胃痛に効く食べ物。 胃に効く食べ物|納豆

胃腸風邪の時におススメの食べ物や食事のレシピは?

胃痛に効く食べ物

もくじ• 胃痛に梅干しが効く理由 梅干しは、漢方の世界では 「毒消し」と言われています。 胃腸の調子を整える作用があり、 身体に備わっている解毒機能を高めてくれるのだとか。 おばあちゃんの知恵ってやつですね! でも、なんとなくフワッとした話で納得できない。 もっとメカニズム的な話はないのか!? ということで、さらにいろいろ調べてみると・・・なんと、梅干しに含まれている成分が、胃痛の原因を抑えるとの情報が!! ピロリ菌ってありますよね?慢性胃炎の原因になって、最悪の場合は胃がんをもたらすというイヤ~な菌。 その ピロリ菌の働きを止めるのが、 梅干しに含まれている「シガレシノール」という成分なのです。 <参考サイト> 紀州梅効能研究会 そして、梅干しの酸っぱい成分「クエン酸」は、唾液と胃液を分泌させます。 胃の不調で、 食べ物を消化できずに胃が痛む場合には、 このクエン酸が消化を助け、 胃痛も抑えてくれるというワケです。 こうやってメカニズムが解明できるとスッキリ!! 昔ながらの健康の知恵って、バカにできないですよね。 スポンサーリンク 梅干しはどんな胃痛に効果があるのか!? 胃痛と言っても、いろいろあります。 胃腸風邪の胃痛、ストレス性の胃痛、妊娠中の胃痛、脂っこいものを食べたときの胃もたれ、などなど。 一体どんな胃痛に梅干しは効くのか!?これもまとめてみたいと思います。 逆に、「胃酸過多によって起こる胃痛」の時に梅干しを食べると、胃酸がさらに多く分泌されて余計胃痛が増す場合があります。 じゃあ胃酸の多い少ないはどうやって判断したらいいの?という話ですが、• そもそも食欲がない• 食べた後に胃が痛くなる• お腹がすくと胃が痛くなる• やたらとげっぷが出る• 胃腸風邪の胃痛、ストレス性の胃痛、妊娠中の胃痛、脂っこいものを食べたときの胃もたれ。 どれも、胃酸が減少しているときにも出るし、胃酸過多の時にも出る胃痛です。 上でご紹介した症状に、自分の胃痛をあてはめてみて、梅干しを食べるかどうか判断の参考にしてみてくださいね。 ちなみに、私が胃腸風邪で苦しんでいるときは、「胃酸が少ないことで起こる胃痛の症状」がまんま出ていました。 梅干し、食べて正解だった・・・。 ただし、塩以外の調味料がやたら入っている梅干しや、はちみつ漬けのような甘~い梅干しは避けましょう。 胃痛に効いてくれるクエン酸の量が少なく、胃痛対策に効果がイマイチです。 個人的な感覚ですが、胃の痛い時に甘~い梅干しは「ウェー」ってなります。 笑 原材料:梅・塩 これくらいシンプルな梅干しの方が胃痛には効きます。 そして、胃痛の時には梅干しの食べ方にもちょっと工夫を! 健康な時はそのまま口にポイっとできても、胃痛で身体が弱っているときは酸味や塩気が負担になります。 次のような食べ方を試してみてください。 <梅湯> 梅干しを湯呑に入れてお湯をかけ、 ちょっとだけつぶして飲む。 胃痛が和らぎ、ついでに身体も温まって免疫力がアップします。 <梅おかゆ> おかゆに梅干しの果肉を刻んで混ぜる。 梅干しに塩分が入っているので、おかゆは味付けしなくてOKです。 私はこれで胃腸風邪の胃痛を和らげました。 <焼き梅干し> その名の通り、 梅干しを焼きます。 二重のアルミホイルに包んでトースターで10分。 フライパンだともっと手軽にできます。 こちらを参考に! 梅干しを焼くことで、血行改善に役立つとされているムメフラールという成分が作り出され、胃痛を抑えると同時に免疫力アップにもなります。 食べ方は普通の梅干しと同じく、何かに混ぜてちょっとずつがおすすめ。 このように胃痛の時には、 温かいものと一緒に、少しずつ梅干しを食べるというのがポイントです。 食べる量は 1日多くても1、2個で十分です。 というか、胃痛の時はこれくらいが限界でしょう。 まとめ 「胃腸の薬」として、日本で昔から食べられてきた梅干し。 酸っぱいトコロに気が集中して、胃痛を紛らわしているだけなんじゃないの?と思っていたら、ちゃんと 胃痛に効く理由がありました。 古臭い食べ物!とバカにはできません。 ちょっと胃の調子が悪いな~と感じたときは、梅干しを一かけら、試してみてください。 梅干しの効能にハマった筆者、こんな記事も書いてます。 あわせてどうぞ。

