グレート ハンティング。 グレートハンティング2 : 作品情報

殺したライオンと嬉しそうに記念撮影するカップルに悲劇が…! トロフィーハンティングの現状について考えさせられる動画

グレート ハンティング

皆さんは 「トロフィーハンティング」をご存じでしょうか? 個人の趣味として野生動物の狩猟をおこない、射止めた 獲物の剥製などを記念品(トロフィー)として持ち帰るというものです。 欧米ではスポーツハンティングとして古くからおこなわれてきたという歴史があり、合法の範囲でおこなうぶんには問題ないとされていますが、そこには多くの批判や問題があることも事実。 今回YouTubeからご紹介するのは非常にショッキングな映像。 ライオンを仕留めたカップルの男女が、別のライオンに襲われるという動画で、トロフィーハンティングについて考えさせられる内容となっています。 【別のライオンに襲われるカップル】 トロフィーハンティングにより銃で殺された一頭のライオン。 そのライオンと自分たちの姿をビデオカメラで自撮りしようとするカップル。 大きな笑い声をあげガッツポーズをしています。 その後、男性がカメラの様子をチェックしていると、突然女性の悲鳴が! なんと後ろから、別のライオンが猛スピードで走ってきた!! 女性は銃を持ったまま、男性もカメラを置き去りにして必死に逃げます。 カメラから姿が消えるふたり。 その後、女性のすさまじい悲鳴とバーンという銃声。 しばらくしてカメラの画面にふたたび映り込むライオン。 悠然と歩きながら去っていきますが、カップルはいったいどうなったんでしょうか……。 【貴重な命が趣味のために失われる現状への警鐘】 実はこれ、 トロフィーハンティングをする人たちへの警鐘動画として製作されたもの。 実際にあった光景ではなく、CGなどを使って作られているそうです。 動画の投稿主であるJayden Tannerさんは次のようにコメントをしています。 トロフィーハンターたちは毎年、アフリカの野生動物を数千匹と殺し、絶滅危惧種の生存に深刻な脅威をもたらしている。 私たちは今、これをやめなければいけない。 そしてまた、狩猟目的のためだけに飼育され繁殖させられている動物たちもいる。 高い値でも喜んで支払う観光客がいるからで、トロフィーハンターたちにとってライオン狩りは3万5000ドル(日本円で約360万円)もの金額になることもある。 【トロフィーハンティングについて考えさせられる動画】 残酷なものからは目をそむけたくなりますが、まずはこうした現状があるということを知るだけでも意味のあることにちがいありません。 すでに再生回数660万回超えとなっているこの動画。 一滴の血も見えないしグロテスクな箇所もないので、興味を持った方は、下記のYouTubeから観てみては。 しかしYouTubeには、トロフィーハンティングを楽しむ人たちによってその様子が日々アップされているようで、そちらのほうがよほどグロテスクそうなことを考えるとなんとも皮肉なものであります。

