きよ づか しんや。 清塚信也(ピアニスト)はハーフで辛い過去!今現在は?彼女や結婚、嫁(妻)、子供は?王子系&面白ピアニストとは【マツコの知らない世界】

清塚信也(ピアニスト兼俳優)は結婚済で嫁は乙黒えり【画像】裏wikiプロフ【関ジャム】

きよ づか しんや

ピアニスト清塚信也(きよづかしんや)さんが活躍されていてメディアやテレビなどでよく拝見しますね。 清塚信也さんはピアニストの枠にとらわれず、ドラマのコウノドリのメインテーマや、実際に俳優としても出演され、作曲・編曲家、俳優としても活躍されています。 ドラマのコウノドリのメインテーマや、実際に俳優としても出演されていますね。 幅広く活動される清塚信也さんは情熱大陸に取り上げられたりされています。 清塚信也さんはCD、書籍、教則本、楽譜集なども発売されてコンサート映像DVDもリリースされています。 そんな清塚信也さんの評判や実力など賛否の声がありました。 そして、清塚信也さんの母親は韓国人でハーフともありました。 今現在は結婚されていて奥さん(嫁・妻)もハーフなんだとか? マルチに活動されている清塚信也さんについて今回調べてみました。 billboard-japan. そして、俳優としても活躍されているのでかなりのイケメンですね。 清塚さんは、ピアノは5歳のころから始められているそうです。 先にオネエさんがピアノ習っていて母親と一緒についていっていたそうです。 最初の3年間はただ小さいのでついて行っていただけでしたが、姉のレッスンを聞いているだけで絶対音感が養われたそうです。 そして、父親と母親音楽が大好きで、清塚さんとお姉さんに音楽の英才教育をされていたそうです。 しかもかなりのスパルタで息もつけなかったほどだったそうです。 毎朝5時から練習を始めていて、学校もコンクール前など途中で早退して優勝目指して必死に練習されていたそうです。 清塚さんは母親や先生を恨んだこともあったりしましたが、心の中では、このくらいやらないと1番にはなれないと思ってたそうです。 清塚さんは一生懸命努力されコンクールなどでも優勝されメキメキと実力をつけられていきました。 ここは音楽の名門である 桐朋女子高等学校音楽科を主席で卒業されています。 しかし清塚さんはコンクールの優勝などをしても、満足されなかったそうです。 それどころか、逆に虚しくなったりして虚無感ばかりが心の中に募っていったそうです。 幼い頃からピアノを習っていても、ピアニストとして成功できる人はわずかな人だと思います。 コンクールで優勝されても満足されずに、さらに上を目指すためにロシアにあるロシア国内の音楽教育機関としては最高の権威を持つ、モスクワ音楽学校に留学されています。 清塚さんは名教師と言われるセルゲイ・ドレンスキーに師事していた。 ロシアから帰国後は数々の賞取られ、ピアニストとして活躍されます。 テレビドラマ『のだめカンタービレ』映画『神童』で、ピアノ演奏シーンの吹き替えを担当され、NHK大河ドラマ龍馬伝では、龍馬伝紀行のBGMとして龍馬伝の主題曲をピアノで演奏などされメディアで活躍されています。 2013年に公開された映画『さよならドビュッシー』で俳優デビューをされています。 その後もTBS系金曜ドラマ『コウノドリ』ではピアノテーマと監修を手掛け俳優としても出演され話題になりました。 最近ではバラエティー番組にも出演されていて、とてもマルチに幅広く活躍されています。 やはり気になるのはピアニストとして活躍する清塚さんのピアノの演奏ですね。 スポンサーリンク コンサートcdの評判や実力は下手、上手い? コンサートやCDの評判や実力などを調べていると賛否がありましたね。 クラシックやピアノに詳しくない人からするとピアノが弾けること自体すごいと思いますが、評判や実力などを調べていると下手や上手いなどありました。 清塚さんは積極的にコンサート活動されていて年間に200本近い活動されています。 