エクセル 使い方 基本。 【エクセル使い方入門】初心者必見!基本操作を練習してみよう!

エクセル初心者卒業!最低限知っておくべきエクセルの使い方講座

エクセル 使い方 基本

Excel2016基本講座:新機能の目次• Excel2016基本講座:新機能の目次• Excel2016 エクセル2016 の基本的な使い方の説明をしています。 現在はExcel2016の新機能や機能が強化されたところを主に書いています。 スポンサードリンク• Excel2013と比べて、Excel2016での新たな機能には 、機能が拡張されたものには を付けています。 Excel2016の従来と同様の一般機能については からご覧ください。 Excel2013の使い方は からご覧ください。 Excel2010の使い方は からご覧ください。 エクセル2016の新機能• Excel2016の背景色をカラフル、濃い灰色、白から選択できます• スポンサードリンク |Excel2016基本講座:新機能の目次.

次の

Excel初心者でも簡単!INDIRECT関数の基本的な使い方と応用テクニック

エクセル 使い方 基本

エクセルの基本画面の各部名称 基本画面とはエクセルを起動して最初に表示される画面のことです。 写真を参考に各部の名称を見てみましょう。 クイックアクセスツールバー よく使う機能を1クリックで素早く使うことができるボタンです。 さらにボタンを自分好みにカスタムすることが可能です。 初期状態では「上書き保存」「元に戻す」「やり直し」機能が設定されています。 ファイルタブ ファイル全体を管理するバックステージビューへの移動ボタンです。 各種設定を変更したりすることができます。 タブ リボンの内容を変更するためのボタンが並んでいます。 各機能の見出しがタブに並んでいて、ボタンをクリックするとリボンの内容が切り替わります。 タイトルバー 現在、作業中のファイル名が表示されます。 エクセルを新規で立ち上げた状態ではBookと表示され、ファイル名を変更すると表記が変わります。 操作アシスト 実行したい作業を自由に入力すると、瞬時に機能の候補やヘルプが表示される機能です。 アカウント 現在、Microsoftアカウントにログインしているユーザー名が表示されます。 リボンの表示オプション リボンの表示方法を設定することができるボタンです。 リボンの表示・非表示を変更したり、折りたたんだり、タブのみの表示にしたりすることが可能です。 最小化ボタン エクセル画面をパソコン画面の下部にあるタスクバーに収納して一時的に隠すことができるボタンです。 再度、表示するにはタスクバー内にあるエクセルのアイコンをクリックすると表示されます。 最大化、元に戻すボタン 最大化しているエクセル画面を縮小したり、縮小した画面を最大化したりできるボタンです。 閉じるボタン 現在、作業中のデータを閉じることができるボタン。 データの保存を行っていない場合は、保存するかどうかが聞かれるので安心です。 スポンサーリンク 11. 共有 ブックの共有設定を行うことができるボタンです。 共有を設定すると、ほかのユーザーと作業を共有することができます。 リボン エクセルの機能が表示された領域。 各機能はタブによって分けられていて、各タブをクリックするとリボン内の表示が切り替わります。 グループ 関連する機能ごとにボタンをまとめたもの。 ダイアログボックス表示ボタン 各グループの詳細設定を行うための画面を表示するボタンです。 リボンを折りたたむボタン エクセルの作業領域を広げたい場合に、リボンを折りたたむことができるボタンです。 クリックすると、タブだけが表示されるようになります。 リボンを一時的に表示するにはタブをクリックすると表示されます。 リボンを固定表示したい場合はタブをダブルクリックすると元の表示に戻ります。 名前ボックス 現在選択されているセル アクティブセル の位置を表示したり、セル範囲に名前を付けることができます。 数式バー 現在選択されているセル アクティブセル に入力された内容が表示されます。 さらに、この数式バーに直接データを入力することもできます。 数式バー拡張ボタン クリックすると数式バーの高さが広がって、入力している内容が広範囲で見ることができます。 もう一度、クリックすると元の高さに戻ります。 全セル選択ボタン クリックすると作業中のワークシート全体が選択された状態となります。 列番号 列の場所を示すためのアルファベットです。 スポンサーリンク 21. アクティブセル 現在選択されているセルのこと。 セルの囲みが緑表記になります。 セル エクセルのワークシート 作業する領域 を構成する一つ一つのマス目です。 列 縦方向のセルの並びのこと。 行番号 行の場所を示すための数字です。 行 横方向のセルの並びのこと 26. シート見出し 作業中のブック内に複数のワークシートがある場合、こちらに各ワークシートの名前が表示されます。 新しいシートの追加ボタン 新しいワークシートを追加したいときにクリックするボタンです。 スクロールバー バーを上下左右に動かすと、画面に表示されている作業領域が移動されます。 ステータスバー エクセルの現在の状態が表示され、表示内容はカスタマイズすることも可能です。 表示モード 画面の表示モードを「標準」「ページレイアウト」「改ページプレビュー」の3つから選択することができます。 ズーム スライダーを左右に動かすことによって画面の表示倍率を変更することができます。 左右の「-」「+」をクリックしても10ずつ変更することが可能です。 表示倍率 画面の現在の表示倍率が表示されます。 クリックするとズームダイアログボックスが表示されて、表示倍率を変くすることができます。

