ご教授いただく 例文。 「ご教示ください」と「ご教授ください」ビジネスや婚礼での正しい使い方は?

「ご教示」「ご教授」の意味とビジネス時の「教えて」を表す敬語と例文

ご教授いただく 例文

謙譲語とは相手に敬意を払い自分が遜った表現になりますので、「〇〇さんに教えていただきました」「〇〇について教えていただけますか」など誰かに教えてもらった報告や相手に教えてもらいたい時などに用います。 「いただく」は漢字で「頂く」「戴く」とも書きますが、何かをしてもらう補助動詞として使う場合はひらがなの「いただく」を使います。 「頂く」は「食べる・飲む」の謙譲語として自分が食べたり飲んだりする場合「お茶を頂く」「食事を頂く」といった使い方をし、「戴く」は相手から貰い物などをした際に「菓子折りを戴く」「お歳暮を戴く」といった使い方になります。 「お~いただく」という謙譲語の表現は「お教えいただく」以外にも、「お話いただく」「お聞きいただく」など謙譲語のパターンとして多く使われる表現です。 使い方としては「お教えいただけますか」「お教えいただけると幸いです」などになります。 「教えていただく」「お教えいただく」とも何かを教えてもらいたい場合などに、教えてもらえる事はありがたいといった意味を込めて「いただく」を使います。 教えてもらうの敬語と合わせて「読んでください」の敬語も知りたい場合は、下記の記事も参考にして下さい。 「読んでください」の正しい敬語を紹介しています。 「ご教授いただく」は専門的な知識を持つ目上の方や上司に教えを授かりたいといった場合に、多く用いられる表現です。 目上の方や上司に対して、敬意を表して教えてもらいたい場合などに使います。 「教示」は教えを示すという意味で「ご教示(きょうじ)いただく」は、目上の方や上司に手順や方法を指導してもらいたい場合などに多く使います。 ご教授くださいの意味を詳しく知りたい場合は、下記の記事も参考にして下さい。 ご教授くださいの意味やメールの使い方を紹介しています。 教えてもらうの敬語の使い分け方やポイント1つ目は、日常的な会話で使う場合です。 日常会話で相手に何かを教えてもらう場合は、ご教示やご教授を用いると少し堅苦しいイメージになるので、「教えていただけますか」や「お教えいただけますか」などの使い方の方が多くなります。 ある案件に関して手順や方法を指導してもらいたい、内容を教えてもらいたい場合などは「ご教示いただけますか」や「ご教示いただけると幸いです」といった使い方をします。 ビジネスメールでも多く使われる表現で、目上の方や上司に教えや指導を乞いたい場合には「ご教示」という言葉が多く用いられます。 専門的な内容や専門的な技術を教えてもらう場合や、長期に渡って教えを乞いたい場合は「ご教授いただけますか」や「ご教授いただきたく存じます」を用います。 教授は大学教授や名誉教授など教育機関や研究機関などの高位の職階になりますので、「ご教授」を使う事で相手に対しての尊敬の意を表して使われる事が多くなります。 ビジネスシーンで教えてもらう場面は度々訪れます。 時間を割いて教えてもらったわけですから「~について教えていただき、大変ありがたく存じます」や「~についてご教示いただき、とても助かりました」などのお礼のメールを送る事も大切です。 相手のスケジュールや都合のいい時間帯を知りたい場合は、「ご都合を教えてください」や「ご都合を教えていただければ幸いです」といった使い方をします。 スケジュール調整をしたいので、ご都合をお教えください 引用元: career-picks 自分の都合がつかない場合の敬語の使い方を知りたい場合は、下記の記事も参考にして下さい。 都合がつかないの敬語や都合がつかない場合のビジネスメールを紹介しています。 「教えていただけますか」でも問題ありませんが「ご教示いただけますでしょうか」といった言い方の方が目上の方や上司に送る場合は相手を敬った言い方になります。 明日の打ち合わせの詳細について、ご教示いただけますでしょうか。 