ギガライト 変更。 【ドコモ】シェアパック5からギガライトに変更したらお得か検証してみた

ドコモオンラインショップにおける料金プラン(ギガホ/ギガライト等)の受付等について

ギガライト 変更

この記事はこんな人におすすめ• ギガホ・ギガライトに変更しようと考えている人• シェアパックの代表回線の人 わが家のスマホはドコモで契約しています。 わたしが親回線(代表回線)で子回線が3回線のシェアパックです。 先日、シェアパックからギガライトに変更しました。 色々調べて注意点も把握したつもりで契約変更したのですが、思わぬ見落としがありました。 思い込みが原因のちょっとしたミスです。 どんな間違いなのか結論から言うと、 My docomoのページから親回線をギガライトに変更しただけでは子回線は変更されない ということ。 親回線だけ手続きすれば、子回線も紐づいていて一緒に変更されると思い込んでました。 子回線もそれぞれ変更の手続きが必要です。 ドコモからは間違に気づかせてくれる注意喚起があり、簡単に訂正もできました。 金銭的にも損失があるわけではありませんでした。。 ギガホ、ギガライトに変更する予定の方や最近変更したばかりの方は注意してください。 どんな間違いだったか、間違いの訂正はどうしたのかを紹介いたします。 変更前はシェアパックでした 変更前の契約状況 変更前の契約状況は以下のとおりでした。 基本プラン: シンプルプラン(スマホ)• パケットの契約: シェアパック5(5GB)を家族4人でシェア• 月々サポートの適応あり(2回線)• ドコモ光も契約 わたしが親回線で、嫁、長女、次女の3人分が子回線です。 娘2人は中学生なのでU25応援割というサービスが適用になっていて、それぞれ1GBのパケットがプラスされていました。 つまりは、7GBのパケットが使用できる状態でした。 わが家は、パケットを多く使用しないのでこれで十分な状態でした。 機種代金の残金は子回線にiphone7とiphone8がそれぞれ1台ずつ。 月々サポートもついてました。 ドコモ光も一緒に契約中です。 家計には痛い金額です。 色々調べた結果、ギガライトにした方が安くなりそうなので6月末にWeb上(My docomoのページ)から契約内容の変更手続きをしました。 親回線であるわたしの回線を変更すれば、自動的に他の回線も変更されるのかな~と勝手に思い込んでいたので、親回線のみ変更。 子回線は手続きをしませんでした。 これが大きな勘違いで間違いでした。 ドコモから注意喚起のSMSが来た 7月はじめよりギガライトとなった私のスマホですが、7月19日にドコモからメールが来ました。 契約内容の注意を知らせるSMSです。 内容は以下のとおり。 一部分を抜粋しています。 お客様のプラン変更に伴い、2019年7月よりシェアグループが廃止となっております。 シェアグループの廃止に伴い、子回線契約者の方は特にお手続きを行っていない場合、7月より「ベーシックパック」「データSパック」「データMパック」など、おひとりさま向けのパケットパックに変更となっております。 必要に応じてプランを見直していただくよう子回線契約者の方へお伝えください。 <ドコモよりのSMSから一部分を抜粋> ということで、親回線のわたしだけがギガライトに変更されていて、子回線はシェアパックが無くなったために、 データMパックに変更されていたようです。 子回線がどのような契約状況になっていたのか詳細は不明ですが、当初予定していた 家族で使用しているすべての回線がギガライトという状態にはなっていません。 通信費を減らすつもりがもしかしたら思わぬ金額に増えているかもしれないということです。 今月分の請求はいくらぐらいになるんだろうと、少し冷や汗が・・・ ギガホギガライトの注意点 ギガホ、ギガライトへの変更については、いろいろと注意点があります。 ググってネットで調べるといっぱい情報がありました。 わたしもネットで調べて注意点は把握したうえで変更したつもりでした。 主にどのような注意点があるのか代表的なものを紹介しておきます。 有名な注意点• ギガライトは使用した容量によって値段が変動する• 月々サポートは残金があっても消滅する• U25は廃止されるので1GBプラスサービスは無くなる• docomo withは適応外となる 地味な注意点 わたしが今回やってしまった、勘違いです。 マイドコモで親回線だけ変更しても他の回線は変更されない。 考えてみれば当たり前なのですが、 子回線も全てギガホまたはギガライトへ変更手続きをする必要があります。 逆に親回線を変更したら子回線まで変更されてしまうと大問題なので、これはドコモ的には当然の処理となります。 