おんな 声 の 出し 方。 【男性必見!】両声類になる方法、出し方、練習法まとめ

女声出し方の4個のコツと練習方法8選!

おんな 声 の 出し 方

インターネットが普及して、YouTubeやニコニコ動画などでボーカロイドが流行り、同時に歌ってみた動画を出す歌い手さんも有名になっていますよね。 ボーカロイドの中ではVip店長さんは女性の声、いわゆる女声を出せる歌い手さんとして一時期有名でしたよね。 逆に女性なのに男性のような歌声を出せる96猫さんはメジャーデビューを果たしていたり、活躍の場を広げております。 このような性別が違う声が出せることを両声類といいます。 また、ひとくくりに女声が出せるといってもジャンルがあり、アニメキャラなどに似ているアニメ声、幼い女の子を連想させるロリ声、女性が歌っているのではないかと錯覚するほどのナチュラルな女声などたくさんあります。 それぞれの出し方は少し違いますが、コツを掴んで練習をすることで、使い分けることもできます。 男性が女声を出すことにはメリットが多く、男性はもともとの地声が低いため、女声が出せるようになることで、音域がかなり広がります。 次に練習方法ですが、まずは出すコツをお伝えしたいと思います。 男性は中学生頃になり、声がわりが始まり、小学生のころまでは高かった地声が高校生にかけて低くなっていきましたよね。 それに伴い、見た目の変化もあったと思います。 男性は首を見ると、喉仏がありますよね。 それは成長期に声がわりが起こり、低くなったことで喉仏も出てきました。 逆に考えると、高い声を出すには喉仏をひっこめる必要があります。

次の

ロキの「お互いにな」声の出し方解説!がなり声はこう出せ!

