インク カートリッジ 捨て 方。 インクカートリッジ互換タイプおすすめ商品と捨て方と回収方法

ブラザーサポートブログ: 使用済みインクカートリッジ、どうしたら?

インク カートリッジ 捨て 方

プリンターのインクカートリッジの捨て方を解説します ごみの分別で、自治体が回収するものには、可燃ごみ、不燃ごみ、資源、粗大ごみに分かれています。 これらは自治体が収集してくれます。 そのほか、家電リサイクル・パソコンについては、自治体は回収できず、捨てる人がメーカーに申し込むことになっています。 さらに、小型家電、水銀体温計は別途自治体が拠点を設けて回収しています。 この分け方で、可燃、不燃、粗大ごみの分別は、観念的に区別できますが、資源のうちのプラスチックの分別が分かりにくく、自治体清掃事務所から送ってくるごみ収集の案内で、品別ごとに「分別に迷うもの」の項目に相談することになります。 ビデオテープ、USBメモリーなどがその一例ですし、プリンターのインクカートリッジも、どうしたらよいかと迷うものです。 ここでは、プリンターのインクカートリッジの捨てるときの指針を示しましょう。 プリンターのインクカートリッジの間違った・あまりよくない捨て方 プリンターのインクカートリッジのごみは、自治体の分類では、燃えないごみに分類されるところと、燃えるごみに分けられるところがあります。 自治体によって異なりますので、自治体に問い合わせることです。 しかし、メーカーが独自に回収・リサイクルを行っていますので、自治体はそちらに従うように指導しています。 メーカーの回収については、次節で述べます。 間違ってはいませんが、あまりよくない捨て方です。 後述のメーカーによる回収拠点が遠かったりして捨てにくい場合に許されるごみの出し方です。 燃えないごみとしている自治体では、間違った捨て方です。 間違ってはいませんが、あまりよくない捨て方です。 後述のメーカーによる回収拠点が遠かったりして捨てにくい場合は許されるごみの出し方です。 燃えるごみとしている自治体では、燃えないゴミとして出すのは間違った捨て方です。 プラスチック製なので、プラスチックごみに出す人がいるかもしれませんが、違反です。 インクが残っている可能性が十分ありですので、資源にはなりません。 また、プラスチックの筐体に電気接続部の金属部が付いていますので、純プラスチックでなく、資源になりません。 プリンターのインクカートリッジの捨て方・処分の方法 プリンターのインクカートリッジの正しい捨て方は、以下のようにします。 回収ボックスの利用 プリンターのインクカートリッジのメーカーは、現在、エプソン、キヤノン、デル、ヒューレット・パッカード、ブラザーの5社です。 これらの5社と郵便局が、里帰りプロジェクトを実施しています。 里帰りプロジェクトは、環境保護を目的として、インクカートリッジの回収から再資源化までのリサイクル活動を推進する共同プロジェクトで、全国規模です。 参照元: この里帰りプロジェクトに自治体が協力しています。 使用済みのインクカートリッジは、回収拠点に設置されている回収ボックスに捨てるのが正しい捨て方です。 無料です。 ここで自治体の役目は、回収ボックスを設置するというだけで、実際の回収とリサイクルはメーカーが行います。 回収拠点 里帰りプロジェクトの使用済みインクカートリッジの回収拠点は、郵便局、自治体の清掃事務所、図書館やリサイクル関連、その他の自治体の施設などです。 郵便局や各自治体の清掃事務所に問い合わせると扱っている拠点がしられます。 また、メーカー別では、そのメーカーのインクカートリッジを扱っている販売店でも回収ボックスを用意しているところもあります。 例えば、ヨドバシカメラやヤマダ電機などです。 未使用の液体の入ったプリンターのインクカートリッジの捨て方・処分の方法は? 間違って型の違うインクカートリッジを買ってしまった場合や、未使用で、液体のインクが入ったままのプリンターのインクカートリッジが不要になった場合、どのように捨てればよいでしょうか。 その処分の方法を考えます。 出品には、それなりの料金がかかります。 プリンターのインクカートリッジの捨て方について疑問が残ったら この記事ではプリンターのインクカートリッジの捨て方について全てを網羅できた訳ではありません。 自治体によって、可燃ごみであったり、不燃ごみであったり、統一性がありませんが、自治体に尋ねるしかしようがありません。 自治体が用意している回収ボックスを利用するのは全国共通です。 疑問があるようでしたら、自治体の清掃事務所に問い合わせると回答が得られます。 本記事に関してもお問い合わせフォームからお問い合わせいただければ、随時、加筆や修正を行います。 まとめ プリンターのインクカートリッジの捨て方は、里帰りプロジェクトの使用済みインクカートリッジの回収拠点に置かれた回収ボックスを利用することが最も望ましい方法です。 また、販売店では、取り扱っているメーカーの製品に関しては回収ボックスを設置しているところもありますので、その利用も好ましい方法です。 次善の策として、可燃ごみまたは不燃ごみとして捨てる方法があります。 可燃ごみか不燃ごみかは、自治体により異なりますので、必ず自治体の清掃事務所に問い合わせて確認してください。 資源ではありません。

