君に届け 最終回。 【君に届いて7年】『君に届け』がついに完結でファン号泣「これが始まった時はまだ中学生。今は子持ちの主婦」

君に届け最終回123話ネタバレ・感想!手紙の内容に感動の結末が!

君に届け 最終回

君に届け最終回のネタバレ いつか君にとどくだろうか・・ 学生の風早と爽子。 お互いを意識しだした頃の2人が思っていたこのことばから始まる。 ある日のすがすがしい朝、風早のお父さんが犬のマルチネスを連れて散歩をしている。 「マルチネス 今日は天気がいいな」とお父さんがしみじみという。 そして場面は変わり風早に貰った指輪とネックレスをつけた爽子。 よしっと気合をいれ1階に降りる。 そこには爽子の門出を待っていた父と母が。 玄関で父は「ほんとうについていかなくていーのかい!」と涙。 爽子「うん。 大丈夫!」 父「駅までだって!送るっていってるのに!!」の返事に 爽子「うーん・・」と少し考え「この家から見送られたいかな・・」 そして「18年間 お世話になりました」と両親に頭を下げた。 「といいつつこれからもお世話になりますが・・えへへ」と照れ笑いの爽子。 すかさず父が「爽子!困ったことがあったらいつでもいいなさい!甘えなさい!!」と熱弁。 横で母が「ふふっ 爽子~遊びに行くよ~ 入学式もいくね」と相変わらずのほわんとした感じがホッとさせてくれます。 「身体だいじにして」「頑張って」という優しい母のことはに、爽子は笑って「はい」とこたえ、 「お父さんとお母さんに最初に貰ったプレゼント・・・大事にして生きてきます!」と玄関を開けでていきました。 Sponsored Link 泣き叫ぶお父さん、「最初のプレゼントってなんだったかしらね??」とのんきなお母さん 18年なんて、あっと言う間だったな・・と泣くお父さんに、お母さんは 「そう?18年はきっちり18年よ」お母さん!ドライ!という2人の会話をバックに 爽子は駅までの道を歩いていきます。 あるきながら道に落ちている空き缶やゴミを拾い歩く爽子。 すると近所のおばちゃんが家の前を掃除しながら、爽子に「爽子ちゃん!今日家出んのかい?」と話しかけてきました。 「はい、おはようございます」と返事する爽子に、おばちゃんは爽子が拾ったゴミを持っていることに気づき、 「やだよ、この子は。 またはれの日にゴミなんかもって! かしな おばさん捨てといてやるから!!」と爽子から先程あるきながら拾ったゴミが入った袋を「いーから、いーから遠慮すんでない」と奪い取ります。 そして「いっつもゴミ拾いしてくれてたの、おばさん知ってんだよ!」と。 それを聞いた爽子は感動して 「えっ?ありがとうございます」と知っていたんだとびっくりします。 「こっちのセリフだよ、たまには家にも電話して!気をつけていってきな!」というおばさんに爽子も笑顔で 「はい。 ありがとうございます。 いってきます」とあいさつ。 そんな爽子の後ろ姿をみながらおばさんがぽつりと「すっかり爽やかなお嬢さんになってね・・・」と改めて昔と違う爽子をみて変わったなと感じるのでした 駅についた爽子。 ふと目にして驚いた表情に。 ベンチにはちづちゃんが待ってくれていました。 笑顔でよってくるちづ。 「さわ、ついに最後のひとりの見送りだよー」よ笑顔で笑うちづ。 爽子はそんなちづに「ちづちゃん・・・・ありがとう・・・・」と答えます。 見つめ合う2人。 ふいにちづが「爽子 友達になれてよかった」と。 画面は高校のときのトイレで、爽子がちづと矢野に「ともだちになりたい・・・」といっている爽子の回想シーンへ。 Sponsored Link そしてちづが「爽子とやのちんのおかげで、高校生活楽しかったわ! ありがと!」