次の

グレートハンティング2 : 作品情報

グレート ハンティング

富裕層の趣味と言えば、世界的にはハンティングです。 そして私もエリートサラリーマンの端くれとして、今まで数多くの狩りに挑んできましたが、実は日本のハンティング事情の貧しさにはかなり不満を募らせていました。 潮干狩りしかり、地引き網しかり。 今年の正月には釣り堀(の)なるものにも行ってきましたが、そこにも私の求める「ひりつくような息詰まる真剣勝負」はありませんでした。 これは私の同僚の話ですが、彼が行ったクリ拾いなどはコースの途中に「ここにクリがあります」という立て看板があり、そのたもとに運営が置いたクリを回収するというものだったそうです。 その話は俄には信じられないぐらいに愚かしかったので 「古来、拾われた捨て子は健やかに育つと言われ、も『出生時に捨てられ、直後に家臣が拾う』という儀式を行ったと聞きます。 そのクリ拾いもその辺に由来があるのでは。 」 と推理を述べてしまったほどです(無視されたけど)。 その様な状態だったので、本日行ってきたイチゴ狩りもちっとも期待していなかったのです。 (イチゴ、すっぱいし) なんのなんの、あれこそ『狩り』でした! ビバ! (興奮している) 断言します。 「真のハンティングはイチゴ狩りにあり」です! まず、ビニールハウスに案内されて、ヘタを入れるトレーを渡されます。 で、あとは30分、ひたすら摘みまくり喰いまくり。 一見、何の戦略性も駆け引きも無いように見えますが、決してそんなことは無く、非常に奥深かったのです! 一つは、同じ「章姫(あきひめ)」という品種ながら、1個1個味が全然違ったことです。 意外なことに、ケーキの上に乗っているような端正な形のものは、真っ赤に輝くほどに熟れていても、それほど美味しくないのです。 酸味も有り、「まぁふつーのイチゴだね」ていうぐらい。 それが、長細ーく曲がったような形の悪い物(太った唐辛子のみたいな物。 ヘタの付近にはブツブツもあり、正直すこし気持ち悪い)は、とても甘い上に酸味という物がゼロで、今までに食べたイチゴの概念を完全に覆すほど美味でした。 イチゴも葉っぱに隠れたりしているので、それを探す難しさと楽しさも有りました。 そして、「ひっひっひ、これは甘いに違いない」と思って喰ったときのアタリはずれというギャンブル性。 思ったより甘かったときの嬉しさといったらもう。 さらに、15分もすればお腹いっぱいになってしまうので、「もう・・・食えてもあと数個・・!」という極限状態の中、熟れ具合や形を厳選して口に運ぶわけですが、そこは明らかに真剣勝負です。 持てる頭脳と運を総動員してイチゴと駆け引きすることになります。 (それなのに。 これは・・・! という完全な形と大きさと熟れ具合の物を見つけたが、採ってから裏返したらカビてたりとか。 まぁ熟れすぎるとね・・。 ) 結局、私一人で3パック分は優に食べたんじゃ無いかなぁ。 思いがけずモトも取れたし、そもそもそこらに売ってないぐらい甘いイチゴが食えたので、非常に満足しました。 ちなみに、帰り際に農園のおじさんに「曲がってる方が甘くね?」と聞いたら「俺もそう思う。 理由は分からん」と言われました。 なんだろね。 おまけに敷地の端っこの斜面にゴルフボールがいっぱい落ちていて、子どもとボール狩りも楽しめました。 (なぜあんなに落ちていたのかは不明。 ツクシみたいに日当たりの良い斜面に生えるのかもしれない。 隣のゴルフコースとはきっと無関係) 結論:真のハンティングはイチゴ狩りに有り! (大事なことは繰り返し。 ) ikurou.

次の

グレートハンティング

グレート ハンティング

概要 [ ] 『』の映画監督 ()による残酷もの3部作(「 Savage Trilogy」、『グレートハンティング』、『グレートハンティング2』、『カランバ』よりなる)の最後の作品。 公開当時のテレビCMではに腕をくくりつけられた男の腕がちぎれるシーンが話題になった。 このシーンは『グレートハンティング』の人間が動物に食い殺されるシーン同様にだと言われている。 なお現時点で日本国内で、は発売されていない。 映画の内容 [ ] 世界各国のカメラマンが映し出した、日本を含む世界のあらゆる場所での新聞やテレビで報じられない残酷なシーンを取り上げる。 内容はの奥地での鳥葬の儀式、の戦線での凄絶な現場、映画撮影中のスタントマン転落事故の決定的瞬間、での牛の頚動脈を切って出た血を飲む奇祭、での20階建てのビルの間の綱渡りで失敗し、道路に落下する決定的瞬間、での聖ペテロと聖パウロの祝日に住民が二手に分れ石を投げ合う風習、の収穫祭での市民同士でのムチを使った殴り合いなど。 スタッフ [ ]• 監督:マリオ・モッラ、 ()• 製作:• 音楽:• 編集:マリオ・モッラ 、アントニオ・クリマティ• ナレーション訳:• ナレーター: 関連作品 [ ]• 『』()• 『グレートハンティング2』()• 『グレートハンティング'84』() 関連項目 [ ]• (日本でのプロモーションの際に映画のワンシーンを再現した) 外部リンク [ ]• - (英語).

次の