冷凍野菜 解凍。 冷凍カット野菜を失敗なく解凍・調理する為の4つのポイント

【あさイチ】野菜の冷凍・解凍方法と野菜の長持ち保存方法

冷凍野菜 解凍

キャベツ• 小松菜• チンゲン菜• 玉ねぎ• アスパラガス• もやし• 長ネギ• キュウリ• ピーマン• パプリカ• オクラ• いんげん• 絹さや• 茄子 なす• かぼちゃ• アボカド• 生姜 しょうが• にんにく• ゴボウ• レンコン• ジャガイモ• 里いも• 長いも• キャベツ• 芯は取りません。 ラップに包んでから冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 水気をしっかりとってラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 冷凍保存期限:3~4週間 2. 冷凍保存方法:一口大にざく切りにして、冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 冷凍保存期限:3~4週間 3. 小松菜• 冷凍保存方法:3~4㎝の長さにざく切りにして、冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 冷凍保存期限:3~4週間 4. チンゲン菜• 冷凍保存方法:食べやすい大きさにざく切りにして、冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 冷凍保存期限:3~4週間 5. 冷凍保存方法:使いやすい長さのざく切りにします。 冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 冷凍保存期限:3~4週間 6. 玉ねぎ• ラップに丸ごと包んで冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 冷凍保存期限:約1ヶ月間 7. アスパラガス• 冷凍保存方法:1㎝ほどの厚さに斜め切りにして、冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 冷凍保存期限:約1ヶ月間 8. もやし• 冷凍保存方法:そのまま冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 冷凍保存期限:3~4週間 凍ったままでも使いやすい大きさにカットできるよ! パプリカ• 冷凍保存方法:ヘタと種を取り除いて縦方向に細切りにします。 冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 冷凍保存期限:3~4週間 13. オクラ• 洗って水けを拭いたら冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 冷凍保存期限:3~4週間 14. いんげん• 冷凍保存方法:丸ごともしくは3~4㎝の長さにざく切りにして、冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 冷凍保存期限:3~4週間 15. 絹さや• 冷凍保存方法:スジを取って冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 生姜 しょうが• 冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 冷凍保存期限:3~4週間 20. にんにく• 気になれば中心の芽の部分を取り除いてから小分けにしてラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 冷凍保存期限:約1ヶ月間 21. 冷凍保存方法:使いやすいサイズにざく切りにして、冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 冷凍保存期限:3~4週間 22. 冷凍保存方法:2~3㎝の厚みで輪切りにし、面取りをしてから十字に隠し包丁を入れます。 そして冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 冷凍保存期限:3~4週間 23. 冷凍保存方法:実の部分はくし切りにして冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 葉の部分は3~4㎝の長さに切って、小分けしてラップに包み冷凍保存袋に入れ冷凍します。 冷凍保存期限:3~4週間 24. 冷凍保存方法:3~4㎝の長さの細切りにします。 使いやすい分量に小分けしてラップで包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 冷凍保存期限:3~4週間 25. ゴボウ• 冷凍保存方法:冷凍用保存袋のサイズに合わせてぶつ切りにし、水に5分ほどさらしてアクを抜きます。 水気を拭きとり、冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 レンコン• 冷凍保存方法:皮を剥いて半月切りにし、酢水 酢を少量加えた水 に5分ほどさらします。 水気をしっかり切って拭き取った後冷凍用保存袋にいれて冷凍します。 冷凍保存期限:3~4週間 27. ジャガイモ• 冷凍保存方法:皮を剥いてくし切りにします。 冷凍用保存袋にいれて冷凍します。 冷凍保存期限:約1ヶ月間 28. 里いも• 冷凍保存方法:皮をむいて小さじ1ほどの塩でもみます。 水気を拭きとって冷凍用保存袋に入れ冷凍します• 冷凍保存期限:約1ヶ月間 29. 長いも• 冷凍保存方法:袋のサイズに合わせて大きくカットします。 皮付きで冷凍します! それぞれラップに包んで冷凍用保存袋にいれて冷凍します。 冷凍保存期限:約1ヶ月間 野菜を冷凍保存することで生じる7つのメリット• 通常よりも長く保存できる せっかく買った野菜ですが、使いきれずにダメにしてしまう…なんてこと、ありますよね。 まとめ買いで食費や移動費、買い物へ行く時間を節約できる 特売日などにまとめて買い出しをすませ、その時にちゃちゃっとまとめて冷凍してしまえば、食費などの節約になります。 冷凍保存の目安は約1ヶ月。 いつでもすぐに使える 体調が悪く買い出しに行けなかったとき。 急なお客さんなどにおもてなし料理を作る時。 仕事で帰宅が遅くなった時。 忙しい育児の合間にサッと作る必要がある時…。 野菜を冷凍しておくと使いたい時に使いたい分だけ取り出せるので、非常に助かります! 冷凍保存することで旨味がアップする野菜もある! 最近メディアでも取り上げられましたが、キノコ類や玉ねぎなど、冷凍することでうまみ成分がアップしたり、栄養価が上がったりする食材もあるんです! 凍ったまま下ごしらえもできる 野菜は、使いやすいようにカットして冷凍保存しておくことが多いですが、キノコやトマト、ナス、長ネギ、インゲン、アスパラなどは丸ごと冷凍しても大丈夫です! 凍ったままでも下ごしらえができます。 冷凍野菜は解凍が不要 冷凍した野菜は、凍ったまま炒めたり煮込んだりと、解凍せずに調理できます。 冷凍前にあらかじめ使いやすい大きさに切っておくとさらに便利です。 火が通りやすいので料理時間の時短になる 冷凍していると常温で保存した時よりも調理時間が必要になるのでは…? と思われがちですが。 実は野菜は冷凍することで繊維がこわれるので、逆に火が通りやすくなるんです。 忙しいママの味方ですね! 料理時間の節約やガス代の節約にもなるね! 野菜は新鮮なうちに冷凍保存しましょう。 食材は傷みそうになってから冷凍するよりも新鮮な状態のうちに冷凍する方がGOODです! 解凍時にも美味しく、より安全にいただけます。 また、買ったその日に仕込んでしまった方がモチベーションも保たれたまま処理できるので気持ちも楽です。 水分はしっかり拭き取りましょう。 野菜は水洗いする必要があるものは水洗いした後キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取ってから冷凍保存しましょう。 野菜に水気が残っていると、霜が付いて味が落ちてしまいます。 傷みの原因にも…。 また、野菜同士がくっついて固まるととっても使いにくくなってしまいます。 経験済• 容器は詰め替えましょう。 野菜は購入した時の袋やパッケージのまま保存してしまおうとすると、どうしても空気に多く触れてしまうので冷凍には向きません。 ジッパーなど冷凍用保存袋に詰め替えましょう。 空気を抜きましょう。 野菜が空気に触れるとどうしても風味が落ちてしまいます 酸化するため。 冷凍保存用の袋に入れる際は袋の空気を出来るだけ抜きましょう。 ラップを使う時には空気が入らないようにピッタリと包みましょう! なるべく早く凍らせましょう。 お米を冷凍する際も同じなのですが、美味しく冷凍保存するためには、出来るだけ短時間で冷凍することがポイントです。 冷凍されるまでの時間が長いと、どうしても味が落ちてしまいます。 日付をつけましょう。 冷凍保存しても、それぞれに来てしまう「期限」があります。 レンジでチンして温めるなどの解凍方法では食材の旨味が流れやすくなってしまい、また食感も悪くなります。 炒めたり、スープにしたり。 そのまま美味しく活用しましょう! 冷凍保存できる野菜一覧! 簡単な保存方法と期限まとめ 今回は、自他ともにみとめる超絶ズボラな私にも実践できた• 超絶簡単な保存方法と• その保存期間• 冷凍保存するメリット•

