マイクラ 面白いコマンド スイッチ。 【マイクラ】最速の靴、最強の剣...コマンドで最強の武具を作ろう

【マインクラフト】MOD無しでPVPが楽しくなる!派手すぎる武器を追加するコマンド紹介【Minecraft】

マイクラ 面白いコマンド スイッチ

13のベータ版)で作成しました。 それ以外の環境で正常に動作するかは保証できないので注意! snapshotの導入方法はコチラ どうも!エトセトラパーティーのパイセンです。 今回はyoutubeに投稿した「【マイクラ】コマンド6つで全方向対応の魔術弾!炎・氷・風の魔法も作成!」の解説をしていきます。 動画はコチラ コマンドの中身はコチラ• used:minecraft. 1 0. 1 0. 1 0. と、このような感じです。 防具置きが魔法弾の正体でした。 それでは、解説していきます! 1.ニンジン棒の使用を検知する まずは、ニンジン棒の使用の検知からです。 なぜ ニンジン棒?と最初は誰もが思います。 実は、コマンドで キー入力を検知するのに一番簡単 なんです。 今は「へー、そうなんだー」程度の認識で良いです。 他にもキー入力を検知する方法はあるんですが、ちょっと複雑で面倒なので・・・。 ニンジン棒を持って右クリックすると、見た目の変化はありませんが、ニンジン棒の 使用回数がカウントされています。 used:minecraft. 今はただ、右クリックの検知に必要なコマンド、と覚えるだけでOKです。 2.プレイヤーの位置に防具置きを召喚する 次は、 もしニンジン棒を使用したら、 そのプレイヤーの位置に 防具置きを召喚するようにします。 すると、このような形になります。 コマンドでは、ニンジン棒の使用回数が1以上の時、となっているので 0に戻さないと永遠に防具置きが召喚されることになってしまいます。 3.防具置きの向きをプレイヤーと揃える 詳しくは4の項目で話しますが、召喚した防具置きの向きをプレイヤーと揃えなくてはいけません。 プレイヤーや、モブなどの位置や向きを変更するときは tpコマンドを使います。 向きを揃えるのは1回だけでいいですからね。 もし条件を指定しなかったら、ずっとプレイヤーの位置に魔法弾がテレポートしてくるので、発射されません。 このコマンドによって、右クリックを押したときの プレイヤーの向きと、発射する魔法弾(防具置き)の向きが一緒になりました。 これで、魔法弾の発射準備が整いました!次はいよいよ発射させるコマンドを作っていきます! 4.ローカル座標を用いて防具置きを飛ばす まず、ローカル座標とは?という人が多いので、説明します。 X,Y,Z座標は皆さん知ってると思います。 簡単に言うと、Yが縦でX,Zが横ですね。 X,Y,Zはワールド座標とも呼ばれています。 今回使うのはローカル座標と呼ばれるもので、マイクラJEのver. 13の追加要素とされています。 ローカル座標はプレイヤーやゾンビなどエンティティが各々持つ座標系で、エンティティから見て前後、左右、上下が軸となっています。 画像にするとこんな感じになります。 青の線が見ている方向と一緒になっています。 このローカル座標がコマンドで使えることで何ができるようになったかというと、 プレイヤーの向いている方向が検知できるようになった 、ということです。 では、肝心のコマンドを見てみましょう。 0 ローカル座標を使っているのは、runに続いているtpコマンドですね。 座標は順番に left, up, forward、つまり 赤線、 緑線、 青線(向いてる方向)になってます。 このコマンドが意味するのは、 防具置きが向いてる方向へ1m移動させる、ということになります。 防具置きの向きは発射するときのプレイヤーの向きと同じなので、ちゃんと向いてる方向に魔法弾は飛んでくれます。 もし、 3番のコマンドがなかったら、魔法弾は変な方向に飛んでしまうので注意! 5.ニンジン棒の使用回数をリセットする 2番で書いたように、 ニンジン棒の使用回数を0にしなくては一度ニンジン棒をもって右クリックしたら永遠に防具置きが出てしまいます。 なので、 scoreboardコマンドを使って使用回数を0にします。 まずは、見た目を変更します。 動画では、炎の魔法になってました。 あのように 見た目を変えるにはparticleコマンドを使います。 1 0. 1 0. 1 0. 02 5 これで魔法弾が(見た目だけ)炎属性になります。 最後に、当たったらダメージを受けるようにしましょう。 effectコマンドを使って魔法弾の半径1. 5m以内のモブにダメージを与えます。 ご精読ありがとうございました。 もしよかったら、読者登録お願いします!.

