チアダン実話モデル。 チアダン(映画)の実話の高校は?その後の更なる偉業がヤバイ!

チアダンの実話モデルは福井商業高校、JETS初代メンバー本人の名前を調べた結果

チアダン実話モデル

チアダンは実話の前に チアダンの映画あらすじ チアダンの実話の内容の前に、 その実話を実写化した広瀬すずさん主演の映画のあらすじを簡単にご紹介していきます! ネタバレ注意! 主人公の友永ひかり(広瀬すず)は、福井中央高校に通う通う女子高生 同級生でサッカー部の孝介(新田真剣佑)に恋をしており、 彼を応援したいという気持ちからチアダンス部に入部。 気楽に入ったチアダンス部でしたが、 そこには地獄先生と呼ばれる鬼教師・早乙女薫子(天海祐希)がいました。 そしてその早乙女先生が掲げる目標は全米大会優勝… ひかりたちの厳しい練習の始まりでした… まず、部内のルールはこうでした。 ・おでこを出す髪型必須 ・制服のスカートを短くするのは禁止 ・恋愛禁止 青春真っ盛りの女子高校生たちには厳しいものばかり。 練習も厳しくひかりたちは壁にぶつかりながらもメンバー同士で励まし合いなんとか初の大会を迎えます。 しかしその記念すべき大会では大失敗してしまいます… 部員たちは落ち込み、もとのバトン同好会に戻すという話まで出てしまいました。 しかしひかりたちは校長にチアダンス部の存続を頼み込み、 さらなる特訓をつみました。 そして高校生活最後の大会。 ひかりたちは全米大会まで進み見事優勝…! 創部からたった3年で全米制覇を果たしてしまったのです! それから数年後、ひかりは母校のチアダンス部の講師となり、 かつての早乙女先生のように熱心に生徒たちを指導していました。 以上が映画のチアダンのあらすじです。 見事地獄先生こと早乙女先生の指導のもと、 チームJETSは全米制覇を成し遂げました。 映画では福井中央高校という学校のチアダンス部でしたが、 そのモデルは 福井商業高校チアリーダー部「 JETS(ジェッツ)」です! こちらひゃ福井県福井市にある公立の高校で、 チアリーダー部の他にも野球部が有名で、 甲子園の常連校として知られます。 チアダンの実話はどこまでが真実?本当に創部3年で全米制覇した? 2006年に創部した福井商業高校のチアリーダー部。 映画のように本当に創部3年で全米制覇しています! なぜそんな偉業が達成できたのか? それには映画同様チアリーダー部の顧問の先生の奮闘がありました。 全米制覇を目標としたきっかけは厚木高校 福井商業高校のチアリーダー部の顧問の先生は 五十嵐裕子さんという体育の先生でした。 全米制覇を夢見たのは福井商業高校に赴任する前で、 2004年3月に、朝の番組で神奈川県にある 厚木高校がチアダンスの全米大会で優勝している姿を見たのがきっかけだそうです。 このニュースをみて五十嵐先生は、生徒にもやらせたいと強く思ったそうです。 ただ、五十嵐先生本人はチアダンスの経験はなかったとか(笑) バトン部をチアリーダー部に! その後2004年4月に福井商業高校に赴任した五十嵐先生。 しかし福井商業高校にチアリーダー部はなく、 野球部の応援などもバトン部がおこなっていました。 いきなり夢絶たれたかと思いきや、 五十嵐先生は バトン部をチアリーダー部にすることを提案! バトン部は50年の歴史ある部で、 学校や部員、OGなどから猛反対されます。 もともと50数名いた部員はたったの1年生18名になってしまい、 校長先生からもやめませんかと言われてしまうほどでした。 しかしながらそこは体育の先生だけあって 熱い根性を持っている五十嵐先生。 五十嵐先生が福井商業高校に来てから2年後の2006年4月、 バトン部はチアリーダー部となりました! チアリーダー部「JETS」の発足! 見事チアリーダー部を創部させた五十嵐先生。 チームの名を「 JETS(ジェッツ)」としました。 意味はジェット噴射のように急激に勢いよく成長するようにという思いが込められているとか。 