ファンキー ジャグラー。 ファンキージャグラー 設定差まとめ|解析 設定判別 ツール ぶどう ガックン

ファンキージャグラー

ファンキー ジャグラー

ファンキージャグラー 設定6の挙動や機械割 それでは今回はファンキージャグラー、設定6のスランプグラフと差枚数、設定判別の設定差確率を紹介します。 ファンキージャグラーアプリを使った 21回分の設定6のスランプグラフです。 ファンキージャグラーですが、結構人気があるハイスペックジャグラーですよね。 なんか適当に検索したら 「ファンキージャグラーは神!!」 なんて記事もちらほら見かけました。 自分もホールで触ってみて、爆発している時のイケイケ感は凄いですよね。 BIGがいい方に偏っている時。 ニヤニヤしちゃいます。 それマイジャグラーと違って外からもジャンジャンバリバリ感が分かりやすいですよね。 設定6の機械割も、マイジャグラーと謙遜無いですし、メイン機種になっていってもおかしくないような名機かもしれません。 でも実際はどうなんでしょう? 設定6に座りさえすれば確実に勝てるような機種なんでしょうか? やっぱり痛い目を見ないように、そしていい目を見られるように、事前に設定6の動きを知っていたほうがいいと思います。 17 ファンキージャグラー 設定6のスランプグラフ、ぶどう確率やチェリー確率最大ハマリゲーム数データ一覧! では前置きは終わりまして、データをご紹介します。 台選びや設定判別などの、実践で打つ際の参考にしてくださいね。 全て10000回転させたグラフです。 連続で 21回分を選別せずに載せています。 3枚で1セットの画像です。 スランプグラフと差枚数• 全大当たり履歴から10000回転の中で、一番ハマった回転数を載せます。 設定判別の設定差ぶどうなどの確率 の順で掲載しています。 ファンキージャグラーの設定6、機械割109. 果たしてその実力は如何に!? どのような波を描いてくれるのでしょうか? ファンキージャグラー 設定6の勝率や最大、最低差枚数の分析 さすがですね。 3台を除いて基本的に安定して差枚数はプラスに。 万枚に届きそうな勢いの台もチラホラ見かけます。 最高枚数は7085枚で、最低枚数は-437枚でした。 また最大ハマリゲーム数は1091G! でした。 ただ、出玉勝負、という点ではマイジャグラーの最高出玉には及ばない印象です。 ただし、じゃあマイジャグラーよりしょぼいのか?というとそうも言いきれません。 なぜなら最低差玉数では安定しているからです。 マイジャグラー 設定6は最低差玉が-1500枚など、上下のブレ幅がそこそこありました。 そう考えると安定して上方向の差玉になる本機種はストレスが少ないという点ではやっぱり名機種になれる能力が潜んでいると思います! 攻めと守り。 設定差と設定判別のポイント 設定判別には設定差の強い要素である、• REG確率• ぶどう確率• 単独REGやチェリー重複REG• ホール情況 を複数カウントして、それを見ることが大切です。 そしてカウントした複数の要素で判別します。 ですが、ホールの実践中にこんな面倒なことをいちいちやっていられません。 カウントしながら、複数の条件を入力すれば自動で設定推測し、 ぶどう逆算も出来る、Aメソッド製の設定判別アプリを使えば全て簡単にできます! ただ、ここまではみんな当たり前のようにやっていると思います。 こういったツール類はいわば「盾」です。 打つ前に複数の条件が分かることはないですし、確認できるまでに数千回転は回さないといけません。 自分の座った判断が正しかったのかを確認できる、転ばぬ先の杖となるものです。 打ちながら挙動が思わしくない時に、設定判別ツールを見てヤメるか続行するかを判断出来るのですね。 ファンキージャグラーその他の情報リンクまとめ 【ファンキージャグラー全設定】設定1〜設定6へのリンク•

