バジリスク絆2 朧玉。 バジリスク絆2 スロット 新台 6号機 天井 設定判別 モード 機械割 動画 評価 絆2

SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜絆2

バジリスク絆2 朧玉

ある程度情報が揃ったら不要なので考察は消し飛ばすかも この表だけで一気に色がついたように感じますね 個人的に 設定要素として感じる点は、 設定1が非常に辛い。 同色BC天井 800G をスルーするの1くらいなんじゃね?ってくらい1だけ辛いです。 リゼロと同じく 246の演出は意外と出やすいみたいなので最低条件として設定2を使ってくれるホールにはいきたいところですね。 初日の都内データを見てる限り稀にリゼロの時みたいに4000枚以上吸い込んでるグラフが見受けられます。 そのホールは少し注意が必要かもですね。 で、設定別で6に近づくほどAT初当たりが軽くなりますが 6だけは別格ですね。 これは、前作踏襲と言ったところでしょうか。 一方で、初当たりに関しては奇遇というより設定毎に段階的に差がある感じですね。 逆に感じた点が、 設定2345にそこまでスルー回数で差がつかない点。 スルー回数より、 どちらかと言えばATの出玉性能に差があるので、もしかすると設定狙いが非常に難しいかも… なので、6は見世物用のエクストラ設定で、普段の 最高設定は4か5になると予想しています。 5で110%、4で106. 6%もあるので十分打ち切れるという点が優秀ですね。 テーブル 0スルー 1スルー 2スルー 3スルー 4スルー 5スルー 6スルー 7スルー 1 B B A B A B D — 2 B A B A B A D — 3 B B A B B C D — 4 B A B A C B D — 5 A A A A A A C D 6 B B B C B C D — 7 B A C B C B D — 8 C C C C C C D — 9 C A C A C B D — 10 B C A B A B D — 11 C B B A B A D — 12 B C B C B C D — 13 C B C B C B D — 14 A C A D — — — — 15 A D — — — — — — 16 D — — — — — — — 前作同様に、基本的にはモードCから一気に抽選が優遇される傾向にありますね。 Dはテーブル時にBC当選すると、AT当選+絆高確が付与されるので AT1セット目に絆高確がなければモードD以外でのBT当選が濃厚です。 暫定的ですが、前作同様にATへ当選しやすいテーブルとし辛いテーブルがあるので、ざっと区分してみます。 スルー回数は一律6回までで、Cは稀にあるが基本はABを行き来する事が多い。 モードCスタートが多めでCが連続するテーブルは8のみ。 基本はABとCを行き来することが多い。 今作の最大の特徴は前作のように、一度テーブルが上がると良いテーブルをループして最終的に天井という形ではありません。 それによってテーブルの推測が非常に難しくなっています。 また、顕著なのが下位テーブルはBスタートの割合が多く、上位テーブルはCスタートの割合が多めです。 Aスタートはかなりチャンスで地獄テーブルor天井が短いテーブルしかないので、移行した際は設定面的にプラスに捉えてよさそうです。 高確示唆とごっちゃになりますが、モード示唆のみです。 忍びの玉演出 液晶左下• 陽炎 甲賀 の妖艶なポーズ エフェクト大• 基本的に、滞在時のステージ対応です。 対応ステージと矛盾した場合は継続確定で、今作の駿府城は基本的には矛盾した際に出るステージという認識でいいと思います!• 昼:AB• 夕方:C• 夜:D• 駿府城:E 5号機で一番稼働がついたと言っても過言ではない、バジリスク絆の後継機種である絆2。 初動を見てる限りかなり前作を踏襲した感じの作りになってますね。 前作の設定6である119%という出玉感はなくなったものの112. 9%という6号機トップクラスの性能によって設定6は非常に安定したグラフを描きますね。 逆に前作でも判別の非常に難しかった設定2と4の違いを探すのには苦労しそうです。 が、この難しさが稼働貢献につながるのではないかと予想します。 また、他の6号機では実現してこなかった、専業でも一日粘れるラインである106%を設定4が超えているのも本気の魅力で、逆に低設定域がすこし辛めなのも相まって、ホール側は非常に大切に扱ってくれるのではないでしょうか! 私自身初打ちはまだですが、はやめに触ってみようと思います。 ハイエナのボーダーなどは次回記事で詳しく紹介していこうと思います。