清塚さんはは「クラッシック界の貴公子」とも言われていますが「異端児」とも言われています。 確かに、ピアニストとしてだけではなく幅広く活躍されていますね。 「クラッシックはポピュラーであるべき!一部の専門家の為にあるのではない」と一貫して言われています。 コンサートなどでは演奏されるだけではなく、ショパンやモーツあるとの面白いエピソードなども熱く語り音楽に対する情熱は人一倍なんだとか! その音楽にかける情熱する姿から観客から苦笑いが漏れるほどとありました。 動画はアンコールの演奏ですが、演奏だけで観客から笑いごえなども漏れるほどです。 どんなピアノ演奏はないのかな?と思ったりもします。 クラッシックに興味があまりない人でも楽しめると思います。 専門家や、音楽家やピアノに関係するかたなどから「音の出し方、曲の表現力や演奏が雑」や「ミスタッチなど多くて気になる」などありました。 逆に、清塚信也さんのピアノ演奏に「気持ちがもってかれました!さすがは本職ピアニスト!」など評価に差がありました。 好き嫌いなどは出てあたり前ですし、逆に賛否があることの方が注目されてるくらいのピアニストだと思いますね。 キレイにひくと言うより、清塚信也さんは気持ちがたかぶると独自のアレンジで曲を演奏してしまうそうです。 型破りな演奏が嫌やな人など、聴き慣れていない人などには違和感など感じてしまって「聞き苦しい」などの声が上がってしまうようですね。 しかし、ファンも多く年間で200本近くのコンサートなどされていますので評価は高いのかな?っと思いました。 発売されてるCDなどの星などの評価もかなり高かったです。 スポンサーリンク 母親が韓国人で嫁 妻 はハーフで子供は? 清塚さんの母親は韓国の方で父親が日本人のハーフだそうです。 同じアジア人ですのですので、言われないとわからないですね。 父親と母親が音楽が好きで特にクラッシックは家の中でいつも流れていたそうです。 母親はかなり教育熱心な方だと言われています。 1日12時間の練習を清塚さんはされていたとありましたので、かなりの教育ママだったのではないでしょうか? 清塚さんにはピアノ、お姉さんはヴァイオリンを習わせているのでクラッシック音楽が好きなんでしょうね。 清塚さんの家族を調べていると、両親は離婚されているとありました。 番組に出演した際に、幼少期に両親が離婚していたことを告白されたそうです。 女手一つで、子供にピアノやバイオリンを習わせて一流に育てた母親は苦労もたくさんあったのではないかと思います。 スポンサーリンク 清塚信也の結婚相手は乙黒えり そして、清塚さんは現在は結婚されていて、奥さんは「仮面ライダー」「ローン・レンジャー」などに出演されていた女優でタレントの乙黒えりさんです。 イオンのシーエムなのでお馴染みの方ですね。 ちょっと日本人離れしたお顔してますね。 しかし美人であることは間違いありません。 生まれはタイバンコクで生まれその後2年半ほどモロッコカサブランカで過ごした後に帰国した帰国子女でね。 清塚さんとの出会いは知人の紹介で知り合ったようです。 乙黒さんもピアノの経験があり音楽の話題で意気投合したといわれています。 その後、2人は2012年に結婚しています。 結婚した2012年に子供が生まれていますね、できちゃった婚かもしれませんね。 2015年に2人目にあたる次女を出産しています。 幼い時、教育熱心な母親と一緒に練習し、1日12時間も練習していました。 ピアニストとしての評判は、賛否があり好みが別れるピアニストでした。 正統派ピアニストとしてではなく個性的なピアニストですね。 コンサートは人気があり、年間に200本の公園やコンサートをされています。 ですので評判としては人気のあるピアニストですね。 現在は結婚されていて2人のお子さんがいるお父さんでした。 これからもマルチに活動されている清塚信也さんから目が離せませんね。 最後までお読みいただきありがとうございました。 スポンサーリンク•

