いとこの子供 続柄。 「いとこの子供」の呼び方・続柄と、子供側から見た私の呼び名・続柄は?

はとこの意味がパッと分かる!家系図と「サザエさん一家」で一目瞭然

いとこの子供 続柄

みなさんこんにちは。 いつも当ブログを見ていただいて嬉しく思います。 お正月やお盆などは、親戚一同が集まる機会になることが多いですよね。 私も年に2回は、いとこや親戚と集まったりしますが、 その機会が本当に楽しみなんですよね! 両親はもちろん、祖父母や兄弟、そしていとこなどと、久しぶりに会えるのは、とっても楽しみなことです。 年の離れたいとこがいる方は、いとこが子供をつれていることもあり、とても賑やかな時間を過ごせますよね。 でも、普段の帰省で会う分には名前で呼べばいいけれど、たとえば結婚式やお葬式など、きちんとした続柄を書かなければいけない時! そんなときに困るのが、 「いとこの子供の正式な続柄」は何なのかということ。 特に結婚式ともなると、席次表にしっかりと記載しないと失礼になってしまうし、相手の御親族にも悪いイメージを抱かれてしまいますよね。 今回はそんな時に便利な、「いとこの子供」の呼び方や正式な続柄を紹介していきます。 これは結構わからない人が多いことから、 ちょっと知っておくだけでも頭の良い人だと思ってもらえますよ。 では、早速中身の方に入っていきますね! いとこの子供の続柄は?席次表にはこう書こう! 先に答えから!子供の性別によって異なります。 いとこの子供の正式続柄は、男の子の場合は「従甥」、女の子の場合は「従姪」という表記になります。 結婚式などの冠婚葬祭で特に苦労することのひとつが、席次表を作ることだと思います。 友人の数も悩みますし、親戚親族のなかでも、正式な続柄を確かめておかなければなりません。 私にも年の離れたいとこがいたので、結婚するときには祖父母や兄弟、いとこたちの他に、いとこの子供もいました。 ですが、普段はその子たちのことを「〇〇くん」「〇〇ちゃん」と呼んでいたため、席次表にはなんと書いたらいいんだろうと頭を悩ませていました。 「いとこの子供」でも口頭では十分伝わりますが、書面にきちんと書くと思うとなんだかちょっと間が抜けて見えますよね。 いとこの子供を表す言葉は、普段の生活であまり目にしない、ちょっと難しい書き方ですよね。 知らないと絶対書けない! ですが、今ここで覚えちゃえば、もう後はイージーモードに突入です! いとこの子供は何と呼ぶの?正しい呼び方・呼び名を解説! いとこの子供の正式続柄は、男の子の場合は「従甥」、女の子の場合は「従姪」という表記ですが、口頭ではどう呼ぶのでしょうか? 口語で呼ぶ場合はそれぞれ「いとこおい」、「いとこめい」と呼びますが、正式な場では「じゅうせい」、「じゅうてつ」と呼ぶのが正解です。 なかなか、聞かないような呼び名ですよね。 その他にも従兄弟違、従姉妹違と書いて「いとこちがい」と呼ぶ場合もあります。 正式な呼び方とはいえ、なかなか難しい... これはあくまでも正式な場での呼び方ですから、普段は「いとこのお子さん」みたいな言い方でも十分通じると思います。 また、もちろん本人相手なら、普段通りの名前やあだ名で呼んであげてもいいんです。 ただ、冠婚葬祭などの正式な場面で困らないように、正式な呼び方を覚えておきたいですね。 ちなみにいとこやその子供は自分の親族になりますから、わかりやすいからといって「ご子息」「ご令嬢」といった表記は、身内への敬語になってしまうのでNGですよ! そういった恥をかいて辛い思いをすることも時にはありますが、 当ブログでは、そういった機会にも対処できることも前提とした記事も他にもあります。 ジャンルは変わりますが、例えばこのニットの記事もそうです。 少しでもみなさんの生活を豊かにしたいという想いを込めているからですね。 豆知識!いとこの子供から見た自分 親のいとこ の呼び名は? さて、ここまで『自分からみたいとこの子供』の呼び方について書きましたが、逆に『いとこの子供からみた自分』は、なんと呼ぶかわかりますか? こちらもその子と自分の性別によって変わりますが、「従兄弟 姉妹 叔父」、「従兄弟 姉妹 叔母」という呼び方が正式です。 読み方はそのまま「いとこおじ」、「いとこおば」になり、じゅうせい、じゅうてつのような難しい読み方はないんですね。 とはいえこれも正式な場面でのこと。 普段は「〇〇おじちゃん」、「〇〇おばちゃん」なんて呼ばれることが多いかも知れませんね。 豆知識として知っておくと、とっさの時に安心です! また誰かに聞かれたときに、これを答えれると「賢い人だー!」と評価してもらえますよ! インテリという肩書きが少しでもあれば、信頼度がプラスされるのでおすすめです。 いとこの子供の呼び方まとめ! さて、今回の記事のまとめの方に入っていきます。 一口に親族といっても、両親や祖父母、兄弟などのわかりやすい続柄の相手から、いとこの子供や祖父母の兄弟など、普段なじみのない関係の相手もいますよね。 また、おじ・おばでも、父方か母方かによって表記方法が「伯父(母)」、「叔父(母)」と違ったり。 いとこでも性別だけではなく年上と年下で、「従兄(姉)」、「従弟(妹)」と違ってきたり。 さまざま難しい決まりがあります。 たとえば結婚式をする場合にも、いとこの子供まで招待するかどうかは、その家によって大きく違ってきます。 親族とはいえ続柄も遠いし、呼ばなくてもいいと思う家も、どんなに遠くとも親族なのだから、呼んだ方がいいと思う家もあります。 そのどちらかが正解ということはありませんから、お相手のお家や、自分の実家と良く検討し、招待するかどうかを考えましょう。 そして招待すると決まった時には、是非この記事を参考にして、正式な呼び方で招待してあげてくださいね。

