ジェニファー ローレンス 映画。 ジェニファー・ローレンスの出演映画おすすめ10選|2020年最新作から過去の名作までご紹介|シネマテラス

映画『パッセンジャー』ジェニファー・ローレンス&クリス・プラットW主演の宇宙ロマン

ジェニファー ローレンス 映画

ヌードに抵抗なし!? そんなジェニファーがEntertainment Tonightのインタビューで、たくさんの人の前で裸になるシーンの撮影について明かした。 「子供の頃の悪夢が現実になるようなシーンがあるの。 たくさんの人がいる教室で裸になるんだけどね。 だけど別にそこまで嫌じゃなかったの」と、ヌードには抵抗がなかったと話したジェニファー。 「みんなが私にとって居心地の良い環境にしてくれたから、ある時点で私がみんなの居心地を悪くしちゃったみたい。 だって私は『ローブなんていらない。 暑いもん』って感じだったんだけど、みんなは『お願いだから何か着てほしい』って感じだったの」と話した。 気を使ってくれたスタッフのおかげもあり、解放的な気分でお構いなしにヌード姿で撮影現場にいたジェニファーだけれど、多くのスタッフは目のやり場に困っていたそう。 そんなジェニファーが主演を務める映画『レッド・スパロー』は、3月30日(金)に公開がスタート。

次の

ジョイ (映画)

