新型コロナウイルス 勤務体制。 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う在宅勤務体制に関するお知らせ

新型コロナウイルス感染症対策にかかる交代勤務体制の実施について

新型コロナウイルス 勤務体制

新型コロナウイルスの国内での感染拡大が懸念されている状況を鑑み、当社従業員ならびにすべてのお客様の感染リスクを低減し、安心・安全なサービス提供を実現するため、以下措置を実施することをご報告いたします。 【ベアーズの取り組み詳細】 ベアーズが提供しております家事代行サービスは、掃除・洗濯・料理といったご家庭の家事をオーダーメイドに承るサービスで、女性の社会進出や高齢化社会を背景に、多くのお客様にご利用いただいております。 お客様のご自宅内でのサービスとなるためお客様への安心・安全が最重要であり、かつ定期のご利用が7割を超えるためより一層の安定性が求められます。 5度以上での出勤停止・混雑を避けた出退社措置等 を行った上で実施いたします。 在宅勤務期間中も、お客様・取引先各社様には影響のないよう通常通り業務を行ってまいります。 ・マスク着用でのサービス実施を推奨。 ・37. 5度以上での出勤は禁止。 ・入退室時には手洗いをルール化。 ・ドアノブなどはハンカチなどを使い入室を指示。 尚、上記は暫定期間となっており、今後の状況を鑑みて延長、変更いたします。 家事代行のみならず、ハウスクリーニングも対象となります。 また海外拠点であるフィリピンでも、同様の対応を予定しております。 万全の体制で対応してまいりますので、何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 【今後の展望】 家事代行サービスは、仕事、育児、介護と家庭生活の両立、思い描いた暮らしの実現のために、多くの方にご利用いただいており、災害・パンデミック等予測困難な有事の状況においても、従業員の安全を確保しながら、安定・継続的に高品質なサービスをご提供できる体制の構築が必要不可欠と考えております。 ベアーズは、今後も質の高いサービスを安定的にお客様にお届けする体制づくりを強化し、お客様の暮らしに寄り添う、「安心」「安全」「快適」「便利」なサービスの提供に努め、家事代行サービスを通して「誰もが自分が思い描いた暮らしをおくることができる社会づくり」に貢献してまいります。 【お客様からのお問い合わせ窓口】 TEL:0120-552-445 受付時間 9:00〜20:00 365日年中無休 お問い合わせフォーム:.

次の

【オフィス向けガイドライン】新型コロナウイルス感染予防対策

新型コロナウイルス 勤務体制

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、都市部の自治体を中心に職員の勤務体制を見直す動きが広がっている。 通勤の人混みを避けるのが主な目的で、東京都は職場以外で仕事をするなどの実施を発表。 大阪府も時差出勤を拡充する。 小池百合子都知事は、本庁(新宿区)勤務の職員約1万人を対象に、準備が整い次第や時差出勤を行うと表明。 もともと東京五輪・パラリンピックに向けて準備を進め、民間にも呼び掛けている中、大幅な前倒しを図る。 小池氏は「皆さんにお願いする限りは、都庁から始めなければいけない」と強調。 都主催の会議で可能なものは延期するほか、テレビ会議の活用も検討する。 大阪府は「システムが未整備」としてを見送る一方、府職員の時差出勤を拡充。 従来の出勤時間は午前9時と9時半の2パターンだが、新たに10時出勤を追加する。 早ければ20日にも導入し、当面1カ月間行う。 大阪市も歩調を合わせる方向で、「満員電車は濃厚接触する。 少しでも可能性を下げる取り組みをしたい」(松井一郎市長)。 神奈川県は在宅勤務を拡充。 これまでは最大週4日までで、事前登録を求めていたが、所属長が指定すれば事前登録なしで、週5日の在宅勤務もできるようにした。 埼玉県も時期は未定だが「職員の感染リスクを減らすため、テレワークや時差出勤を前向きに検討している」(人事課)という。

次の

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた「テレワーク教育支援サービス」の提供開始について ~在宅勤務体制を敷いている企業のみなさまのオンライン環境下での教育をサポートします~|プレスリリース|中部電力ミライズ