次の

胃痛があるときに食べてもいい食べ物は?食後の胃痛は病院に行くべき?医師522名に聞いてみました

胃痛に効く食べ物

ストレスや暴飲暴食を繰り返すと胃に痛みが出てきてしまいます。 現代人はストレスを感じやすい環境にいるだけでなく、飲み会やストレス解消で、つい暴飲暴食を繰り返してしまいがちです。 普段からそのような生活をしている人は胃痛が慢性化し、最悪の場合 胃潰瘍や 十二指腸潰瘍になってしまいます。 そこで今回は胃痛の時に食べると良い食べ物についてご紹介します。 当サイトの情報を参考にして胃痛を治しましょう! 胃痛の主な原因とは? 胃痛が起こる原因として主に挙げられるものは以下の3つです。 ・ストレス• ・暴飲暴食• ・病気 ストレスを感じると自律神経が乱れて身体のあちらこちらに異常が出てきますが、胃にも異常が出てきます。 身体に負担がかかるだけでなく、健康を害するので予防と対策が 必要になります。 最近の社会人は多くの悩み抱えやすく働きながらストレスを貯めているといわれています。 胃の内部は胃酸があり、食べ物を溶かすほどの強い酸性で出来ています。 胃の粘膜を守るために粘液が胃壁を覆って胃酸から守っていますが、ストレスを感じると胃酸が大量に分泌される胃酸過多の状態になってしまい、粘液が剥がれてしまいます。 粘液が溶けたところから胃酸が胃を攻撃し、胃が痛い症状が出てくるのです。 暴飲暴食も同様で、大量の食べ物やアルコールなどが胃へ入ってくると頑張って消化しようとして胃酸が分泌されます。 これらの流れによって胃の壁が壊されたり、アルコールが浸透して壁がもろくなることで胃酸によるダメージを受けます。 胃痛の原因はこのような生活習慣の乱れが原因と言えるのです。 他にも空腹が続くと胃酸が分泌されるため、 毎日3食食べる事で効果を発揮してくれます。 また、このような胃痛が慢性化してしまった場合は様々な病気を発症してしまいます。 胃痛を引き起こす病気 胃痛には様々な要因があり、その人の生活習慣から聞き取りを行って判断する必要があります。 胃痛は慢性化すると様々な病気につながるリスクがあるため注意が必要です。 胃痛によって引き起こされる病気にどのようなものがあるのか解説していきます。 胃炎・胃潰瘍 食後にキリキリとした痛みや焼けるような痛みを感じる方は胃炎・胃潰瘍の可能性があります。 胃の粘膜に 炎症が起こっている胃の内部で食後に食べ物を溶かそうと胃酸が分泌されることでみぞおちに不快感を感じたりします。 この胃炎や胃潰瘍が続くことで悪化すると吐き気や胸やけ、食欲不振などを招きます。 胃がん 胃がんは進行速度が速いガンで、初期症状が殆どないので気付かない人が多数です。 進行すると胃の不快感や胸やけ、吐き気、食欲不振など胃潰瘍に似た症状が出てきます。 唯一違う点とすれば便が黒っぽくなるタール便と呼ばれる症状です。 胃の内部で出血することで便に血が混ざり、便が黒っぽくなるのです。 胃が痛くなるほど症状が進行してしまったら根治まで時間を要するので異常を感じたらすぐに医療機関を受診することをおすすめします。 十二指腸潰瘍 十二指腸潰瘍は胃潰瘍とは違い、十二指腸の粘膜に潰瘍が出来る病気です。 みぞおちのあたりに痛みを感じるのではなく、腹部に痛みを感じます。 主な原因としては胃潰瘍と同じように胃酸によって粘膜が傷つくことです。 20代から40代のストレスを感じる社会人に多い現代病の一つです。 対処方法は病院へ行き、胃酸を中和させる薬を服用することですが、長期的な治療方法となります。 