子回線まで変更されてしまうとなぜ大問題なのかというと、各回線によって状況が異なるからです。 つまりは、条件によってお得になる回線と損してしまう回線があるので、それぞれ個々に損得を判断して手続きする必要があるということ。 損得を判断するための条件の例としては次のようなものがあります。 使用パケット量• 月々サポートの値引き額の状況• docomo withで割引対象となっている 子回線もちゃんと変更手続きをしなくていはいけないという注意は、ネットで調べた際にはなかったと思います。 ネットでの記事はとっても詳しい人がドコモの発表をもとにして書いています。 なので、あまり詳しくないワタシのような人間がやらかす間違い・勘違いは情報として発信されにくい。 知ってて当然のこととしてスルーされるのかもしれませんね。 一番簡単な方法 間違いに気づいたらどう訂正すればいいのでしょうか。 ネット上からMy docomoのページで各子回線を手続きする方法がひとつ。 ドコモショップまで行って店頭でまとめて変更してもらう方法がひとつ。 そして、 一番手っ取り早いのが151(ドコモ インフォメーションセンター)に電話するという方法です。 インフォメーションセンターに電話するのが手っ取り早い わたしはSMSのメールを読んだ後、すぐに151に電話しました。 My docomoでどう手続きすればよく分からなかったのと、ドコモショップまで行くのが面倒だったからです。 151は通話料金は無料です。 平日の15:00頃に電話したのですが、1分ほど待っただけで繋がりました。 151に電話すると、子回線の契約内容もまとめて一緒に変更してもらえました。 その際に、変更したほうがお得なのかどうかもシュミレーションしてくれますので安心です。 納得した上で子回線もギガホやギガライトに変更することができますよ。 なので金銭的な損失はありません。 (ただし、訂正処理をせずに翌月になってしまった場合は無理だと思います、多分。 気づいたら、早めに手続きしましょう。 変更前• シェアパック5:4回線+ドコモ光• 月々サポートあり おおよそ19,000円前後だった一括請求金額が・・・ 変更後• ギガライト4回線+ドコモ光• 月々サポート:ギガライトに変更したので消滅 一括請求金額は、22,000円になってしまいました~。 月々3,000円ほど増えてしまいました。 家計が苦しいわが家にとってこれは痛い・・・ ちなみにギガライトの料金は、全回線ともステップ2(~3GB)でみんなドコモ割適用です。 1回線あたり2,980円となります。 変更前に計算した時に計算間違いをしていたようです(多分、ドコモ光の料金を含めるのを忘れていた)。 151でのシミュレーションはなんだったのか? 残りの3回線を151にて料金シミュレーションした際には、変更前より損になるとは言われませんでした。 相談した際の状態からのシミュレーションだったのでしょうか・・・ つまりは、「1回線がギガライトで残りの3回線はシェアパックM(うち2回線に月々サポートあり)」の状態からならギガライトに変更した方がお得です、ということだったのかな・・・ とにかく、 シェアパックで月々サポートが適応されている人は慎重に料金シミュレーションを行なったうえでギガライトに変更した方が良いか決めましょう。 私みたいなトホホな結果にならないようにしてください。 dカードゴールド所有者も注意が必要 dカードゴールドを持っている人も注意が必要です。 シェアパックの時は「代表回線(親回線)+子回線+ドコモ光」がポイント対象となっていたのですが、ギガライトに変更すると「代表回線+ドコモ光」のみがポイント対象となりました。 (家族カードを発行している場合は家族カードに紐づいた回線もポイント対象となります。 ) まとめ ドコモでシェアパックなどの親回線、子回線がある契約をされている方がギガホ・ギガライトに変更する際の注意点をご紹介しました。 知ってて当然、当たり前だろと言われるかもしれないですが・・・ 子回線もギガライト、ギガホに変更する場合は、親回線だけでなく子回線もちゃんと変更手続きをしましょう。 知らずにやってしまいそうな勘違いかもしれませんので気をつけてください。 それと、変更前にしっかり料金シミュレーションをやりましょう。 特に月々サポートが残っている場合は慎重に。 思わぬ損失となることがありますので。 シェアパックの親回線の人がギガホギガライトに変更するときの注意点をまとめます。 子回線も忘れずに手続きをする• 月々サポートが残っている場合は慎重に料金シミュレーションする• dカードゴールドを使っている場合は子回線がポイント対象外となることがある わたしの失敗を参考に、お得なプランを選択してくださいね~。

