ピョン ヨハン。 ピョン・ヨハン、ワイルドなひげ×爽やかな笑顔にドキッ…大人の魅力たっぷりのグラビア公開

ピョンヨハンの身長や熱愛彼女について!イケメンのプロフィールまとめ│cdn.snowboardermag.com

ピョン ヨハン

ピョン・ヨハンについて ピョン・ヨハンは、2011年に映画『土曜勤務』でデビューした韓国の俳優。 25歳でデビューした遅咲きの俳優であったが、2015年のドラマ『六龍が飛ぶ』などで広く知られるようになった。 俳優としてのブレイクは2014年、tvNドラマ『未生』で独特なキャラクターを演じ、とぼけた演技が好評を得て人気を獲得したことが挙げられる。 他に代表作は、2015年のドラマ『元彼女クラブ』、映画では2012年『災難者の夜』、2013年『監視者たち』、2014年『マドンナ』、2015年『ソーシャルフォビア』などがある。 2014年第40回ソウルインディペンデント映画祭インディペンデントスター賞、2015年SBS演技大賞長編ドラマ部門男性優秀演技賞など、現在まで10個以上の受賞歴がある演技派俳優である。 基本プロフィール 2013年に韓国芸術総合学校で学んだ2人の交際は有名で、母校の学生の間では公然の秘密となっていた。 他のカップルと同じように純粋な恋愛をしていたと伝えられている。 当時、キム・コウンの所属事務所は、2人の熱愛説を否定し、「同じ学校の先輩後輩の間柄で親しくしているだけ」、「今回の報道で2人が疎遠になることが心配されるため推測での報道は自制してほしい」と主張し、熱愛説は否定されることになった。 面白いことに、ピョン・ヨハンの立場は記事に掲載もされなかった。 それほど2013年当時、ピョン・ヨハンは無名だったということだ。 「キム・コウンの男」と呼ばれたりもしたが、2014年のドラマ『未生』の後は、立場が完全に逆転したと言える。 好きなタイプ ピョン・ヨハンの好きなタイプは、映画『君に読む物語』に出演したカナダの女優であるレイチェル・アン・マクアダムスで、良く笑い、笑顔が魅力的な女性が好きだという。 韓国の女優を好きなタイプとして発表すると、色々と騒ぎになると思って、わざと外国人女優を挙げたのかもしれない。 また、「以前はそうは思わなかったが、恋愛経験のある女性のほうが良い」、「人を愛するということを理解している女性の方が自分とも豊かな恋愛ができると思う」とも語っている。 性格 ピョン・ヨハンの父はキリスト教の牧師で、「早い道より、正しい道を歩みなさい」と常々教えられてきた。 周囲の先輩たちにも、ピョン・ヨハンの礼儀正しさはよく知られている。 共演したことのある俳優たち皆、口をそろえて「ピョン・ヨハンは基本が備わっている」と彼を褒める。 しかし、ピョン・ヨハン自身は、「自分は先輩たちに対して愛嬌もないし、労いの言葉もあまりかけられない方で、いつも先輩たちの前では緊張している。 先輩たちが笑ったら自分も一緒に笑うことぐらいしかできていない」と述べているが、彼の笑顔ひとつを見ても、気分を害する人はいないだろう。 ピョン・ヨハンは友達が非常に多く、「ピョン・ヨハン社団」と呼ばれる俳優たちは、彼に対する愛情にあふれている。 彼は友だちに対し、遊ぶときは一緒に遊び、悩みがあれば一緒に悩んでくれる。 また、人脈が広く、人望が厚い俳優である。 ピョン・ヨハンは舞台の上では演技に没頭するのだが、それ以外の場では、とても恥ずかしがりやである。 彼は、インタビューに答えようとすると急に緊張して上手く話せなくなってしまい、挙動不審になってしまう。 そのことから、「瞳孔地震」が起きた、とからかわれたことがあった。 自身の展望について、「特別な俳優は望んでいません。 ただ、韓国に絶対に必要な俳優になりたいです」と語っており、遅咲きであったからこそ「突然注目されることに怖くなることもある」が、「周りの人を気遣って、自分のことも愛していきたい」と謙虚な姿勢を見せている。 