次の

ファンキージャグラー 設定差まとめ|解析 設定判別 ツール ぶどう ガックン

ファンキー ジャグラー

見出し• 台選び 初めてのホールに入店。 ここのホールは私の好きなアイムジャグラーEX、APEXが非常に少なく、というかAPEXはなく仕方なくファンキージャグラーを選択。 BB1 : RB2・190回転 どうですかこの怪しさ満点のファンキージャグラー。 前々回はまさかの897ハマり 私のアイムジャグラーで培った2回前にハマった台は大爆発する理論に基づき5000円だけ勝負しよう! 実践!! さあて、今回選んだファンキージャグラーですが5000円でうんともせず。 というか周囲を見てもだいぶファンキージャグラー荒いね。 ハマってない台がない。 くらいで波の荒さが目立っています。 そんな私ですが、悔しすぎるため隣で打っていた人がハマり台にした台が空いたためすかさず着席。 隣の台に移動 あまりにも適当に座ったためデータグラフの写真撮影もしなかったのですが、BB7:RB8・460回転のバランスの良いファンキージャグラー 結果から言いますと• 460 打ち始め• 502 BB(2000円)• 244 BB(1000円)• 126 BB• 168 RB• 56 BB• 69 BB• 9 BB• 72 やめ なんと 7ぺカ中6回がBIGという嬉しい展開! 後半のジャグ連もBIG3連で出玉を大きく伸ばしました! 途中何度も辞めとけばよかったと思いましたが、思い切ってぶん回してよかったです! それにしても低設定っぽいなあこの台。 余談 たまに腹立つ打ち方する人いますよね。 私も久しぶりにみたのですが、初老のおじさんがペカったら「ほら、みたことか!」のような顔で回りをキョロキョロしてました。 非常にイラッとしましたが、結局飲まれていたので憐れんで見ていました。 あとファンキーのプレミア告知を引いていた人がいたのですが、 まさかの1G連でした。 プレミアで1Gジャンバリってすごくないですか? 前にYoutubeでジャンバリを引いていた動画がありましたが、それもプレミアの1G連だった気がします。 ファンキーの仕様ではないですよね?知っている人教えてください。 本日の収支 出玉は963枚。 おしくも1000枚には届かなかったものの、負けていた展開からこれだけ出れば十分です! 投資 8000円 回収 18000円 収支 プラス10000円 久しぶりに気持ちよく勝てました!最初の5000円が余計だったかなと思いましたが、しょうがない。 それにしてもファンキーは荒いですな。 島全体の雰囲気がどんよりしてましたもん。 ハマり台が多すぎでした。 ここはマイホールにはならないかなあ。 明日からもマイホール探しが続きます。

