コルタナ 無効。 「Cortana(コルタナ)」有効にする方法<Windows 10>|サポート|dynabook(ダイナブック公式)

Windows10からCortanaを完全に削除する方法

コルタナ 無効

喜んで設定変更をいたします。 お手伝いをする許可を頂く必要があります。 Cortana のオンライン音声認識を有効にして音声データを Microsoft に送信し、音声認識サービスの品質向上に役立てます。 「許可します」をクリックしましょう。 Windowsの設定に戻り 設定を「オン」にしましょう。 これで Cortana が「オン(有効)」になりました。 Cortana(コルタナ)をオフ(無効)に 次は Cortana を「オフ(無効)」にする方法をみていきます。 Windowsの設定(コルタナ)の• 「コルタナさん」と言ったら Cortana が応答するようにする このように「オフ」にしましょう。 これで Cortana が「オフ」になりました。 こちらも合わせてご覧ください。 その他の Windows10 の使い方や設定はこちらをご覧ください。

次の

レジストリを変更しないでCortana(コルタナ)を無効にする方法

コルタナ 無効

Windows10のCortanaを無効にする方法 Windows10のCortana(コルタナ) Windows10のCortanaはスタートボタンの右側にある検索ボックスをクリックします。 Cortanaが起動しました。 Windows10のCortanaを無効にするには、2つの方法があります。 グループポリシーで無効にする(Windows10 Pro)• レジストリで無効にする(Windows10 Pro) Windows10が「Pro」であれば簡単にCortanaを無効化できますが、「Home」であればレジストリの設定が必要になります。 Windows10の設定メニューである「Windowsの設定」からCortanaを無効化できないのが少し面倒ですね。 それではさっそく、Windows10のCortanaを無効化していきましょう! グループポリシーで無効にする 「Windows10 Pro」であれば、「グループポリシー」でCortanaを無効にします。 画面左下にある検索ボックスに「 gpedit. msc」と入力します。 入力すると上に「gpedit. msc」が表示されるので、クリックします。 「グループポリシーエディター」が開きました。 「グループポリシーエディター」から下記の順にクリックします。 「Cortanaを許可する」をダブルクリックします。 「無効」にチェックを入れて「OK」ボタンをおします。 これでCortanaを無効化できました!Windows10を再起動してください。 Windows10が起動すると、Cortanaが無効になりましたね。 Cortanaは無効になりましたが、検索はできます。 Windows10の検索機能は今まで通り使用できます。 レジストリで無効にする 「Windows10 Home」であればレジストリからCortanaを無効にします。 スタートボタンを右クリックして、「ファイル名を指定して実行」をクリックします。 「ファイル名を指定して実行」に「 regedit」と入力します。 もう一つの方法として、検索ボックスに「 regedit」と入力すると、「regedit」が上に表示されるのでそこをクリックする方法もあります。 レジストリエディタが開きました。 もし「Windows」の中に「Windows Search」がない場合は作成します。 Windowsの上で右クリックします。 新しいキーが作成されました。 名前を編集できるようになります。 名前を「Windows Search」に変更します。 名前が編集できるようになります。 名前を「AllowCortana」に変更します。 この「AllowCortana」を右クリックし、「修正」をクリックします。 「値のデータ」を「0」にします。 最後に「OK」ボタンをおして完了です。 Windows10を再起動してください。 Windows10が起動すると、Cortanaが無効になりましたね。 Cortanaは無効になりましたが、検索はできます。 Windows10の検索機能は今まで通り使用できます。 Windows10のPro・HomeでCortanaを無効にすることができました。 以上、Windows10のCortanaを無効にする方法でした。

次の

Windows10でCortanaを無効または有効にする方法(コルタナ)

コルタナ 無効

Pro エディションで操作できます。 Home エディションでは設定を変更できません。 この設定はすべてのユーザーに適用されます。 検索ボックスに gpedit. mscと入力して、[gpedit. msc] または [グループポリシーの編集] をクリックします。 左側のツリービューを [コンピューターの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[検索] の順にクリックします。 [Cortana を許可する] を右クリックして [編集] をクリックします。 [無効] をチェックして [OK] をクリックします。 Windows を再起動するとコルタナアイコンが非表示になります。 設定画面からも Cortana の項目が消えます。 スポンサーリンク.

次の