貧乏人は麦を食え。 貧乏人は麦を食え真意の話し

[B! 貧乏人は麦を食え] lstyのブックマーク

貧乏人は麦を食え

消費税を10%に上げる法案が衆議院で可決されました。 それにつけても思い出されるのは、昔の社会党(民主党の前身)の闘士故浅沼稲次郎先生や池田勇人(ハヤト)元総理大臣の言動です。 早50年前の我国が今よりうんと貧しい時代の政治家達ですが、現役の赤絨毯の上でウロウロしている代議士諸公と重ね合わせて考える時、感無量の想いがするのは私一人で有りましょうか? 「家貧しくして孝子出ず、富家の三代目学識多くして、尚家を滅ぼす」 維新この方名を成した功臣宰相悉く富家の子息に非ず、粗方下層貧窮の家に生まれ、虐げられし下層民の苦難の暮らしを良く共感せり。 然るに翻って現今の政治家の大部分は2~3代目の苦労知らずが大部分である。 選ぶ選挙民が悪いと言えばそれまでであるが。 目先の一ッ票ほしさに、貪欲無知な選挙民におもねる事しか出来ない有害な代議士ばかり・・・・。 救われる途は唯一つ、真の指導者の出現を待つ事だけです。 ご参考までに「故池田勇人元総理」の追悼演説をご覧頂ければ幸いに存じます。 無理して借金を重ね、水ぶくれの分不相応な生活を止めて、国は国民への過剰サービスを中止し、 国民はもういい加減に、他人に犠牲を強いる「乞食根性、いや超依存症」を捨てるべき時期ではないでしょうか? 金持ちは金持らしく、貧乏人は貧乏人らしい生き方を心得なければいけないのではないですか? 金持ちは多くの貧乏人の犠牲が有って始めて裕福に成れるのであり、貧乏人は金持ちたちの贅沢な 消費が自分達を其れなりに潤しているいる仕組みに気付かねば成りません。 故に裕福なものがケチケチしたり、貧乏人が無駄な浪費をするのは、共に罪悪となります。 昔と較べれば、桁違いに裕福になっているのに、相変わらず、あれが欲しい これが欲しいと、これでは財政赤字は当然です。 生活保護の悪用も見苦しいばかりです。 いつから日本人は、こんなに下品になってしまったのでしょうか。 分相応の暮らしさえしていれば、そんなに苦しくなるはずがないのです。 私などは、夫婦二人で使うお金は、年60万だけです。 努力と工夫をすれば、それで何とかやっていけるのです。 少し前までは日本は貧乏でした。 バナナなどは、親指程度のものを家族四人で分けて食べたものです。 車や海外旅行などは夢の又夢です。 四畳半一間で家族4人が暮らしたのです。 風呂は勿論、トイレも炊事場も共用です。 そんな生活が普通でした。 それに較べて今はまるで貴族です。 人間の欲望には際限がありません。 いい加減に目を覚まさないと、物欲地獄に真っ逆さまです。 戦後経済高度成長期を経てのバブル時代、日本人の大多数は自分達が世界一の裕福な大金持ちに成った様な「錯覚に陥らされました」。 実際に大金持ちに成ったのは、ほんの一握りの「大資産家連中」とそれにぶら下がって生きている寄生虫みたいな「政官財連合」の既得権益独占集団のみでした。 90%以上のその他大勢組はタダ煽られただけ、おこぼれにも有り付けぬ有様、その上彼等の投機的失政の付けだけはきっちりと払わされている状態です。 彼等特権階級は今の経済状態でも十分儲けて満足しています。 毎日自殺者が全国で大勢出ていますが、彼等は痛くも痒くも有りません。 