次の

ファンキージャグラー|調子の悪い設定6を出るまでぶん回した結果

ファンキー ジャグラー

ジャグラーシリーズ全般に言えることですが、主にボーナス確率からの設定推測になるため、当日の回転数が多ければ多いほど信頼度が増します。 とは言え、アイムジャグラーなどのスペックならまだしも、ファンキージャグラーのような 「ジャグラーの中では出玉率の高い機種」においては、回転数が増えてしまうことで、良台が空き台になりにくくなってしまう可能性が一気に高まってしまうでしょう。 そこで早めに仕掛けることを考えると思うのですが、本記事では昼以降の立ち回りに焦点を当ててみました。 ファンキージャグラーの2000G時点での挙動に注目してみて、設定看破できるかどうかというものです。 ファンキージャグラーで勝っていきたいという人はぜひご覧ください。 スポンサーリンク Contents• 1 97. 0 98. 7 99. 6 102. 7 104. 0 109. それらをここにまとめたいと思います。 細かい情報については大元の別記事に記載してありますので、気になる箇所があるという人は、以下のリンクから元ネタの記事を読んでもらえると嬉しいです。 2814 勝率:63. 空欄はどちらも未確認だったというケースです。 もちろん狙うのは設定5以上ですが。 ただ、設定4と設定5の間にある設定差はそこまで大きなものでもないので、設定4を打っていても設定5の数値を上回る広告はいくらでも出てくるでしょうし、逆も然りです。 それでもあえて差枚数から定義づけるのであれば、 2000G時点で差枚数が-1000枚を超えていると黄信号ではないかと感じました。 低設定だからと言って2000G時点では大きく負けることも少ないですし、高設定だからと言って2000Gじゃまだまだマイナスにブレることはありますが、あえて差枚数で見ていくならこんな感じですね。 しかし、ただでさえファンキージャグラーはBIG偏向型ですし、短い回転数だとBIGが続けば一気にプラス領域に向かいますので、プラスに越したことはありませんが 「2000G時点の差枚数で設定を語るのは時期尚早」のような気がします。 2000Gでレギュラー3回以下は危険!? ここで、2000G回してもREGが3回以下だったパターンについてまとめてみます。 ここだけ見ると明らかに低設定の方が引けていないのが分かるかと思います。 ファンキージャグラーにおいても他のジャグラーと一緒で、REG確率に大きな差があるというのは変わりません。 しかしその数値は、全体的に悪くなっているような感じになっているので、高設定でも良い数値とは言い難い基準にされており、 他のジャグラーほど安定している感は無いです。 それでもセオリーはREG確率だと思います。 よほど他に強い根拠があるという場合でなければ、 2000G時点でREG3回以下の台は捨てで問題ないでしょう。 こうやって見ると低設定は割と高確率で捨てられるという感じがします。 ただし気を付けなくてはならないのは、設定5でも半々くらいの出現率ですし、設定5でも3台に1台は漏れてしまうという部分です。 確実に高設定を使ってくれているホールなら問題ないでしょうが、この基準で立ち回ると僕の近所のホールなんかだと完全に打てる台がありません。 なので、そういう場合は近付かない方が無難ですね。 確率通りにREGが引ければ、高設定ならクリアできるわけですから。 2000Gでレギュラーが10回以上引けた場合 同様に、2000GでREGが10回以上引けたデータについて注目してみたいと思います。 恐らく2000Gで10回ものREGが引けているような台が空き台になるということは、ほとんどないとは思いますが、もし自分でそれを達成した場合に、果たしてどれくらいの信頼度なのか知っておくべきでしょう。 高設定では低確率ながらも、それなりに散見されるくらいの割合で出現するのに対し、 中間設定以下ではここに辿り着くのは相当厳しいという印象です。 ちなみにこの2000GでREG10回という基準は、ファンキージャグラーよりもREGが引きやすいマイジャグラーなどでも「高設定を強く信じていいレベルのボーダー」になっているので、それより更にREGが引きにくいファンキージャグラーであれば、 ほぼ高設定濃厚くらいの感じでいいかもしれません。 ここからチェリー重複REGを取り除いたらどうなるでしょう。 明らかに高設定の期待度が高まっているのが分かるのではないでしょうか。 単独REG確率は設定差が大きい部分ではあるものの、分母も大きいので非常に暴れる数値ではありますが、 2000Gで単独REG7回以上となると高設定でも上ムラじゃなければ到達できない領域のため、これが確認出来たら強気に攻めてOKです。 16 すると2000G時点では、確率通りに引けたとすると 設定1で314個~設定6で325個となります。 高設定でようやく半々くらいの達成率ってことなので、まぁクリア出来たらチャンスアップといったところでしょうか。 設定2の0回というのは明らかに下ムラすぎるデータが集まったと思うので、まぁ 設定1~設定3でも3台~4台に1台くらいは設定6ペースのぶどうが確認できるということですね。 上ムラのデータに注目してみると、 2000Gで340個以上のぶどうが出れば、かなりのハイチャンスかもしれません。 もし2000G時点でこのような数値が出たら、よほど他のデータが悪くないくらいは続行すると思うんですけど、もし4000G時点で2000Gずつに区切った場合に2連続クリアとかになるようであれば、かなり信頼度は高まると言えるでしょう。 いずれにしてもBIGも完全無視はできませんが、あくまでメインはREGを見ての立ち回りになるでしょう。

次の