次の

【マイクラ】コマンドの一覧と入力例【統合版】

マイクラ 面白いコマンド スイッチ

今回は、IJAMinecraft氏が作った武器と、その召喚方法を紹介します。 9~では動作しないので注意してください。 この武器達はコマンドだけで作られているので、MODは不必要です。 コマンドだからといって地味ではなく、 チート級に強いMOB兵器や、 カラフルな火花を散らしながらを射出する弓など、派手 で凶悪なものばかりです。 実際に使っている動画はこちら。 1:25あたりから実演が始まります。 武器の種類 Firework Bow 直訳して「花火の弓」。 その名の通り花火を散らしながらを放つ弓。 花火はカラフルで綺麗ですが、 射出されたは普通に地形をぶっ壊すので注意してください。 水しぶきのエフェクトが足元周辺に出て綺麗です。 Might Bomb この卵でをスポーンさせると、しばらくしてが煙を出して空に打ち上げられます。 着地すると落雷を起こし、 着地地点に断続的により強力な爆発を起こします。 地面が奥深くまで抉られるほどの威力なので注意してください。 Anvil Bomb この卵でをスポーンさせると、が爆発して金床を周囲にまき散らします。 スポーンさせまくると金床が大変なことになります。 Remove Anvil が爆発してまき散らされた金床を一定の範囲で削除します。 Fire Armor 装備すると自分の周囲に炎のエフェクトが出るようになる鎧です。 付与されるステータス効果は無いです。 Instant Firecracker この卵でオオカミをスポーンさせると、スポーンさせた地点に派手なエフェクトを伴った小規模の爆発を起こします。 (地形は破壊しません) 他の武器に比べ 威力が段違いに高いため、ほとんどのMOB・プレイヤーは即死します。 Bomber Bat この卵でスポーンされたコウモリは、空を飛びながら定期的に着火されたを落としていきます。 3回ほどを落とすとコウモリは消滅します。 スポーンさせまくると広範囲にを撒き散らしてまさに地獄絵図みたいな状況に。 ちなみに、コウモリが炎を帯びて空を飛ぶのでなんかかっこいいです。 2.コマンドブロックを置いて右クリックし、コマンドを入力・・・・するんですが、 あまりにもコマンドの量が膨大すぎるため、のサイトからコマンドをコピーして、コマンドブロックにペーストしてください。 3.そのコマンドが入力されたコマンドブロックを実行すると、目の前に建築物が出現します。 4.建築物には看板が3つついており、真ん中の看板を右クリックすると全種類のアイテムが手に入ります。 分かる範囲で答えます。 あと、誤字脱字等あったらコメントで言ってくれるとありがたいです。 それではノシ misemi.