もういい加減連中に奉仕するだけの人生を止めましょう。 天神が彼等に天誅を下すのを、ただ待つだけの時は終りにしましょう。 ご回答に感謝します。 あくまでも私見: 日本の将来は「現在の団塊世代の意識」如何に掛っていると言っても過言ではないと、思っています。 1. 戦後の復興期に育ち、今日の日本を作った「経験豊富」な人達。 2. 人口比で大きな勢力であり、政治的発言力は無視できない。 3. 資産を多く蓄え、経済的に余裕のある層としては最大である。 4. 「団塊世代の意識の持ち方如何」が日本の今後を左右する。 5. 団塊世代の皆さん、隠居している場合では有りません。 若し貴方方に真に日本を愛するお気持ちが有るのなら、予後の人生は「報恩感謝」の積りで日々ご健闘頂けませんか? のんびりと余生を無事に終わるのも一生、思い直して力の限り「愛国心の為に」燃焼し尽くすのも又一生だと、思いませんか? 如何に為すべきかは、ご聡明な団塊の皆様方には良くご承知の筈です。 >国民はもういい加減に、他人に犠牲を強いる「乞食根性、いや超依存症」を捨てるべき時期ではないでしょうか? >金持ちは金持らしく、貧乏人は貧乏人らしい生き方を心得なければいけないのではないですか? >私の意見は、浅学非才な者の戯言で有りましょうか? 福島原発事故の政府の対応で、富裕と貧乏という図式を超えて、その象徴は汚染者と非汚染者になりました。 税金などもろもろへの対応も同じ政府のやっていることなので、政府が、何を守ろうとしているか根底は同じに見えますよ。 汚染者は、非汚染者を潤し、そして犠牲を強いる。 そのバランスは、金と生命リスク。 汚染者は、非汚染者に強くあれと言います。 生き方を心得よと言い。 非汚染者はそれに甘んじ続けています。 そして、いずれは大規模に破綻する。 なんという愚かしさでしょうか。 貧富の拡大ならいいんですけどね。 生存確率の恣意的拡大をやって、いずれ全員非汚染者へ突き進むってのは頂けません。 >救われる途は唯一つ、真の指導者の出現を待つ事だけです。 おおい町の大飯原発再稼働受け入れ決定を見ると、汚染者と非汚染者は同じであることが解ります。 その精神性はいつでも入れ替わりが可能だということです。 そして、今、消費税増税。 甘く、拙く、醜く、愚か。 待つだけだけではないでしょう。 一人一人がこの愚かさを断ち切らなければならないということではないでしょうか。 いや全くその通りです、今の腐れ政治屋(政治家では無い)国の為より自分、国政より地元... 大局が見えない小粒ばかりですね、特に〇〇チルドレンなんて普通の人と比べたって国政に立つなよって感じ。 ホントに志を持ってる人は何人だろうね。 貧しい村に生れた青年が勉強が出来たけど、金が無い... すると村の実力者が私財を提供して都で勉強して村に恩返ししてくれと、こんな美談は昔の日本だったら結構有ったんじゃ無いかと思うのは私だけでしょうか。 少なくとも昭和30年代の官僚は気概が有ったと思うが今の官僚・政治家はくだらないと思いますよ、先日も出張の新幹線の車中でどこかの官僚の端くれが回りに聞こえる様にODAの話を自慢げにしてましたっけ... 公僕でなく、自分をエリートと勘違いしているアホな奴ら、今の日本を救えるのは何なんでしょうか?.