次の

冷凍野菜は実は面倒!?冷凍野菜の冷凍方法と解凍方法を解説!簡単冷凍野菜もご紹介!

冷凍野菜 解凍

葉物野菜を生のまま冷凍したときに、どうやったら美味しく食べられるのか調べてみました 傷みやすい野菜は、一人暮らしの場合、食べきるのが難しいことがあります。 とはいえ、カット野菜は割高。 冷凍保存できると無駄なく食べきれそうですが、野菜の冷凍は難しかったり面倒な印象があるかもしれません。 野菜は他の食材と比べて、その成分のほとんどが水分というものが多くあります。 冷凍保存をすると、野菜の組織が壊れてしまい、解凍したときにその中に含まれる水分が一緒に流れ出てしまい、元の状態には戻らなくなってしまいますが、いったん茹でることで、水分が抜けてしまったり、変色を防ぐ効果が期待できます。 ただし、最近は野菜の種類や調理法によっては、生のまま冷凍をしても食べられる、むしろその方が美味しいものもあるとも言われています。 でも、野菜によって食べ方や調理法はそれぞれ異なります。 そこで今回は葉物野菜を中心に生のまま冷凍し、どの野菜が冷凍に向くのか、またどんな切り方や調理法がいいのかを実際に試してみました。 実験! 冷凍保存した野菜と切り方、調理法、評価 それぞれの野菜に合わせて、調理しやすい大きさに切り、フリージングバッグに入れて、冷凍保存しました 一人暮らしの場合、わざわざ手間をかけて冷凍するのは大変です。 冷凍する方法は野菜を切って、フリージングバッグに入れるだけ。 火を通したり、味をつけたりといった手間をかけることはしないで、どれだけ美味しく食べられるかを調べます。 解凍してしまうと変質する可能性が高いので、自然解凍以外は凍ったまま調理をしています。