次の

家系図で見る親戚・親族の呼び名早見表

いとこの子供 続柄

「続柄」の意味と読み方は? 「続柄」の意味は「関係」のこと 「続柄」とは、「関係」のことを指します。 主に戸籍や住民票で使われる言葉で、税金や社会保険などの公的な手続きの書類に記入する欄があります。 一般的には、「父」に対して「子」など、親族間の関係性を表すことが多いですが、親族でない人が同一世帯になって同じ住民票に載ることもあるため、親族以外の続柄を書くこともあります。 「続柄」の正しい読み方は「つづきがら」 「続柄」の正しい読み方は「つづきがら」です。 一般的には、「ぞくがら」と読まれていることも多いですが、「ぞくがら」は「つづきがら」の俗な読み方です。 「続柄」と「あなたとの続柄」の違いとは? 戸籍や住民票の「続柄」とは、代表者との関係性のこと 戸籍で「続柄」と書かれているときには、戸籍の筆頭者との関係性が「続柄」です。 例えば自分の父が戸籍の筆頭者だったときには、自分の続柄は「子」です。 同じく、住民票で「続柄」と書かれているときには、世帯主との関係性が「続柄」です。 戸籍や住民票では代表者との関係性を記入します。 「あなたとの続柄」とは、あなたとの関係性のこと 税金関係の書類には「あなたとの続柄」と書かれていることがあります。 「あなたとの続柄」は、あなたから見てどのような関係の人なのかを記入します。 例えば、会社員の人が年末調整のときに会社に記入するように言われる「給与所得者の扶養控除等申告書」には、扶養家族について記入する欄があります。 扶養家族に対して「あなたとの続柄」を書くので、妻を扶養していれば「妻」、子を扶養していれば「子」、母を扶養していれば「母」と続柄を記入します。 戸籍上の筆頭者や、住民票上の世帯主が誰であっても、「あなたとの続柄」は変わりません。 年末調整は「あなたとの続柄」、確定申告は「世帯主との続柄」 一般的に、年末調整に関する書類では「あなたとの続柄」と書かれており、確定申告の用紙には「世帯主との続柄」と書かれています。 例えば、世帯主が夫で、妻を扶養している場合、夫が年末調整の書類で記入する妻の「あなたとの続柄」は「妻」ですが、確定申告の用紙に記入する「世帯主との続柄」は「本人」です。 「続柄」の書き方一覧 本人や配偶者(夫・妻)の続柄• 本人の続柄は「本人」• 配偶者は「夫」「妻」• 事実婚は「夫(未届)」「妻(未届)」 事実婚とは、夫婦として一緒に暮らしており、生計なども一緒にしているが、まだ婚姻届を提出していない関係のことをいいます。 法律では「内縁関係」と呼びます。 届出をすれば、住民票では「夫(未届)」「妻(未届)」と記載できますが、戸籍上はこのような記載ができません。 娘や息子、孫との続柄• 娘や息子など、自分の子は「子」• 再婚相手の子の場合は「夫の子」「妻の子」• 事実婚で再婚した相手の子は「夫(未届)の子」「妻(未届)の子」• 届出が出せない事実上の子は「縁故者」• 孫は「子の子」 養子縁組した子は、すべて「子」になります。 つまり、再婚相手の子と養子縁組していれば「子」になり、養子縁組していない場合は「夫の子」や「妻の子」などになります。 届出が出せない事実上の子とは、何らかの理由により、養子縁組ができない子のことを指します。 例えば、結婚しているのに別の人と事実婚になっていて、その事実婚の人の子などが該当します。 結婚している人は事実婚の届出ができないために、「縁故者」という言葉を使います。 両親・義理の両親(妻/夫の母など)との続柄• 両親は「父」「母」• 妻(夫)の両親は「妻(夫)の父」「妻(夫)の母」 一般的に、姑などと呼ばれる義理の両親は、「夫の父」など具体的な表記になります。 兄弟と、義理の兄弟の続柄• 兄弟は「兄」「弟」「姉」「妹」• 妻(夫)の兄弟は「妻(夫)の兄」「妻(夫)の弟」「妻(夫)の姉」「妻(夫)の妹」 義理の兄弟は、「夫の兄」など、具体的に表記します。 兄弟が何人いても書き方は変わりません。 例えば、兄が2人いても、どちらも「兄」と記載します。 「長兄」などの書き方はしません。 祖父母との続柄• 父方の祖父母は「父の父」「父の母」• 母方の祖父母は「母の父」「母の母」 一般的には「祖父母」と呼ぶ関係も、戸籍や住民票では「父の父」などの表記になります。 父方の祖父母なのか、母方の祖父母なのかがひと目でわかります。 おじやおばとの続柄• 父方のおじやおばは「父の兄」「父の弟」「父の姉」「父の妹」• 母方のおじやおばは「母の兄」「母の弟」「母の姉」「母の妹」 その他の続柄• 子どもの夫や妻は「子の夫」「子の妻」• いとこの子どもやはとこは「縁故者」• 他人は「同居人」 まとめ 「続柄」とは関係性のことを言います。 書類などに記載しなければならない場面は多いので、「あなたとの続柄」や「世帯主との続柄」など、誰との続柄なのかを確認して記入しましょう。 また、祖父を「父の父」と記載するなど、「続柄」の書き方は独特です。 間違えて記入しないように書き方一覧を参考にしてください。