と笑顔で言ってくれるのを聞いた爽子の目には涙が。 「ちづ・・・ちゃん・・・・」と涙があふれる爽子。 ちづはびっくりして「わ!!ストップ!」 「ちょっ 今日こそはわたし笑って見送ろーって・・」といって涙が・・・。 「会ったらいつでも 戻れるんだからわたしたち!」 「できるからね友達!もうさわは・・がんばれ!!」と泣きながらちづは爽子を抱きしめました。 2人は泣きながらしっかり抱き合い、爽子も「うん、わたしもそう思う」「そう思えるようになったよ」と。 色々な学生の頃の思い出が爽子の頭の中に描かれる中、いっぱい話したね いろんなことを・・と爽子の思いが溢れます。 そして爽子は笑ってちづをしっかり見つめ、 「ありがとうちづちゃん。 これからもよろしくね!」と。 そんな笑顔の爽子をみてちづも笑顔で「あったりまえじゃーん」「あ、最後は結果笑ってるわ」と2人で笑うのでした。 気を取り直した2人、ちづが「よしっ、じゃーホームまで見送ってやるかんね! てか風早はなにしてんのあいつー」とすこし怒り気味。 そんなちづに爽子が「引越したんだよー」と。 「引越???見送りは?」というちづに、「あ、今日だ」と答える爽子。 「まーいーや、たっぷり私が見送ってやる」と意気込むちづの後ろには、風早がいました。 「黒沼!」という風早。 「遅くなった」笑顔な風早に爽子はいつも走ってきてくれるひと。 とびっくりした表情からとびきりの笑顔になるのでした。 Sponsored Link 「おま、風早おせーよ」というちづに「うーす。 悪かったって。 ちと受け渡しがね」と答える風早。 「なにさ受け渡しって」とちず。 「ひみつ」と会話する2人に爽子が 「あ、えと 遠くなったのにわざわざ・・ありがとう」と申し訳なくいうと風早も 「何いってんの来るよ!こさせてよ!」と笑顔に。 目が合う2人、沈黙の中、あっ・・・・と前回のベットでの関係を思い出し、赤面する2人をみてちづが風早に「とー!!!!」と蹴りをいれます。 「いてぇ なにすんだよ!!」と怒る風早。 「なんだろーね!よくわかんないけど なんか蹴っとかないといけない気がした今!」と言い合いになるなか「じゃ!ほら いくよ ホーム!!!」と掛け声をかけるちづ。 そんなちづの頭の中に 微笑むやのちんが「ちづ?」と。 あれなんか今よぎったか??と思うちづ。 しかし「いやしかし 爽子もついに行っちゃうかー 残んのわたしだけだよ さみしー」 「風早新居どう?」と2人に話しかけ一緒にホームについていきます。 さらにちづの頭の中で大きくなるやのちん。 今度は睨んで「ちづ?」と。 これにピンときたちづ。 大きな声で「あ、あーーーーー!!!」とビクビク。 そして「あた あた・・・あたし用があるんだった」「用!大事な!いっそいでさりげなく」 「じゃあとはお熱いおふたりで」とやのちんの影にビビりながら、消えていきました。 「さ、さりげなくって???」とどまどう爽子。 風早が「気・・・きかしたんだよ。 なんか突然。 全然さりげなくないけど・・・」と そして「ふたりにしてくれたの!」と爽子に向き合います。 「ね」と爽子を目の前にした風早はホームでみんなが見ている中、爽子にキス。 真っ赤になる爽子。 「風早くん 人が・・・」風早は「いや いーでしょもう!大事な局面だし!」と真っ赤になり下を向きます。 それを見た爽子。 黙って風早の手を握り2人がホームに立っているところに電車がやってきました。 2人の前に止まる車両。 風早はポケットから「手紙を書いてきた」と爽子に手渡します。 「あとで読んで」と手紙を手渡しまっすぐ見つめ合う2人。 手紙受け取った爽子は「・・・・うん」と。 電車の発車する合図に、風早が「あっそれとこれ!