そして部の目標はもちろん全米大会での優勝。 そして映画でも出てきた部内の厳しいルールですが、 ・恋愛禁止 ・化粧禁止 ・おでこを出す髪型必須 といったものが実際にあったようです。 華の女子高生たちには厳しいルールだったでしょうね~ チアダンスの練習は厚木高校のコーチを呼んでいた! 部活の練習ですが、 もちろんチアダンスの素人である五十嵐先生は生徒たちに教えることはできませんでした。 そこで五十嵐先生は技術面の練習に関して きっかけともなった厚木高校のダンス部の「IMPISH」の顧問・ 伊藤早苗先生に指導方法を学び、 IMPISHのコーチであった 前田千代コーチに指導を月1回お願いしたのです。 また、五十嵐先生は生徒たちに 夢ノートというものを書かせたとか。 夢ノートとは、自分の夢をどんどんノートに書いていき、 叶ったらシールを張っていくというもので、 夢に向かって行動する意識を高めさせたようです。 そんなプロや五十嵐先生の指導や、自主練習により、 チアダンス初心者だった生徒たちはチーム名のように急成長していったようです。 創部3年で全米優勝! チアリーダー部のJETSが出来てから3年。 2009年にアメリカのフロリダ州 オーランドで開催された 「全米チアダンス選手権大会」インターナショナル・チームパフォーマンス部門で、 五十嵐先生、そして生徒らの夢であった 全米制覇を見事成し遂げます! この日本のチームが優勝するのは厚木高校「IMPISH」の優勝以来 5年ぶりだったとか。 また、通算で 7回の全米優勝を果たしています! この最初の全米優勝までの軌跡を、 2017年公開の広瀬すずさん主演の映画で描いたのです。 スポンサーリンク チアダンの実話の本人は? チアダンの実話の五十嵐裕子先生 こちらが福井商業高校のJETSを全米優勝に導いた五十嵐裕子先生です。 チアダンスの経験がない五十嵐さんですが、創部11年で、チームを全米選手権で7回も優勝させました。 そのとき、テレビで厚木高校のニュースをみたそうです。 チアダンスの素人だった五十嵐先生がメインで行っていた指導は精神面でした。 先ほどのルールや夢ノート、しっかりとした礼儀作法など徹底したそうです。 もちろん学業もおろそかにさせないように。 やはりこの五十嵐先生の存在が、生徒たちにとって大きな支えとなったのでしょう。 今でも五十嵐先生は福井商業高校にいらっしゃり、チームJETSを指導しています。 チアダンの実話のひかりのモデル 「チアダン」の映画やドラマで広瀬すずさんが演じる友永ひかりですが、 実話でのモデルがいるのか気になりますよね。 そのひかりのモデルと言われているのが 中川怜美さんです!???? 本日のOA情報???? 共演した初代JETSの中川怜美さんと???? また、今回のドラマ「チアダン」でダンスの指導も行っている三田村真帆さんという方も初代メンバーです。 【ダンス練習後の1枚???? 】3時間みっちり練習した直後の1枚です。 石井杏奈ちゃんのお隣は我らがコーチ、初代JETSのマホコーチです。 なにやら五十嵐先生に背中を押されオーディションに参加し、見事役を獲得したとか。 チアダンの実話の厚木高校「IMPISH」 五十嵐先生が全米優勝を掲げるきかっけとなった神奈川県にある厚木高校の「IMPISH(インピッシュ)」。 現在でも活動はつ続いており、 2017年には12年ぶりに全米大会に出場し、準優勝を果たしています。 実はこの厚木高校のダンスドリル部 「IMPISH」もモデルとされドラマ化しています。 それが2006年にフジテレビの火曜ドラマとして放送された 榮倉奈々さん主演の「 ダンドリ。 厚木高校のダンスドリル部が 全米優勝するまでの物語を描いたドラマでした。 こちらは TSUTAYAの作品を自宅にいながら利用できるサービスで、 宅配レンタルやネットでの動画視聴などが可能です。

次の

チアダン実話のモデル五十嵐先生本人に迫る!?

