馬 年齢 換算。 馬の年齢と人間の年齢

馬の年齢と人間の年齢

馬 年齢 換算

競馬ファンには常識なのでしょうが、それ以外の方のためにはじめに馬の年齢の数え方についてまとめておきます。 日本では2000年末まで数え年で表していました。 生まれた瞬間に1歳になり、次の年の元旦には2歳になるわけです。 何故満年齢でないかについては理由があります。 従って3歳馬とか4歳馬とか馬齢を制限する競馬レースが春に開催された場合、実年齢では1年近く違う馬が、1日誕生日が違うだけで、同じ条件で出走する不合理が生じます。 この点数え年なら同じ年の春に生まれた馬は皆同じ条件で参加できるわけです。 ところがこの数え方は日本だけで、外国では通例生まれた年を0歳とする方式を採用していて馬齢が1歳ずれていました。 これが競走馬の取引やレースの国際化が進むにつれて不便になり、JRA(日本中央競馬会)は2001年に馬齢表記を改めました。 生まれた年を0歳としてこれを「当歳と」呼び、次の正月元旦に1歳になる方式です。 なお外国では国によって正月ではなく7月とか8月に1歳づつ増える数え方も あるようです。 さて本題に戻ります。 馬齢を4倍すると人の年齢なるとよく言われます。 シンプルで分かりやすいのですが、この説にはかなり疑問を持たざるを得ません。 先に登場してもらったオールド・マンの場合、満23歳で4倍すると92歳です。 体重は450キロですから私の体重(65キロ)の約7倍です。 (イラスト:馬とお昼寝) 私は75歳ですが、10キロの米袋を抱えてスーパーから家まで(約10分)運ぶのがやっとです。 92歳になって45分間耐えられるとは思えません。 私の通っている乗馬クラブには他にも何頭も働いていますから馬の20歳はもっと若いのではないでしょうか。 もう一つ大きな問題があります。 馬の繁殖年齢は3歳(現行の数え方)から20歳頃までとされています。 そうする人間で言えば80歳の女性が普通に子供を産むことになります。 牡馬の生殖機能は雌馬より永保ちしてイギリスの有名な種オス馬は30歳で雌馬2頭を妊娠させたといいます。 人間で言えば120歳です。 これはちょっとおかしいと誰もが思うでしょう。 ただしこの疑問には有力なというか、ちょっと耳を傾けるべき反論があります。 馬は命ある限りギリギリまで子孫を残すための神聖な行為にいそしむのであって、人間のようにお役御免になってから何十年ものうのうと生きることはしないのだというのです。 なるほど馬の側に立って考えればそれこそ自然の摂理にかなった生き方で、人間の方が不自然だということになるかも知れません。 しかしそれにしてもと、誰もが首を傾げます。 私もそう思いました。 そこで色々調べるうちにネットで面白い記事を見つけました。 馬の最初の1年(2歳)は成長が早いので人間の10年とし、以後は1年毎に3歳ずつ加算していくというのです。 馬力といわれるように力の強い馬のことでもあり、また日ごろ鍛えられているのですから一日の過酷な労働にも耐えられるかなという気がします。 繁殖年齢も馬の20歳は64歳となって何とか理解できる線に近づきます。 上の換算式考えた人は頭のいい人だと思いますが、そのご本人がコメントでにおわしているように、それでも何かすっきりしないところが残ります。 何故なのかと考えているうちにふと気がつきました。 馬齢4倍説にもこの換算式にも実は根本的な数字が欠けている点です。 馬はいったい何歳まで生きるのか、馬の平均寿命がないのです。 これが分かれば人間のそれとの比較が可能になり、色々な要素を加味して馬と人の成長・老化の様子を曲線グラフに描くことができます。 そうなれば馬の年齢を聞けばそれが人の何歳に当たるかがほぼ明らかになるはずです。 実はこの馬の寿命については昔から議論が繰り返されてきたのですがいまだに定説がありません。 何故なのでしょうか。 馬の生涯 その3 でこの問題を考えてみます。 その3へ.

次の

馬の年齢は人間に換算すると何歳なの!?