「教えてください」や「教えていただけますか」でも間違いではありませんが、教えてもらえるかまずおうかがいする文言にするとより丁寧な言い方になります。 新商品の機能について、ご教示いただきますようお願い申し上げます。 方法や手順の場合は「ご教示」を用いて、「ご教示いただきたく存じます」や「ご教示いただけますでしょうか」といった使い方をします。 これも時間を割いて教えてもらう事になるので、「お忙しいところ恐縮ですが」や「お手数をおかけいたしますが」など時間を割いてもらう事に対しての配慮の言葉を加える事も大切です。 教えてもらえると助かるという意味で伝えたい場合、ビジネスシーンではありがたいという意味を持つ「~いただけると幸いです」という言葉を多く用います。 教えてもらえると助かると伝える場合は「ご教示いただけると幸いです」や「ご指導いただけると幸いです」といった言い方になります。 ご指導も教え導いて欲しいという意味になるので、「お教え」や「ご教示」に変わって「ご指導」を使っても、同じような意味になります。 先日お願いしたミーティングの件、ご都合のよい日時をご教示いただけると幸いです。 引用元: マナラボ ありがたいの敬語を知りたい場合は、下記の記事も参考にして下さい。 ありがたいの敬語のビジネスメールやありがたいの類語を紹介しています。 誰から教えてもらったか伝える際、教えてくれた相手が目上の方や上司などの場合は「ご教示いただきました」「ご教授いただきました」といった文言を使います。 「教えていただきました」でも間違いではありませんが、ご教示やご教授を使う事で教えてもらった相手に敬意を持っている事も伝わります。 専門的分野について教えてもらう場合は「ご教授」を使い、さらに目上の人からいただくという意味を持つ「賜る」をつなげる事でより丁寧な言い方になります。 ぜひ〇〇先生に、本件につきまして歴史的な観点からのご教授賜りたく存じます。 長期間に渡って教えてもらう、教えてもらった場合は「ご教授」を使います。 長い間教えてもらったお礼の場合は「長い間ご教授いただきありがとうございました」、引き続き教えてもらいたい場合は「末永くご教授いただければ幸いです」などの文言になります。 今後とも末永くご教授いただければ幸いです 引用元: 英語部 上司や目上の方に送るビジネスメールをもっと知りたい場合は、下記の記事も参考にして下さい。 上司や目上の人のビジネスメールの書き方を紹介しています。 例えば誰かわかる人はいないかなどと問われた場合、「〇〇については、私がお教えいたします」といった使い方になります。 しかし教えるという行為は教える側の立場が上のようなイメージになってしまうので、敬語として間違いではありませんがシーンによっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。 その為この後紹介していきますが、「ご説明」や「ご案内」といった別の言葉を用いて伝える方が柔らかい印象になります。 先に紹介したシーンのように誰かわかる人はいないかなどと問われた場合、「〇〇については、私がご説明させていただきます」とご説明に置き換えるだけで失礼のない言い方になります。 また場所などを尋ねられた場合も、「私がお教えいたします」より「私がご案内させていただきます」の方が遜った言い方になるので印象が良くなります。 ビジネスシーンでも相手から依頼があり何かを教える場合「ご説明させていただきます」「ご案内させていただきます」に置き換えて伝える事が多くなります。 もっと詳しく正しい敬語について知りたい場合は、敬語の正しい敬語の使い方や敬語の必要性など詳しく動画で紹介されているのでぜひ参考にして下さい。 教えてもらう時は丁寧な敬語で伝えよう ビジネスシーンで何かを教えてもらう場合は、相手に時間を割いてもらう事になるので丁寧な敬語で伝える事が大切です。 また教えてもらった後は感謝の気持ちもしっかり伝えるようにしましょう。