趣味 ピョン・ヨハンはフィギュアが好きで、集めているという。 最近のフィギュアはあまりにもリアルに出来ているため、女性のフィギュアは持っておらず、全て男性のものだという。 時間があると、フィギュアの服を着せ替えたりする。 フィギュアショップの社長とも親しくなったそうだ。 ピョン・ヨハンにとってフィギュアはただの趣味ではなく、演技に対する熱意となっても表れている。 2017年2月のスポーツトゥデイでのインタビューにて、「フィギュアの俳優一つ一つ、表情があるでしょう。 映画や番組で一番印象的だった表情をしたフィギュアを見ると、その映画を見ていた頃の自分が一体何を考えていたのかなども思い出すことが出来る」と話した。 特技 ピョン・ヨハンは運動に対する自負心が強い。 アクション演技にも定評があり、賞賛を受けている。 軍隊にいる時、9泊10日の休暇があったが、内7泊8日はサッカーをしていた。 最近ではボクシングを始めた。 ボクシングの魅力として、「チームプレイのサッカーと違い、ボクシングは自分との戦い。 演技する上での精神的集中力も養ってくれる」ということを述べている。 将来にはボクシングの演技もしてみたいという。 何をするにも、常に頭の中には「俳優として自分がいかに成長できるか」ということを考えているようだ。 デビュー前の経歴 ピョン・ヨハンは幼少時からとても内向的で言葉も震えてしまうほどだったが、舞台に上がると、緊張もせずすらすらと言葉が出てきて、そのことを不思議に思っていた。 それを見た知人が、一緒に演劇をしようと誘ってくれたのが演技人生の始まりであった。 ピョン・ヨハンは中学卒業と同時に、演技をしたくて芸術系の高校に進学しようとしていたが、父は大反対をした。 父からは「23歳までは演技のことは考えるな」と強く言われていため、ピョン・ヨハンは高校2年生の時、留学をすることにした。 まず、アメリカに留学をし、その後、中国の北京に留学をした。 しかし北京には韓国人留学生がとても多く、韓国人のいない所で外国語を学びたいと考えていたピョン・ヨハンは、中国のハルビンで留学生活を送ることにした。 留学先では国際貿易を専攻し勉強していた。 ピョン・ヨハンは俳優として外国語をマスターしたいという気持ちが強く、ハルビンで外国人と幅広く交流し、たくさん遊んだ。 それが、現在俳優生活をする上で、とても大きな影響を与えているという。 ピョン・ヨハンがハルビンに留学して3年程経った頃、父親から「プレゼントをあげるから韓国に帰ってこい」と言われ、急いで韓国に帰国したところ、軍隊の召集令状が来ていた。 そのまま軍隊に入隊したが、その間に演技に対する熱意がさらに高まり、休暇中にオーディションを受けたりした。 その頃には、ピョン・ヨハンのあまりの執念に、両親も反対するのをあきらめていた。 そして軍隊での少ない手当を貯め、兵役終了後に韓国芸術総合学校演劇院に入学した。 25歳の遅い新入生であった。 出身・家族・学歴 兄弟 妹 出生国 出生地域 高校 不明 大学 韓国芸術総合学校 解散・引退について 周囲からの評判 ピョン・ヨハンは、韓国芸術総合学校で同期であったEXOのや、スホと同じEXOメンバーのたちと親しい。 彼らとは今でもお互い連絡を取り合い、時間を見つけては会っている。 演技に対する真摯な姿勢が好感が持てると、先輩俳優や監督からも良くかわいがられている。 夜眠れない時は、親しい先輩や監督に電話をしたり、会いに行ったりし、演技について聞いて勉強すると言う。 どの人にも嫌がることなく、とても詳細にコメントしてくれるということからも、一生懸命な姿勢に好感を持っている人が大多数である。 整形 ピョン・ヨハンの整形の噂は無い。 好きな食べ物 公式サイト・SNS.