ジェニファー ローレンス 映画

美貌、才能、愛嬌を兼ね備えたトップスター女優、ジェニファー・ローレンス。 14歳のときにニューヨークでスカウトされたジェニファーは、未経験で臨んだオーディションで才能を絶賛され、2008年に主演を務めた『早熟のアイオワ』で映画デビュー。 この作品での高い演技が認められ、ロサンゼルス映画祭で最優秀演技賞を受賞しました。 華々しくキャリアをスタートした後は、『ウィンターズ・ボーン』や『世界にひとつのプレイブック』、『ハンガー・ゲーム』シリーズなど、主演女優として数々の映画で大ヒットをもたらしました。 当記事では、そんなジェニファー・ローレンスの魅力がたっぷりつまったおすすめ出演作について、100人にとったアンケート結果をランキング形式で発表します! 最後には彼女のプロフィールや最新情報もご紹介していますので、ぜひ併せてご覧ください! 脚本家ギジェルモ・アリアガの長編映画デビュー作。 当時17歳だったジェニファー・ローレンスは、ギジェルモ監督に「メリル・ストリープの再来」と称され、第65回ヴェネツィア国際映画祭で新人俳優賞を受賞しました。 主演はシャーリーズ・セロンとキム・ベイシンガーのオスカー女優2人が務め、ジェニファーはシャーリーズ・セロンの子供時代を演じているので、今となってはかなり豪華です。 ポーランドの高級レストランで働くシルヴィア シャーリーズ・セロン。 職場では有能なマネージャーの彼女だが、プライベートでは孤独を埋めるため生きずりの男との情事を繰り返していました。 ある日、そんな彼女の前にひとりの少女が現れ、シルヴィアは不思議な幻想に襲われます。 ひとりの少女との出会いにより、封印していた過去、母親の不倫と自身の罪に向きあう女性の生き様を描いた壮大な愛の物語です。 ジェニファー・ローレンスが世界に大きく名を轟かせた、ゲイリー・ロス監督による大ヒットサバイバルアクション映画です。 富裕層たちによって支配された国、パネム。 そこでは、各地区から選ばれた12歳から18歳の男女が森の中で殺し合い、勝ち残った者に巨額の賞金が渡される殺人サバイバル「ハンガー・ゲーム」が行われていました。 まだ幼い妹が選ばれてしまい、代わりにゲームへ出場することを決意したカットニス ジェニファー は、鍛えた弓矢の腕と持ち前の鋭い勘を生かし、立ちはだかる様々な仕掛けと強豪プレイヤーたちに挑みます。 単なる殺し合いではなく、富裕層たちが楽しむゲームの設定、森の中のサバイバルシーン、そしてロマンスと最後まで目が離せない世界観が人気となり、シリーズは全部で4作にわたり公開されました。 『ブラック・スワン』などのダーレン・アロノフスキー監督による話題の超問題作。 映画祭で称賛とブーイングが入り混じった衝撃の内容で、日本での公開も中止になったサイコスリラー作品です。 郊外の一軒家で暮らす夫婦 ハビエル・バルデム&ジェニファー のもとに、ある夜謎の訪問者が現れ、不信感を抱く妻をよそに夫は快く迎え入れます。 翌日以降も次々と訪問者が訪れ、次第にエスカレートしていく訪問者たちにより事件が相次いでしまうことに。 そんな中で、母親になった妻に衝撃の出来事が待ち受けていました。 自分のテリトリーを他人に奪われていく恐怖をジェニファーが見事に演じ切っています。 しかし、あまりの内容・結末に覚悟して観るのをおすすめします。 1970年代アメリカで実際に起きた汚職スキャンダルを映画化し、クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ジェレミー・レナーと主役級の豪華な俳優陣を迎えて描いた作品です。 風変わりのFBIリッチー ブラッドリー・クーパー に逮捕された詐欺師アーヴィン クリスチャン・ベール と愛人のシドニー エイミー・アダムス は、自由の身になることと引き換えに、あるおとり捜査の協力を持ちかけられ、標的に近づくものの、2人の仲に嫉妬したアーヴィンの妻ロザリン(ジェニファー)が捜査の邪魔をしようと動き出し…。 実力を持つ豪華すぎるキャストたちによるクセのある演技は、見応えがあります!また、ジェニファーは本作でゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞、アカデミー賞助演女優賞ノミネートを果たしました。 妻の浮気により、全てを失って実家に帰ったパット ブラッドリー・クーパー は近所に住んでいるティファニー ジェニファー と出会います。 彼女のエキセントリックな性格に振り回されるパットだったが、そんな彼女もまた、夫を事故で亡くし、心に負った傷を癒さずにいました。 立ち直り人生に希望を取り戻すため、ティファニーはダンスの大会に出場することを決意。 そして、パットを半ば強引にパートナーに指名します。 お互いに愛する人を失った男女が、深い傷を癒すべく再生していく姿を、ユーモアたっぷりに描いたヒューマンドラマです。 涙と笑いが見事に融合した作風で大ヒット。 そして、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞ともに主演女優賞受賞を獲得しました。 本作でもジェニファーはゴールデングローブ賞主演女優賞受賞、アカデミー賞主演女優賞ノミネートを果たしました。 航空会社で働きながら、2人の子を持ち貧しい生活をしていたシングルマザーのジョイ ジェニファー は、ある日割れたコップを掃除した際にモップを絞り怪我をしたことで、触れずに絞れるモップのアイデアを思いつきます。 父の工場でモップの生産をするも、誰にも受け入れてもらえず。 ですが、ショッピングチャンネルで働くニール ブラッドリー と知り合い、番組で紹介してもらうことになり…。 ひとつのアイデアでどん底から這い上がれるアメリカンドリームを描いた物語に、見終わった後はきっと前向きになれる映画です。 マーベルコミックの人気アクションシリーズの『X-MEN』。 2011年にシリーズの前章として4部作目に公開された『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』から、ジェニファー・ローレンスが出演しています。 テレパシー能力を持つチャールズ ジェームズ・マカヴォイ と金属を操るエリック マイケル・ファスベンダー は、同じミュータントとして絆を深めていくも、CIAの依頼により、邪悪なミュータントたちが仕組んだ人類滅亡計画を阻止する戦いに参戦し、2人の友情が引き裂かれてしまうことに…。 ジェニファーは、チャールズの妹的存在のミスティーク役を全身特殊メイクで好演し、インパクトのある存在感を示しました。 本作の続編3部作に、続けて出演を果たしています。 — 2020年 5月月10日午後12時34分PDT 名前:ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence) 出生:1990年8月15日 アメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビル 身長:175cm 今では幅広い層に愛されるハリウッド女優へと昇り詰めたジェニファー・ローレンス。 14歳までに俳優になると決意し、母親にニューヨークへ連れていくよう説得をしたほどで、当時から芯の強い女性だった彼女。 最初は演技経験こそなかったものの、オーディションで絶賛の嵐となるほどの高い演技力で、デビュー後から数々の作品で主演を務めるなど勢い止まらず、たくさんの映画で大活躍するハリウッドの華として欠かせない存在となりました。 そんな彼女は、もちろん男女共に愛されていて、女優のエマ・ストーンや歌手のアデル、そして多数共演しているブラッドリー・クーパーなど仲良しな俳優もたくさんいるそう。 そして恋の噂も3人ほど居ましたが、現在は2019年に交際していたアートディーラーのクック・マロニーと電撃結婚しています。