チアダン実話モデル

福井県立福井商業高等学校チアリーダー部・JETS(ジェッツ) 顧問:五十嵐裕子教諭 部員数:57名 3年生14名、2年生23名、1年生20名) モットー:明るく素直に美しく 全米選手権:優勝5回(2009年・2011年・2013~16年は4連覇 全米4連覇と聞くと、伝統あるチームなのかと思ってしまいますが、なんと現在創部10年目! 今回の映画のモデルとなった2009年全米制覇は創部3年目の快挙だそうです。 まさに「真実は小説より奇なり」 2009年の快挙が報じられた時に、ネットでは既に「これはドラマ化か?」なんていう声もあったようですので、今回の映画化は遅すぎる位なのか、じっくりとあっためていたのか。 2009年祝勝会の写真 福井放送伊藤アナウンサーBLOGより 10年前までは「バトン部」だったのを「チア部」に変えたのは、現在も顧問をされている五十嵐裕子教諭。 当時は生徒からもOBからも父兄からも大反対を食らったとか。 よく変更できたなーと思います。 「バトン部」と「チア部」両方あってもいいんじゃない?って話なんですが、 50年の歴史を持つバトン部は、甲子園の常連、強豪野球部のアルプス要因として存在していたそうなんです。 それもおかしい話のような気がしますが・・・・・。 私は高校時代「応援部」所属でした。 それとは別に「バトン部」もありました。 その当時、約20年ぶりに母校野球部が甲子園に出場!っていう事件があったのですが、その時そりゃもうもめにもめました。 甲子園の応援でチアをやるのは「応援部」なのか「バトン部」なのか!普通に考えてそりゃ「応援部」でしょ?って思いません?でも、「応援部」のメインは学ラン着て団旗をあげて「フレー!フレー!」とリーダーを振る「リーダー部」。 私も日常はリーダーの練習の方が多かったけれど、チアの練習もしっかりやってました。 今よりもまだ「チアリーディング」がメジャーではなかった時代ですが、国内で唯一だったプロのチアリーディングチームに電車で1時間以上かけて出稽古にも通ったしね。 だけど正直「華やか」だったのは「バトン部」でした。 でもね、チアは「応援」っていう意味なんですよ。 あくまでも主役は野球部だったりサッカー部だったりアメフト部だったり。 だからこそ、自チームがどんなに劣勢でも「笑顔」はたやさず、とか声は元気に大きく!とか独自のルールが徹底されてる。 時にはリーダー部の代わりに団旗だって持ちます。 いわゆる縁の下の力持ち!バトントワリングの技術を魅せるバトン部とは根本的に違うんですよね。 って、急に熱弁しちゃってすみません。 でも本当にこれを機会に純粋にバトントワリングを極める「バトン部」も残れば良かったのになーと思わなくもないですが、時代が[競技チアリーディング」だったのかもしれませんね。 そうして、日常は縁の下の力持ち的なチアが唯一、主役になれるのが、チアの技術を競う競技会。 それは本場アメリカでも同じ事なので、そんな日ごろの想いを一気にぶつけてくる「全米選手権」での優勝っていうのは、本当に本当にすっごい快挙も快挙!奇跡だと思います。 