関連記事 : 胃痛の時に食べると良い食べ物 具合が悪いときは 消化の良いものを食べて安静にするように胃痛の場合も胃を休めてあげるとよいでしょう。 胃を労わるには極力消化の良いものを食べて、刺激の強いものや消化しにくいものは避けます。 消化・吸収の良いものは以下の食べ物が当てはまります。 ・鶏ささみ 脂の少ない肉類• ・白身魚• ・お粥• ・うどん• ・豆腐• ・納豆• ・牛乳• ・ヨーグルト• ・繊維の少ない野菜• ・バター これらの食材をバランス良く食べる事で胃痛は 改善します。 いくつか注意しなければならないポイントがあります。 脂の少ない肉類と繊維の少ない野菜と言われても何となくイメージするのが難しいですよね。 次はこの二つについて詳しくご説明します。 脂の少ない肉類 お肉には脂身が付いていますよね。 脂肪分は分解するのが難しく、胃痛を起こしているときには消化不良の原因となるため、あまり摂取するのが望ましくない食品に入ります。 フライやてんぷら、ラードなどの 動物油脂も同様です。 バターは良いの?と思うかもしれませんが、バターは乳化されているため胃痛のときはむしろバターを使用した方が胃へのダメージが少ないのです。 お肉に話を戻しますと、もちろん脂身の多い豚肉は NGとなります。 他にも加工製品のハムやベーコンといったものや関連製品にも脂分が含まれているため、摂取しては行けない食材となります。 胃を労わるために消化の良いものを食べようと心がけていても、思わぬ所に落とし穴があるので注意が必要です。 脂分の少ないお肉として有名なのは鶏肉で、特にささみの部分が 低カロリー高たんぱく質で、ダイエットにも良いと言われています。 もも肉を食べたい場合は鳥の皮を取り除けば大丈夫なので、バターソテーした鶏肉を食べると良いでしょう。 他にも牛の赤身肉は食べても大丈夫ですが、食べ過ぎは消化不良を起こしてしまうため注意が必要です。 繊維の少ない野菜 野菜と言えば食物繊維が豊富で ダイエットや 便秘に良いというイメージがあります。 しかし野菜の中にも食物繊維が少ない野菜と多い野菜に分かれるのです。 食物繊維が少ない野菜として有名なのがほうれん草・白菜・かぼちゃ・じゃがいもなどです。 他にもフルーツのバナナ・りんごも食物繊維が少ないので間食に食べても大丈夫です。 逆に食物繊維が多い野菜はたけのこ・ごぼう・セロリ・キノコ類などです。 食物繊維の多い野菜は避けて食物繊維が少ない野菜を中心に献立を考えましょう。 また、食事をする際も よく噛んで食べることで胃にかかる負担を減らせます。 これらの食材はビタミンやミネラルなどの栄養素も含んでいるため、体調を整えるのにも最適です。 食べてはいけない食べ物 食べては行けない食べ物としてわかりやすい例は刺激物や消化の悪いものです。 香辛料が大量に含まれている食事食べ過ぎた後に下痢になりやすいのも胃や腸が荒れている証拠です。 自分では大丈夫と思っていても刺激物の作用によって体内では胃液が過剰に分泌され、ゆっくりと大切な胃粘膜が剥がれ落ちているのです。 食べてはいけない食べ物・飲み物の一例を一覧でご覧ください。 ・コーヒー• ・香辛料• ・脂身の多い肉• ・タコ・イカ・貝類 コーヒーを仕事中に飲む人は多いですが、濃いコーヒーでなくても1日に沢山飲んでいると胃に対して負担がかかってしまいます。 毎日飲んでいるという人はしばらく控えたり、少量だけ飲むようにしましょう。 香辛料も同様で、胃腸の機能低下を招きやすく、痛みが起こり 急性胃炎などに発展することもあります。 冷たい水を飲んでもムカムカしたり痛む場合は市販の胃薬を服用したりして胃酸を中和させましょう。

