さい じゅう そう て っ そん。 家系図の続柄(呼び名)を一覧で徹底解説【行政書士監修】

前大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん)|子供と愉しむ百人一首:百人一首の意味を知ろう

さい じゅう そう て っ そん

珍しい苗字の人に出会ったとき、その由来が気になったことはありませんか? また「古風な名前だから由緒ある家柄の出身なのかも」など、苗字からその人の出生をなんとなくイメージすることもあるかもしれません。 そこで今回は、お金持ちそうな印象を持ちやすい苗字の由来を調査! すると字面からは想像もできない、意外な由来が多数ありました。 お話を伺ったのは姓氏研究家の森岡 浩さんです。 さらにご利益のありそうな苗字など、ご紹介するさまざまなユニークで珍しい苗字にもご注目ください。 今回ピックアップしたのは、gooランキングで2017年9月2日に発表された「お金持ちそうな苗字ランキング」にて、1位から3位を占めた苗字「伊集院」、「西園寺」、「財前」の3つです。 どれも高貴な響きが特徴の苗字ですが、果てしてそのルーツとは? 伊集院(いじゅういん) 「伊集院」は鹿児島県発祥の苗字。 薩摩国日置 ひおき 郡に置かれた伊集院村に由来します。 「『伊集』とは、堅固でさまざまな用途に使えるため重宝されたコナラ(ドングリが実る樹木)の別名『柞(イス・イスノキ)』の当て字。 イスが生える土地であり、税として納められた米を貯蔵する倉院が置かれたことから、『イスイン』と呼ばれるようになりました」(森岡さん、以下同) その後、時代と共に現在の「いじゅういん」という読み方へと変化。 そして、この土地を拠点とした島津氏の子孫が名乗ったことで伊集院姓が誕生したとされています。 西園寺(さいおんじ) 「西園寺」のルーツは朝廷に仕えた公家・西園寺家の一族です。 「もともとは藤原の流れをくむ家系ですが、鎌倉時代の京都府に西園寺を建立したことが由来となります。 西園寺一族は現愛媛県である伊予に栄え、近年も愛媛県に多くみられる苗字になりました」 愛媛県の宇和島城は西園寺氏家臣の西園寺宣久が居城とした歴史がある 財前(ざいぜん)、善財(ぜんざい) 「財前」は「財」の「前」に屋敷を構えていた一族が名乗ったことに由来します。 「財前家は近世で農家(庄屋)だったと伝えられていることから、この『財』とはお金ではなく、所有する田んぼのことであったと考えられます。 貨幣経済が広く浸透したのは近世以降なので、それ以前はモノが財産として価値を持つ時代でした。 そうしたなか、最も財を生み出すとして重宝したのは田んぼ。 財前は、そんな歴史の背景から誕生した名前といえるかもしれませんね。 またこのことから、『広田』『富田』などの苗字は財力がある家の証だったと想定できます」 一方で、同じ「財」の字と「ぜん」の読み方を持つ苗字「善財」はお金が由来しています。 「ルーツは南北朝時代に吉野朝廷に属していた人物。 この人物が戦で長野県下伊那郡大鹿(しもいなぐんおおしか)の大河原城に籠城した際に、兵糧の乏しいなかでも財(当時のお金)を貯えたことを殿様から褒められ、善財という苗字を賜ったと伝えられています」 ちなみに成果をあげたことへの褒美として与えられた苗字の中には、徳川家康にお粥を振る舞ったことで賜った「小粥(おかい、こがゆ)」というユニークなものがあるのだとか。 いかにもリッチなこのふたつの苗字は、ご先祖様がお金持ちだったことに由来するのでしょうか? 金持(かねもち、かもち) 「金持」の由来は「金」を「持っている」ことですが、森岡さんによるとこの「金」とはお金ではなく、実は「金属」のこと。 「古代では金属、特に鉄は貴重なもので、鉄の産地は重要な場所でした。 こうした鉄の産地は『金持』と呼ばれ、ここで製鉄業に携わった方が名乗り始めたのが苗字のルーツ。 現在では秋田県に多い苗字で、東北北部、関東南部、阪神地区、広島、北九州などの地域でもみられます」 金箱(かねばこ、かねはこ) 「お金がたくさん詰まった金庫を連想してしまう『金箱』は、長野県の長野市や佐久市に見られます。 朝廷に仕え政務にあたった公家は、長きにわたり日本の政治の中心であった京都と深い関わりを持っています。 そこで、京都で生まれた公家の名前をご紹介いただきました。 「京都は碁盤目状に街路が広がり、東西を結ぶ道を『条』、南北を結ぶ道を『大路』『小路』と呼びます。 苗字は住んでいた土地の名称から由来することが多いため、公家の屋号も『条』、『大路』、『小路』がつくものが多くなり、そのまま苗字となりました。 『〜条』とつく苗字は『一条』から『九条』までの9家と『三条西』の1家があり、『〜小路』とつく家は、『油小路』、『綾小路』、『梅小路』、『押小路』、『錦小路』、『万里小路(までのこうじ)』の7家。 さらに『〜大路』とつくのは、『西大路』の1家のみで、合わせると18種類ほど。 江戸時代の公家は140家ほどあったそうなので、「条」や「小路」「大路」のつく苗字が特別に多いわけではありません」 ちなみに森岡さん曰く、公家や大名の子孫であっても、苗字ができた時代から数百年の間に栄枯盛衰があるため現在は必ずしもお金持ちというわけではないそう。 それでも日本らしい公家の雅な苗字の響きに、わたしたち日本人は魅力を感じてしまうのかもしれませんね。 「吉」がつく苗字の由来2パターン 吉田、吉川、吉原など、幸運を示す「吉」を用いた苗字はたくさんあります。 縁起を担いでつけられた苗字ですが、成り立ちにはふたつのパターンがあるそうです。 例えば「吉田」はその字の通り、「実りの多い田んぼになりますように」という願いを込めてつけられたケース。 もうひとつは植物の「葦(アシ)」に因んだケースです。 「『アシ』は特別な植物ではありませんが、アシが『悪し あし 』と同じ発音のため、関西では縁起を担いで『ヨシ =良し 』と言い変えていたそう。 この『ヨシ』が茂っている場所は吉川、吉原と呼ばれ、他の苗字と同じように、その地名から『吉川』や『吉原』といった苗字が誕生しました」 アシ。 『古事記』や『日本書紀』では日本を「葦原中国(あしはらのなかくに)」と呼んでいる箇所もあるほど、古来から根付く植物 福家(ふけ) 福家 ふけ は、香川県に多くみられる苗字です。 幸福が次々に舞い込んできそうなイメージですが、実はこの「福」は「幸福」とは関係のない当て字。 「稲作に適している低湿地を西日本では『ふけ』と呼ぶことが多く、香川県ではそのような場所に『福家』という漢字を当てました。 その周辺に住む人が『福家』を名乗ったのが由来です」 ちなみにルーツは不明ながらも、「幸福」「出世」「大吉」などのおめでたい苗字もあります。 「こんな苗字を持つ人がいるんだよ」と誰かに教えたくなる、ユニークな苗字の数々。 その成り立ちには、予想もつかないような由来もありました。 みなさんの名前にも、驚くような由来があるかもしれません。 もしかしたら意外なご先祖様にたどり着く可能性も? 気になった方はぜひリサーチしてみてはいかがでしょうか。