次の

「ジェニファー・ローレンス」のプロフィールと出演映画の紹介!

ジェニファー ローレンス 映画

しかし故意の事故で怪我をしてしまい、バレリーナとしての道を断念せざるを得なくなってしまう。 生活費や母親の医療費も、バレエ団から支払われていたため窮地に追い込まれるドミニカ。 この窮地を情報局高官の叔父の依頼を仕方なく引き受ける形で切り抜けようとする。 それは国家の美しきスパイ「レッドスパロー」として、過酷な人生の始まりだった。 スパローとなったドミニカの最初のミッションは、CIA局員ネイト・ナッシュからモグラ(アメリカ側に寝返っているロシア側の裏切り者)の名前を聞き出すこと。 生活と母親の保護のため、叔父の提案に乗らざるを得なかったドミニカが送り込まれたのは、「第4学校」と呼ばれる美しきスパイ「スパロー」を育て上げる施設。 体は肉の塊であり武器、そして人間の欲望はパズルと学び、肉体と頭脳を駆使し男の心理を操り、敵から重要な情報を引き出すプロフェッショナル。 ここでの教育がすでに常識を逸しているが、ハニートラップを生業とするドミニカのセクシーシーンは、この映画のハイライトのひとつであることは間違いない。 こんなにも脱ぎまくるジェニファー・ローレンスはなかなか他の作品では見ることはできない。 そういう意味では、ジェニファーローレンスの新境地とも言えるかもしれない。 しかし、ドミニカはあっさりと自分の身分をアメリカ側に教えてしまう。 アメリカ側もドミニカの弱った立場を理解し、助けることを条件に寝返ることを提案する。 ドミニカはこの魅力的な提案に乗り、ネイトに気持ちを許してるようにさえ見える。 そう、ここからが混乱の始まりだ。 ここで既に騙された人も沢山いると思う。 アメリカと手を組んで活動を始めたドミニカは、ロシアに情報を提供するスワンの死で母国ロシアから怪しまれてしまう。 連行されたドミニカは、空港まで追いかけてきたネイトに対し静かに首を振る。 そして痛々しい拷問にも耐え続け、なかなか口を割らないドミニカ。 拷問の終盤に出て来た叔父ワーニャを見て、ようやくスワンをアメリカに売ったことを打ち明ける。 しかし!ここがまたドミニカのすごいところで、「こうやって拷問まで受けたからこそアメリカは私を信用する」と言い切るのだ。 まるで全てが戦略のうちかのように。 ロシアの拷問から解放されたドミニカは、すぐにネイトに会いに行き肉体関係を持つ。 「空港でもし私が止めなかったらどうしてた?」と言うドミニカの問いに、ネイトは「相手を殺してでも助けた」と答える。 このシーンは、普段ならば再会を果たした男女の素敵なワンシーンになる。 けどこの映画ではそうはいかない。 なんども寝返るドミニカを見てしまってるし、色仕掛けのプロフェッショナル:スパローという職業がここで効いてくる。 一体、ドミニカはどっちの味方なんだ。。。 ? 眠ってしまったドミニカが目を覚ますと、拷問待ちのネイトが拘束されて座っていた。 またしても、ドミニカがどっち側につくのか試される時。。。 ロシア側の味方につくフリをして、ロシアスパイを殺しネイトを助けるドミニカ。 もうここまでくると、ドミニカがどっち側につくのかという予測を止めたくなってしまいます笑。 怪我を負ったドミニカとネイトは、アメリカ大使館に駆け込み、ベッドで目覚める。 しかし病室を出たドミニカを待っていたのは、ロシアのコルチノイ将軍だったのです。 将軍は自分こそが「モグラ」だと暴露し、これをネタにモグラの地位を継ぐようドミニカに伝えます。 あまりにも予想外の展開すぎて言葉を失いましたが、言われてみれば第4学校で一度対面している二人。 