ポケモン グソクムシャ。 【ポケモン剣盾】グソクムシャ育成論 先制攻撃しつつ、次へと繋げ!

【ポケモン剣盾】グソクムシャ育成論 先制攻撃しつつ、次へと繋げ!

ポケモン グソクムシャ

シーズン1お疲れ様でした!12月30日に19位をとることができたので記事にしたいと思います 最終順位はランクバトルの画面でA連打してて見れませんでした 【構築経緯】 7世代の時にラティ+とんぼルチェンのサイクルパを使っていてそれに似たパーティを使おうと決めてた。 なのでとんぼが使えて火力とすばやさのあると系で1番安定してそうなミトムは確定。 今作の嫁ポケとして使おうと思っていたグソクも確定。 この3体が確定した時に特殊の高火力がいなかったのでサザンを入れた。 初手を出してドラゴンタイプを出された時に引き先がいなくフェアリータイプをいれたいと思いニンフをいれた。 そしてギャラに積まれた時のストッパー+地面タイプ+対面力のあるが欲しかったのでを入れた。 【使用パーティ】 【コンセプト】 の特性ととんぼルチェンを活かしサイクルで敵を削りの先制技で倒す 【個体解説】 はHPがh、攻撃がa、防御がb、特攻がc、特防がd、すばやさがsとします。 命の珠 性格 いじっぱり 特性 危機回避 h244 a252 b12 技構成 出会い頭 ふいうち アクジェ ックス率 5位 選出率2位 今作の嫁ポケ。 ックス環境でこの特性は弱いと思ってる人がほとんどだと思いますがめちゃくちゃ強かった。 持ち物はが出来つつ火力を上げれる命の珠。 の持ち物はこれしかないと思ってる。 先制技をうって交代するか相手の攻撃をくらって安全に後ろに繋ぐか選べるのも強かった。 の役割は中盤での特性によるクッション役と終盤で削れた相手を先制技で倒すこと。 ミトムがックスの水技で雨を降らせてアクジェの火力をあげて倒すという動きも強かった。 あとはミトムのボルチェンorダルマのとんぼ+先制技で縛る動きも強かった。 は対面構築には強いので出す機会が多かったが受けよりの構築には弱かった。 ックスはクッションで出すタイミングがなく最後の一体になった時だけ使った。 5回くらいックスしたが全部活躍してくれた。 今後もこのを軸にパーティを組む予定。 こだわりメガネ 性格 臆病 特性 ふゆう c252 s252 余りb 技構成 流星群 火炎放射 ラスターカノン ックス率3位 選出率4位 めっちゃ火力が高かった。 メガネ流星群の火力がやばかった。 あくは打ってるだけでも強かった。 系全般に有利なので相手にがいたら出すことが多い。 のックスは技を打ち分けたい時と対面で無理やり倒したい時に使っていた。 グソクサザンで出すことが多かったがこの2体に一貫するダイジェットですばやさを上げられ3タテさせることもあったのでサザンの枠は今後検討していきたい。 オボンのみ 性格 控えめ 特性 ふゆう h252 c252 余りb 技構成 放電 シャドウボール ックス率1位 選出率1位 このパーティの過労死枠。 めちゃくちゃ強かった。 ほとんどの試合で出していた。 ックスを使うと対面性能も高いしクッション性能も高いしこのがいないとうまく回らなかったと思う。 ただ相手にととがいた場合は出しずらかった。 ドラゴンタイプが相手にいた場合はに引けば何とかなるのでそんなきつくはなかった。 ミトムは手応えが良かったので今後も使っていこうと思う。 ガラル 性格 ようき 特性 ごりむちゅう h4 a252 s252 技構成 つらら落とし じしん 蜻蛉返り 上の画像では冷凍パンチとばかじからになっていますが19位になった時はこっちの技を使いました。 紛らわしくてすいません。 ックス率 4位 選出率 3位 高火力で早いとんぼ枠。 ミトムとのとんぼルチェンが強かった。 つららおとしで等倍でも大ダメージを与えれたし交代先にもたくさん削れるし火力が化け物。 つららおとしの怯みで勝てた試合が2試合くらいありましたがその10倍は外して負けたのでこの枠は命中安定な冷凍パンチにしようと思う。 じしんはなんで採用したか覚えていないがとかに打つ場面がたまにあった。 ここも他の技に変えていいと思う。 蜻蛉返りは交代読みでしても強いし不利対面でも削って逃げれるのがとにかく強かった。 あとは終盤にサザンの大文字耐えまでdを降っているをみたがが後ろにいることが多いためこのままの調整でもいいと思った。 も手応えが良かったので今後も使っていきたいと思う。 きあいのたすき 性格 いじっぱり 特性 ちからもち a252 s252 余りh 技構成 電光石火 じしん 雷パンチ 岩石封じ ックス率6位 選出率6位 このパーティのストッパー枠。 ックスを使わないでックスを倒す動きが出来たのがとても良かった。 500位くらいまではたまに出せていたが上位にいけばいくほど出せなくなっていった印象。 元々はギャラのストッパーで入れたけどギャラ入りに出すことがなかった気がする。 それでも出した試合はだいたい活躍してくれた。 対面力がとても高くやも対面からなら勝てる。 対面でが体力1の状態からじゃれつくをかわしてがんぷうじしんで勝ってくれたことも1回だけある。 ここの枠ももっといいがいると思うので今後検討していきたい。 喉スプレー 精霊プレート 性格 控えめ 特性 h244 b4 d12 s20余りc 技構成 電光石火 あくび マジカイム ックス率2位 選出率5位 主にドラゴンタイプ、、特殊アタッカーをみていた。 選出率は低いが敵にやドラゴンタイプ2体とかいたらこいつがいないと負けていたと思う。 19位にいったときは喉スプレーを持たせていたが電光石火との火力があがる精霊プレートの方が強いと最終日に気づいた。 と対面した時相手は引いてくることがほとんどだったので交換読みの動きをできたのが良かった。 は選出率は高くないが いないときつい相手がいたので今後も使っていきたいと思う。 あとこのの調整はなんかの記事を見て真似をしたが何意識で振ったか全く覚えてないです。 【基本選出】 ++or ミミドラパドリみたいな対面構築にはほとんど出していた。 受けよりのパーティにはの枠を他のにしてた。 迷ったらこれを出してた気がする。 【きつかった】 ヌル+ どう勝てばいいかわからなかったにックスを切らせて上からで倒す動き以外できない。 ほぼ負けてた。 グレイシア がきつかった 他にもきついがいたかもしれませんがあまり覚えてないです。 【最後に】 シーズン序盤対面構築がめちゃくちゃ多くてとんぼルチェンのサイクルパは無理なのかなと思ってたが納得のいく順位にいけて良かった。 このパーティを使う前は勝率5割を切っていて何万位とかだったのですがこのパーティを使ってからは勝率7~8割位はあった気がする。 次は最高1桁目指して頑張りたいと思う。 最後まで読んでいただきありがとうこざしました。 何か質問があればDMかリプでお願いします TwitterID gyoro0503 gyoro130503.