すでに4連覇を果たしている今の実績は「奇跡」ではないですけど、最初の五十嵐先生の頑張りがなかったら今の栄光もないわけですから、運命っていうのはどう転ぶかわかりません。 そんなチアリーダー部「JETS」の名前の由来は、 ジェット機のように急成長するチーム まさに飛ぶ鳥を落とす勢いですね! そして、五十嵐教諭の指導は 重視するのは技術よりも生活態度という。 「化粧禁止」 「髪は後ろで束ね、おでこが見えるように」 「道具や練習場所の体育館に感謝する」 などの礼儀作法を徹底させる。 厳しい規律に反発して部を去った生徒もいるが、残った部員たちの結束力は高まり、09年に初出場した全米選手権で頂点に輝いた。 2011年、読売新聞での記事から抜粋 「化粧禁止」は高校生ですからね、自分が女子高生の時には気づきませんでしたけど、スッピンOKの年齢ですよ。 しかーし「おでこを見せる」はハードル高い! これ、映画でも採用されるとなると、広瀬すずちゃんもでこ見せですね。 すずちゃんならOKだろーなー(笑) 広瀬演じる女子高生・友永ひかりが「サッカー部に所属する憧れの男子生徒を応援したい」という軽い気持ちからチアダンス部に入部。 しかし待っていたのは顧問の女性教師から「目標は全米大会制覇!おでこ出し絶対!恋愛禁止!」という鬼のような厳しい指導だった。 しかしチームメイトの支えによって成長し、たった3年でチアダンス部が全米大会を制覇するまでの軌跡を描いていく。 サッカー部の憧れの男子を応援したいっていうくだりは映画用のオリジナルだと思われますが、「軽い気持ち」で入部したという生徒は多かったかもしれませんね。 広瀬すずさんが演じる主人公は、だれか一人の生徒がモデルというわけではなく、創部当時のメンバー全員がモデルなんじゃないでしょうか。 2015年広瀬すずカレンダーより 主役は生徒だけど、実話では主役級のキーパーソン「顧問の先生」の配役も気になるところです。 五十嵐先生自身はチアの経験はなく、名門厚木高校コーチだった前田千代さんを招聘したそうですので、五十嵐先生役は凛として先生が似合いそうな女優さんで、コーチ役がチアが似合いそうなモデルさん系の女優さんでしょうか? 既に、広瀬さんはチアダンスの練習に励んでいるとの事。 いや、ちっこっと経験者としましては、ほんと、大変なんですよ。 チアの動き。 ダンスともバトントワリングとも違う。 キャストが発表された時には「似合わない」「千早のイメージに合わない」と批判的な声が多かったけど、蓋をあけてみれば、その熱演が賞賛をうけてロングラン興行になっています。 実は、私も最初は「えー千早ちゃんはちがうでしょ~!」と思った口でしたが(ごめんなさい!)実際に映画を観てびっくりしました! 原作よりも「熱」の部分がクローズアップされていましたけど、とっても感情移入できる「千早」でした!初めてみた人も「かるた」に興味もったんじゃないかなー。 そして、福井といえば国内でも有数の「かるた王国」。 「ちはやふる」でも子供の頃に千早とチームを組む2人の男の子のうちの一人でメインキャストの「新」が福井出身の設定です。 そんなご縁も感じる今回の主演映画。

