アメリカ 選挙 不正 - 米司法省は不正選挙疑惑を「純然たる狂気」と一笑 / トランプ大統領は連邦最高裁が再選挙を命じることを望んでいた——当時のeメールを下院監視委員会が公開

不正 アメリカ 選挙 【不正選挙】ジョージア州、もうめちゃくちゃのやり放題。州知事も遂に認める【海外の反応】

アメリカ大統領選2020:目の前で起こった選挙ドラマの全容|🇺🇸在米ジャパニーズ㊛🇯🇵の徒然草🖊📒|note

不正 アメリカ 選挙 アメリカ大統領選は不正だったのか!? その根拠をまとめてみた!

不正 アメリカ 選挙 米ミシガン州選挙監視員が不正を告発 「突然、7千票が13万になった」

アメリカ大統領選挙、バイデンさんは不正したんですか

不正 アメリカ 選挙 米ミシガン州選挙監視員が不正を告発 「突然、7千票が13万になった」

不正 アメリカ 選挙 米ミシガン州選挙監視員が不正を告発 「突然、7千票が13万になった」

不正 アメリカ 選挙 アメリカ大統領選2020:目の前で起こった選挙ドラマの全容|🇺🇸在米ジャパニーズ㊛🇯🇵の徒然草🖊📒|note

不正 アメリカ 選挙 【不正選挙】ジョージア州、もうめちゃくちゃのやり放題。州知事も遂に認める【海外の反応】

米大統領選でやはり「不正」があったかもしれない、ちょっとした状況証拠

不正 アメリカ 選挙 【不正選挙】ジョージア州、もうめちゃくちゃのやり放題。州知事も遂に認める【海外の反応】

不正 アメリカ 選挙 【不正選挙】ジョージア州、もうめちゃくちゃのやり放題。州知事も遂に認める【海外の反応】

米ミシガン州選挙監視員が不正を告発 「突然、7千票が13万になった」

不正 アメリカ 選挙 米大統領選でやはり「不正」があったかもしれない、ちょっとした状況証拠

米ミシガン州選挙監視員が不正を告発 「突然、7千票が13万になった」

米大統領選でやはり「不正」があったかもしれない、ちょっとした状況証拠

実際、カでもほとんどのマスコミがバイデンを支持していたと言いますが、カ国民のはすでにマスコミの報道は信用ならないことを知っているとも言います。

  • また、同氏が嘘をつき続けたと強調したうえで「バイデン氏が不正な票によってトランプ氏のリードを覆した」と述べたと紹介しています。

  • 日本国の政府が、アメリカ政府の公式発表ではなく "クーデターに関与している左翼メディア" に動かされている現状は、非常に憂慮すべきだ。

  • 選挙プランナーのはこの事件を受けて、への電子投票には不正の可能性があるとし、電子投票導入に反対している。

米大統領選でやはり「不正」があったかもしれない、ちょっとした状況証拠

メディアはバイデンが勝利したとお祭り騒ぎをしており、各国のリーダーも次々と祝辞を出している。

  • バイデン政権がスタートしたいま、ナバロ・レポートが不正選挙や偏向報道に一石を投じるか、今後も注視しましょう。

  • (【関連記事】「」「」) これらのeメールの1件が転送されて受け取ったドノヒュー司法副長官代理は、こうした主張を「 純然たる狂気」と呼び一笑に伏していた。

  • 郵便投票と対面投票ではIDチェックの厳しさが異なるなど、不正に繋がりやすい環境にあったと指摘しています。

アメリカ大統領選挙、バイデンさんは不正したんですか

「実際は7千票、しかし13万票と報じられた」 シミッドさんによると、「3日夜に集計された票は全部でせいぜい7千票ほどで、夜中12時頃に集計待ちの票はなかった 」という。

  • 静観のツイッター社 ツイッター社はナバロ氏のアカウントを凍結していません。

  • この女性は大統領選で行われた不正選挙の実態を暴き、民主党や巨大IT企業らがいかに悪事を働いていたかを追及すると主張しています。

  • いまアメリカで 「クラーケンを解き放つ(Release the Kraken)」と発言し、注目を集めている女性がいます。

「不正まみれ」のアメリカ大統領選!~明確に見えるChinaの陰~

2021年1月7日、トランプ米大統領のアカウントを無期限凍結• 今後数週間、さらに数カ月にわたって、私たちのリポーターがすべての進展を報道しますので、これからの私たちの報道をぜひお読みください。

  • 「クラーケンを解き放つ」というフレーズの影響 このフレーズが初めに使用されたのは大統領選投票日から10日経過した2020年11月13日で、同氏が出演したテレビ番組の「フォックス・ビジネス・ネットワーク(Fox Business Network)」です。

  • 山本太郎候補の利島村での7票から小池百合子候補の世田谷区の23万票まで、ケタ数が1ケタから6ケタまで広く分布する場合、上一桁は同じ確率ではなく対数に従って分布するのです。

  • 検索プラットフォーム上で 選挙前の投票リマインダーのメッセージを、民主党が優位になるように操作。

「大統領選の不正投票疑惑」いまだ真相が報道されない本当の理由 集計システムと民主党を結ぶ点と線

また、バイデン氏が就任する前に不正行為を調査しなければ「再び公正な大統領選が実施できなくなる」と警鐘を鳴らしていました。

  • 疑惑がさらに深まっています。

  • 不正行為の疑惑についてだけです。

  • パウエル氏は不正選挙に抵抗する術を失ったトランプ氏に対して「」の発令を提案した中心メンバーのひとりでもあります。

【不正選挙】ジョージア州、もうめちゃくちゃのやり放題。州知事も遂に認める【海外の反応】

まったく不自然な行動。

  • (よいか)』 via — 🇺🇸アメリカから見た日本🇯🇵 yamatogokorous しかし、バイデンはあくまでメディアが決めた次期大統領であり、正式にはまだ何も決まっていない。

  • この組織はトランプ氏を支援することを主な目的にしており、先の大統領選でトランプ氏が受けた憲法上の権利や言論の自由に対する抑圧に反対するための活動を続けるとしています。

  • トランプ陣営が、バイデン票に(不正に)入れた、という説です。

米大統領選でやはり「不正」があったかもしれない、ちょっとした状況証拠

電子投票システムの安全性には以前から多くの疑問が出されており、業者側もそれらの疑問にほとんどまともに答えたことはなかったが、今回の選挙ではそのシステムがバイデン氏を有利にするために細工されていたとも言われている。

  • 376• この組織はトランプ氏を支援することを主な目的にしており、先の大統領選でトランプ氏が受けた憲法上の権利や言論の自由に対する抑圧に反対するための活動を続けるとしています。

  • またQanon運動も人気がありますし、バイデンはの疑い(あくまで噂レベル)や家族のコカイン使用、セクハラで複数の女性から訴えられたりもしておいます。

  • それを使用すれば不正投票ができるのだ。

「不正まみれ」のアメリカ大統領選!~明確に見えるChinaの陰~

戦後になっても、不正選挙を告発した一家がになったが発生している。

  • コメントありがとうございます。

  • ローゼン司法長官代理に送信した1件のeメールの中で、メドウズ首席補佐官は、トランプ大統領とジョージア州の共和党議長であるデービッド・シェイファー氏が、選挙結果を争ってフルトン郡上級裁判所に提出したを送信していた。

  • 実際はどちらなのかは解りませんが、これらに関してはとても面白い分析もあります。




2021 cdn.snowboardermag.com