次の

『アウト×デラックス』『コウノドリ』『逃げ恥』で話題のピアニスト清塚信也

きよ づか しんや

ピアニスト清塚信也(きよづかしんや)さんが活躍されていてメディアやテレビなどでよく拝見しますね。 清塚信也さんはピアニストの枠にとらわれず、ドラマのコウノドリのメインテーマや、実際に俳優としても出演され、作曲・編曲家、俳優としても活躍されています。 ドラマのコウノドリのメインテーマや、実際に俳優としても出演されていますね。 幅広く活動される清塚信也さんは情熱大陸に取り上げられたりされています。 清塚信也さんはCD、書籍、教則本、楽譜集なども発売されてコンサート映像DVDもリリースされています。 そんな清塚信也さんの評判や実力など賛否の声がありました。 そして、清塚信也さんの母親は韓国人でハーフともありました。 今現在は結婚されていて奥さん(嫁・妻)もハーフなんだとか? マルチに活動されている清塚信也さんについて今回調べてみました。 billboard-japan. そして、俳優としても活躍されているのでかなりのイケメンですね。 清塚さんは、ピアノは5歳のころから始められているそうです。 先にオネエさんがピアノ習っていて母親と一緒についていっていたそうです。 最初の3年間はただ小さいのでついて行っていただけでしたが、姉のレッスンを聞いているだけで絶対音感が養われたそうです。 そして、父親と母親音楽が大好きで、清塚さんとお姉さんに音楽の英才教育をされていたそうです。 しかもかなりのスパルタで息もつけなかったほどだったそうです。 毎朝5時から練習を始めていて、学校もコンクール前など途中で早退して優勝目指して必死に練習されていたそうです。 清塚さんは母親や先生を恨んだこともあったりしましたが、心の中では、このくらいやらないと1番にはなれないと思ってたそうです。 清塚さんは一生懸命努力されコンクールなどでも優勝されメキメキと実力をつけられていきました。 ここは音楽の名門である 桐朋女子高等学校音楽科を主席で卒業されています。 しかし清塚さんはコンクールの優勝などをしても、満足されなかったそうです。 それどころか、逆に虚しくなったりして虚無感ばかりが心の中に募っていったそうです。 幼い頃からピアノを習っていても、ピアニストとして成功できる人はわずかな人だと思います。 コンクールで優勝されても満足されずに、さらに上を目指すためにロシアにあるロシア国内の音楽教育機関としては最高の権威を持つ、モスクワ音楽学校に留学されています。 清塚さんは名教師と言われるセルゲイ・ドレンスキーに師事していた。 ロシアから帰国後は数々の賞取られ、ピアニストとして活躍されます。 テレビドラマ『のだめカンタービレ』映画『神童』で、ピアノ演奏シーンの吹き替えを担当され、NHK大河ドラマ龍馬伝では、龍馬伝紀行のBGMとして龍馬伝の主題曲をピアノで演奏などされメディアで活躍されています。 2013年に公開された映画『さよならドビュッシー』で俳優デビューをされています。 その後もTBS系金曜ドラマ『コウノドリ』ではピアノテーマと監修を手掛け俳優としても出演され話題になりました。 最近ではバラエティー番組にも出演されていて、とてもマルチに幅広く活躍されています。 やはり気になるのはピアニストとして活躍する清塚さんのピアノの演奏ですね。 スポンサーリンク コンサートcdの評判や実力は下手、上手い? コンサートやCDの評判や実力などを調べていると賛否がありましたね。 クラシックやピアノに詳しくない人からするとピアノが弾けること自体すごいと思いますが、評判や実力などを調べていると下手や上手いなどありました。 清塚さんは積極的にコンサート活動されていて年間に200本近い活動されています。 清塚さんはは「クラッシック界の貴公子」とも言われていますが「異端児」とも言われています。 確かに、ピアニストとしてだけではなく幅広く活躍されていますね。 「クラッシックはポピュラーであるべき!一部の専門家の為にあるのではない」と一貫して言われています。 コンサートなどでは演奏されるだけではなく、ショパンやモーツあるとの面白いエピソードなども熱く語り音楽に対する情熱は人一倍なんだとか! その音楽にかける情熱する姿から観客から苦笑いが漏れるほどとありました。 動画はアンコールの演奏ですが、演奏だけで観客から笑いごえなども漏れるほどです。 どんなピアノ演奏はないのかな?と思ったりもします。 クラッシックに興味があまりない人でも楽しめると思います。 専門家や、音楽家やピアノに関係するかたなどから「音の出し方、曲の表現力や演奏が雑」や「ミスタッチなど多くて気になる」などありました。 逆に、清塚信也さんのピアノ演奏に「気持ちがもってかれました!さすがは本職ピアニスト!」など評価に差がありました。 好き嫌いなどは出てあたり前ですし、逆に賛否があることの方が注目されてるくらいのピアニストだと思いますね。 キレイにひくと言うより、清塚信也さんは気持ちがたかぶると独自のアレンジで曲を演奏してしまうそうです。 型破りな演奏が嫌やな人など、聴き慣れていない人などには違和感など感じてしまって「聞き苦しい」などの声が上がってしまうようですね。 しかし、ファンも多く年間で200本近くのコンサートなどされていますので評価は高いのかな?っと思いました。 発売されてるCDなどの星などの評価もかなり高かったです。 スポンサーリンク 母親が韓国人で嫁 妻 はハーフで子供は? 清塚さんの母親は韓国の方で父親が日本人のハーフだそうです。 同じアジア人ですのですので、言われないとわからないですね。 父親と母親が音楽が好きで特にクラッシックは家の中でいつも流れていたそうです。 母親はかなり教育熱心な方だと言われています。 1日12時間の練習を清塚さんはされていたとありましたので、かなりの教育ママだったのではないでしょうか? 清塚さんにはピアノ、お姉さんはヴァイオリンを習わせているのでクラッシック音楽が好きなんでしょうね。 清塚さんの家族を調べていると、両親は離婚されているとありました。 番組に出演した際に、幼少期に両親が離婚していたことを告白されたそうです。 女手一つで、子供にピアノやバイオリンを習わせて一流に育てた母親は苦労もたくさんあったのではないかと思います。 スポンサーリンク 清塚信也の結婚相手は乙黒えり そして、清塚さんは現在は結婚されていて、奥さんは「仮面ライダー」「ローン・レンジャー」などに出演されていた女優でタレントの乙黒えりさんです。 イオンのシーエムなのでお馴染みの方ですね。 ちょっと日本人離れしたお顔してますね。 しかし美人であることは間違いありません。 生まれはタイバンコクで生まれその後2年半ほどモロッコカサブランカで過ごした後に帰国した帰国子女でね。 清塚さんとの出会いは知人の紹介で知り合ったようです。 乙黒さんもピアノの経験があり音楽の話題で意気投合したといわれています。 その後、2人は2012年に結婚しています。 結婚した2012年に子供が生まれていますね、できちゃった婚かもしれませんね。 2015年に2人目にあたる次女を出産しています。 幼い時、教育熱心な母親と一緒に練習し、1日12時間も練習していました。 ピアニストとしての評判は、賛否があり好みが別れるピアニストでした。 正統派ピアニストとしてではなく個性的なピアニストですね。 コンサートは人気があり、年間に200本の公園やコンサートをされています。 ですので評判としては人気のあるピアニストですね。 現在は結婚されていて2人のお子さんがいるお父さんでした。 これからもマルチに活動されている清塚信也さんから目が離せませんね。 最後までお読みいただきありがとうございました。 スポンサーリンク•