次の

バジリスク絆2(バジ絆2) スロット新台

バジリスク絆2 朧玉

6 97. 3 98. 7 102. 4 106. 9 110. 7 112. 小役確率 設定 50枚当たり 1 49. 5G 2 49. 6G 3 49. 5G 4 49. 6G 5 49. 7G 6 49. またお馴染の「状態」や「モード」などによる管理システムも抽選に大きく影響します。 BC突入後はBT突入を目指す流れとなります。 2% 共通ベル 6. 3% 弱チェリー 3. 1% 強チェリー 25. 0% 巻物 50. 0% チャンス目 5. 安定or超安定の場合は矛盾の為継続確定。 5% 36. 7% 33. 6% 33. 2% 39. 7% 1G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 2G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 3G — — 3. 1% 3. 1% — 4G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 5G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 6G — 3. 1% 3. 1% 3. 1% — 7G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 8G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 9G 3. 1% 3. 1% 3. 1% 3. 1% — 10G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 11G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 12G — 3. 1% 3. 1% 3. 1% — 13G 6. 6% 6. 0% 6. 0% 5. 7% 6. 7% 14G 開始1G — — — 3. 反逆とかな・・)あっても導入せざるを得ないし 資金かけて導入するということはどこかで回収しなければ先細りで悪循環で 希望的観測からいえばどの設定でもどこからでもワンチャンあった絆が 6号機になり出玉制限あり(吸い込み制限なし)で 有利区間のおかげで同じような仕組みにはならんし状態判別から全ツッパもできなくなるし何処にいいとこがあるのか全く分からねえわ。 とことん吸い込まれて逆万枚報告まってるわw.

次の

【バジリスク絆2】朧チャンスで絆玉を5個ストックして祝言モードでエンディングへ!?

バジリスク絆2 朧玉

数多のプレイヤーを魅了した5号機のレジェンドマシンである『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』の2作目が遂に登場!! 本機『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2』はバジリスクチャンス BC からバジリスクタイム AT への突入を目指すという通常時のフローを6号機で実現。 さらに「月下閃滅」と呼ばれるストック上乗せ特化ゾーンも新たに搭載されている。 ATは1セットあたり約40G継続で、1Gあたりの純増枚数は約2. 各セットの継続率は複数のシナリオによって管理され、多くのプレイヤーから支持を得た「絆高確」はもちろん、今作も健在だ。 さらに、BCのスルー回数狙いや設定推測要素などは前作の知識を活かすことができるようなので、導入日から積極的に狙っていきたい1台と言えよう。 内部状態を完璧に見極めるのは難しいが 高確35Gに関しては 偶数設定で選択されやすいため、チャンス役を引いていないにもかかわらず高確挙動が30G以上続いている場合は 偶数設定or モードC滞在時の非チャンス役で(超)高確ゲーム数獲得のいずれかに期待できる。 なお、BCorAT後はレバーON時にステージが決定するが、このタイミングで自力で超高確へ移行させた場合は吉田宿スタートになることがあり、その場合は設定5以上確定とはならない(移行契機を完璧に見極めるのは不可能)。 BC当選時のAT当選率に影響を及ぼす通常時のモードは A~Dの 全4段階が存在し、 モードD滞在中のBCはAT確定。 前作同様、 AT非当選のBC終了時に現在滞在中のモードテーブル(全16種)を参照してモードが移行していく仕組みだ。 なお、各テーブルの最後には通常Dがセットされているため、スルー回数天井に到達することができればAT当選確定となる。 前作同様、通常時はBC間にもモード昇格抽選が行われており、抽選のメイン役はチャンス目(昇格率は調査中)。 上記の通り、メインリールと液晶出目を注視していれば成立を察知できる。 今作のモードDは前作とやや異なり、滞在中のBCはAT当選だけでなくいずれかの絆高確発動も確定。 ゆえに1セット目の争忍で絆高確が発動しなかった場合はモードC以下に滞在していたことが確定する。 通常時のモードテーブル詳細 チャンス目成立時のモード昇格率は 偶数設定優遇 通常時のモード昇格抽選は チャンス目成立時に行われ、現在の滞在モードと設定の偶奇を参照して昇格率が変動。 なお、 設定6のみハズレ時にもモード昇格抽選が行われる。 1 ここから設定推測するのは難しい!! チャンス目確率とハズレ確率を加味した通常時における1Gあたりのモード昇格率は上表の通り。 ハズレでのモードアップ抽選が行われるのは設定6のみだが、影響はそれほど大きくはない。 なお、前作はモード昇格率が常に一定だったため設定推測材料として有用な要素であったが、今作では滞在モードによって昇格率が大きく変動するため、設定推測においては重視すべき要素ではなくなっている。 朧台詞C発生時はBC2回以内にAT当選!! 台詞Bが発生した場合はテーブル8以上(=2回目のBCまでにCorDスタートがあるテーブル)確定かつ、選択率が全設定共通のテーブル10滞在を否定。 テーブル8以上は偶数設定で選択されやすいため、AT後に台詞Bを頻繁に確認できれば偶数設定の可能性が高まる。

次の