・・・で遅くなっちゃったんだけど」 「黒沼が持ってて!」と爽子の手に何かを渡します。 その感触を感じた爽子。 一瞬これはという表情を浮かべますが、黙ってうなづきます。 まもなく扉が閉まります。 ご注意ください・・のアナウンスにもう一度風早は爽子にキスをしました。 涙がでて言葉がでない爽子。 風早を背に電車に乗り込んだ爽子の背中に、風早が「爽子!!」と。 驚いて振り向く爽子。 風早は「だいすきだ!なにがあっても!!」と笑顔で立っていました。 泣きながら「しょうた」という爽子。 何か考えたあと、ぐっと悲しい気持ちを押し殺し、「私も」と笑顔になりました。 Sponsored Link そして電車のドアは閉まり、残された風早のホームから電車は見えなくなりました。 爽子は風早からの手紙をよんでいます。 黒沼へ この手紙は去年の誕生日に黒沼がくれた手紙への返事です 黒沼に会って俺の世界はかわりました 俺はせっかちでなんとなくいつも走ってしまう 黒沼と一緒にいてゆっくり歩く楽しさも知りました 大学生活の4年間は今まで一緒にいた時間よりも長くて 不安に思うことや寂しい時もあるかもしれないけど そういう時は連絡するよ メールもするし 電話もするよ 楽しいことも報告するよ 顔を見に行くよ 会いに行く 距離も時間も きっと次に黒沼の顔を見たらふっとぶよ 不確かなことも黒沼となら楽しめます。 私たちはかわってゆく それでも終わらない気持ちがあります 電車の中で泣きながら読む爽子・・・手紙はまだ続く中、大学の入学式へとシーンは変わります。 母が「ふふ さわこ緊張してるー?」父が「晴れの日だもんなー」と。 そんな中で両親と離れて席につく爽子。 隣に座った知らない子に深呼吸して笑顔で「はじめまして」と話しかけます。 一方で風早。 野球チームのメンバー内で自己紹介をしています。 「風早翔太 中学で内野をやってました。 よろしくお願いします」 そして手紙が続きます 好きです あなたは私の世界を壊し 新しい景色をみせてくれた あなたがどこにいて何をしていても 自分と関わりがあってもなくても あなたが生きてそこにいて なるべく元気ならそれでいい シーンはメンバーの状況へと変わっていきます。 笑顔のケント・・くるみ・・ 新入生の若さにおどろくピン・・ 「え?とーるんち二人目?」とおどろく龍のラーメン屋で働くちづ・・ 幸せそうな徹の家族・・・ スマホをみて微笑む龍・・・ 妻に怒られる風早の父ちゃん・・ 2人でラブラブの爽子の両親・・・ そしてクライマックス 手紙は続きます だって 次に会ったら またきっと笑ってくれるでしょう? あの変わらない笑顔で 私の心を 難なくほどいてしまうでしょう? 私はあなたに届きたい いつも いつまで 君に届け 木の下で待つ風早。 聞こえてくる足音 笑顔の風早。 それを見つめる爽子 手を取り合う二人。 カバンを置いて風早に抱きつく爽子 春・・・帰って来た爽子が風早に笑顔で飛びつくシーンで 君に届け 完結しました。 結婚しているかも・・という予想が多かったのですが、それは別の特別読み切りなどで書かれる可能性もありますね^^ 人の出逢いが人生を変える。 好きな人がいる幸せ。 大切な友達との出逢いと時間 そんな事を深く考え、沢山涙したストーリでした。 これからも風早と爽子、周りのみんなが幸せになって欲しいなと思いながら涙で本を閉じました。 生きていて大変なこともあるけれど、恋やいい人との出逢いは人生を変える。 なにかがキッカケで自分の人生は変ることがある。 出逢いって不思議だなと改めて感じた時間でした。 君に届け、終わるのは悲しいですね・・・・・・・ Sponsored Link•