次の

「貧乏人は麦を食え」

貧乏人は麦を食え

「貧乏人は麦を食え」発言を巡って コメントへのお返事 昨夜記した、「貧乏人は麦を食え」と言う、池田発言を巡って、7人の方のコメントをいただきました。 有難うございます。 表現は違えど、コメントの方向は共通していますので、どなたへのお返事も同じような内容になりそうなので、ここにまとめてお答えを、少し膨らませた形でさせていただくことに致しました。 どうぞご了解ください。 彼は、広島のつくり酒屋の息子です。 決して先祖代々のエリートではありません。 東大から大蔵省に入り、秘書官として官邸に出向、吉田茂首相に仕え、運輸省から出向した佐藤栄作と共に、吉田に進められて政界に入り、1年生議員にして蔵相に抜擢されたのです。 同じく運輸相に抜擢された佐藤と共に、吉田学校の優等生とやっかみをかねて自由党内で囁かれていました。 ちなみに吉田も池田も優秀な秘書官を政界入りさせ、子分として育てるのが好きで、大平正芳や宮沢喜一も、この系譜に属しています。 ところで池田は直言居士で、ストレートに物を言い過ぎる傾向がありました。 この発言がまさにそうでした。 当時なまだ、食糧難が解決せず、3度の食事を満足に取れない家庭も残っており、貧しい家庭は麦飯が主流でした。 せめて銀シャリ(白米のこと)を腹いっぱい食う身分になりたい。 これが貧しき人々の願いでした。 食い物があることが幸せな時代だったのです。 今では、遠い昔のことになりましたから、ご存じない方も多いのですが、日本の米の自給率が100%を越えてくるのは、東京オリンピック後の1965年のことになります。 それまでは米の生産量は、国内需要を満たせずに、外米を輸入して間に合わせていたのです。 日雇い労働者の日給が240円で、彼らが自嘲的にニコヨンを自称していたのは、1954年頃から60年にかけてですが、この頃の彼らの憧れの昼食が、中央に梅干を1個入れた銀シャリ弁当、日の丸弁当だったのです。 それは、毎日はとても無理だったのです。 底辺の労働者の暮らしが、ようやく麦飯を卒業して、毎日白米になっていったのは、60年代に入った頃からでした。 「貧乏人は麦を食え」は確かに失言でしたが、今のような低レヴェルな、実情についての無知が言わしめる失言とは、だいぶ趣が違っていました。 それはストレートに事実を言い過ぎたことにあったのです。 米の生産はとても足りません。 当時冷害に強い品種の稲は、なお試作の段階に過ぎなかったからです。 外貨も不足がちで、輸入も外貨の割当を受ける必要のある、許可制の時代でした。 ですから、全世帯に米をいきわたらせることは、当面できないが、せめて麦は行き渡るようにする。 食い物がない世帯は無くす。 麦でもないよりは良いはずだ。 池田蔵相は、ストレートにそうした思いを表現したのです。 1年生議員らしい、表現を工夫しない直言でした。 それは目の前の現実を指摘したものでした。 しかい、この発言は、いずれ銀シャリを腹いっぱい食べられるようになりたいという、歯を食いしばって頑張っている、戦禍からの復興にようやく目鼻をつけつつある国民の神経を逆撫でしてしまったことも事実でした。 同じことを言うにしても、表現を工夫せよ。 これが吉田が池田に与えた注意だったと聞き及びます。 2年後の「中小企業の一つや二つの、倒産、自殺はやむをえない」発言も、同じ脈絡にあります。 丁度共和党のアイゼンハワーが、朝鮮戦争の終結を公約に大統領選に勝利した直後で、挑戦特需が大きく減少を初め、日本経済に不況色が濃くなりつつある時でした。 大企業の倒産は、雇用を守るために何としても避ける。 しかし、中小企業全てにまでは、手がまわりかねる。 そちらはいくらか潰れるかも知れないが、そこまでの金はないので、勘弁してほしい。 こんな趣旨だったのです。 通産相として打ち出す、当時の不況対策としては、間違ったものではありません。 しかい、この発言もストレート過ぎました。 この時は吉田も庇いきれず、辞任したのです。 54年吉田は首相の座を降り、鳩山、石橋、岸信介の3人を挟んで、池田は1960年7月に就任し、64年11月に咽頭癌の悪化に拠り辞任するまで、3期4年4ヶ月弱首相を務めています。 かつての直言居士、高姿勢は影を潜め、相変わらずストレートな物言いではありましたが、放言壁は翳を潜めた見事な変身振りを見せたのです。 「つくり酒屋の息子に過ぎない、自分のようなものが、首相になって良いのか」と随分と政界の先輩達に話していたという逸話があります。 また私が特に感心するのは、首相に就任後、大好きなゴルフと、高級料亭通いを完璧に封印し、一度とぢて禁を破らなかったことです。 宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」の事故のときに、ゴルフ場からすぐに戻らなかったアホ首相や、ホテルのバー通いに居直る現首相と、同じレヴェルで比較する気には、私はなりません。 安保条約の改訂をごり押しした岸首相の後を受け、国民との和解を目指して、寛容と忍耐をスローガンに、国民と野党に対する低姿勢と対話路線を貫いてブレなかった政治姿勢を、私は高く評価しています。 所得倍増政策を掲げ、物価上昇率を上回る経済成長と賃金の増加を打ち出した政策も、当時は広く受け入れられたものでした。 じゅぺ理さんが、池田発言をよく覚えておられるのは、彼の首相就任時に、この言葉がマスコミに甦り、良く使われたからからなのではないでしょうか。