次の

ピョンヨハンの身長や熱愛彼女について!イケメンのプロフィールまとめ│cdn.snowboardermag.com

ピョン ヨハン

Contents• ピョン・ヨハンのプロフィール 名前表記:변요한 Byun YoHan 生年月日:1986年4月29日 血液型:B型 公式サイト Instagram ピョン・ヨハンの出演ドラマ• 2018年 Netflix「ミスター・サンシャイン」• 2016年 SBS「六龍が飛ぶ」ブニの兄、チョン・ドジョンの護衛• 2015年 tvN「元カノクラブ」ウェブ漫画家• 2014年 tvN「」インターン社員、グレの同期 ピョン・ヨハンの出演映画• 2017年「エンドレス 繰り返される悪夢」• 2016年「」• 2014年「マドンナ」• 2014年「ソーシャルフォビア」• 2013年「TRAP-3つの鏡」• 2013年「ヒョンス物語」• 2013年「起爆」 原題:野良犬• 2013年「監視者たち」• 2012年「カラス少年」• 2012年「目撃者の夜」• 2011年「災難映画」• 2011年「土曜勤務」.

次の

ピョン・ヨハンの完全ガイド|出演ドラマ、映画、年齢、身長、インスタグラム

ピョン ヨハン

スポンサーリンク ピョンヨハンの身長画像 ヨハンさんは他の韓国の俳優さんに比べて小柄なので、177cmと公表されていますが、本当なのか?ということがよく話題になります。 この写真をみて、韓国のネットでは170cm以下ではないかと言われていますが、ヨハンさんは後ろに立っていて、正確に判断できません。 きっとこういう場では高いヒールを履いているでしょうから、それより5センチくらい高く見え、公表のとおり177cmくらいなのではないかと思われます。 もしヨハンさんがシークレットシューズを着用していたとしたら・・・公表を信じるしかありません。 スポンサーリンク ピョンヨハンの熱愛彼女は? 2013年に女優のキムゴウンさんと熱愛報道がありました。 「ヨハンとゴウンの熱愛事実は韓国芸術総合学院の学生の間では公然の秘密で、普通の学生カップルと同じように純粋な恋愛をしている」 と報じられました。 ところがゴウンさんの所属事務所が 「熱愛報道は事実ではない。 キムゴウンとピョンヨハンは韓国芸術総合学校の先輩後輩として親しくしているが、それ以上でも以下でもありません。 推測での報道は控えてください。 」 と否定。 当時、ヨハンさんは無名だったので、彼の側から書かれた記事はなく、あまり大きく報道されることもありませんでした。 「キムゴウンの彼氏」と呼ばれたりもしていました。 ミセンで一躍有名になってから、過去の熱愛報道が掘り返され、また話題になりましたが、真相はよくわからないまま。 いずれにしてもだいぶ過去の話です。 その後キムゴウンさんは2016年他の俳優さんとの交際を認めています。 (2017年3月破局) 今将来を一緒に歩みたい人はいないのか?の最近のインタビューでは以下のように答えています。 「今はまだ。 でも結婚は早くしたいです。 kmib. joins. 電話で「ヨボセヨ(もしもし)」の一言さえうまくいえないほどだったとか。 それをみてご両親は内気な性格のせいだと思ったようですが、ご自身はせっかちだっただけだと言います。 中学生のときそんなヨハンさんの性格をどうにかしようと、お父さんの知り合いで劇団の団長を務める方が入団を勧めてくれたとか。 そこから役者への道が開かれました。 こんなに面白いものがあるのかと、そのときから演劇の世界にはまって、俳優の道を歩むに至ったということです。 スポンサーリンク ピョンヨハンのデビュー前は? 25歳でデビューする前は何をしていたのでしょうか? 中学を卒業したヨハンさんは芸術高校への進学を希望しましたが、ご両親の大反対を受けました。 結局芸術高校へは行けず、一般の高校へ。 その後お父さんの勧めで中国へ留学。 中学のときから中国語を習っていて、ある程度語学ができたそうです。 thesingle. 現地では語学と国際貿易を専攻し、外国人たちと幅広く交流したことが俳優としてやっていく上で、大きな糧になったとか。 中国語の実力がどのくらいなのか?と言うインタビューに対して以下のように答えています。 「普通の意思疎通ができ、現地での生活に不便がない程度。 中国語が上手な人も多いし、難しい単語をどれだけ知っているかなど基準が色々だから、レベルを客観的に評価することができませんがガイドするくらいなら可能です。 sportsq. そしたら軍隊令状でした。 sbs. 妹さんが映画のシナリオを送ってくれ、それを見て練習しながら感覚を忘れないようにしたというエピソードも。 除隊後、お父さんに内緒で受験し、中央大学演劇映画科1次試験に通ったのですが韓国芸術総合学院に入学したのはお父さんの勧めでした。 「演劇をするならここに行きなさい。 そうでなければ認めない。 」 と条件付きで初めて俳優になることを許してくれたのです。 その後自主映画にでるようになったのも、お父さんの勧めだったとか。 ヨハンさんはどんなに嬉しかったことでしょう。 その後、お父さんとの関係について以下のように語っています。 「父は私が役者になることを反対していたが、今はとても喜んでいる。 いつも私の夢を応援してくれる。 sporbiz. 「私を大学に送ってくれた演劇の恩師の話なんですが、演技はサッカーと同じだと。 私がパスしたら相手が受け取るという信頼、同僚が転んだら私がその穴を埋めなければならないという責任感、サッカーもそうであるように、演技も一人ではできないと言うことです。 何よりチームプレーができてこそ良いサッカー選手になることができるという話でした。 その持論を私も現場で感じていて、これからも実践していこうと思っています。 」 (sbs. kr) どんな俳優になりたいかの問いには以下のように答えています。 「今までずっと思ってきたことだけど、必要とされる人になりたいと言うこと。 友達には、助けになれる友達になりたいと思うように、俳優としても同じ。 必要とされる俳優、つまりどんな場で、どんな役割でも、それがピョンヨハンだったらいいと評価される俳優になりたいです。 六龍が飛ぶで共演したさんからの差し入れでした! 最後に 「殺人の追憶」で有名なボンジュノ監督はヨハンさんについて 「ヨハンは善と悪、反抗と順応が絶妙に交差する顔だ。 演技力も抜群だ」 と絶賛しています。 善にも悪にも染まれる柔軟な顔立ちは役者としてとても魅力的です。 お父さんにどんなに反対されても、俳優の道を諦めなかったヨハンさんの演技に対する真摯な思いを感じました。 韓国の俳優さんは兵役のため2年も活動を休まねばなりませんが、ヨハンさんは兵役を終えてからデビューしたため、ファンとしてもそういった心配がないのが、うれしいですね。 彼のますますの活躍が期待されます。

次の