次の

cdn.snowboardermag.com: ポケモンセンターオリジナル ぬいぐるみ グソクムシャ ボスごっこ RR: おもちゃ

ポケモン グソクムシャ

説明文 たたかうわざ• ・: いりょくが たかい わざ だが せんとうに でたら すぐに ださないと せいこう しない。 ・ 漢字 : 威力が 高い 技 だが 戦闘に 出たら すぐに 出さないと 成功 しない。 むしタイプなので、半減されやすいのは難点だが、潰しとして中々優秀である。 と違ってひるみ効果は無いが、威力が高く、無効にされない点で勝る。 におけるであいがしら ベンチからバトル場に出たターンにダメージを追加するワザとして登場する。 におけるであいがしら ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 わざの初出 備考• ではグソクムシャのとして登場した。 ではのタマゴわざになり、で習得するポケモンが増えた。 の中で最も威力が高い。

次の

【ポケモンサンムーン】グソクムシャ(コソクムシ)の入手方法・厳選・最強育成論まとめ│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ポケモン グソクムシャ

図鑑説明 するどく きょだいな で いっせん。 くうきや かいすいさえ いっとうだんの うでまえ。 6の うでで に たたかう。 ふだんは しんかいの いわあなで めいそうするように に すごす。 情けない感じの前から一転してかなりごつくなっている。 共々最終形としては初の・。 名前の由来は具足 武者の脚部 +者+、となったのはか。 分類の「そうこう」は前と同じだが、あちらは「走行」でこちらは「装甲」だろうか?• の方も、前のとは較にならないほど強化されている。 のかは不安を抱えているが、防御と特防の大幅上昇によっては高い。 特には、に振るだけで陽気のをほぼ確定3発に抑えるほど。 攻撃もと並ぶ高さで、後述の先制技を始めとして技も充実している。 大きく低下した素さを除けば、どこかやのを彷彿とさせる。 「」同様場に出たにのみ使用可で、ひるみ効果はい。 しかし、グソクムシャのであればかなりのを出せる強な技。 弱点のならば、言葉通り出会い頭に粉砕できる。 警もされやすい。 後述のの事もあり、この技の採用率は非常に高い。 他にも「」・「」まで習得するなど、素さがしかなく素く動けそうもいのに先制技にている。 但し第7世代では先制技自体を封じる技・も登場したので過信は禁物。 特に強ポケとして名高いには要注意。 の「ききかいひ」はが半分になると逃亡・交代する…ようするに前の「にげごし」が名前を変えただけで効果は全く同じである。 敗走から戦略的撤退になったのだろうか 性質上積み技との相性が悪く癖の強いだが、わざとこのを発動させることで有利なに交代したり、再登場時に「であいがしら」を再び使うといった使いも考えられる。 場に向く。 では、の切り札たるなのだが… なんとではしい事に、切り札であるはずのグソクムシャを 初っ端から繰り出してくる。 容赦なく上記の「であいがしら」と「ききかいひ」を利用したを使用してくるため、たかがと侮っていたらが半壊していた…なんて事も。 さん本当に手加減しない 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目•

次の