新型コロナウイルス 勤務体制

テレワーク在宅勤務の継続を発表している企業14選 Twitter:従業員が望めば永続的に在宅勤務を継続 Twitter社は、新型コロナウイルス対策で始めた在宅勤務について、従業員が望めば永続的に続けられるようにする方針を発表しました(日本を含む全世界の約5千人の従業員が対象)。 出典: Twitter Japan「」 ドワンゴ:全社員約1000人が原則在宅勤務 動画投稿サイト「ニコニコ動画」等を運営する株式会社ドワンゴは、新型コロナウイルスの収束後も、全社員約1000人を原則的に、在宅勤務とする方針を固めました。 同社は、新型コロナの感染拡大を受けて2020年2月から在宅勤務を開始し、通勤時間が不要になったことなどで生産性が高まっていると判断したことから今回の方針に繋がりました。 出典: 株式会社ドワンゴ「」 オプトホールディング:出社週2日以下、「ワークデザイン手当」月4千円他 株式会社オプトホールディングは、政府が緊急事態宣言の全面解除を発表したことを受け、グループ企業における対応方針を、6月1日(月)より一部変更することを発表しました。 ・従業員の出社は週2日以下、出社時は時差出社が前提 ・部署内の従業員出社率は40%程度に抑えるローテーション勤務を導入 ・顧客やパートナー企業への訪問を原則禁止 ・打ち合わせもオンラインを推奨 ・削減される通勤交通費を「ワークデザイン手当」として月4,000円支給 ・本社ビルの3分の1を解約し2億円削減 出典: 株式会社オプトホールディング「」 「」より 日立製作所:在宅勤務活用を標準とした新たな働き方ロードマップ 株式会社日立製作所は、幅広い職務で在宅勤務の活用を標準とした働き方を推進すると、5月26日に発表しました。 出典: 富士通グループ「」 富士通グループ「」 Facebook:従業員の50%は基本的に在宅勤務可能に Facebook(フェイスブック)は、オフィス再開の準備を進めると同時に、自宅で作業を遂行できる大半の従業員に対しては2020年末まで在宅勤務を継続させることを発表しました。 また、FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグ氏は、5月21日(現地時間)、リモートで開催した全社会議で、在宅勤務について語りました。 今後5-10年をかけて約5万人の従業員の50%は基本的に在宅勤務可能になるという考えを表明し、VR/ARサービスの活用についても言及しました。 出典: フェイスブック「」 CNET Japan「」 ITmedia NEWS「」 NTT:2020年6月以降も在宅勤務5割以上 NTTは2020年6月以降も、在宅勤務を5割以上にする方針を発表しました。 国内NTTグループ約280社で働く18万人のうち在宅勤務が可能な総務や経理などオフィス部門で働く社員が対象となります。 現在もグループ全体で約6割の社員が在宅での勤務中で、今後も新型コロナウイルスのワクチンや治療薬が普及するまで在宅勤務を継続する方針を示しています。 出典: NTTコミュニケーションズグループ「」 ANNnewsCH「」 日清食品:原則出社率25%を上限とする「予約出社制」 日清食品ホールディングス株式会社は、国内の日清食品グループ各社において、2020年2月末から実施してきた「原則出社禁止 在宅勤務 」の体制を終了し、6月1日 月 より、感染予防を図りながら一定の出勤を行う「新たな働き方」に移行することを発表しました。 出典: 日清食品ホールディングス「」 LIFULL:9月30日まで原則週2日在宅勤務 株式会社LIFULLは、2020年6月1日より在宅勤務を継続しながら出社勤務を再開することを発表しましたが、従業員・関係者の安全確保、安定的なサービス提供のための対策実施を決定いたしました。 9月30日まで原則週2日在宅勤務に変更するほか、営業活動はオンライン商談を推奨、会食は原則禁止、出張および海外渡航も禁止にする方針を固めました。 出典: 株式会社LIFULL「」 Google:2020年末まで在宅勤務を許可 Googleは米国時間5月7日、従業員の多くに2020年末まで在宅勤務を許可することを社内向けに通知しました。 出典: Google「」 CNET Japan「」 PIXTA(ピクスタ):期限未定で原則在宅勤務体制へ 写真、イラスト、動画、音楽素材のマーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」や出張撮影プラットフォーム「fotowa(フォトワ)」を運営するピクスタ株式会社は、新型コロナウイルス感染症拡大による従業員やその家族等の安全確保を目的に、時限的に、原則、在宅勤務体制へと移行することを発表しました。 出典: 株式会社サイバード「」 株式会社ブレインウェーブ:無期限・恒常的なリモートワークの導入 新型コロナウイルス感染拡大防止への対応として2020年4月7日より全拠点緊急在宅勤務対応を実施していた株式会社ブレインウェーブは、「労働時間管理」から「成果創出支援」を中心とした「働き方改革」を強固に推し進めることを目的として、今後も在宅勤務を中心としたリモートワークを積極的に活用していく等、多様な働き方を積極的に導入することを発表しました。 出典: 株式会社ブレインウェーブ「」 ウイングアーク1st株式会社:緊急事態宣言解除後も原則リモートワークでの業務を基本とする ウイングアーク1st株式会社は、2020年2月28日(金)から原則在宅勤務を実施していましたが、全国的に緊急事態宣言が解除された場合も原則リモートワークでの業務を基本とすることを発表しました。 従業員の自宅でのインターネット回線の開設初期費用の補助や、リモートワーク手当なども支給。 <基本方針>や、<会議・商談>、<イベント等>、<接待・会食等>、<出張>の対応も細かく掲載しております。 出典: ウイングアーク1st株式会社「」 企業の存続のために在宅勤務の導入を 新型コロナウイルスが全世界で猛威を振い、アフターコロナ、ウィズコロナの経営戦略が求められる状況の中、企業が在宅勤務に対応できるかどうかは、企業の存続事態に関わっているといっても過言ではないかもしれません。 もちろん、業種によっては在宅勤務が不可能な場合もあります。 しかし、絶対に在宅勤務が無理という業種以外の企業においては、是非、在宅勤務の導入を積極的に検討し、クラウド勤怠ソフトを含め、在宅勤務に必要となるITインフラの整備に取り組んでみてください。 は、初期費用・月額費用が0円のです。 申し込みを行なった日からすぐに利用できますので、ぜひご確認ください。 【動画で確認】テレワーク在宅勤務の継続を宣言した企業14選.

次の