードセレクトからキャッシュ+デビットへの変更も同じように出来ます。 切替審査での申込み イオンカードセレクトへの変更は、審査が必要になってきます。 イオンバンクカード、キャッシュ+デビットからイオンカードセレクトに変更する場合は、イオン銀行のウェブサイトから切替申込みをすることになりますが、一般的なクレジットカードと同じように審査があります。 審査に落ちれば、今使っているカードを使うしかありません。 今回のまとめ イオン銀行キャッシュカードのデザインは選べる? イオン銀行キャッシュカード自体は1種類のみです。 ただ、キャッシュ+デビット、イオンカードセレクトもイオン銀行のキャッシュカード機能を搭載していますので、それらのカードを申込めば他のデザインも選べるということになります。 キャッシュ+デビットは原則審査不要ですし、デザインも3種ありますので、バンクカードの代わりに選びやすいですね。 クレジット機能を搭載したイオンカードセレクトは審査があります。 クレジットカードの審査として難易度はそれほど高くはありませんが、もちろん否決されることもあります。 イオンカードセレクトには一般デザインとディズニーデザインが用意されていますが、後で変更することは出来ません。 ゴールドカードにランクアップした時のことも考えて選ぶようにしたいところです。 あとがき 私はイオンカードセレクトの新規申込みで審査に落ちて、代わりにイオンバンクカードが届きました。 半年後にバンクカードからイオンカードセレクトへの切替申込みをしましたが、またしても審査に落ちております(笑) 丁度その頃、キャッシュ+デビットが登場したので速攻で作りましたが、これが想像以上に使えるカードでした。 イオン系のみの利用なら、キャッシュ+デビットでも十分です。 セレクトと比べても全く遜色がありませんからね。 結局、3回目のチャレンジでイオンカードセレクトの審査に通りました。 この時選んだカードはディズニーデザインです。 カラフルで少し派手な感じのデザインですが、これがゴールドになるといい感じになりそうだったので選んでみました。 惚れ惚れするデザインです(笑) ということで、イオン銀行キャッシュカードのデザインのお話でした! 人気の記事•

次の

イオン銀行「CASH+DEBIT」のメリット・デメリットを徹底解説!