次の

ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

きよ づか しんや

1決定戦で 優勝を飾るなどしてから一般的にかなり注目されるようになった 技巧派速弾きピアニスト兼俳優の 清塚信也(きよづか しんや)さんが 今度は 関ジャムに出演です! 清塚信也さんと言えばピアニストとしては一般的にかなり有名な方ですよね。 数年前の「のだめカンタービレ」での ピアノ演奏シーンの吹き替えは清塚信也さんですし、 NHKの大河ドラマの「龍馬伝」の主題曲を演奏しているのも 清塚信也さんであります! さらにさらに、2013年公開の映画「さよならドビュッシー」では 岬洋介役としてなんと俳優デビューをしているのであります! ピアニストでここまで幅広く活躍されている人はいないのではないでしょうか!? ということで今回は、 俳優をもこなすイケメンピアニストの清塚信也さんについて 裏wiki的にまとめていきたいと思います! みなさんも一緒に確認していきましょう! 清塚信也(イケメン速弾きピアニスト)のwiki的プロフィール• 名前 清塚信也(きよづか しんや)• 生年月日 1982年11月13日• 出身地 東京都• 父:日本人、母:韓国人のハーフ• 桐朋女子高等学校音楽科(共学)首席卒業 清塚信也さんは5歳でピアノを始めています。 やはり何かを極める人は開始するのが早いですね。 こんなこと言うと普通であれば、親のせいにしがちですよね~ (誰かのせいにするのはよくないよくない!!) 「なんであの時ピアノを無理矢理にでも習わせてくれなかったの?」みたいな 笑 まあこんなふうに人のせいにしている時点で 一つのことを極めて大物にはなれないということでしょうね 笑 そして、もちろん清塚信也さんも師事していた人がいました。 セルゲイ・ドレンスキー、中村紘子、加藤伸佳という方々です。 ここでもまたやはり師匠の存在がありました! 何かをプロレベルまで極めようと思えば誰かに師事することは必須ですね! それから、清塚信也さん本人が言っていましたが、 1日12時間くらいはピアノを弾いているということも言っておられました。 1のピアニストとなっています。 ちなみに、俳優デビューした映画「さよならドビュッシー」での 清塚信也さんの演技はこちら!! 出典: 本物のスーパーピアニストが演技すると ここまでリアルなものなのかと思ってしまいますね。 清塚信也の妻や子供、馴れ初めについては次のページへ PAGE 1 スポンサードリンク.

次の