次の

貧乏人は麦を食え意味の話し

貧乏人は麦を食え

戦前 [ ] 猿は鉄道に乗せません [ ]• 鉄道規則を読んでいただければわかりますが、猿は乗せないことになっております。 --(内閣総理大臣)• 1920年(大正9年)、岩手県の敷設に関して、野党・憲政会議員からの「こんな所に鉄道を敷いて、首相は山猿でも乗せるつもりか。 」という質問に対する、原敬首相(岩手県出身)の答弁。 腹切り問答 [ ]• 速記録を調べて私が軍を侮辱する言葉があるなら割腹して君に謝罪する。 なかったら君が割腹せよ。 --(衆議院議員、政友会)• 1937年(昭和12年)1月21日の第70回帝国議会において、浜田が行なった軍部の政治干渉を批判する演説に対し、寺内寿一・陸軍大臣が「軍人に対していささか侮辱されるような感じのするお言葉がある」と指摘したことを受けた発言。 いわゆる。 戦後 [ ] 貧乏人は麦を食え [ ]• 御承知の通りに戰争前は、米一〇〇に対しまして麦は六四%ぐらいのパーセンテージであります。 それが今は米一〇〇に対して小麦は九五、大麦は八五ということになつております。 そうして日本の国民全体の、上から下と言つては何でございますが、大所得者も小所得者も同じような米麦の比率でやつております。 これは完全な統制であります。 私は所得に応じて、 所得の少い人は麦を多く食う、所得の多い人は米を食うというような、経済の原則に副つたほうへ持つて行きたいというのが、私の念願であります。 -- (大蔵大臣)• 参議院予算委員会 昭和25年 1950年 12月07日 『貧乏人は麦を食え』はマスコミの報道であり、池田本人の言ではない。 ばかやろう…… [ ]• ばかやろう…… --(内閣総理大臣)• 1953年(昭和28年)2月28日の衆議院予算委員会において、野党・右派社会党の議員から、国際情勢の認識に関する質問で「総理大臣は興奮しない方がよろしい。 別に興奮する必要はないじゃないか。 」となだめられたのを受けて、吉田が「無礼なことを言うな。 」と発言。 この発言を受けて西村が更に吉田を問い質し、吉田は思わず「 ばかやろう……」と呟いた。 この発言が原因で吉田内閣は衆議院解散に追い込まれた(いわゆる)。 座して死を待つ [ ]• わが国に対して急迫不正の侵害が行われ、その侵害の手段としてわが国土に対し、誘導弾等による攻撃が行われた場合、 座して自滅を待つべしというのが憲法の趣旨とするところだというふうには、どうしても考えられないと思うのです。 そういう場合には、そのような攻撃を防ぐのに万やむを得ない必要最小限度の措置をとること、たとえば誘導弾等による攻撃を防御するのに、他に手段がないと認められる限り、誘導弾等の基地をたたくことは、法理的には自衛の範囲に含まれ、可能であるというべきものと思います。 昨年私が答弁したのは、普通の場合、つまり他に防御の手段があるにもかかわらず、侵略国の領域内の基地をたたくことが防御上便宜であるというだけの場合を予想し、そういう場合に安易にその基地を攻撃するのは、自衛の範囲には入らないだろうという趣旨で申したのであります。 この点防衛庁長官と答弁に食い違いはないものと思います。 以上が政府を代表して、総理大臣からの本問題についての答弁でございます。 どうぞよろしく御了承をお願いいたしたいと思います。 -- (防衛庁長官)• 1956年02月29日 第24回衆議院内閣委員会 政府はスポンサード・ガバメントであり、総理は財界のちょうちん持ち [ ]• 「もし理想的な政治資金規正法がつくられまして、これが厳密に運用されたら、自民党政府の存立はあり得ないでしょう。 そのことはだれも知っておりますし、一番よく御存じなのは、佐藤さん、あなた御自身だと私は思います。 だから、これは政治資金規正法の改正というのは私はできないと思います、あなたには。 できもしないことを、やるのだやるのだとお約束になるから、ますます国民の不信を買うばかりであると私は信じます。 (中略)資本主義国家なんですから、企業からお金を集めてそれを政治資金にするというのは、私は明らかにすればそれでいいと思うのです。 できないならできないと明確におっしゃったほうが、一そうはっきりするのです。 その代わり、政府はスポンサード・ガバメントであり、総理は財界のちょうちん持ちで男メカケである。 1971年3月29日 予算委員会で。 太字の箇所は自民党の要求で国会会議録より削除 記憶はございません [ ]• いま、ここでは記憶はございません。 -- (国際興業社長、全日空社賓)• 1976年(昭和51年)2月16日の衆議院予算委員会、に関して行われた証人喚問で、ロッキード社のアーチボルド・コーチャン副会長との面識、前首相への政治献金などについて問われたことを受けた証言。 