馬 年齢 換算

あなたの愛犬は人間でいうと何歳? 下記の年齢換算表ではあなたの愛犬が人間でいうと何歳に なるのかが分かりますので参考にしてみてくださいね。 こちらは一般的でざっくりとした犬と人間の年齢換算表なので、 細かい月齢は犬種別の犬と人間の年齢換算表の方をご参照ください。 犬の月齢 約9. 1kg以下の 小型犬 (人間年齢換算) ~約22. 7kgの 中型犬 (人間年齢換算) ~約40. 8kgの 大型犬 (人間年齢換算) 約41kg以上の 超大型犬 (人間年齢換算) 1歳 15歳 15歳 14歳 12歳 2歳 23歳 24歳 22歳 20歳 3歳 28歳 29歳 29歳 28歳 4歳 32歳 34歳 34歳 35歳 5歳 36歳 37歳 40歳 42歳 6歳 40歳 42歳 45歳 49歳 7歳 44歳 47歳 50歳 56歳 8歳 48歳 51歳 55歳 64歳 9歳 52歳 56歳 61歳 71歳 10歳 56歳 60歳 66歳 78歳 11歳 60歳 65歳 72歳 86歳 12歳 64歳 69歳 77歳 93歳 13歳 68歳 74歳 82歳 101歳 14歳 72歳 78歳 88歳 108歳 15歳 76歳 83歳 93歳 115歳 16歳 80歳 87歳 99歳 123歳 17歳 84歳 92歳 104歳 - 18歳 88歳 96歳 109歳 - 19歳 92歳 101歳 115歳 - 20歳 96歳 105歳 120歳 - Based on a chart developed by Fred L. Metzger, DVM, Dipl. ABVP; State College, PA それぞれの犬種別ページには年齢加算表と共にその犬種の 基本情報や性格なども記載していますので参考にしてみてくださいね。 犬種別年齢加算表個別ページ トイ・プードル犬の年齢加算表で愛犬のトイ・プードルが人間でいうといくつなのかすぐ分かります。 チワワ犬の年齢加算表で愛犬のトイ・プードルが人間でいうといくつなのかすぐ分かります。 ミニチュア・ダックスフンド犬の年齢加算表で愛犬のミニチュア・ダックスが人間でいうといくつなのかすぐ分かります。 ポメラニアン犬の年齢加算表で愛犬のポメラニアンが人間でいうといくつなのかすぐ分かります。 ヨークシャー・テリア犬の年齢加算表で愛犬のヨークシャー・テリアが人間でいうといくつなのかすぐ分かります。 パピヨン犬の年齢加算表で愛犬のパピヨンが人間でいうといくつなのかすぐ分かります。 シー・ズー犬の年齢加算表で愛犬のシーズーが人間でいうといくつなのかすぐ分かります。 フレンチ・ブルドッグ犬の年齢加算表で愛犬のフレンチ・ブルドッグが人間でいうといくつなのかすぐ分かります。 柴犬の年齢加算表で愛犬の柴犬が人間でいうといくつなのかすぐ分かります。 マルチーズ犬の年齢加算表で愛犬のマルチーズが人間でいうといくつなのかすぐ分かります。 ミニチュア・シュナウザー犬の年齢加算表で愛犬のミニチュア・シュナウザーが人間でいうといくつなのかすぐ分かります。 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク犬の年齢加算表で愛犬のトイ・プードルが人間でいうといくつなのかすぐ分かります。 パグ犬の年齢加算表で愛犬のトイ・プードルが人間でいうといくつなのかすぐ分かります。 ミニチュア・ピンシャー犬の年齢加算表で愛犬のミニチュア・ピンシャーが人間でいうといくつなのかすぐ分かります。 ラブラドール・レトリーバー犬の年齢加算表で愛犬のラブラドール・レトリーバーが人間でいうといくつなのかすぐ分かります。 ゴールデン・レトリーバー犬の年齢加算表で愛犬のゴールデン・レトリーバーが人間でいうといくつなのかすぐ分かります。 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル犬の年齢加算表で愛犬のキャバリアが人間でいうといくつなのかすぐ分かります。 ジャック・ラッセル・テリア犬の年齢加算表で愛犬のジャック・ラッセル・テリアが人間でいうといくつなのかすぐ分かります。

次の

馬の年齢は人間に換算すると何歳か

馬 年齢 換算

こんにちは!Pacalla編集部です。 競走馬のデビューはだいたい2歳くらいですが、皆さんは馬の2歳が人間でいうと何歳かご存知ですか?なんと、一説によると2歳で中学・高校生くらいなんだそうですよ! そんなわけで、今回は競走馬の年齢は人間でいうとどれくらいなのか調べてみました。 また今回は主に身体的な年齢について記載しています。 また丸一日もたてばひとりで走り回るように。 そのため人間でいう2歳程度と考えられるようです。 生後約2ヶ月で母乳からの栄養供給が減少するため離乳食を与え、生後4ヵ月前後で飼料から十分な栄養を摂取できるようになるため、この時期に離乳となるそう。 人間でいうと幼稚園児くらいの年齢で親元を離れるのですね…。 小学校低学年くらいで、お勉強がはじまるところは人間と同じ?!かもしれませんね。 牧場の方によると、まだ適性やポテンシャルを評価できる段階ではないものの、この時点でキラリと光るものを持っているな・・・という馬も出てくるんだとか。 人間でいうと小学校時代を育成牧場で過ごした後に、中学・高校あたりで厩舎に所属するというイメージですね。 体重はもう400キロを超えている時期なので、立派な大人の馬のようですがまだまだ成長途中です。 3歳といえばクラシックレースなどもありますが、クラッシックレースへの参戦は人間でいうとインターハイ出場みたいなもの?!かもしれません。 ちなみに、精神面では同じ年齢でも落ち着いた馬…子どもっぽい馬…と、かなり違いが出てくるそうです。 競走馬としてのピークを経て、中央競馬では5~6歳で引退する馬も多いようです。 身体的な面で競走馬としてはピークが過ぎていますが、しかし精神的には非常に落ち着いた状態であり、馬術競技では10歳以上の馬が多く活躍します。 国際馬術連盟の規程によると、オリンピックや世界選手権における馬場馬術・総合馬術の馬齢制限は8歳以上、障害飛越競技では9歳以上とされているそう。 馬も15歳ごろから性格が少し頑固になったりすることもあるそうです。 20歳ごろになると骨が脆くなったり、視力が悪くなったり、目・耳・鼻などの顔まわりに白髪が生えたり…。 また牝馬の場合は発情がなくなります。 また馬の平均寿命は25歳過ぎくらいだそう。 人間でいうと73歳前後ということで、平均寿命の長い日本人からすると少し早いような気がしますが、世界的に見るとこのくらいなのかもしれません。

次の