次の

【あさイチ】野菜の冷凍・解凍方法と野菜の長持ち保存方法

冷凍野菜 解凍

ポイント2 「解凍ボタン」「手動ボタン(レンジ弱加熱)」を使い分ける 肉や魚を調理するために全解凍する場合は「解凍ボタン」を使います。 調理済の食品や、分量が少ないものの解凍、溶けかけている食品、または、切りやすいように半解凍する場合は、100W~200Wのレンジ弱加熱で、短めの時間に設定し加熱すると上手に解凍できます。 ポイント3 肉や魚はラップを外してクッキングペーパーを活用しよう 肉や魚を解凍する時は、発泡スチロール製トレイにのったものは、ラップを外しそのまま解凍します。 ラップで包んで冷凍したものは、ラップを外し、クッキングペーパーを敷いた器にのせ解凍します。 電子レンジは、食品の水分子を振動させその摩擦熱で加熱するので、解凍時にでた余分なドリップを吸いとることで、溶け出したドリップの加熱による加熱ムラがなくなり、おいしく仕上がります。 ポイント4 お刺身や切ってから調理したいものは「半解凍」が便利 「半解凍」とは、完全に解凍するのではなく、中心部分だけ凍っているような状態です。 「半解凍」状態で切るとサクッと切れるので、扱いやすくなります。 また、肉や魚などは全解凍してしまうとうまみ成分がドリップとして外に出てしまいます。 「半解凍ボタン」または、100W~200Wのレンジ弱加熱で、短めの時間に設定し加熱すると上手に半解凍できます。 〇肉や魚介類の冷凍と解凍の基本は、 電子レンジでの「肉類」の解凍方法 全解凍にするか、半解凍にするかは、料理によって異なります。 加熱をするものや、火が入りにくいものは全解凍、生の状態で包丁を入れる場合は、半解凍にしてください。 クッキングペーパーで刺し身を包んで加熱し、半解凍にします。 わずかに凍っている状態で切りましょう。 食卓で食べごろになります。 <加熱時間の目安> 100gで約1分(レンジ弱150W)、または解凍ボタンを使用します。 切り身魚 クッキングペーパーで切り身魚を包んで加熱し、解凍にします。 身割れしやすいやわらかい魚は、半解凍で調理すれば身が締まり身割れを防ぐことができます。 <加熱時間の目安> 100gで約1分(レンジ弱150W)、または解凍ボタンを使用します。 エビ ペーパータオルの上に重ならないように並べて、そのまま加熱し半解凍にします。 <加熱時間の目安> 100gで1分(レンジ弱150W)、または解凍ボタンを使用します。 〇魚介類の冷凍保存の方法は 電子レンジでの「野菜」の解凍方法 「野菜」の場合は、基本的にはゆでるなどの下ごしらえをしてから冷凍するものがほとんどです。 解凍のしかたは、野菜の種類や下ごしらえのしかたによって、電子レンジで半解凍する、凍ったまま調理するなど様々です。 〇野菜の冷蔵・冷凍保存の方法は、 電子レンジでの「冷凍ご飯」の解凍方法 ラップをしたままの状態で加熱し、あたためます。 <加熱時間の目安> 1膳分(約150g)で2分~2分30秒(500W)、または1分50秒~2分(600W) 電子レンジでの「煮物、カレー・シチュー」の解凍方法 冷凍保存バッグなどを使って冷凍保存したものは、耐熱ボウルなどに移し替え、加熱時間を短めにし、様子を見ながら少しずつ解凍してください。 調理済食材を解凍する時は、解凍ムラができやすいので、途中でかき混ぜるなどすると均一に解凍することができます。

次の