次の

チアダンは実話?福井商業高校がモデルだった!?

チアダン実話モデル

スポンサーリンク こんにちはイマイディーです。 先日は映画チアダンがドラマ化されるということで 映画チアダンについてやチアダンスに関する記事を書きました。 ああいった青春ドラマは年齢を重ねるほど楽しく見れるような気がします。 『チアダン』は、高校に入学した女子高生が、 軽い気持ちでチアダンス部に入部しました。 入部後すぐに鬼のような地獄先生の指導に必死についていくことになります。 同じ部の仲間たちと励ましあいながら、 創部からたったの3年間で全米チアダンス選手権大会で 優勝した嘘のような本当の実話をもとに作られた作品です。 このチアダンは実話をもとに作られていますが、 前回の記事でかなり実話に忠実であることがわかりましたね。 このチアダンで特に注目すべきは鬼コーチを演じた天海祐希さん。 実際に鬼コーチが存在したそうです。 その方の名前は五十嵐先生 そこで今回の記事では福井商業高校チアダンス部の顧問五十嵐先生に迫ります。 五十嵐先生はチアもダンス未経験!? JETS(ジェッツ)の顧問、鬼コーチとして知られる 五十嵐裕子先生は福井商業高校の女性体育教師です。 体育の先生と言えば、自分の得意なスポーツの部活の顧問を やっているイメージですが、なんとこの五十嵐先生、 チアダンスはもちろんダンスの経験すらもなかったのです。 びっくりですね。 どうやって、3年間でアメリカの大会を優勝できたの??? さらに気になりますね。 厚木高校がきっかけ?? 五十嵐先生がチアダンスに興味を持ったのは、 2004年3月、神奈川県厚木高校の全米チアダンス選手権の 優勝の模様を見たのがきっかけでした。 しかもその時はまだ、五十嵐先生は 福井商業高校の先生ではありませんでした。 そして2004年4月、福井商業高校への異動が決まります。 厚木高校優勝のニュースをみて「やってみたい」 と思っていた五十嵐先生は、福井商業高校のバトン部の顧問になります。 五十嵐先生が赴任した当時は福井商業高校にもチアダンス部がありませんでした。 当時、バトン部としても、50年の歴史を持っていました。 福井商業高校の野球部は、甲子園へ行く常連校。 それを応援していたのが、バトン部でした。 五十嵐先生は「やってみたい!」ただその情熱だけで、 顧問に就任した直後に「バトン部をチアリーダー部にしたい」と提案します。 当然、バトン部のOBや現役部員からの猛反発にあいます。 しかし諦めることなく、チアダンス部創設。 あまりにも厳しく当時50名ほどいた部員は、9名にまで減ってしまったそうです、、、、 校長先生からも「五十嵐先生、辞めませんか??」と言われる始末。 もしかしたらこういった声が五十嵐先生に火をつけたのかもしれませんね。 スポンサーリンク バトン部からチアダンス部へ 2006年4月、福井商業高校のバトン部は、 50年の歴史を経て、チアダンス部へと生まれ変わりました。 五十嵐先生が、福井商業高校来てから2年が経っていました。 ここから、先生と生徒たちの快進撃が始まります。 五十嵐先生は、チアダンスの素人ですが、 どうやって、演技指導をしているのでしょう? それは、技術面は、外部の先生にお願いしていました。 技術面を指導したのは、あの五十嵐先生がニュースで見た 神奈川県厚木高校のチアリーダー部を指導した、 プロインストラクターの前田千代さんがコーチを務めました。 そしてチームの内面は、五十嵐先生が指導するという方法。 合言葉は「フロリダに行こう!」 コーチが指導してくれるのは、月1回程度。 あとは、月1回程度の練習をビデオに撮影して、何度も何度も繰り返し見て、練習。 それプラス、出された課題を何度も何度も、次回のコーチが来るまでに練習、練習 プロからの指導で、本当に厳しい練習だったと思います。 それでも、諦めなかったのは、「フロリダに行こう!」と、何度も励まし合ったから。 五十嵐先生が「やってみたい!」って、思った先には、全米選手権での優勝。 それを信じて疑わない。 素直に信じる。 2009年、練習のまとめ役の3年三田村真帆さんは 「自分たちは素人。 ほかの高校の子たちより何倍も努力しなきゃいけないと思った。 知識がなかった分、指導を素直に受け入れられたのかな」と語っています。 高校生の彼女たちがこのような発言ができることは本当に素晴らしいと思うし、 毎日のように意識させていた五十嵐先生の努力の賜物だったかと思います。 福井商業高校全米優勝 2009年チアダンス部を創部して3年目、 全米選手権のインターナショナル・チームパフォーマンス部門で 優勝を果たします。 何度聞いても素晴らしい話ですね その後は5連覇を果たすなど一気に世界のトップクラスに成長しました。 よその学校から来た先生、50年の伝統を変えるしものすごいスパルタ指導、 しかもチアダンスはまったくの初心者。 誰がどう見ても無茶な話だと思いますよね。 そんなことは本人も感じていただろうけど、決してあきらめず、 チアダンス部員と五十嵐先生との固い信頼関係が 最大の強みだったのではないでしょうか? 素直に聞けない年頃の子に話をきかせ、やる気を出させる五十嵐先生の教育方法は 部活だけでなく、会社員などにも通じるものだと思います。 是非これからも活躍を期待したいですね。

次の