次の

キヤノン:サポート 使用済みカートリッジ回収のご案内

インク カートリッジ 捨て 方

インクカートリッジの回収はベルマークの代わりになる 使用済みのインクカートリッジをベルマークと一緒に回収している学校が増えてきました。 クラスや学校で、競争しながらベルマークを集めているところも多くあるようで、「なるべくたくさんベルマークを持っていきたい!」とお子さんに言われる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 基本的にベルマークは食品や消耗品についており、1枚1点ほどでついていますが、インクカートリ ッジについているベルマークの点数は高いということで、学校などでも広まってきています。 インクカートリッジは通常のベルマークよりも点数が高く、小さいもので1つ5点にもなります。 プリンターのインクを交換するとなると、一気に4つは使用済みインクカートリッジを処分することになるので、20点分にもなります。 また、大きめのトナーカートリッジになると1つ50点にもなるんですよ。 これはお子さんにも、ベルマーク担当の方にも喜ばれること間違いなしですね。 食品などについているベルマークで20点分集めようと思うと、なかなか大変な労力になりますよね。 それがインクカードリッジ4個なら、一気に20点にもなると、集めないともったいないです。 効率よくベルマークの点数を稼ぐには、インクカートリッジがおすすめです。 プリンターのインクカードリッジの回収 純正以外は? ただし、ベルマークの対象となるインクカートリッジは、全ての商品が当てはまるわけではないので、注意が必要です。 「せっかく集めたのに」「ベルマークになると思ったのに違う商品だった!」 なんてことのないよう、確認したうえで購入・回収しましょう。 インクカードリッジをベルマークとして学校で回収してくれるのは? まずは、対象となる製品のメーカーはどこなのでしょうか? 今のところ、ベルマーク運動に参加しているメーカーは、「ブラザー」「エプソン」「キャノン」の3社となっています。 この3社が取り扱うインクカートリッジの中の、「純正インク」と表記されているものしか対象となっていないため、「非純正インク」ではないことを確認しましょう。 純正と非純正では、価格が違うのでわかりやすいと思います。 純正の方が価格が高くなっていますね。 スポンサーリンク インクカートリッジの買取は使用済みでもお金になる? 以前は、使用済みインクカートリッジの回収は家電量販店や、郵便局などにある回収ボックスに入れたり、純正インクであれば、買い取りしてもらったりと処分方法は限られていました。 しかし、最近では個人で処分することができるメーカーも増えてきています。 メーカーごとでそれぞれ違うのですが、まずメーカーに問い合わせ、回収ボックスを申し込みます。 そして、その箱がいっぱいになったところで、また担当の業者に引き取ってもらうという流れになります。 ただ、注意点としてはメーカーによってはこのサービスを行っていない場合や、方法が違っていたりするので、事前に確認した方がよいでしょう。 プリンターの使用済みインクカートリッジの処分 使用済みのインクカートリッジの処分は、家電量販店や郵便局の回収箱に入れるだけと思っている方も多いですよね。 少しの手間で、ベルマークになったり、個人で回収してもらうこともできます。 特に子供のいる家庭では、小学校や中学校に持っていくだけで、高得点のベルマークが獲得できるのでいいですね。 使用済みインクカートリッジの中でも、回収対象になっているか確認して、有意義に処分したいですね。

次の

使用済みインクカートリッジの回収

インク カートリッジ 捨て 方

純正インクかインク革命のインクかによって処分の方法が異なるので、分けて話していくよ!。 純正インクの場合 エプソンやキャノンなど多くのメーカーで回収を行っているよ。 家電量販店の入り口などに回収ボックスが設置されていて、そこで回収してくれるんだ。 といって回収・リサイクルを進めることで環境保護に貢献しているんだよ。 回収以外だとゴミとして処分する方法があるよ。 基本的には「燃えないゴミ」の地域が多いけど、地域によっては「燃えるゴミ」で廃棄できる場合もあるので、 各自治体のホームページを参考にして欲しいな。 インク革命の互換インクの場合 インク革命で購入したインクカートリッジが20本以上あれば、 無料で回収を行っているよ。 注文の際に備考欄に「使用済みカートリッジの回収希望」と記載すれば、当社規定の着払い伝票を同梱しているよ。 また、純正インクと同じくゴミとして廃棄することも可能だよ。 備考欄への書き方は下の画像を参考にして欲しいな。 画像をクリックすると拡大します.

次の