次の

胃もたれに効く身近な食べ物4つとその効果 食べ方のポイントも解説

胃痛に効く食べ物

胃痛が現れているとき、食事をどうするか悩んだご経験はありませんか? つらい胃痛の症状ですが、症状が現れているときにどのような食べ物が適しているのでしょうか。 また、食事を摂ることにより胃痛の症状が現れる方もいるかと思います。 このようなケースでは、病院を受診するか悩みどころですよね。 そこで今回は、胃痛の際食べてよいものと、食後の胃痛について、一般内科、消化器内科医、計522名に聞いてみました。 白身魚• ささみやヒレ肉など脂身が少ない肉• バラ肉やカルビなど脂身が多い肉• ヨーグルト• いも類• トマトやナスなど水分が多い野菜• レンコンなどの根菜類• 冷たい食べ物• 辛い食べ物• その他 以下が結果となります。 50代男性 一般内科 消化器内科 いわゆる消化の良いものが良いと思います。 60代男性 一般内科 基本は絶食ですが、食べるのであればできるだけ胃の粘膜を刺激しないものが良いです。 60代男性 一般内科 刺激の強いものは避けたほうが良いです。 40代男性 一般内科 ヨーグルトは胃腸の環境を整える効果があると思いますので。 60代女性 一般内科 原則食事は無理してとらなくて良いです。 水分だけ、出来ればカロリー、塩分の入った水分だけしっかり補給するように話します。 50代男性 一般内科 原則として消化の良いものがふさわしいと考えられますが、私自身は牛乳などの乳製品や脂っこいものはむしろ胃痛に効果があり、炭水化物は胸焼けを誘発する印象があります。 50代男性 一般内科 基本的には絶食で水分補給だけだと思います。 40代男性 一般内科 消化しづらいものや、辛い・冷たい・熱いといった刺激の強いものは避けるべきだと思います。 50代女性 一般内科 水分補給のみとし、胃を休めた方が良いのではないでしょうか。 50代男性 一般内科 消化器内科 基本は絶食ですが、長期なるとそうはいかないので、火の通った柔らかいものが良いともいます。 今回の調査では、「ヨーグルト」が最も多く支持を集めました。 医師からは「ヨーグルトは胃腸の環境を整える効果があると思いますので。 」とのコメントを頂いており、テレビやインターネットでは整腸作用があると聞くヨーグルトですが、その効果は胃痛にも期待できると考える医師もいるようですね。 また、辛い・冷たい・熱いなどの刺激の強いものや、消化しにくいものは避けるべきであるとの意見も見られました。 胃痛の症状が出ているときは、やはり胃に優しくない食べ物は避けた方がよさそうです。 一方、 多くの医師からは「食べないことが基本」との意見が挙げられました。 このような意見を述べた医師からは、「水分補給のみとし、胃を休めた方が良いのではないでしょうか。 」や「基本的には絶食で水分補給だけだと思います。 」などのコメントが寄せられ、 食事を摂ることよりも、食事を摂らず胃腸を休めることを優先と考えていることがうかがえます。 さて、人によっては普段は痛くなくても食事を摂ることによって胃痛が現れる方もいるようですが、このような状況の場合は、医師の診察を受けるべきなのかを聞いてみました。 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診すべき 重症感が高い場合は受診が良いと思います。 40代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診すべき 基本的には胃潰瘍が多いように思いますが、アニサキスであったり、胃がんであったりする場合もありますので。 ケースバイケースで耐えられなければ受診すればよろしいかと存じます。 60代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診すべき 後に胃痛がする症状がみられた場合、胃潰瘍の可能性があります。 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診すべき 食前食後の心窩部痛についての、特に胃症状に関しての議論はありますが、症状が続けば医療機関受診が良いと判断します。 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診すべき 思い当たる要因が無ければ受診がベストです。 