次の

「ご教授」「ご教示」「ご指導」「ご指南」の意味と違い、使い方とは?

ご教授いただく 例文

使用シーン ・申請や登録に必要な書面の書き方を知りたい ・詳しい内容や手順、状況、対処方法などを知りたい ・日程調整のため、相手のスケジュールを知りたい ただし、やや堅苦しさのある表現ですので、 「ご教示」はメールや手紙の中で使われる書き言葉として使われることが多いです 会話では「お教えください」「教えていただけますか」「お知らせください」といったシンプルな表現や、にてご紹介する「類義語」を使う方が自然な場合もあります。 では、「ご教示」の使い方について、例文で確認していきましょう! 1-1.「ご教示」の正しい使い方【例文】 これから紹介します「ご教示ください」「ご教示願います」「ご教示いただけますでしょうか」は、どれも同じ意味であり、 社内外問わず目上の方への敬語表現として使うことができます。 ただし、少しだけ相手が受け取る印象が異なる言葉でもありますので、それぞれ例文で確認していきましょう。 実際には、書き言葉として使われることが多いです。 もちろん話し言葉として使うこともできますが、「〜ください」という表現は敬語表現の命令形にあたりますので、相手によっては少し違和感を感じる方もいらっしゃいます。 そのため、話し言葉で使うときには、 「ご教示ください」を命令口調だと感じさせないよう注意が必要です。 対策としては早口で言わない、強い口調で言わない、などが考えられますが、後述の「ご教示いただけますでしょうか」を使ったり、もしくは「お教えいただけますか」と言い換えてもよいでしょう。 「ご教示願います」 2.「ご教示」と「ご教授」の違い 「ご教示」に似た表現として、「ご教授」という言葉があります。 どちらも「教えてください」という意味を持ちますが、「ご教授」と「ご教示」では教えてもらう内容や教えてもらう期間が異なります。 これから説明いたしますが 「ご教授」の方はやや大げさな感じが出てしまうため、ビジネスシーンでは「ご教示」が使われることが多いです。 とはいえ、相手に応じて使い分けられるよう、意味をおさらいしていきましょう。 2-1.「ご教授」の意味 「ご教授」とは「学問や技能・技芸を伝達する・教える」という意味です。 学問や技能・技芸、専門的な知識を教わるのですから、簡単に1日で、というようにはいきません。 これから先、長期間にわたって知識や技能を教えてもらう必要があります。 そのような場合に使われるのが、「ご教授」です。 2-2.「ご教示」と「ご教授」の使い分け 「ご教示」は、誰かのスケジュールや、会社の規則、簡単な内容や手順、方法、知識などを聞きたい時に使用します。 「ご教授」は、長期間・継続的に、かつ体系的に何かについて教えてもらいたいときに使用します。 また、長期間にわたって教わるのでなくとも、相手が長い時間をかけて身につけた知識や技能を教えてもらいたいというときに、相手を立てるために「ご教授」が使用されることもあります。 「ご教示」を使うべきところで「ご教授」を使ってしまうとやや大げさな印象ので、意味を理解し、注意して使うことが必要です。 2-3.「ご教授」の正しい使い方【例文】 「ご教授」の正しい使い方を、例文で学んでいきましょう。 取引先とのやりとりで使える例文 2-4.「ご教示賜る」は間違い!「ご教授賜る」の誤用なので注意 「ご教示賜(たまわ)る」という日本語は残念ながらありません。 では、なぜ時々耳にするのかと言いますと「ご教授賜る」が誤まって使用されているからという説が有力です。 「ご教授賜りたく」「ご教授賜り」は弟子入りした人や、秘書、カバン持ちなど、長期間にわたって何かを教わっている人が「教えていただく」という意味で使う表現です。 (なお、ここでの「賜る」とは、「もらう」のの役割をしています) 「ご教示賜る」は間違った日本語です。 誤って使用しないよう気をつけましょう。 3.「ご教示」の類語 「ご教示」は「教えてください」を丁寧にした表現ですが、やや固い印象があります。 そのため、他の言い方も合わせて使えるようにしておかれますと、ビジネスシーンで役立ちます。• 3-1.「ご指導」 「指導」とは、 「ある目的・方向に向かって教え導く」という意味です。 そのため、何かを具体的にのではなく、「(目的を達成するために)これから色々と教えてください」ですとか「今後もよろしくお願いします」という意味合いが強い言葉です。 別れ際に使う「のほど宜しく」という有名な定型文がありますので、覚えておきましょう。 3-2.「ご指南」 「指南」とは 「武道や芸能を教える」という意味です。 柔道や華道、将棋、チェスなど、教える内容が限定された人に対して、教えを請うために使います。 上司やクライアントといった目上の方と趣味を通じた交流がある場合や、習い事などで師匠をお持ちの方は「これからもどうぞご指南ください」という表現を覚えておかれるとよいでしょう。 また、余談ですが将棋などで格上の人と勝負するときには「一局、ご指南ください」と言ってから対戦が始まります。 4.「ご教示ください」を英語で言いたい 「ご教示」は簡潔にいいますと「(情報や方法を)教えてください」「(情報を)知らせてください」です。 英文にいたしますと、下記のような表現となります。

次の

「ご教示ください」の意味と使い方や読み方!メール例文(目上や上司向け)を使って解説!