次の

ギガホ・ギガライトに親回線から変更する際の見落としがちな注意点

ギガライト 変更

オンライン手続きでもシェアパック廃止は可能 以前何かの手続きかは覚えていないのですが、シェアパックに関連した手続きがオンラインでできなかったことがあり、それ以降、「ドコモのオンライン手続きではシェアパック関連手続きはできない」と思い込んでいたのですが、これは単純に間違いでした。 ギガホ/ギガライトのスタートに伴い、もしかしたら多少変更も入ったのかもしれません。 シェアパック廃止手続きは思った以上にあっさりできる感じでした。 あと登録するだけ、というところまで行ったのですが、同時にプラン変更ができなかったので登録はしませんでした。 今からシェアパックの廃止をする場合に、プランを変更しない、という方はおそらくいないと思いますので、同時にギガホ/ギガライトへの変更を実施する必要があります。 当然私も変更を希望していました。 ギガライトではなく、ギガホに変更したいと思っていました。 利用しているプランが データプランであるため、そうなってしまったものと思われます。 もし私が既にギガホ/ギガライトのいずれかのプランを所有していれば、その回線を代表にしつつデータプラスを組むことはできましたが、私はまだ一回線もギガホ/ギガライトを所有していませんので、そもそもデータプラスを選んだところで紐づける回線がなく、手続きをそれ以上進めることができません。 となると、そのまま進めるにはシェアパックを廃止しつつデータプランはそのまま、という状態になってしまいます。 結果どうなるかというと、シェアパックが月末で廃止となり、翌月以降は現在みなしで契約されているベーシックパックが適用されることになります。 当たり前ですが、シェア子回線がベーシックパックになれば、料金は単純に2,400円も上がります。 ギガホにはできず料金だけ上がってしまえばそれこそ何のために変更したかわかりません。 もちろんギガホにしても料金は上がるのですが、元々目的が「ギガホにすること」なので、ここは料金面は度外視です。 とりあえずここで、行き詰りました。 少なくともオンライン手続きでは、一度の手続きで、シェアパック子回線のデータプランをギガホにすることはできないことがわかりました。 オンライン手続きではデータプランからギガホ/ギガライトへの変更はできない しかしです。 データプランをギガホ/ギガライトに変更できない、ということはないはずです。 データプランと音声プランの行き来はそれまでもできましたから、手続きできないことはないはずです。 シェアパック廃止と同時だからできないのだろうか、と予測し、ドコモインフォメーションセンターに確認をしてみました。 その結果わかったことは、シェアパック廃止と一緒だからできないのではなく、 データプランからの変更だからできない、というものでした。 データプランからギガホ/ギガライトへの変更については、ドコモショップまたはドコモインフォメーションセンターへの電話でなければ変更手続きができません。 重要ですが、正直あまりこのケースはないだろうとも思います。 タブレットやiPadで利用しているデータプランを変更するなら、データプラスにした方が圧倒的にお得で、あえてギガホ/ギガライトにする必要はないためです。 データプラスはギガホ/ギガライトの親回線1回線に対して1契約しか紐づけることができませんから、タブレット/iPadの台数が多いとデータプラスで紐づけできず溢れてしまう回線が出てきます。 この場合、データプラスを適用せず、単独のギガライトにする必要に迫られます。 いずれにせよレアケースかもしれませんが。 とにかく データプラン利用時にはオンライン手続きでギガホ/ギガライトには変更できない、という点だけ覚えておきましょう。 ドコモインフォメーションセンターで手続きした結果 その内容を教えてもらったドコモインフォメーションセンターへの電話で、そのままシェアパックの廃止とギガホの申し込みを済ませてしまいました。 結果、該当回線は8月末をもってシェアパック廃止、残るシェアグループはそのまま継続。 翌月よりギガホに変更。 完全に単独の回線になります。 ただ、ファミリー割引内には残りますので、 みんなドコモ割(3回線以上)が適用、 ドコモ光セット割も適用、なおかつ ギガホ割も適用です。 