バインド ザ ハート。 #資料 #呼び方 ツイステメモ(呼び方、設定、用語集etc)

ツイステの登場人物

バインド ザ ハート

ストーリー [ ] 1935年の大恐慌時代のの小さな町での物語である。 エドナは保安官の夫、ロイスと小さな二人の子供を育てながら平和に暮らしていた。 ある日の朝早く、ロイスは部下の副保安官ジャックに呼ばれて、酒に酔っ払って銃を撃っている黒人ワイリーに対処するために、朝食もままならない内に出かけて行く。 ロイスは、よく知っている男だったので彼をなだめていたが、はずみで彼は腹を撃ち抜かれてしまう。 エドナの元にロイスの遺体が運ばれて来て、彼女は衝撃をうける。 なんとか二人の子供にこの事実を説明するのがやっとのことだった。 ロイスの葬儀が行われ、エドナの妹のマーガレットは彼女を慰める。 エドナは彼女にこの先、子育てと家事しかしたことのない自分が、どうやって子供たちを養っていけばいいのかわからないと不安を訴える。 しばらくすると、ファースト農業銀行からデンビーという銀行員が訪ねてくる。 お金のことは、すべてロイスにまかせていたエドナは初めて自分の家の経済状態を知ることになる。 ロイスは家の購入資金を銀行から借り入れていた。 未返済の金額が3681ドル残っており、年2回240ドルの支払い義務があった。 この次の支払いは10月15日だったが、預金残高は160ドルだった。 そこでエドナはデンビーから自宅を売るように勧められる。 この不景気な状況では子供をご主人の親戚に預け、あなたはお姉さんのところに身を寄せるのが最善策だと、デンビーは親身になって提案するがエドナはこの提案を頑として受け入れない。 エドナは姉マーガレットを訪ね、美容師の仕事で雇ってもらえないかと相談するが、彼女の方も人を雇う余裕はなかった。 その日の夜、副保安官ジャックが黒人の男をつれてやって来た。 彼はこの男はお宅の銀食器を持ってうろついていましたと言う。 とっさに彼女は「この人はうちで雇った人です」と嘘をついて彼をかばった。 彼女は以前、流れ者の彼に食事を与え、家の雑用をしてもらった事があった。 彼の名はモーゼスと言った。 エドナにはひらめいた考えがあり、綿花を栽培したらいくらになるか、モーゼスに尋ねた。 「お宅には畑が30エーカーあるから、300ドルほどになります」と彼は言う。 彼は5歳のときから綿花畑で働いていて、綿のことはなんでも知っているという。 彼女はこのひらめきに賭け、彼に納屋の隣の小屋に住むように言う。 彼は食器を盗んだことを見逃してもらったことに感謝した。 次の日、銀行員のデンビーが目の不自由な男性を連れてきた。 ウィルという名の彼の義理の弟で、戦争に行って失明してしまい今は椅子とほうき作りの職人をしているという。 デンビーは彼に部屋貸しをして、少しでも現金収入を得てはどうかとエドナに勧めに来たのだった。 この提案を彼女は受け入れることにする。 エドナはモーゼスと共に綿花の種を50ポンド購入し、馬を使って畑を耕し、種まきを行った。 銀行への支払いには30エーカーの畑からの収穫だけでは不十分で、さらに町で一番早く綿を収穫した者に与えられる賞金100ドルを獲得する必要があった。 収穫の時が来た。 エドナは一番で収穫するためモーゼスに働き手を10人集めてもらい、子供たちや姉夫婦の手も借りる。 その間の食事の準備は盲目のウィルが担当した。 最後の日には徹夜で収穫をし、目標の日に全部を収穫することに成功する。 エドナは町で収穫の一番乗りとなり、売り上げ金と賞金100ドルを獲得する。 しかし、そのことを心よく思わない一部の人たちが目出し帽に白服姿でモーゼスを襲い、袋叩きにする。 モーゼスは自分の危険とエドナ一家の危険を考え、エドナに別れを告げる。 「自分はここでの生活をこれ程、好きになるとは思っていなかった。 」と別れのつらさを語るモーゼスに対し、エドナは「あなたは何も無かった土地から誰よりも見事な収穫を上げた。 肌の色は関係ない。 収穫一番乗りはあなたの手柄。 それを忘れないで。 」と言葉をかけ彼を送り出す。 キャスト [ ]• エドナ・スポルデイング: - 専業主婦• ロイス・スポルディング: - エドナの夫・保安官• マーガレット・ローマックス: - エドナの姉・美容師• ウェイン・ローマックス: - マーガレットの夫• ヴァイオラ・ケルシー: - 教師• バディー・ケルシー: - ヴァイオラの夫• アルバート・デンビー: - 銀行員• ウィル: - 失明したデンビーの義弟• モーゼス: - エドナの使用人となる流れ者の黒人• フランク: - エドナの息子•

