探偵 ナイトスクープ 初代 局長。 ナイトスクープ初代局長・上岡龍太郎が激怒して帰った事件

西田局長、最後も号泣…「ナイトスクープ」卒業「ゆっくりと視聴者に戻って楽しみたいと思います」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

探偵 ナイトスクープ 初代 局長

こんな時に懐かしくなるのは、お笑いの本場・関西発の「伝説のバラエティ番組」だ。 関西在住で、日本サッカー協会元副会長の釜本邦茂氏(76)が「昔からファンです」と挙げたのは『探偵!ナイトスクープ』(1988年〜、朝日放送)。 視聴者の依頼を「探偵」役の芸人が解決する人気番組で、VTRを総括する「局長」役を上岡龍太郎、西田敏行、松本人志と代えて今も続く。 釜本氏が熱弁する。 「ナイトスクープが面白いのは、くだらない依頼に対して芸人が全力を出して、専門家を巻き込んで真面目に解決しようとするところ。 時々、感動する依頼もあって、『23年間も会話がない夫婦』の放送では、子供が生まれてから子供中心となって、放ったらかしにされた父親がすねていたと告白し、23年ぶりのデートで言葉を交わした夫婦のVTRにグッときました」 朝日放送の元プロデューサーで、帝京大学文学部講師の木下浩一氏(53)はこう振り返る。 探偵にクビを宣言したり、『VTRのレベルが低すぎて話にならん!』と激怒することもあった。 初期の『恐怖の幽霊下宿』のVTRでは、自称・霊媒師を呼んで幽霊がいるか聞き込みをしたり、探偵の桂小枝ときん枝が除霊師に扮してふざけたりするだけの内容で、上岡さんは『何の実証もされてないわけでしょ? こんなこと絶対許せません』と激怒して収録中に帰ってしまったこともあった」 それゆえ探偵役の芸人は「3本のVTRのうち、一番面白いと思ってもらえるように」と、力を入れて局長にプレゼンする。 「実は、最もよくできたVTRから順番に、実力主義で流しています。 面白くない調査が3番目になる。