次の

『君に届け』、見事すぎる完結!最高のピュアラブコメでした!

君に届け 最終回

そんな『君に届け』が2017年12月号で、ついに最終回を迎えました……。 正直、寂しい! 今回このコラムでは、連載当時のことを思い出しながら、作品を振り返りたいと思います。 読んだきっかけは1巻の表紙 『君に届け』 1巻 椎名軽穂 著 、集英社 全123話。 2017年12月現在、既刊29巻。 少女漫画ではかなりの長寿作品です。 わたしは、この作品の連載が始まったときはまだ学生でした。 連載開始から最終回を迎えるまで約12年、気づけばすっかり社会人です。 わたしと同じように、この作品を読みながら大人になった方も多いのではないでしょうか? わたしがこの作品と出会ったきっかけは、本屋で1巻の表紙が目に入ったことです。 1巻表紙の見つめ合う爽子と風早に、当時胸キュン漫画を探していたわたしは 「これは間違いなく胸キュンする作品だろう!」と迷うことなくレジへ持っていきました。 実際にこんなことが起こるわけないって、分かっているんですけどね…… トキメキたいじゃないですか! ちなみにわたしはコミックス派のため、実はまだ結末を知りません……。 少女漫画の主人公が「貞子」!? 振り返るということで、簡単なあらすじをご紹介します。 ~あらすじ~ クラスメイトと仲良くしたいけれど、その見た目と名前から「貞子」と呼ばれ、怖がられている高校生・黒沼爽子。 そんな爽子が、クラスの人気者・風早君や、クラスメイトのあやね・ちづる達と交流していくことで、徐々にクラスに馴染んでいき、成長していきます。 やがて恋や勉強、進路に悩むようになり……。 そう、本当に連載開始当時の爽子はこんな感じでした。 しかしもともとクラスメイトと仲良くしたかった爽子。 その純粋で真っ直ぐな気持ちがまぶしかったですねぇ……。 爽子がどんどんたくましく成長していく姿に感動しました。 もちろん爽子だけでなく、風早、友達のあやね・ちづる、龍の恋や進路のエピソードなど、どこを切り取っても先が気になり見逃せません。 最強ライバル・くるみ! ところで、みなさんは『君に届け』の中で好きなキャラクターは誰でしょうか。 どのキャラクターも魅力的だし一人に決めるなんて……と言いたいところですが、わたしは絶対にくるみこと胡桃沢梅ですね。 爽子と風早の距離が縮まってきたとき、爽子にライバルが現れます。 それがモテモテ美少女のくるみ。 『君に届け』 4巻 くるみは中学生のころから風早が好きで、人気者の風早に彼女ができないように良い子ちゃんのフリをして計算しまくってきた腹黒女子。 これだけ聞くと「なんて嫌な奴」と思うかもしれません。 しかし世の中の多くの女性は、爽子よりもくるみに共感する人の方が多いはず。 だれでも好きな人の前ではいい子のフリをしてしまうものです! しかし、自分と風早との仲を応援してほしいというくるみの願いを断った爽子に、くるみは素の自分を見せるようになります。 くるみのハッキリものを言う姿、めちゃくちゃかっこいいんですよ~! 今までたくさんの少女漫画を読んできましたが、ライバル役の中ではくるみがナンバー1だと思っています……。 爽子とくるみは、恋だけでなく、のちに目指す進路も同じであることから、友達であり、やっぱりライバルとなるのです。 あやね・ちづるとはまた違った二人の友情を、わたしは応援したくなりました。 連載開始から約3年、日本テレビでアニメ化されました。 アニメ『君に届け』 株 バップ 『xxxHOLiC』や『ハイキュー!! 』などを手掛けたProduction I. Gがアニメーションを制作。 爽子役は能登麻美子さん、風早役は浪川大輔さんが演じられました。 「アニメになっても爽やか!」これがアニメを見た第一印象です。 漫画と変わらずドキドキじれったい展開ですが、そこに声や音が加わると、作品をよりリアルに感じますね。 2011年には第2期が放送されました。 誰がどのキャラクターを演じるのか? 気になって気になって仕方ありませんでした。 特に風早は「爽やか」を絵に描いたような人なので、それはもう爽やかな方に演じてほしい! と願うばかり……。 そして決まったのが、爽子役が多部未華子さん。 風早役が三浦春馬さんです。 映画『君に届け』 株 バップ 「ありがとう……!」そう思ったのはわたしだけではないはず。 実写化には賛否あるかと思いますが、多部未華子さんのちょっと影のある感じと、笑顔から「爽やか」が溢れる三浦春馬さんは、役にぴったりじゃないか! と思いました。 そして実際に映画館で観たのですが、三浦さんの爽やかさにやられました……! このほかゲームや小説にもなった『君に届け』。 さまざまな世代の人に愛された作品ではないでしょうか。 青春最高! と思えた『君に届け』に感謝 最終回に向けて、爽子と風早だけでなく、他の登場人物の恋の行方や進路にも決着がついてきました。 爽子たちはついに高校卒業を迎えます。 全員無事に卒業できるのか、進路はどうなるのか? コミックス派としては、最終回がとっても気になります……! コミックス1巻から読んでいて、青春を共にしてきた作品が終わるというのは寂しいものです。 しかし、この作品に出会えて良かったな、と心から思います。 2017年12月現在、次巻の発売日は決まっていませんが、心して読みますよ。