次の

業界注目、脅威のモチの良さが魅力の新技術“バインドロック”。どんな技法?効果は?|Beauté(ボーテ)

バインド ザ ハート

廉価版 無 海外版トロフィー 別 オンライントロフィー 無 備考 と別トロフィー コンプ時間:5時間~• イーペルの時報• チャプター2のイーペルにて、四つの歯車をはめ込む場所にある、大きな鐘を三回鳴らせば良い。 気が利く洗濯屋• チャプター3捕虜収容所の、ランドリーにいる兵士に救護箱を渡した後、兵士が落としてくる袋を、全てトロッコに載せる。 兄弟の守り手• ソンムの戦いとは、チャプター3において、フレディが戦車に乗って味方と共に、進行していく場面のこと。 味方を生存させるコツは、味方が敵の襲来を知らせた時や、画面が引いた時に、戦車を移動させず、敵に攻撃すること• キング・オブ・ヒル145• チャプター4のビミーリッジ、敵の砲台を破壊する場面。 二つの砲台の間にある旗に狙いをつけ、砲撃する。 救出名人• チャプター4のサン=ミエルで、合計三回ある治療の全てをミスすることなく成功させる。 ボタン配置は固定で毎回変わることは無い。 押すボタンを間違えたら、ボタンを出鱈目に連打し、わざと失敗する カールを死なせる と良い。 タクシーで進め• チャプター1の、危険な空なら取りやすい。 ずっと語り継ぐ• 参考動画• 製品情報•