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診すべき 例えば明らかにストレス源がはっきりしている場合は経過観察でも良いと考えますが、黒色便を伴うときは直ぐに受診すべきと考えます。 50代男性 一般内科 すぐに受診すべき 重症の胃潰瘍の可能性もあります。 40代男性 一般内科 消化器内科 すぐに受診すべき 痛みがキツイ場合、受診して精査すべきです。 40代男性 一般内科 どちらでもよい 我慢できる範囲であれば急がずとも良いと思います。 「食後に胃痛がする場合、病院を受診すべきですか」という質問に対し、 81%もの医師が「症状が続くようであれば受診すべき」と回答しました。 医師からは「(食)後に胃痛がする症状がみられた場合、胃潰瘍の可能性があります。 」「重症の胃潰瘍の可能性もあります。 」など、 胃潰瘍を指摘するコメントを頂きました。 また、重症感が高い場合や耐えられない痛み、思い当たる要因がないときに受診を推奨するコメントも寄せられ、食後の胃痛で悩んでいる方はこれらを目安としてもいいかもしれませんね。 最後に、今回の調査では、胃潰瘍を危惧する声が多く寄せられましたが、こうした食後の胃痛では、どのような病気が多いのか聞きました。 急性胃炎• 胃潰瘍• 十二指腸潰瘍• 逆流性食道炎• 食道裂孔ヘルニア• 過敏性腸症候群• 胃がん• 神経性胃炎• 感染性胃腸炎• 胆石症• 狭心症• 消化不良• その他 以下が結果となります。 40代男性 一般内科 消化器内科 胃炎や胃潰瘍が多いです。 50代男性 一般内科 どれもありうるが、頻度となると胃炎が多いように思います。 40代男性 一般内科 潰瘍をよく経験します。 60代男性 一般内科 胃炎関連疾患が多いですが、原因は、様々です。 50代男性 一般内科 潰瘍や膵炎を疑うことが多いです。 50代男性 一般内科 食事と関係がある痛みであれば、頻度的には胃十二指腸に問題があることが多いように思います。 50代男性 一般内科 消化器内科 過食や偏食に伴う急性胃炎が最も多いと感じます。 30代男性 一般内科 一番は食べ過ぎなどが多いように思います。 60代男性 一般内科 食べ過ぎと、刺激食料品によるものではないでしょうか。 60代男性 一般内科 消化器内科 最近は逆流性食道炎が多い印象です。 本調査では 「急性胃炎」が最も多く回答され、その後を「胃潰瘍」が続きました。 前項では胃潰瘍を危惧する声が多く寄せられていましたが、急性胃炎と胃潰瘍が多いと考えられているようです。 「急性胃炎」と「胃・十二指腸潰瘍」ですが、以下のホームページの説明を参考にしてみてください。 急性胃炎とは ・胃粘膜に一過性の急性炎症細胞浸潤を伴う病態である。 ・通常は、激しい上腹部痛や嘔吐などを伴う。 ・内視鏡検査では、多くは急性胃粘膜病変(AGML)として認識される。 引用: 胃・十二指腸潰瘍とは 胃・十二指腸潰瘍とは胃および十二指腸の粘膜筋板より深部に達した組織欠損である。 急性胃・十二指腸粘膜病変として発症する急性型と、長年にわたり再発と治癒を繰り返す慢性型がある。 引用: また、一部の医師からは、 食べすぎや胃を刺激する食品が原因ではないかとのコメントを頂きました。 食後に胃痛が現れたときは、食べた食品を一度見直してみるのもいいかもしれません。 胃痛の際は、ヨーグルトが支持を集めるも、絶食にて胃を休めることも考慮を。 食後の胃痛は、症状が続くようなら受診を。 本調査では、胃痛の症状が現れているときに食べてもよい食品は「ヨーグルト」という結果になりました。 しかし、医師のコメントでは食べないことが基本との意見が散見され、まずは食べずに胃を休ませることが大切のようです。 また、食後に胃痛がする場合については、81%の医師が「症状が続くようであれば受診すべき」と回答しました。 症状が続いている場合や我慢できない痛み、思い当たる原因がないときは受診を推奨すると考える医師もいました。 さらに食後の胃痛の原因としては、「急性胃炎」が最も多く回答され、その後を「胃潰瘍」が続きました。 食後の胃痛が続いている方は、このような疾患が隠れている可能性もありますので、我慢せず一度医師の診察を受けることをおすすめします。

次の