イオン銀行 キャッシュ+デビット

イオン銀行のデビットカード(イオン銀行キャッシュ+デビット)の特徴は? まずは対応カードや、ポイント還元率などをご紹介します。 対応カード VISA、JCBの両方と対応しています。 それぞれのメリットが違い、使うことができる店舗が違うため 自分の生活スタイルにあった方を選ぶと良いでしょう。 ポイント還元率 ポイント還元率は0. 5%から1%となります。 デビットカードを使うと200円ごとにときめきポイントが1ポイント貯まるため還元率は0. 5%となります。 また全国のイオンやイオン系列の店であるイオンモールやマックスバリュ、ウエルシア薬局などであれば200円の買い物で2ポイント付与されるため ポイント還元率は他と比べても高還元率といえる1%となります。 そのため、イオンやイオン系列の店で普段から買い物をしている方は年間を通して大きなポイントを得ることができます。 またこの ポイントを使ってチャージをすることをできます。 他にも特典がある日もありイオンやイオン系列を利用される方には特におすすめです。 例えば毎月20日と30日はイオン銀行のデビットを提示するだけでお買い物代金が5%OFFとなります。 このためこれらの日に集中して買い物をすれば年間を通して考えると大きなお得につながるのです。 他にも毎月10日はありが10デーとして、WAONを使って支払いをすることでポイントが5倍となります。 クレジットカードを含めても還元率が2. 5%にもなることはほとんどなく、大きな買い物をイオンでする時は、イオン銀行のデビットカードを利用すると大きな特典となります。 WAONポイントは上記のポイント以外にも、エディオン、メガネスーパー、コスモ石油、オリジン弁当、かっぱ寿司、ワシントンホテルなど幅広い店舗で利用することができます。 またWAONポイントは、イオン商品券の他にJCBギフトカード、JALマイル、ワタミグループ食事券、dポイント、ユニバーサルスタジオジャパンのパスなどさまざまなものに変更可能です。 年会費 年会費は必要ありません。 JCBは無料で、VISAが有料のデビットカードもあるのですが、イオンデビットカードは両方ともに無料です。 海外で使うためにVISAが必要な場合は、イオンデビットカードがおすすめです。 国によっては、VISAしか使えないケースも多くあります。 手数料 クレジットカードのように 手数料は必要ありません。 利用限度額 口座に入金されている金額であれば利用することができます。 利用した分は即座に口座から引き落とされるしくみとなっています。 利用明細をPCでもスマートフォンでも確認することができるため、利用した金額や内容に関して常に把握をすることができるため安心です。 アプリ対応 イオンには イオンウォレットというスマートフォンで決済をすることができるアプリがあります。 iOSにもAndroidにも対応しており、クレジットカード以外にもイオン銀行のデビットカードを登録することができます。 イオンウォレットはイオンの店舗内で決済ができるだけでなく、クーポンを発行することもできます。 たとえばイオンシネマで200円OFFなどお得な情報が満載となっています。 他にも商品があたるキャンペーンなどのお得情報が、常にお知らせとして知られてくれるので、イオンをよく使う方は特に、必須のアイテムといえるでしょう。 海外で利用可能か JCBやVISAの加盟店であれば、海外で利用することができます。 特にハワイなどの日本人が多くいく場所は加盟店の他、クーポンなどのメリットが多くあります。 また海外にあるATMでも利用可能な場所があります。 イオン銀行のデビットカード(イオン銀行キャッシュ+デビット)のメリットは? イオン銀行のデビットカードは他にもメリットがあります。 イオン・イオン系列の店舗をよく使う方におすすめ イオンやイオン系列の店で利用することができる電子マネーのWAON機能が搭載されているため、 WAONの特典を受けることもできます。 たとえばWAONを使って支払いをすることで、WAONポイントを付けることができます。 WAONを使うことができる店舗であれば、イオン系列でも利用可能で、マクドナルド、ガソリンスタンド、ビックカメラ、吉野家などでも同様のメリットがあります。 クレジットカードを作れない方でももてます イオン銀行のデビットカードは、 高校生以上、15歳以上の方であれば申し込むことができるためクレジットカードを作ることができない人でももつことができます。 この条件だけ満たして銀行口座に預金がある場合は、基本的に審査はありません。 海外旅行で便利 JCBデビットをもっていると、クレジットカードを持っているのと同じように、 JCBプラザやJCBプラザラウンジを利用することができます。 またハワイの場合は、JCBカードを提示するだけでワイキキ・トロリー【ピンクライン】に無料で乗り放題となり、他にもレストランや店舗のクーポン、JCBの観光情報案内を利用することができます。 JCBプラザは世界60か国にあり、観光案内やツアーなどの予約、またゆったりとくつろぐことのできるラウンジを用意しています。 また 海外のATMを使うことができます。 VISAやJCBを使うことできるATMに限るのですが、現地通貨をキャッシュカードから引き出すことができるので、海外旅行中に現金が足りなくなった場合助かる昨日です。 しかし手数料が1回200円+1. 6%必要になるのですが、銀行によっては3%以上の手数料をとるところもあるので、イオンデビットカードは良心的といえるのです。 イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)の魅力 海外ではVISAの方が加盟店が多いですが、 日本国内では日本の方が加盟店が多いためJCBの方がメリットは大きいです。 また他にもメリットがあり、イオン銀行の普通預金金利が0. 1%の優遇金利となります。 1%というと大した金額ではないように思いますが、メガバンクの普通預金の金利は0. このため極端なことをいうと、イオン銀行を利用している人は、デビットカードを使わなくてもJCBのデビットカードを保持しておく価値があるのです。 また WAONと一体型であり、オートチャージをすることができます。 さらにWAONを使った時だけでなく、チャージをする時にもポイントがたまるため普段からイオンを使う人は、ポイントが貯まる機会が多いことをわかっていただけると思います。 イオンカードセレクトというクレジットカードであれば、さらに特典が多くメリットも多いのですが、クレジットカードと作りたくない、また作ることができないといった方もいらっしゃるでしょう。 そんな方でもポイントを貯めるなどのメリットがあるのです。 デビットカードは審査が基本的にはないので、信用情報に自信がなくても安心してデビットカードを利用することができるのです。 イオン銀行のデビットカード(イオン銀行キャッシュ+デビット)の申し込み方法は? 口座がある場合 既にイオン銀行に口座がある場合は、イオン銀行のホームページにログインをすると口座情報が載っているので、その情報でデビットカードを申し込むことができます。 この場合でも デビットカードが届くまでは7日~10日必要です。 他にもよくイオンへ行く方であれば、 イオン銀行で申し込みをした方が早いでしょう。 一つ注意点があり、イオンカードセレクトから、キャッシュカードとデビットカードの一体型を申し込む場合は、イオンカードセレクトで貯めていたときめきポイントは全て失効となるので、できるだけ全てを使い切ってから申し込むようにしてください。 口座が持っていない場合 口座を持っていない場合は、 全国のイオン銀行もしくはWebでの申し込みとなります。 口座を開設する時に、デビットカードを同時に申し込むことができるのです。 Web上でおこなうと、「デビットカードを申し込む」を選ぶことで、1週間~10日の間にイオン銀行のキャッシュカードとイオン銀行のデビットカードが届きます。 WEB上で申し込むと、WEB完結申し込みとなり、書類の郵送や、捺印などが必要ありません。 全ての手続きはWEB上で終了し、あとはキャッシュカード・デビットカードが自宅へ届くだけとなります。 この場合は届け印なしで口座を開設することになるので、取引内容によっては、あとからお届け印が必要になることがあります。 また本人確認書類は、免許証や保険証などの画像をアップロードをする方法となります。 不鮮明であれば、再度アップロードをする必要があるので、十分に確認をするようにしてください。 またイオン銀行の店舗で、口座を申し込むのと同時にデビットカードを申し込むことができます。 店舗であれば確認をしてくれるので、書類に不備の可能性はなく、本人確認書類など必要なものをもっていれば作ることができます。 口座は即日発行となり、キャッシュカードやデビットカードはWEB上で依頼するのと同じく、7日~10日で現金書留で届きます。 キャンペーン情報 イオン銀行のデビットカードは、WAONと一体型のため、WAONのキャンペーンを受けることができます。 たとえば、毎月10日はありが10デーとして、WAONでの支払いをすると、ポイントが5倍になります。 WAONは通常ポイント還元率が0. 5%のためなんとこの日はポイント還元率が2. 5%となります。 特に 高額の商品の購入を考えているのであれば、10日に購入すれば大きなポイントを得られるチャンスなのです。 また毎月20日と30日はWAONカードを利用することで、5%OFFとなります。 このため、定期的にイオンやイオン系列の店で食品などを購入している方は、 圧倒的に他のカードと比較してもお得になるのです。 クレジットカードを作らなくても、イオン銀行のデビットカードを作ることにより、イオンの特典を受けることができるのです。

次の