あいりん 白血病 亡くなる。 白血病の初期症状は写真のようなあざです!生存率と原因は?

【なぜ?】大阪・西成に“中華街”構想→マフィアの本拠地となるんだね…

あいりん 白血病 亡くなる

2つの応援クリックお願いします! 本物の石黒さんは、実直な方。 先月、應典院での「いのちを考える会」でもコラボさせて頂いた。 強そうに見えるが、実は、シャイ、だと感じた。 彼のような立派な方を応援できる人間になりたい。 読売新聞の記事から引用します。 また、支援もよろしくお願いします。 冬の夜 野宿者に寝袋無料配布 …大阪の石黒さん 活動10年(写真入り) 【泣き叫ぶ 子らへと走る 母の心地して】 記事の内容は以下の通りです。 『 「冬の夜 野宿者に寝袋無料配布 …大阪の石黒さん 活動10年」 野宿者に寝袋を配り続ける石黒さん。 「妻と息子がいつも背中を押してくれる」と話す。 (大阪市天王寺区で)=関口寛人写真撮影 イルミネーションが輝く年の瀬の街の片隅で、寒さに震えながら路上に横たわる野宿者に、寝袋を配り歩く男性がいる。 大阪市中央区の衣料品卸会社経営、石黒大圓 だいえん さん(63)。 同市内で毎冬、夜中に寝袋を無料配布するボランティアを続けており、今年で10年目を迎えた。 次男と妻を相次ぎ亡くしたことが、活動の原点にある。 「寝袋いりませんか。 ただですからどうぞ」。 冷え込みも厳しくなった西成区の夜。 石黒さんは仲間と2人で、ビルの陰で横たわる野宿者に新品の寝袋を手渡した。 「ありがとう」と寝袋を広げ、さっそく中に潜り込む男性。 「大丈夫。 前にもらってます」と会釈する別の男性には「寒いから気をつけて」と優しく声をかけた。 1989年に白血病を患った次男が4歳で他界。 97年には、心の支えだった妻も49歳で胃がんで亡くなった。 無力感や絶望感にさいなまれ続けた。 2000年の冬、亡くなる5日前に妻がつづった手記を見返し、ある一文に目がとまった。 〈元気になったら、お世話になった方々に恩返ししていくんだ!〉。 かなわなかった妻の代わりに、生かされている自分が何かするべきではないか。 そう考えていた時、知人から炊き出しのボランティアに誘われた。 妻に導かれたように感じて参加した。 そこで見たのは、冬空の下、段ボールや毛布にくるまり、身を縮めて眠りにつく野宿者たち。 凍死も絶えないと聞き、過酷な状況で必死に生きようとする姿に妻子が重なった。 「尊い命が失われるのを見過ごしにできない」。 翌01年1月、寝袋の配布を始めた。 ホームページなどでカンパを募り、毎年10月末から翌年3月まで週末に活動、これまでに9000個近くを配った。 大阪市の野宿者は全国の自治体で最多の約2860人(今年1月現在)。 今年も西成区・あいりん地区や浪速区・日本橋周辺など、同市内で野宿者が多く住む約20か所を順番に巡る。 来年3月まで約1000個を配るつもりだ。 支援などの問い合わせは、石黒さん( 090-1146-7351)へ。 (平成22年年12月25日 読売新聞)』 以上。 【寝袋カンパにご支援よろしくお願いいたします】 野宿者支援の会を立ち上げました。

次の

いよいよ10

あいりん 白血病 亡くなる

豚まんに、ラーメンなど…日本に居ながら中国の文化に触れ合うことのできる中華街。 神戸の元町、横浜、長崎が、「三大中華街」として知られていますが… 今、4つ目の「中華街」を作る構想が大阪・西成区で 浮上しているというのです。 yahoo. 西暦2040年・・ 2018年に当時の政府は殆ど強引に「移民政策」を認めた。 全国各地に外国人街が出来た。 北海道・沖縄は、殆どが中国外資に買い占められてしまい、中国人向けの夏の避暑地となった。 海外から来日し、結婚・出産するため、社会保障財源は益々枯渇し、 もはや、日本人の年金はの支給不能となった。 日本人の賃金は上がらず、増税だけが先行した。 すでに、外国人を抑制する手段はなく後戻りできない事態になった。 2018年に決議した政治家は負の遺産だけを残した。