次の

探偵ナイトスクープの歴代秘書!アシスタントアナウンサーを紹介

探偵 ナイトスクープ 初代 局長

上岡龍太郎さんってどんな人? 上岡さんは元漫才師。 そして、たくさんの番組を持つ名司会者でした。 ただ、既に芸能界を引退されていて、その後はメディアへの露出はほとんどありません。 1942年生まれなので、2019年現在77歳です。 もうそんなにお年なんだと思うと、ちょっとびっくり! オール巨人さんと親交があるので、オール巨人さんのブログには登場されたこともあるようですが、私には見つけられませんでした。。。 (ブログが面白いので、ひと記事ずづ目を通してしまうからですが。。 ) 私は大阪出身なので子供のころからTVをつければ、 上岡龍太郎さんが出ていたという印象があります。 『ノックは無用』という番組では、故横山ノックさん(元大阪府知事)とW司会でした。 結構な有名人が沢山ゲストにきていて、本当に面白かったです。 兄弟漫才のミキのお母さんは上岡龍太郎さんの 異母妹だそうです。 あんなに、ミキが番組でも重宝されるのは上岡さんの甥っ子だからなのかもしれませんね。 探偵!ナイトスクープ 探偵ナイトスクープでは初代司会を1988年から2000年までの12年間務めました。 2000年3月いっぱいで芸能界を引退したための降板でした。 上岡さんのこの番組への思い 上方の芸人として探偵たちの大先輩であり、不人気番組から立ち上げた自負を持っていたため、VTRの内容について厳しい批判を述べることもあった。 特に初期の頃には、探偵に対して「クビ」「もう探偵はやめろ! 」「レベルが低すぎて話にならん! 」などと探偵を罵倒する発言をしていた。 その一方で、スタジオでは探偵に対して鋭くツッコミを入れて弄る等、芸人としての一面も見られた。 Wikipedia 今回の西田敏行さんの降板で次期局長が松本人志さんになりました。 3代目の局長に就任した松本人志さんもこの番組の大ファンだったんですね。 今回のオファーには二つ返事でOKしたそうですよ。 ただ、松本さんは 「本当なら島田紳助さんがここに座る人なんだろうけど、戻ってこれないので自分がそこに納まることになった」 というようなことも語っています。 島田紳助さんと上岡龍太郎さんの絆が深いことは有名な話ですが、 松本さんの局長で、どんな色の番組になるのか、とても楽しみです。 上岡龍太郎の引退理由 上岡さんは、元々 「芸歴40年で引退する」 とあちこちで言っていたそうです。 そんな中、上岡さんと奥様が一緒にテレビを見ていたときに、あるベテラン芸人さんが出ていて滑舌が悪かったそう。 上岡さんは「あんな風になるまでテレビに出たくないので、そんな気配がしたら教えてくれ」と奥様に言ったら、「もう、そろそろね」と奥様が答えたとか。 トラブルや健康上の問題でもなく、 ご本人の意思で芸能界を引退されたようです。 上岡龍太郎さんの現在やこれからをルノルマンカードで占いました さすが、名司会者の上岡さん。 引き時も潔く、またその後露出がないのも 美学のような気がしますね。 過去のカード 太陽 成功 道 ターニングポイント 選択肢 鳥 お喋り 情報 脚光を浴びていたときにマイクを置いたという過去とぴったり符号するカードです。 成功を収めている司会の仕事を辞めるという人生の岐路、ターニングポイントだったということですね。 現在のカード 家 家庭 家 錨 安定 仕事 ユリ 老後 円熟 執筆活動はたまにされていると見たことがあります。 家庭も安定して円満。 安定した老後を楽しんでいる現在が読めます。 未来のカード 犬 信頼 友達 庭園 公園 公共の場 花束 感謝 祝い事 みんなからの信頼も厚く、感謝されている状態が続いていきます。 何か公的なサプライズプレゼントがあるかもしれませんね。 まとめ 名司会者だった上岡龍太郎さん。 現在は落ち着いた老後を送られているようです。 そのうち、何か賞をもらったり、嬉しい出来事があるかもしれません。 上岡さんが作り上げた探偵ナイトスクープも 松本人志さんを局長に迎えることで ますます盛り上がっていくこと間違いなしですね。 あの名司会、また聞いてみたいです。 本日は以上となります。 最後までお読みいただきありがとうございました。 2020年3月10日、乃木坂46与田祐希さんの2nd写真集「無口な時間」が出版されました。 前回の続きです。 ビートたけしさんが、73歳にして、 かねてから交際していたA子さんこ ビックリしました! まさか、滝川クリステルさんと小泉進次郎さんがお付き合いされてたなんて。 6月6日の満月にルノルマンカードから受け取ったキーワードです。 小室哲哉がくも膜下出血で倒れた妻KEIKOと離婚調停中というニューズが飛び込んできましたね。 SLOWING DOWN 「停滞している」とつい思.

次の

「探偵!ナイトスクープ」 西田局長の“最終登板”は15・0% 新局長の松本人志も登場― スポニチ Sponichi Annex 芸能

探偵 ナイトスクープ 初代 局長

本名 松原あすか 生年月日 1958年2月18日 現在の年齢 2019年現在 61歳 出身地 京都府京都市 血液型 O型 活動内容 タレント・女優 降板理由 寿退職 松原千明は、女優です。 御年61歳ですが、美貌を保っています。 1980年のカネボウ化粧品のキャンペーンガールに選ばれてからは大活躍しました。 探偵ナイトスクープでは約1年間初代秘書を務めましたが、石田純一氏との結婚で「寿退職」になりました。 石田純一氏とは離婚、その後白人男性と再婚し男児を2人もうけましたが、性格の不一致を理由に離婚しています。 石田純一との間に生まれた長女は「すみれ」として芸能活動(モデル・女優・歌手)をしています。 本名 酒井 芳枝 さかいよしえ) 生年月日 1960年1月22日 現在の年齢 2019年現在 59歳 出身地 長崎県南島原市 血液型 不明 活動内容 タレント・エッセイスト 降板理由 選挙活動 岡部まりは、1989年7月1日から2010年4月9日まで、秘書を務めました。 21年間という長さなので、探偵ナイトスクープと言えば、岡部まり、と思う人もいるのではないでしょうか。 アナウンサー役も、周りに突っ込まれたりしながらおこなうのが定番になっていたようで、ファンも多かったようです。 2010年の、参議院議員通常選挙大阪府選挙区に民主党から立候補し、探偵ナイトスクープの秘書からは降板しました。 今もアナウンサー役、秘書役として岡部まりの復帰を願う視聴者は多いです。

次の