ラミー 2000 - 文房具を知り尽くしたプロが選んだ「LAMY(ラミー)」の傑作ペンカタログ

2000 ラミー 私のお気に入り文房具 LAMY2000

ラミー2000 ペンシルを実際に購入して検証! デザインや使い心地をレビュー

2000 ラミー LAMY2000をジェットストリームではなくアクロインキ仕様に変更。アクロインキを選ぶ理由とリフィルの交換方法

2000 ラミー LAMY2000をジェットストリームではなくアクロインキ仕様に変更。アクロインキを選ぶ理由とリフィルの交換方法

文房具を知り尽くしたプロが語る「LAMY(ラミー)」のペンを愛用する理由

2000 ラミー 私のお気に入り文房具 LAMY2000

LAMY 2000 バウハウス100周年リミテッドエディション 万年筆セット

2000 ラミー 万年筆のラミー2000は初心者向き?|口コミ・評判のまとめ

2000 ラミー LAMY2000 4色ボールペンをレビュー【欠点4つ】ラミー原点は定価高すぎ

2000 ラミー LAMY2000をジェットストリームではなくアクロインキ仕様に変更。アクロインキを選ぶ理由とリフィルの交換方法

万年筆 LAMY2000(ラミー)の見た目はさりげない。これに宿るのは本格的な機能+必要最小限の装飾

2000 ラミー LAMY2000 4色ボールペンをレビュー【欠点4つ】ラミー原点は定価高すぎ

2000 ラミー シンプルなデザインで書く喜びを倍増させる万年筆

文房具を知り尽くしたプロが選んだ「LAMY(ラミー)」の傑作ペンカタログ

2000 ラミー 文房具を知り尽くしたプロが選んだ「LAMY(ラミー)」の傑作ペンカタログ

万年筆のラミー2000は初心者向き?|口コミ・評判のまとめ

私のお気に入り文房具 LAMY2000 (ラミー2000)

『ラミー2000 ペンシル』は、そんなこだわり派にぴったりのシャーペン。

  • そこでぼくが選んだのはブルーブラックだ。

  • ノートなど物色している時に、 シンプルで渋くスタイリッシュ 4色ボールペンを見つけて 早速愛用しております。

  • ラミーのボールペンの選び方 ラミーのボールペンには、さまざまな用途や場面、ファッション、年齢などの相性で選べるよう、さまざまなシリーズが揃っています。

ビジネスでも格好良い万年筆「LAMY2000」

「ラミー」では、油性インクを使ったモデルを「ボールペン」、水性インクを使ったモデルを「ローラーボール」と分類しているのが特徴です。

  • また、同ブランドは日本国内でも人気。

  • 愛用しているのは グリップ部がウッド(カバ材)のタイプで 1本定価2,160円です。

  • 特に多いのが、突然筆記できなくなるという問題。

LAMY(ラミー)2000「L401」は僕が愛用する4色ボールペン〜おすすめの替芯も紹介

2020年10月号は万年筆のインクを特集しています。

  • なんと言っても素晴らしいのが、この質感。

  • 『まだ使い始めたばかりで・・・注意することとかありますか?』 ビジネスマンなら常日頃から感じていると思いますが、仕事で大切なのは仕事以外の話です。

  • それを可能にしてくれるのは、やはりシンプルなデザインでありながらも機能的にも優れているラミー2000ならではと言えるのではないだろうか。

文房具を知り尽くしたプロが選んだ「LAMY(ラミー)」の傑作ペンカタログ

それらのデザインは実用的でありながら洗練されており、シンプルで飽きのこない作りになっているところがラミー2000の大きな特徴と言えるだろう。

  • 3,000名以上に直接会って、新しい価値観や生き方を提供している。

  • 芯径のちがいは書き心地や筆記した文字にあまり影響しないため、 『ラミー2000 ペンシル』のなかでは0. ペン先に意識を集中させて書くことに専念できそうだ。

  • また、硬いと思いきや、実は柔らかいというギャップも 実際以上に柔らかさを感じさせてくれているようだ。

ラミー2000 万年筆

デザインが気に入ったら、揃えてコレクションしてみるのもいいですね。

  • ドイツのワイマールで創立され、機能美を追及する理念を教えた美術学校「バウハウス」の影響を受けてデザインされています。

  • さらに、ヘアライン加工の胴軸には経年変化という楽しみがあります。

  • ラミー 2000の素晴らしいところは軸のバランスと持ちやすさだと思います。

LAMY2000をジェットストリームではなくアクロインキ仕様に変更。アクロインキを選ぶ理由とリフィルの交換方法

このラミー2000の万年筆は、の万年筆版だ。

  • それらのデザインは実用的でありながら洗練されており、シンプルで飽きのこない作りになっているところがラミー2000の大きな特徴と言えるだろう。

  • インクの吸入 インクはカートリッジ式ではなく、吸引式です。

  • 購入価格が5,000円ほどなので、文房具とはいえ割と高価な部類に入ると思います。

シンプルなデザインで書く喜びを倍増させる万年筆

その魅力の一つが軸に使われている樹脂だ。

  • LAMY2000は、この価格帯/デザインの舶来万年筆には珍しく14金のペン先で、軟らかい万年筆らしい書き心地を楽しめます。

  • ラミー2000は社長に就任したばかりのドクターラミーが デザインに重点をおいてつくり上げたはじめてのペンなので こうした細かな点までこだわり抜いたのだろう。

  • 7mmは芯が太いぶん頑丈で、紙に押しあてて力をくわえてもなかなか折れません。

    関連記事



2021 cdn.snowboardermag.com