次の

Valiant Hearts The Great War

バインド ザ ハート

「バリアント ハート ザ グレイト ウォー」トレイラー 独特のグラフィックスがまず目をひくが,それ以外の見どころも多くある本作を事前にプレイできたので,ここでゲームの内容やプレイフィールについてお伝えしたいと思う。 今回プレイしたのはPlayStation 4版で,そのため,操作系などについてはそれに準じている。 また,テスト版と製品版との違いもあるかもしれないので,その点はあらかじめご了承願いたい。 リアルな戦場の様子が,ドキュメンタリータッチで描かれる ゲームの背景となるのは,2014年7月に開戦から100年を迎える第一次世界大戦。 オーストリア=ハンガリー帝国の皇位継承者がサラエボで暗殺された事件を引き金に,やがてヨーロッパ全土を巻き込む世界戦争へ発展していった歴史の流れの中,生まれも境遇も異なる4人の男女と,彼らと共に行動する1匹の忠実なドーベルマンの物語が描かれる。 筆者が本作について興味を持つきっかけとなったのは,でお伝えした開発者によるプレゼンテーションで,そのときに見せられたゲーム画面に魅了されてしまったのだ。 ゲームは,まさに開戦というところからスタート。 物語をつなぐ場面では,ナレーションによって戦況などが説明される 本作には,同社が独自開発した2Dゲーム専用のエンジン 「UBIart Framework」が使用されているが,同じエンジンを使ったRPGの,水彩画のような表現ではなく,アウトラインがクッキリしたアメコミ(フランスだから,バンド・デシネと呼ぶべきか)やアニメを思わせるタッチで描かれている。 とはいえ,アニメーションは非常になめらかで,戦闘シーンに登場するキャラクターの数も多く,さらにカットインや独自のエフェクトによる演出なども相まって,迫力ある戦場を再現しているのだ。 敵の攻撃に巻き込まれるなど,ミスをしてしまったときはゲームオーバーになり,少し前のチェックポイントから再開 登場キャラクターは全員4頭身ほどにデフォルメされ,大人はすべて前髪やかぶり物などで目が隠れている。 子供向けの絵本に登場してもおかしくない,愛嬌があって動きもコミカルなキャラクター達だが,舞台が実際に起きた戦争で,さらに史実と同じ戦場が背景ということもあり,彼らが銃撃や爆撃で次々に死んでいく姿や,折り重なった死体が山を築いているといった,かなり生々しいシーンも登場する。 キャラクターはコミックス風だが,カットシーンなどを含めた戦場の描写はかなり生々しく,ショッキング なかでも塹壕に毒ガスが使われるシーンは,筆者がその事実を知らなかったこともあって,かなり衝撃的だった。 ゲームで毒ガスは,明らかに体に悪そうな黄土色の煙で描かれ,主人公が触れれば当然ながらミスになってしまう障害物の一つになっている。 毒ガスは,とくに強調されて描かれている印象を受けた。 ガスがまかれた影響で,周囲の背景が黄色っぽく描かれ,その危険性が強調されている 兵達が泥と土にまみれて戦う塹壕戦や,戦火が広がるにつれて廃墟となっていく街並み,飛行船や戦車など,グラフィックスの第一印象からは想像できないような,史実に基づくリアルな情景が次々と描かれていくが,そのリアルさをさらに後押ししているのが,物語の進行に合わせて見られる 「史実」のページだ。 このページでは,第一次世界大戦を扱ったドキュメンタリー番組などから提供された,当時の貴重な写真と共に,ゲームで進行している戦闘の背景や登場する兵器,戦術などについての解説が読める。 ゲームの背景としてはあまり出てこない第一次世界大戦だが,それがどれほど凄惨なものだったのか,ゲームを進めることで少しずつ分かるようになるという,資料的な価値も高い作品だといえる。 「史実」の画面は写真とテキストで構成されている なお,ゲーム中にはナレーションが流れるのみで,登場するキャラクターはフキダシが出るときに一言二言話すのみ。 それもかろうじて聞こえるかどうかの小さな声(おそらく,それぞれの母国語)になっているため,映画やドラマではなく,むしろ ドキュメンタリーを見ているような雰囲気だ。 ピアノの旋律が美しいBGMをバックに,バタバタと兵士が死んでいくような場面が淡々と描写され,強い印象をプレイヤーに与えてくれる。 ゲームの目標は,その場所にいる人物のフキダシを見ることで分かるようになっている 4人の立場が異なることで,ゲームにメリハリを与える 主人公は,1914年から1918年の西部戦線でさまざまな役割を担った人物達で,プレイヤーはそれぞれのキャラクターをゲームの進行に応じて操作し,物語を進めていくことになる。 例えば,最初のプレイヤーキャラクターになる エミールは,フランス軍に召集された老兵で,戦場でドイツ軍の捕虜になり,その後救出されて再びフランス軍に合流して,塹壕掘りの工兵を務めている。 そんな彼が戦場で行方を探しているのが,ドイツ軍兵士の カールだ。 カールはエミールの娘マリーの夫としてフランスで暮らしていたが,戦争の勃発により強制的に国外退去を命じられ,のちにドイツ軍の兵士として,戦場で捕虜となった義理の父エミールと再会するものの,すぐに離ればなれとなってしまった。 開戦によってエミールの娘婿のカールが国外退去させられ,さらにエミール本人も召集されて,家族は離ればなれになる このように,主人公4人は運命的な出会いと別れをくり返し,それぞれの関係を深めていくことになるのだが,ここで興味深いのは,エミールと彼の友人の フレディがフランス軍所属なのに対し,カールは敵対するドイツ軍に所属している点だ。 エミールやフレディでプレイしているときは,圧倒的な強さを誇っているように感じられるドイツ軍だが,いざカールの立場でプレイしてみると決してそうではないことが分かる。 また,中立的な立場にいる従軍看護婦の アンナでプレイすると,両軍が激しく消耗しつつ,膠着状態に陥っていることが理解できるのだ。 そのようにして,立場の違った複数のキャラクターの視点から,第一次世界大戦を立体的に体験することができるのも,本作の特徴だ。 チュートリアルは,エミールの入隊訓練という形で体験できる。 おたまで土が掘れたりするのも面白い ゲームでは彼らの運命が戦場で交錯し,戦争に翻弄される場面が順を追って描かれる。 プレイヤーが操作できるのはそこに登場する1人のキャラクター(主人公キャラクターが2人登場することもあるが,動かせるのは1人で,切り替えはない)で,その物語を進める過程がアドベンチャーになっている。 