注意点として、残り21回残っている 月々サポートが消滅します。 これは覚悟の上です。 しっかり手続きの際にオペレーターの方に注意喚起されましたが、問題ありませんと答えました。 実際には、かなりもったいないので月々サポート終了後の変更が推奨です。 ということで、9月以降は初めてのギガホを試しに利用してみることにします。 シェアパック子回線をギガホ/ギガライトに変更する方法 シェアパック子回線をギガホ/ギガライトに変更する方法が、以上で明確になりました。 私は今回データプランだったため、オンラインでの手続きができませんでしたが、 通常の音声プラン(シンプルプラン/カケホーダイライト/カケホーダイプラン)であれば、オンライン手続きでギガホ/ギガライトへの変更は可能です。 その際、シェアパックの廃止(シェアグループからの離脱)も同時に実施できます。 思いのほか、簡単でした。 自分の名義であれば代表云々は一切関係なく、自分でサクッと手続きできます。 該当回線の料金は、ギガホ/ギガライトで計算した料金が翌月から適用される形となり、残されたシェアグループは、1回線分が抜けた状態でそのまま維持されます。 もしシェアパック分割請求オプションを利用している場合には、1回線負担回線が減ることで、全回線の負担が若干ずつ上がる形になります。 料金の請求はそのまま何も変わりませんので、一括請求なら一括請求分に新しいギガホ/ギガライト分の料金が加算されますし、個別請求であればシェア子回線としての料金がギガホ/ギガライトとしての料金に変わります。 ちなみに、シェアパック代表回線をギガホ/ギガライトに変更した場合には、シェアパックが全廃止となり、子回線は旧プランのまま、みなし契約していたベーシックパックやデータS/Mパックが本適用されますので、いきなりこれをやってしまうと全体の料金が跳ね上がります。 間違っても計画なしに代表をギガホ/ギガライトに変更するのはやめておきましょう。 シェアグループとギガホが存在する料金 今回の変更手続きにより、私の一括請求グループの中には、シェアグループとギガホが同時に存在する形になりました。 正直、この形は完全にねじれた形であり、料金的には最も不利で推奨できない形です。 私はあえて変更しましたが、実際にはこのような形にならないように、タイミングを見つつ変更手続きは実施していただくのが正解です。 シェアグループであればシェアグループのみ、ギガホ/ギガライトであればそれのみという形で全回線が統一されているのが理想ですね。 私は今回、数ヶ月試しに利用してみて、納得出来たらその回線に関しては解約しようかと考えていますが、解約金が1,000円になるという話もありますし、それにも少し期待したいと思っています。 とりあえず9月以降ギガホを試してみて、何か思うところがあればまた報告しようと思います。

次の

【docomo】ギガホ・ギガライトに変更するタイミング!知っておきたい注意点

ギガライト 変更

ドコモは、2019年10月1日の電気通信事業法改正に伴う新プランを発表。 ドコモのクレジットカード「dカード」で携帯電話料金を支払いすると、月額料金を170円割引する「dカードお支払割」を2019年10月1日より提供開始する。 解除料の値下げは2019年10月1日以降の契約が対象になり、9月30日までに「ギガホ」や「ギガライト」などのプランを契約していても自動的に移行はされない。 ドコモの発表内容以下。 2019年10月1日以降のプランの主な変更点は以下。 あわせて、定期契約なしのプランが従来プランと比べて大幅に割引される。 定期契約ありのプランとの差額は月額170円(旧プランでは1,500円)で、定期契約のあり/なしは月額料金に大きく変わらない形となる。 ドコモの携帯電話料金をdカード GOLDで支払いする際の注意点については以下エントリでまとめているので、ご一読を。 ドコモの注記は以下。 定期契約をご契約中で、更新期間以外に10月以降のプランに変更した場合であっても、当該定期契約満了月前月までに解約した場合は、変更前プランの解約金がかかります。 解約金保留期間中に解約した場合は、保留した解約金のみが発生します。

次の