おんな 声 の 出し 方

スポンサーリンク 低い声の出し方【女性編】 やっぱり重要な腹式呼吸 低い声を太く響かせるためには、腹式呼吸が大切になります。 これができないと、いわゆる汚い喉声になってしまいます。 よく耳にする腹式呼吸ですが、一体どういう仕組なのでしょうか。 腹式呼吸を簡単に説明すると、息を吸った時にお腹が膨らむ呼吸法のことです。 これだけ聞くと簡単なように聞こえますが、女性の場合は胸式呼吸の方が多いので、練習をしないと腹式呼吸を活用することが難しいです。 腹式呼吸の練習 腹式呼吸の練習方法は、こちらの参考にしましょう。 息のみを使った練習 1. まず、背筋を伸ばします。 人差し指を立てて口の近くに当て、弱く長く息を最後まで吐き切ります。 お腹の緊張を確認します。 吐き切った段階でお腹を緊張させたまま5秒間停止します。 お腹を楽にして息を吸います。 このセットを繰り返します。 まず、背筋を伸ばします。 人差し指を立てて、腕を真っ直ぐ伸ばして遠くに置きます。 人差し指をロウソクの火に見立てて、口をつぼめて思いっきり息を吹きます。 この際、お腹をグッと強く緊張させます。 この練習は、息を最後まで吐ききる必要はありません。 お腹の瞬発力を高める事に重点を置きましょう。 声を出した練習 腹式呼吸にある程度慣れたら、実際に声を出して練習していきます。 腹式呼吸には、ロングトーンの練習が適しております。 どの音程でも構いませんので、お腹の緊張を意識しつつ、同じ息の強さで最後まで吐いていきます。 息を吐ききるあたりで息がぶれがちになりますが、最後まで一定の強さで吐ききれるように練習しましょう。 吐ききれなくなったら、お腹を緊張させた状態でしばらくキープするとより効果的です。 慣れてきたら、小声から大声への移行、大声から小声への移行、小声から急に大声を出す練習などをしてみましょう。 出典 スポンサーリンク 低音マックス・ポルタメント 1、顎を下げて口を開け、舌先が下の歯にさわるようにします。 これが基本のポジションです。 2、あばら骨の一番下の骨の下あたりに左手を当てる。 ポイント:その場所には横隔膜があります。 横隔膜を動かすのはインナーマッスルです。 筋トレでも、筋力アップしたい筋肉を意識すると効果が高いですね。 それと同じ理論です。 インナーマッスルを意識できるように横隔膜に近い場所に手を当てます。 3、腹式呼吸で息を吸って、 「はあ~ぁ~」と高い声から低い声に向かってポルタメント(音をずり下げる)する。 同時に右手を、手の平を上に向けて、頭の上から下に向けて声の高さにあわせて下げていく。 同時に、お腹に当てている左手で低い声に向けてお腹をグーッと押していく。 (「当てる手」と「下げる手」は左右逆でもかまいません) *ポルタメントとは音をずり上げたりずり下げたりする歌い方で、最初は「あくび」のようなイメージで行うといいかもしれません。 ポイント:低い声というのは呼気が必要です。 低い声を出そうとして息を緩めてしまうとかえって出なくなります。 そのために、低い声にあわせて呼気をうながすために横隔膜を手で押しています。 横隔膜を使うことに慣れてくれば手を当てる必要はありません。 低い声というのは響きにくい。 一度高い声で響きをつかんでからスムーズに響きを逃さないためにポルタメントで行うのです。 4、できる人は、一番低い音に達したら「はあ~ぁぁぁぁぁぁぁぁ~」とビブラートをかけてお腹が使えていることを確認。 自然にビブラートが出来ない人は、手で横隔膜のあたりをグイグイ押してビブラートをかけても良い。 必ずビブラートがかかります。 体が覚えれば自然にビブラートできるようになります。 出典 スポンサーリンク 声の響かせる場所を変える 女性は比較的頭声と言って頭の高い位置で声を響かせている方が多いので、これを胸で響かせるようにします。 胸に声を響かせる方法は、まず胸に手を当てて声を出してみます。 声を出したときに、手に胸の振動が伝わってくるかと思います。 低い声を出せば出すほど振動が伝わりますので、その振動を目安にして低音を響かせる練習をしましょう。 低音を響かせる練習 低い声を綺麗に響かせるには、リラックスした状態で舌を下げると、声帯が緩み低音が響くようになります。 この感覚をつかむために、こちらの方法を実践してみましょう。 穴から息を抜くようにして強く声を出すと、更に太い声になります。 低い声の出し方は低音を太くすること いかがでしたでしょうか。 以上が、低い声の出し方【女性編】です。 普段の生活で中で意識した方がいいこととして、できる限り低い声で喋るようにしたり、語尾を意識して下げるようにするのも効果的です。 是非今回の内容を参考に、太く響く素敵な低音を手に入れてくださいね。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