もちろんこれは一例であり,ゲームが進むにつれて手順はより複雑になっていく。 フレディの橋脚爆破のシーン。 その場にある石や爆弾などを拾って使う必要があるシーンも出てくる キャラクターが4人いるため,単純に行ったり来たりしてパズルを解くだけでないのも面白いところ。 エミールとフレディはそれぞれ能力が異なる工兵で,アンナは看護婦,そしてカールはドイツ軍から脱走した捕虜で,それぞれの立場に沿ったアクションが用意されているため,謎解きにはメリハリがついている。 フレディはフランス軍外人部隊のアメリカ人。 また戦車の操縦も行える 収容所から脱出するカール。 追ってくるフランス軍や警察の目を欺くため,変装している 戦場で主人公達が出会うシーン。 そこに至るまでの経緯が,時間軸を戻して展開されたりなど,物語は立体的に構成されている 個人的に好きなのはアンナで,彼女がケガや病気の治療を施すとき,リズムゲーム風の ミニゲームが始まるのだ。 心電図をイメージしたものらしいが,予想もしなかった演出に初見時は面食らってしまった。 こうしたミニゲーム的な演出も数多く盛り込まれており,それぞれが自然な流れで出現するが,ゲームそのものは難しくなく,ミスしても直前からやり直しとなるだけなので,演出の一つとして楽しめる。 なお,開発者が意図したことなのかどうかは分からないが,主人公が銃器を持って戦うシーンがまったく登場しないことも特筆しておきたい。 従軍看護婦のアンナは,戦場のけが人や病人を助けていく。 治療は,左から右に流れてくる心電図風のゲージに合わせてタイミングよくボタンを押していくというもの 演出やゲーム進行のアクセントになる救助犬ウォルト そんな主人公達に寄り添うように活躍するのが,犬の ウォルトだ。 もともとドイツ軍の救助犬として働いていたが,飼い主と離ればなれになってしまったウォルトは,成り行きで4人の主人公達とかわるがわる行動を共にすることになるのだ。 ウォルトが一緒にいるときに[R1]ボタンを押すと,画面がモノクロになり,そこで表示されるボタンを押すことで,その場所での行動を指示できる。 主人公の行動が手詰まりになってしまったときは,彼に頼ってみるとそのシーンの突破口を開くことができるかもしれない。 ウォルトが同行しているときは,[R1]ボタンを押すことで彼に指示を与える画面が表示される。 ウォルトを直接操作することはできないが,指示をすれば正しく動いてくれる 感情を表情に出さない(ように描かれている)主人公達と比べて,ウォルトは実に表情豊かで,殺伐とした戦場にあって,強く人間性(犬だが)を感じさせる存在になっている。 シンプルながら 物語もゲームもしっかり楽しめる高い完成度 独特の2Dグラフィックスと演出でプレイヤーを楽しませ,感触のいいパズルとミニゲームを用意し,悲惨な歴史的事実に主人公達のヒューマンドラマを重ねた本作は,第一次世界大戦という,筆者とってあまりなじみのなかったテーマに少しずつ興味を抱かせてくれる。 開発者へのインタビューでも,ゲームの目的は 「第一次世界大戦の真実を描くこと」だと語られており,その試みはうまくいっているのではないかと筆者は思う。 戦争を舞台にしつつ,単純なラブ&ピースを主張するものになっていないことも個人的には好感が持てた。 主人公達の心情は,「日記」という形で語られていく。 主人公4人と,エミールの娘でカールの嫁であるマリーの日記も綴られる シーンのプレイに時間がかかっていると画面左上に伝書鳩が現れ,所定のボタンを押すとヒントが表示される。 ただし,ヒントが出るのは3回まで ゲームの各チャプターは,シーンごとに細かく区切られており,再プレイが可能。 物語を読み直すのもいいし,アイテムを探してみるのもいいだろう 一定時間,同じ場面でとどまっているとヒントが表示されるなど,カジュアルなプレイヤーに配慮されているが,その一方でヒントが表示されない 「ベテラン」モードの存在や,戦場に隠されたコレクションアイテムなど,ベテランのゲーマーでも楽しめる要素も用意されている。 重要なシーンでは,そのシーンのために用意されたミニゲームに挑む場合がある 筆者は今回,エンディングまでゲームを進めてみたが,個人的には最後にシナリオ的にもう一押しがほしかった気もしている。 主人公キャラクターや,それ以外の登場人物の後日談的なエピソードや,なにより第一次世界大戦のその後の歴史についても知りたいので,例えば,DLCのようなものでもいいので,配信を希望したい。 とはいえ,価格以上の遊びごたえと,資料的な価値の高さを感じさせてくれた本作。 本稿を読んで興味を抱いた人は,ぜひプレイして,100年前に本当に起きていた悲惨な戦いに思いを巡らせてみてはいかがだろうか。 (C)2013 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Valiant Hearts The Great War Logo, Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U. (C)2014 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Valiant Hearts The Great War Logo, Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U. (C)2013 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Valiant Hearts The Great War Logo, Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U. (C)2013 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Valiant Hearts The Great War Logo, Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U. (C)2013 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Valiant Hearts The Great War Logo, Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.

次の