その時に将軍は「姪を第4学校に入れるとはな」と言うセリフを吐いていますが、これはCIA局員のネイトも放った言葉です。 それからドミニカのバレリーナ人生のことに触れ、「人生はいくつもある。 違うか?」と謎の問いかけもしています。 この場面は思い起こせば、確かに違和感のあるセリフでしたね。 しかしレッドスパローがすごいのは、この後です。 モグラの名前をロシア側に暴露し、アメリカとロシアのスパイ交換(ドミニカとモグラ)が行われます。 モグラの顔が見えた時「うわー!やられたー!!!」と思わず叫びたくなってしまいます。 「ロシアを裏切ったの?」と思ったら、「え、やっぱりアメリカを裏切るの?」と振り回されまくった結果、ドミニカが裏切ったのは叔父ワーニャだったんですから。 まさに、衝撃のラストシーン。 流れてくる回想場面で、伏線回収をしてようやく全てを理解します。 ネイトの部屋から持ち出したコップ、ワーニャのコートを探る場面、どうしても作った家族の口座、、、 全てこのためだったのか、と。 本編をエロとグロを織り交ぜた息を飲むストーリー展開にすることで、この伏線場面をすっかり忘れてしまっていました。 かなり作り込まれた、素晴らしい出来の1作品です。 最後の最後に、もう一つ大きな疑問を残して終わります。 すっかり英雄扱いされ、昔が自分が舞台に立っていたバレエを鑑賞し、家のベッドに一人で横になるドミニカ。 そこに一本の電話がかかってきます。 バックミュージックは、ネイトといる時にも流れていた「自分が初めてソロダンスをした時の曲」 電話に出たドミニカですが、電話の向こうからは声が聞こえてきません。 この意味深で、観客に解釈を任せたラストシーンもこの映画も魅力の一つです。 ネイトといる時に流れていた思い出の音楽から、電話は彼からかかってきたと考えるハッピーエンド。 これがおそらく主流の捉え方の一つです。 一方で「電話」というモチーフに気づくと、全く逆の意味を持つラストにもなります。 初めてのミッションは、犯人の「電話」のすり替え。 (結果、殺人現場に遭遇することになり、スパローになる) いつも上からの指示は「電話」でかかってきてました。 さらに「死ぬかもしれないと悟ったドミニカはプリペイドフォンで愛する母親に電話をし、母親の声を聞いて何も言わず切ってしまう場面」まであります。 ドミニカにとって電話とは、いつも不幸とセットで存在してきたものなんです。 そう考えると、どうしてもバッドなエンディングを思い描いてしまう終わり方でした。 一つは、叔父を騙しモグラとして捧げる場面。 もう一つは、家にかかってくる電話の場面です。 一方はどんでん返し、で一方は疑問を呈するラスト。 なかなかここまで興味深いラストシーンがある映画はありません。 敵も味方も観客も騙してしまうどんでん返しという意味では「女神の見えざる手」を彷彿とさせるラストでした。 全体の感想としては物語、映像、衝撃のラスト。 とにかくかなり緻密に作り込まれた作品です。 そこにジェニファーローレンスのセクシーさが加わるのだから、それは面白い映画になるに決まってます。 そしてこの映画は、疑問を残す終わり方にすることで、鑑賞者たちがお互いに感想を話しあえるのも魅力の一つですね。 ただ全体としては、緊張感がずっとある映画なので、気持ちと時間に余裕がある時に鑑賞しましょう! 3分後にレッドスパローを無料で見る方法 レッドスパローはU-NEXTの無料体験で無料視聴可能です!3分で終わる簡単な登録だけで 31日間無料トライアルSTART !14万本以上の映像が見放題なので他にもたくさんの映画を楽しむ事ができますよ!上場企業が運営しているので安心して無料トライアルをお楽しみ頂けます。

次の