ご教授いただく 例文

「ご教授」の意味 「ご教授」の意味は「教え授かる」 「ご教授(ごきょうじゅ)」とは「教え授(さず)かる」という意味があり、主に学問や技芸を長期間教わる場面で使われます。 接頭語の「御(ご)」がついた丁寧な言葉であるため、上司や取引先の担当者など目上の人へ使えます。 「ご教授ください」は教えを求める表現 「ご教授」を使った言い回しのひとつが「ご教授ください」です。 目上の相手に、学問や技芸を教わるシーンで「ご教授ください」が使えます。 「ご教授ください」という言葉単体で使うこともできますが、多くの場合が「お願いします」と合わせて使います。 「ご教授ください」だけでも意味は通じるのですが、あくまで教えてもらう立場であることを忘れずに丁寧なお願いを心掛けることが大切です。 例えば「ご教授くださいますようお願い致します」や「ご教授くださいますよう、よろしくお願い申し上げます」など、丁寧な言い回しをしましょう。 「ご教授」の目上への使い方(メールの場合) 「ご教授」はメールで使える 「ご教授」は話し言葉の他にも、メールなどの書き言葉として使用できます。 ただ、メールや文書では相手の表情や声色が分からないため、話し言葉よりも丁寧である必要があります。 「ご教授」を願うシーンでは「ご教授ください」だけでなく、上記で説明したように「ご教授くださいますよう、よろしくお願い申し上げます」などと、丁寧な言い回し方をする方いいでしょう。 「ご教授」は使い方によって失礼に 「ご教授」はメールなどの書き言葉でも使用できることを説明しました。 注意が必要なのは、教えてもらう内容が学問や技芸など専門的な分野であるため、「メールなどの文面で教わることはできない」ということです。 専門的な内容をメールで簡単に「教えて」というのは相手に失礼ですし、そもそも1度の返信で教われるような内容量ではありません。 仕事をする上で確認したいことや不明な点を聞くのであれば類語の「ご教示」を使いましょう。 メールの場合は、教えてもらったことへの感謝を伝える場面で「ご教授」が使われます。 今後ともよろしくお願い致します」という文面だと、メールで教えを求めているのではなく、教えてもらったことへ感謝を表していることになり失礼にはなりません。 「ご教授」の使い方(お礼を伝える場合) ご教授いただきありがとうございます 「ご教授」をうけたことへのお礼の言葉として「ご教授いただきありがとうございます」が使えます。 引き続きよろしくお願い致します」となります。 「ありがとうございます」は、ビジネスシーンでは比較的くだけた表現であるため、相手や状況に応じて使いましょう。 ご教授いただき感謝いたします お礼の言葉の1つが「ご教授いただき感謝いたします」です。 「感謝いたします」は「ありがとうございます」よりもかしこまった表現と言えます。 「感謝申し上げます」や「お礼申し上げます」に言い換えることもできるため、相手によって使い分けてください。 「ご教授」と類語「ご教示」の違い 「ご教示」の意味は「教え示す」 「ご教授」の類語となる「ご教示」は、「教え示す」という意味の言葉です。 接頭語の「御(ご)」がついた丁寧な言葉であり、目上の相手へ使えます。 「ご教授」と同じく相手に教えを乞う場面で使われる言葉ですが、教わる内容で使い分ける必要があります。 「ご教授」と「ご教示」の違いは教わる内容 「ご教授」が学問や技芸など、専門的なものを教わる場面で使われるのに対し、「ご教示」は方法や情報を教わる場面で使われます。 また、「ご教授」は長期間に渡り教わりますが、「ご教示」はその場で答えが返ってくる場合が多く、継続的な教わり方はしません。 例えば取引先の担当者へ、打ち合わせの日程を決めるために空いている日を確認するとします。 上記の場合、空いている日にちを教えてもらうのであって専門的なものを継続して教えてもらうわけではないため、「ご教示ください」が使われます。 「ご教示」の使い方「ご教授くださいますよう」 「ご教示」を使った言い回しのひとつが「ご教示くださいますよう」です。 後に続く言葉としては「お願い致します」や「お願い申し上げます」などがあり、相手に教えを乞うシーンで使われます。 「ご教授」のその他の類語と同音異義語 「ご指南」や「ご指導」も「ご教授」の類語 「ご指南」や「ご指導」も「ご教授」の類語となります。 「教え示す」や「教え導くこと」を意味する「ご指南」と、「目的に向かって、教え導くこと」を意味する「ご指導」は類語ではあるものの、「ご教授」と同じ場面で使えるというわけではないため状況に応じて使い分けてください。 「ご教授」の同音異義語「ご享受」 「ご教授」と同じ読み方をする「ご享受(きょうじゅ)」という言葉ですが、意味は全く違うため注意が必要です。 「享受」とは、「与えられたものを受け入れ、楽しむこと」を意味する言葉で、相手から教わるという意味は含まれていません。 同じ読みでも意味が全く違うため、メールなどの書き言葉として使う場合は、変換を間違えないようにしてください。 まとめ 「ご教授」とは学問など専門的な知識を継続して教わることを意味します。 ビジネスシーンで日程や情報を教わる場合は類語の「ご教示」を使いましょう。 目上の人へ使える丁寧な言葉ではありますが、メールでの使い方によっては失礼となる場合もあるため使い方に注意してください。

次の