次の

いとこの子供の呼び方は従甥・従姪。ややこしい親族の呼び方まとめ

いとこの子供 続柄

「いとこ違い」は親族? 「 親族」という言葉は広く一般的に使われていますが、 実は「親戚」や「親類」とは違って、親族という言葉の意味は法律によってきちんと定義されています。 それが記されているのが「民法第725条」であり、具体的には以下のように記されています。 第七百二十五条 次に掲げる者は、親族とする。 一 六親等内の血族 二 配偶者 三 三親等内の姻族 引用元:民法 ここで、 血族とは実際にあなたと血の繋がりのある親戚のことを言い、 姻族とは婚姻によってあなたと親戚同士になった方々のことを言います。 そして、最初にご説明した「いとこ違い」に該当する人物 すなわち、• 自分の父母のいとこ• 自分のいとこの子供 は、どちらも 5親等にあたる血族であるため、6親等以内であることから親族と呼ばれる関係にあることが分かります。 詳しくは、以下の家系図を参考にしてください。 また、いとこ違いの他に「いとこ半」という呼び方もあります。 スポンサードリンク 「いとこ違い」の別の呼び方、続柄について 「いとこ違い」とただ表記するだけでは• 父母のいとこ• いとこの子供 のどちらについて言っているのかわからないことになりますが、 実は「父母のいとこ」「いとこの子供」にはそれぞれ別の 呼び方があります。 すなわちそれぞれに続柄としての名称があるということになりますが、 具体的には、 「 あなたの父母のいとこ」は• 男性であれば「いとこおじ」• 女性であれば「いとこおば」 「 あなたのいとこの子供」は• 男性であれば「いとこおい」• 女性であれば「いとこめい」 と言います。 この際注意したいのが漢字での表記であり、 例えば「いとこおじ」には「従伯父」「従叔父」という2つの書き方があるのです。 これは例えば父のいとこのことをいう場合には、いとこおじが父より年上であれば従伯父と書き、父より年下であれば従叔父と書きます。 例え同じ「いとこおじ」という呼び方でも、年齢によって表記する際には続柄の漢字が異なるということには気をつけましょう。 最後に 今回の記事では、 いとこ違いに関する様々な疑問について詳しくまとめました。 自分の親のいとこの子供のことを「はとこ」と呼ぶことはご存知の方が多いと思いますが、 つまりそのはとこの親のことを「いとこおじ」「いとこおば」ということについてはご存知ない方も多いと思います。 なお、いとこ、はとこの次に遠い同世代の親戚にもきちんと続柄としての名称があり 「 みいとこ」と言います。 あなた、いとこ、はとこ、みいとこの関係については以下の家系図をご参照ください。 ちなみに「はとこ」のことは「ふたいとこ」とも言い、 漢字だと「二従兄弟」のように書きます。 そしてみいとこは「三従兄弟」のように書き、 それよりも遠い親戚は「四従兄弟」「五従兄弟」と続いていきます。

次の