次の

【エクセル初心者必見!】Excel学習入門サイト10選

エクセル 使い方 基本

名前だけは知っているけれどExcelの使い方を知らない方も多いのではないのでしょうか?使いこなすことができれば仕事や家庭での資料作成、データ集計がとても便利になります。 今回は、Excelの初心者がまず覚えておきたい基本操作や、より効率的に活用するためのショートカットキーやグラフ・図形の作り方をご紹介します。 さらに、より高度な学習を試みたい方のために関数、ピボットテーブル、マクロの簡単なご紹介をします。 学生の方、新社会人の方などExcelに初めて触る初心者の方にオススメの内容となっています。 作業が終わったら保存をしましょう。 今回はデスクトップに保存してみます。 新規で保存する場合は、サイドナビゲーションの【名前を付けて保存】を選択します。 次に【このPC】を選択すると、「名前を付けて保存」のダイアログボックスが表示されるので【デスクトップ】を選択した上で【保存】ボタンを押します。 ショートカットキーを使いこなそう なぜショートカットキーを使うの? マウスを使わずキーボードで操作すると、Excelの作業を効率化することができます。 お仕事でスピードが求められる場合は、ぜひショートカットキーを積極的に使ってみてください。 よく使うショートカットキー 全てのショートカットキーを覚えるのは大変です。 ここでは頻繁に利用するものをリストアップするので、優先的に覚えればとても便利に使えます。 Windows Mac 作業中のファイルを上書き保存します。 マウスポインタの形状が変化したらドラッグすると四角形が描画されます。 正方形にしたい場合は、 Shiftを押しながらドラッグします。 「書式タブ(描画ツール)」では作成した図形に対して図形の塗りつぶす色や図形の枠線の太さなども調整することができます。 数式・関数 Excelでは、数式を使うことでセルに入力された数値を計算することができます。 また関数と呼ばれる仕組みが用意され、決められた形式を入力することで複雑な計算も簡単に処理することができます。 四則演算 Excelで数値の計算をするとき、基本的な方法として四則演算があります。 四則演算とは足し算(加算)、引き算(減算)、掛け算(乗算)、割り算(除算)の総称です。 四則演算で計算するためには、「算術演算子」と呼ばれる記号を使って数式を入力します。 算術演算子には下記の表のような記号があります。 ピボットテーブルがE1セルに表示されました。 月ごとにどれくらい支出しているのが一目で確認することができます。 「ピボットテーブルのフィールドリスト」で項目のチェックを外すことで表示する情報を絞り込むことが可能です。 見やすいデータになるように工夫してみましょう。 マクロ マクロは、繰り返す操作を自動化できる機能です。 手作業で毎回作業していた内容もマクロを使えばあっという間にできます。 ショートカットキーや関数と同様、作業効率を向上する上で欠かせない機能です。 マクロという言葉を初めて聞いた方や聞いたことはあるけれど内容は知らない方のためにマクロで何ができるのか具体例を説明していきます。 マクロで何ができるのか できること 内容 グラフの自動作成 セルにデータを入力するだけでグラフを自動的に作成することも可能です。 カレンダーを作成 ボタンをクリックするとカレンダーが自動で作成されるマクロもあります。 土曜日は青、日曜日は赤色など曜日ごとに色をつけることも可能です。 領収書の自動発行 必要事項を記入して、ボタンを押すと自動で領収書が発行されるマクロを作ることができます。 在庫数の集計チェック マクロで在庫確認し、在庫を切った段階で、セルに色がつくような設定をすることができます。 メールの送受信 メールの件名や本文に氏名を自動挿入してメールの送信などもできます。 ゲームの制作 マクロを使いこなすと、アクションゲームを作ることも可能です。 WEBサイトのデータを受信する WEBサイトが提供しているXMLのデータを受信することができるので自分だけの情報収集ツールを作ることができます。 マクロをもっと知りたいという方は以下の記事をご確認ください。 タグで探す• 閲覧数ランキングで探す• 新着記事で探す•

次の