女声の出し方とは?練習方法10選!両声類になるコツやトレーニングも

おんな 声 の 出し 方

1:両声類とは?声の種類と女声の特徴 「両声類(りょうせいるい)」とは、性別を逆転させたような声で歌唱する人のこと。 男女どちらの声も使いこなせる人のことを指します。 なかには、あえて自身の性別を明らかにせずに「性別不明」と公表する人もいます。 そして「女声(おんなごえ)」とは、声楽で女性が受けもつ声部のことで、いわゆるソプラノやアルトなどのこと。 反対に、男声は男性が受けもつ声部のことで、テノールやバリトンのことをいいます。 男性が女声を出すやり方には2種類あり、裏声もしくは地声からアプローチしていきます。 また機械を使用してピッチ調整し声を変えることで女声を作る方法もあります。 2:喉仏を上げる?それともひっこめる?女声の出し方のコツ7つ (1)喉仏を上げる 男性が女声を練習するときは、喉仏を上げるように意識して声を出すのがポイントです。 鏡を見ながら練習してみましょう。 (2)地声アプローチ 地声のまま高い声に持っていく方法を「地声アプローチ」といいます。 高い声は出にくいものの、ナチュラルな女声に。 しかし最初はほとんど変わった気がしないでしょう。 根気よく練習することが必要です。 (3)裏声アプローチ 裏声から音を整える方法を「裏声アプローチ」といいます。 最初から高い声を出しやすいのが特徴ですが、アニメっぽい声になりやすく自然な声が出しにくいという点も。 女声を習得する際は、自分の目指している声に合わせて、地声アプローチと裏声アプローチの2種類をうまく使い分ける必要があります。 (4)声の響かせ方を理解する 男女の声の出し方には、響かせ方に違いがあります。 男性が主に胸に響かせるのに対し、女性は主に頭に響かせることが多いとされ、「頭声」とも呼ばれています。 男性が女声を出すときは、頭に響くように声を出す練習をしてみましょう。 (5)エッヂボイスを抜く 男性の声には、ガラガラとした声の成分があります。 これをエッヂボイスと言います。 このエッヂボイスをなくしていくことで、女声に近づきます。 (6)声のベクトルをイメージする 声質も大事ですが、息がどのように流れているのかというイメージも重要です。 男性の声は、声のベクトルが下を向いていることが多いですが、女性の声は正面にまっすぐ息が流れているようなイメージです。 女声を練習するときはこのイメージを大事にしましょう。 (7)声の出し方よりも、話し方も重要 女声の声の出し方を習得するのも重要ですが、それ以外に話し方を学ぶことも大切です。 男女の話し方の決定的な違いは、抑揚です。 男性が話すときの抑揚はほぼ一定なのに対して、女性は話すときは抑揚が上下します。 女性がどのように抑揚をつけているのか、日常会話や動画、声優さんのラジオなどを聞いて勉強してみましょう。 3:女声講座!ナチュラルボイスの出し方5つ それでは、より具体的に女声のナチュラルボイスの出し方をご紹介します。 (1)喉仏を上げる 先ほどもお伝えしましたが、女声を習得する上で重要になるのは、喉仏を上げること。 つばを飲み込むなどして、喉仏を上げる練習をしましょう。 最初は鏡を見ながら確認し、徐々に喉仏を上げる感覚をつかんでいきます。 (2)上げた喉仏をキープする 喉仏を自由に上げられるようになったら、喉仏を押し上げて、その位置をキープするようにしましょう。 つばを飲み込んで喉仏を上げてキープする感覚をつかんでいきます。 (3)ため息を吐く 喉仏を上げたままだとカエルのような声になってしまうため、少しずつ息を吐きながら調節をします。 まず最初の難関ポイントです。 喉仏が下がらないように、ため息を吐きます。 自由に息ができるようになればクリアです。 (4)ささやき声を出す 息が調節できるようになったら、小さな声で声を出してみましょう。 喉仏が下がらないように、ささやき声を出してみましょう。 そして、小さなささやき声でヒソヒソ話をできるようにしてみましょう。 (5)音を出してみる 女声を習得する上で最も難しいのがこの部分です。 最初は「あいうえお」などから練習を。 短い単語を発声し、そのあとに文章で話してみましょう。 会話ができるくらい長く話せるようになったらクリアです。 練習中は、録音をするといでしょう。 最初は自分の声が気持ち悪いように感じるかもしれませんが、録音をすることで振り返りができます。 何が間違っているのか自己分析をすることで、習得や改善がはやくなります。 4:時間をかけて練習しよう 女声を習得するためには時間がかかります。 1日や2日では習得できないため、気長に根気よく練習しましょう。 鏡やボイスレコーダーなどを使って、効率よく練習することを心がけてみてください。 また、どんな声になりたいのか、女声で歌いたい曲や話してみたいセリフなどを最初に決めておくと、習得に対するモチベーションの維持にもなりますよ。 この記事を書いたライター 番長みるく M. Bancho 元劇団四季のミュージカル女優で、準主役デビュー後、6年間在籍。 どこにも書いてない「恋愛の本音の部分」を執筆中。

次の