他に「記憶がございません」とも証言しているのだが、世間では全部「記憶 にございません」と応えたことにされ、流行語にもなった。 平成 [ ] 個人ぐるみ [ ]• 残念ながら、個人ぐるみでございます。 申しわけございません。 -- (前社長• 1997年(平成9年)4月18日の衆議院大蔵委員会、総会屋利益供与事件に関して行われた参考人招致で、の池田元久議員から「今度の事件、疑惑(には)、少なくとも三人の常務がかかわっている。 …組織ぐるみでしょう。 」と問われたことを受けた発言。 恐れず、ひるまず、とらわれず [ ]• 痛みを恐れず、既得権益の壁にひるまず、過去の経験にとらわれず、恐れず、ひるまず、とらわれずの姿勢を貫き、二十一世紀にふさわしい経済社会システムを確立していきたい -- (内閣総理大臣)• 2001年(平成13年)5月7日の衆議院本会議、首相就任後初めての所信表明演説で。 母屋でおかゆ、離れですき焼き [ ]• この件につきましては、十日ほど前でしたけれども、予算委員会で上田さんが指摘されましたね。 私は、それを、非常に感銘を持って拝聴しました。 というのは、私も、事実、ずっと長い議員生活の中では、これは実は疑問を持っておった点なのであります。 要するに、母屋ではおかゆ食って、辛抱しようとけちけち節約しておるのに、離れ座敷で子供がすき焼き食っておる、そういう状況が実際行われておるんです。 本当に私はそういう感じを持っておるんです。 -- 財務大臣• 2003 平成15年 02月25日の衆議院財務金融委員会で、特別会計に改革のメスが入りにくいとの質問を受けて。 母屋は、離れはを指す。 人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろ [ ]• 人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろです。 --(内閣総理大臣)• 2004年(平成16年)6月2日の衆議院決算行政監視委委員会で、の議員から、首相の厚生年金加入問題(首相の落選中、支援者が社長を務める会社に在籍し、社員としての実態がないにもかかわらず厚生年金に加入していた。 )に関して「ちゃんと謝られた方がいいと思いますよ。 いかがですか。 」と勧められたことを受けての答弁。 敵基地攻撃 [ ]• それは、今私どもといたしましては、そのような能力を有しておりません。 これは累次国会でも答弁を申し上げておるわけでございますが、例えば航空自衛隊がそれじゃ一機百億円のを持っておるではないか、じゃ、それが行ってたたけばいいではないかと、こう言われますが、それは単に飛行機が行けばいいというものではございませんで、そこへ行くためにはいろんな能力が必要です。 現地の精密な地図も必要ですし、地対空ミサイルを落とすための技術も必要ですし、するとそんな簡単なお話ではないということでございますし、実際にそのような装備も有しておりません。 また、海上自衛隊も、じゃイージス艦があるではないかと、こういうふうに言われますが、自らを守るシステムとしては世界最高性能のものを持っておりますが、もう昔で言う艦砲射撃のような敵地攻撃能力というようなものを有しているものは私どもは装備として持っておりません。 (中略) 現在私どもは防衛力としてそのようなものを有しておりません。 したがいまして、政府としてはそれを合衆国にゆだねる、現在、私どもとしてはそれを行う能力も有していないということでございます。 -- (防衛庁長官)• 参議院イラク人道復興支援活動等及び武力攻撃事態等への対処に関する特別委員会 2004年6月10日 『攻撃してくる弾道ミサイル基地を攻撃できるか』に答えて 自衛隊が活動している地域は非戦闘地域 [ ]• どこが戦闘地域で、どこが非戦闘地域か、今、私に聞かれたって分かるわけがない。 イラク特措法に関して言えと、法律上、いうことになればですね、自衛隊が活動している地域は非戦闘地域なんです。 --小泉純一郎(内閣総理大臣)• 2004年(平成16年)11月10日の国家基本政策委員会合同審査会(党首討論)で、岡田克也・党首から「イラク特措法における非戦闘地域の定義を言ってください。 」と問われたことを受けた発言。 刑事訴追のおそれ [ ]• 刑事訴追のおそれがありますので、証言は控えさせていただきます。 -- (社長) -- (元・財務省理財局長)• 小嶋は2006年(平成18年)1月17日の衆議院国土交通委員会、構造計算書偽装問題に関する証人喚問で、耐震構造設計書の偽装を知った経緯など、ほぼすべての質問で補佐人に相談して、を発動した。 また佐川もに関する2018年3月27日の喚問で、肝要な部分に対しては同様に応えた。 外部リンク [ ]•

次の