ドラクエ ウォーク 戦士 装備。 【ドラクエウォーク】魔法戦士の装備ってムチ以外情報出てる?

【ドラクエウォーク】ノーブル装備ふくびきが開始!物魔混合スキル初実装

ドラクエ ウォーク 戦士 装備

「じゅんび」を選択• 「パーティ」を押す• 調べたいキャラの「そうび」を選ぶ• キャラ詳細から武器をタップ• 「得」のある武器アイコンを見つける 1. 「じゅんび」を選択 フィールド画面下部から、「じゅんび」を選びます。 「パーティ」を押す 自分のキャラクターが表示されている「パーティ」を選択します。 調べたいキャラの「そうび」を選ぶ 得意武器を調べたいキャラクターの下にある「そうび」を押します。 キャラ詳細から武器をタップ キャラ詳細が表示されるので、現在装備中の「武器」をタップしましょう。 「得」のある武器アイコンを見つける 「ぶき変更」画面を下にスクロールすると、所持している武器一覧が表示されます。 その中で、「得」と書いてあるのが職業の得意武器となります。

次の

【ドラクエウォーク】戦士の最新評価!スキルとおすすめこころ・武器【DQウォーク】

ドラクエ ウォーク 戦士 装備

転職条件 戦士Lv50+魔法使いLv50 得意武器 剣、 短剣、 杖、 ムチ こころ適正 固有特性 スキル攻撃時、たまに スキルと同じ属性耐性をさげる。 すでに耐性が下がっている属性では成功しづらくなる。 効果が切れると成功率ももどる。 戦士50と魔法使い50で転職できる 魔法戦士への転職には、戦士と魔法使いをレベル50にしていることが必要。 すでにバトルマスターか賢者に転職できるキャラなら、基本職の1つは満たしているので、魔法戦士に転職しやすい。 レベリング時のMP補給用として役立つスキルだ。 魔法戦士の弱い点 火力面ではバトルマスターに劣る 魔法戦士は物理型でも呪文型でも運用でき、フォースブレイクで火力を底上げできる。 しかし総合火力ではバトルマスターには及ばない。 火力役としてではなく、あくまでサポート役として運用するのがおすすめ。 属性を揃えないと特性の恩恵が少ない フォースブレイクによる属性耐性ダウンは、魔法戦士と他の味方の属性が一致していないと最大限活きない。 属性を揃えられない場合は、魔法戦士を編成するメリットが少なくなってしまう。 魔法戦士の総合評価 魔法戦士はサポート役としての能力が非常に高い職業。 ボス戦やメガモンスター戦で得に重宝するため、パーティの1人は魔法戦士役に育成しておきたい。 Lv15 (消費MP:14) はげしい炎で敵全体にギラ属性の呪文小ダメージを与える。

次の

ドラクエウォーク攻略まとめ|ゲームエイト

ドラクエ ウォーク 戦士 装備

そのあとは再度戦士に戻り、Lv50まで育てるとバトルマスターに転職可能になる。 しかしLv50の永続効果を取ることよりも、 上級職のレベルを上げることを優先するべき。 そのためLv50の永続効果は、上級職への転職条件を満たすついで程度に取得すれば良い。 戦士の最新評価 戦士の強い点 HP・攻撃力・防御力が高い 戦士は、HP・攻撃力・防御力のステータスが高く、敵にダメージを与えつつ、生き残る力がある。 物理攻撃役に向いており、パーティの一番前線に配置しておきたい。 やいばくだきを習得する Lv25で習得するやいばくだきでは、敵にダメージを与えつつ、攻撃力を1段階下げることができる。 ボスの攻撃力が高い際に重宝するスキルだ。 味方への攻撃を守る役割もできる Lv10で覚える「かばう」では、味方へのダメージを自分が受ける事が可能。 HPや防御面が低めな魔法使いなどを守るといった役割を担うことができる。 バトルマスターの弱い点 すばやさはかなり低め 生存能力は高めだが、すばやさが極端に低いので行動の順番は遅め。 戦士の総合評価 戦士は高い生存能力に加えて、やいばくだき等によるサポートも可能な職業。 ザコ狩りやボス戦などで幅広く活躍できる。 最強クラスのアタッカーのバトマスに転職できるので、育成しておいて損はない。

次の