次の

【マイクラ】MOD/コマンド不要でタイヤを作る方法!色も変更できる

マイクラ 面白いコマンド スイッチ

今のところはこの方法でしか出せない。 コマンドトロッコを使ってみよう【基本】 コマンドブロック付きトロッコを右クリックすると、コンソールコマンドが出て、その中にコマンドを入力できるようになっている。 さて・・、今回は可能性を感じてもらうために、簡単なコマンドから始める。 波線(~)を入れると相対指定になる。 相対指定とは、コマンドブロックの位置から見て、どのくらいにするか? という決め方。 波線(~)を入れない場合は絶対指定なので、自分で座標を調べて入力しないといけない。 トロッコのように移動するものの場合は相対指定のほうが便利です。 なお、コマンド「Fill」についてもっと知りたいとか、よく分からないという人は以下の記事がおすすめ。 見てみよう。 コマンドブロック付きトロッコは、アクティベーターレールの上を通ると、中のコマンドが実行されます。 すると、トロッコのすぐ真上に石が配置されました。 次はもう少し実用的な使い方を見てみる。 コマンド付きトロッコの基本• コマンドブロック付きトロッコは、中にコマンドを入れられる• アクティベーターレールの上を通ると、中に入力されたコマンドが実行される• 移動型のコマンドブロックだと思えばOK ここまでが基本です。 つまり、アクティベーターレールを使えばコマンドトロッコは機能するということです。 あとは「中にどんなコマンドを入れるのか?」という点を工夫できれば非常に便利で面白いトロッコになるんですよ。 6 鉄インゴット6個、レッドストーントーチ1個、木の棒2本で、6個ずつ作れる。 「アクティベーターレール 」は特定のトロッコに対してのみ、なんらかの効果があるちょっと変わったレールです。 例えば、トロッコに乗っている人をふるい落とすとか、ホッパー付きトロッコのオンオフ機能であったり。 コマンドブロック付きトロッコの使い方【応用編】 1. トロッコの線路を自動建築させる 応用編だけど、まずは基本中の基本であるコマンドトロッコを使った自動建築を紹介する。 それは線路をトロッコ自身に自動で作ってもらおうという使い方です。 レールを2個置いて、パワードレールとアクティベーターレールを並べる簡単な線路を作る。 一番後ろのレールにコマンドブロック付きトロッコを配置して、トロッコを右クリックする。 コンソールコマンドという部分に、以下のようなコマンドを入力してください。 今回はX軸(北方向)に向かって進むように線路を設置したので...。 コマンドブロック付きトロッコがアクティベーターレールに触れて、発動する場所から見て、コピーしたい範囲を指定している。 この画像でなんとなく分かるかな...。 コマンドブロックから見て、後ろへ3ブロック、横へ1ブロックまでを範囲指定している感じ。 設定が完了したら、あとは実際にトロッコを走らせてみよう。 動画のようにトロッコが進む毎に線路が自動建築されていけば上手く行っています。 なぜか線路がつながらない... という時は、Cloneコマンドの範囲設定を調整すればOK。 これができれば、あとは自分のやりたいこと、思っているとおりにコマンドを入力してトロッコを動かせばいい。 次は「自動で支柱を建築する」ということをやってみる。 自動で建築の支柱を建てさせる 高層建築をするときに支柱を立てる人は多い。 しかし、未だに自力でチマチマと支柱を建てていたり、Fillコマンドをその場その場で使っていたりする人が多い。 しかし、支柱をわざわざ自分で作るのは面倒くさいよね(特に巨大建築の場合)。 ということで、パワードレールで自動化、アクティベーターレールでコマンドを発動するコースを作りました。 中に入れたコマンドは。 というコマンドです。 先程の自動建築で作った線路に、このコマンドを入れたトロッコを走らせてみよう。 すると、見ての通り。 自動で高さ20メートルの支柱を連続して建ててくれる自動建築マシーンの完成。 これを自分の1個右、高さ20ブロック・奥行き5ブロックのオークの木材。 という設定をしたら「壁」も自動建築出来るね。 進撃の巨人のような、巨大な壁を建築したい時にコマンドトロッコを使った方法はかなり便利だと思います。 複雑な線路を自動建築する さて、最後は「自動建築」らしく。 少しむずかしい構造の建築をコマンドトロッコにやらせます。 と、言っても基本は「Clone」コマンドなので範囲指定をしっかりやれば全然問題なく行けると思います。 自動建築するのはコレ。 屋根がついているので雨を防げるし、レッドストーンランプもついているので夜も明るい。 都市を作るならこういう線路もあっていいかと。 で、基本は範囲指定なんですよ。 この建築は、高さ5(-1~4)で、奥行きが4、横幅が5です。 だからコマンドは...。 さっそく、このコマンドを入力したトロッコを走らせてみよう。 ものすごく面白いですよ。 これが自動建築です。 線路や壁など、直線型のデザインの建築をする場合はコマンドブロック付きトロッコを使った「自動建築」は中々に便利。 もちろん欠点もあって、パターン化されてない建築や、非線形の建築には難しい。 「コマンドブロック付きトロッコ」まとめ ここまで紹介してきたことをおさらいします。 コマンドトロッコは 中にコマンドを入力できる• 中に入っている コマンドは、アクティベーターレールを通ると起動する• 「Fill」「Clone」を使えば、直線系の自動建築はほぼなんでも可能 ということでしたね。 コピーしたい建築を作っておいて、あとはコマンドでそれを指定してトロッコを走らせれば簡単に自動建築が出来るということです。 イマイチ、この「コマンドブロック付きトロッコ」の使い方が知られていない感じがしているので、今回の記事でかなり詳しく解説してみました。 以上「自動建築など「コマンドブロック付きトロッコ」の基本と応用を解説」でした。 いろいろ考えたけど、TNTキャノンとして使うのが面白そう。

次の