次の

さいゆうき【西遊記】

さい じゅう そう て っ そん

家系図・親等数 家系図・親等数まとめ 血統や発祥を重んじる日本では、ルーツ探し・家系図ブームのようなので、親族の呼び名をまとめてみました。 親等…親族関係の親疎を示す等級で、親子関係を1親等と数える。 血族…血縁によってつながる親族関係、人々のこと。 姻族…本人または血族の婚姻によってつながる親族関係、人々のこと。 直系…血筋が親子関係によって直接につながっている系統のこと。 傍系…血筋が、直系から分かれた枝葉の系統のこと。 尊属…親等の上で、基準となる人より先の世代の血族のこと。 卑属…親等の上で、基準となる人よりあとの世代の血族のこと。 父や母は直系尊属、伯父や叔母は傍系尊属、子は直系卑属、甥や姪は傍系卑属と呼びます。 民法で定義される「親族」とは、血族で6親等以内・姻族で3親等以内の身内です。 配偶関係が2回となる関係(例: 配偶者の兄弟の配偶者)は、姻族ではありません。

次の

親族の呼び方(続柄)

さい じゅう そう て っ そん

続柄(呼び名)とは まずは「続柄(呼び名)」について簡単に解説をしておきましょう。 続柄は「つづきがら」もしくは「ぞくがら」と読みます。 どちらの読み方であっても間違っていません。 続柄とは 「自分から見た親族の呼び名」のことです。 自分から見た親族の関係性を表すものですので、当然立場によって続柄は変わってきます。 たとえば、自分から見た両親の兄弟は「叔父」となりますが、両親から見たその「叔父」は両親にとっての「兄弟」となります。 家系図で続柄を確認してみる 次に、家系図で続柄を確認してみましょう。 続柄とは、自分と家系内の特定の個人との関係に名前をつけたものです。 下の家系図の「祖父」や「甥」などが自分とその人との「続柄」というわけです。 こちらの家系図を見ると、自分から見て特定の個人との続柄が何であるかわかるかと思います。 表で続柄の読み方を確認する では、それぞれの続柄の読み方確認してみましょう。 続柄の読み方には「正式名称」と「通称」の2種類が存在しています。 小難しい読み方が「正式名称」で、慣れ親しんだ読み方が「通称」となっています。 「正式名称」で確認する \ 0 2 4 6 8 10 5 定めなし 定めなし 定めなし 定めなし 定めなし 定めなし 4 高祖父母 こうそふぼ 高祖伯叔父母 こうそはくしゅくふぼ 従高祖伯叔父母 じゅうこうそはくしゅくふぼ 再従高祖伯叔父母 さいじゅうこうそはくしゅくふぼ 三従高祖伯叔父母 さんじゅうこうそはくしゅくふぼ 四従~ よんじゅう~ 3 曾祖父母 そうそふぼ 曾祖伯叔父母 そうそはくしゅくふぼ 従曾祖伯叔父母 じゅうそうそはくしゅくふぼ 再従曾祖伯叔父母 さいじゅうそうそはくしゅくふぼ 三従曾祖伯叔父母 さんじゅうそうそはくしゅくふぼ 四従~ よんじゅう~ 2 祖父母 そふぼ 伯叔祖父母 はくしゅくそふぼ 従伯叔祖父母 じゅうはくしゅくそふぼ 再従伯叔祖父母 さいじゅうはくしゅくそふぼ 三従伯叔祖父母 さんじゅうはくしゅくそふぼ 四従~ よんじゅう~ 1 父母 ふぼ しゅくふ・しゅくぼ じゅうはくしゅくふぼ さいじゅうはくしゅくふぼ さんじゅうはくしゅくふぼ 四従~ よんじゅう~ 0 自分 きょうだい・しまい じゅうきょうだいしまい さいじゅうきょうだいしまい さんじゅうきょうだいしまい 四従~ よんじゅう~ 1 こ せいてつ じゅうせいてつ さいじゅうせいてつ さんじゅうせいてつ 四従~ よんじゅう~ 2 まご てっそん じゅうてっそん さいじゅうてっそん さんじゅうてっそん 四従~ よんじゅう~ 3 そうそん そうてっそん じゅうそうてっそん さいじゅうそうてっそん さんじゅうそうてっそん 四従~ よんじゅう~ 4 げんそん げんてっそん じゅうげんてっそん さいじゅうげんてっそん さんじゅうげんてっそん 四従~ よんじゅう~ 5 らいそん らいてっそん じゅうらいてっそん さいじゅうらいてっそん さんじゅうらいてっそん 四従~ よんじゅう~ 6 こんそん こんてっそん じゅうこんてっそん さいじゅうこんてっそん さんじゅうこんてっそん 四従~ よんじゅう~ 7 じょうそん じょうてっそん じゅうじょうてっそん さいじゅうじょうてっそん さんじゅうじょうてっそん 四従~ よんじゅう~ 8 うんそん うんてっそん じゅううんてっそん さいじゅううんてっそん さんじゅううんてっそん 四従~ よんじゅう~ 9 定めなし 定めなし 定めなし 定めなし 定めなし 定めなし 「通称」で確認する \ 0 2 4 6 8 10 5 定めなし 定めなし 定めなし 定めなし 定めなし 定めなし 4 高祖父母 ひいひいおじ ば 高祖伯叔父母 — 従高祖伯叔父母 — 再従高祖伯叔父母 — 三従高祖伯叔父母 — 四従~ — 3 曾祖父母 ひいおじ ば 曾祖伯叔父母 — 従曾祖伯叔父母 — 再従曾祖伯叔父母 — 三従曾祖伯叔父母 — 四従~ — 2 祖父母 おおじ ば 伯叔祖父母 おおおじ ば 従伯叔祖父母 いとこおおおじ ば 再従伯叔祖父母 はとこおおおじ ば 三従伯叔祖父母 みいとこおおおじ ば 四従~ よいとこ~ 1 父・母 ちち・はは おじ・おば いとこおじ ば はとこおじ ば みいとこおじ ば 四従~ よいとこ~ 0 自分 きょうだい・しまい いとこ はとこ みいとこ 四従~ よいとこ~ 1 こ おい・めい いとこおい めい はとこおい めい みいとこおい めい 四従~ よいとこ~ 2 まご おおおい めい いとこおおおい めい はとこおおおい めい みいとこおおおい めい 四従~ よいとこ~ 3 ひまご — — — — 四従~ — 4 やしゃご — — — — 四従~ — 5 きしゃご — — — — 四従~ — 6 — — — — — 四従~ — 7 — — — — — 四従~ — 8 くものまご — — — — 四従~ — 9 定めなし 定めなし 定めなし 定めなし 定めなし 定めなし 読み方の豆知識 正式名称の場合も和名の場合も2つの共通点がありますね。 それは、• 自分から見て8代下の「雲孫」より下の代には名称の定めがないこと。 自分から見て4代上の「高祖父母」より上の代には名称の定めがないこと。 では、名称の定めがない場合はどのようにして呼んでいたかというと、「雲孫」の子のことは「雲孫の子」または「9代目」呼び、「高祖父母」の祖父のことは「高祖父母の祖父」または「6代前」というふうに呼んでいました。 まとめ この記事では、家系図の続柄(呼び方)について解説をしてきました。 初めて見る名称や漢字、呼び方がたくさんあったのではないでしょうか。 名前は知っているけど自分との続柄がいまいちわかっていないご先祖様がいる方は、この機会に是非調べてみてくださいね。

次の