次の

君に届け(椎名軽穂)30巻、最終回感想

君に届け 最終回

(別冊マーガレット12月号 集英社) つい先日、別冊マーガレット(集英社)2017年12月号においての金字塔である『君に届け』がついに完結。 作者は椎名軽穂。 あしかけ12年ほど『君に届け』の連載が続いたらしい。 少女漫画や恋愛漫画としては異例の長期連載。 完結を記念してかAmazonのKindleや楽天koboなどでは『君に届け』の最初の数巻が期間限定で無料ダウンロードできました。 そこで 今回ドル漫では『君に届け』の最終話・最終回のネタバレ感想をざっくりレビューしたいと思います。 黒沼爽子と風早くんが大学生に… 結論から書いちゃうと、『君に届け』の最終回は蛇足っちゃ蛇足に近い内容。 最終話以前に主人公の黒沼爽子と風早くんは大学に進学することが決定。 黒沼爽子は都会の札幌の大学へ進学、一方、風早くんは地元の大学へ進学。 二人は恋人同士ではあるもの、それぞれの道を歩む。 (別冊マーガレット12月号 集英社) そして風早くんが遅れて駅に登場。 さり気なく吉田千鶴はフェードアウトし、黒沼爽子を見送る瞬間にはキス(画像は割愛)。 永遠の別れでもないと思いますが、風早くんは「だいすきだ!なにがあっても」とニッコリと笑顔で黒沼爽子を送り出す。 黒沼爽子は直前に渡された手紙を読んで、更に号泣。 これまでの楽しかった記憶が蘇る。 黒沼爽子と風早たちは様々に環境が変化していく中でも、二人の恋心は変わらず続く。 また吉田千鶴たちとの友達関係も変わらず続く。 そして数ヶ月後、再び地元に戻ってきた黒沼爽子は風早くんに抱きついて完結…という流れでラストが締めくくられます。 君に届け・最終話の感想評価・評判・口コミまとめ 以上、恋愛漫画『君に届け』の最終回・最終話のネタバレ感想でした。 余韻が残ると言えば余韻が残るような終わり方ですが、これだと先程も書いたように「蛇足」以上でも以下でもなかった内容。 「これまでの流れ的にはそうなるだろうな…」という延長線上の結末。 大学には進学したけれども、結局高校生の範疇に留まってる印象。 もう少し大胆に時間軸を数年後などに進めて、ある程度は成長させた二人を描いても良かったのかも知れない。 いずれスピンオフ漫画的な復活がある可能性はありますが、大学生や社会人、夫婦編の『君に届け』を描いても面白いかも知れない。 高校生から読み始めた読者は今現在はアラサー。 結果的にそれでも『君に届け』は売れ続けていたから、方向性としては正解ではあるんでしょうが、あくまで個人的に「二人の恋物語」だけで十分だった気がする。 サブキャラのせいで黒沼爽子のキャラが薄まっただけ。 とりあえず今回完結した『君に届け』ですが、最終30巻の発売は来年2018年3月あたりになるらしい。 毎回思うんですが雑誌連載が完結したら、単行本や電子コミックを何故サクッと発売しないんでしょうか。 はてさて。 ファンがそこまで半年近くも待たされなければいけない理由が知りたいところ。

次の