次の

白血病とは?症状は?|慢性骨髄性白血病(CML)を学ぶ|がんを学ぶ ファイザー

あいりん 白血病 亡くなる

慢性骨髄性白血病(CML)を学ぶ白血病ってどんな病気? 白血病とは? 白血病は血液のがんです。 血液細胞には赤血球、血小板、白血球がありますが、これらの血液細胞が骨髄でつくられる過程で、がんになります。 がん化した細胞(白血病細胞)は、骨髄内で増殖し、骨髄を占拠してしまいます。 そのため、正常な血液細胞が減少し、貧血、免疫系のはたらきの低下、出血傾向、脾臓(血液を貯蔵しておく臓器)の肥大などの症状があらわれます。 日本では、1年間に人口10万人あたり、男性で11. 4人、女性で7. 9人の割合で白血病と診断されています(2011年のデータ *)。 白血病は、がん化した細胞のタイプから「骨髄性」と「リンパ性」に分けられ、さらに病気の進行パターンや症状から「急性」と「慢性」に分けられます。 本サイトでは慢性骨髄性白血病(CML)について詳しく解説します。 をご覧ください。 *出典:国立がん研究センターがん対策情報センター 表. 白血病の種類 急性白血病 骨髄性白血病 リンパ性白血病 慢性骨髄性白血病 (CML: chronic myelogenous leukemia) 慢性リンパ性白血病 (CLL: chronic lymphocytic leukemia) 造血のしくみ 血液細胞には大きく分けて、赤血球、血小板、白血球があります。 白血球というのは、リンパ球、顆粒球、単球の総称です。 これらの血液細胞は、骨の内側にある骨髄というところでつくられます。 そこで、血液細胞のもとになる造血幹細胞から各種の血液細胞へと変化(分化)し、成熟した血液細胞が血液中に放出されます。 変化する過程は大きく分けて2つあります。 赤血球、血小板、単球、顆粒球をつくる過程は骨髄系、リンパ球をつくる過程はリンパ系とよばれます。 血液細胞の分化・成熟 白血病の発症(原因)について 原因 白血病を含む「がん」は、一般に遺伝子や染色体に傷がつくことで発症すると考えられています。 たとえば、慢性骨髄性白血病(CML)では、患者さんの95%以上でフィラデルフィア(Ph)染色体という異常な染色体が見つかります。 遺伝子や染色体に傷がつく原因として、放射線、ベンゼンやトルエンなどの化学物質、ウイルスなどが挙げられていますが、そのしくみは完全には解明されていません。 また、白血病は遺伝しませんので、親が罹ったとしても、子どもが必ず白血病になるわけではありません。 診断 白血病の診断は、問診、血液検査、骨髄検査などの結果に基づいて行われます。 そのため、通常の健康診断や血液検査をきっかけとして、白血病が発見されることも少なくありません。 貧血などの症状があり、血液検査の結果から、血液細胞の数や種類に異常がみられた場合、白血病が疑われます。 最終的な診断には、骨髄液を吸引する「骨髄穿刺(マルク)」や、骨髄の組織を採取する「骨髄生検」などの骨髄検査が行われます。 骨髄はすべての骨の中にありますが、骨髄穿刺は腸骨(骨盤の骨)から採取するのが一般的で、ときには胸骨(胸の正面にある平らな骨)から採取することもあります。 骨髄中の細胞の数や種類、染色体や遺伝子の状態を確認し、白血病かどうかを確定診断します。

次の