100 分 で 名著 - 名著11 紫式部『源氏物語』:100分 de 名著

名著 100 分 で 名著11 紫式部『源氏物語』:100分

名著 100 分 で 名著104「ディスタンクシオン」:100分 de

名著 100 分 で 名著11 紫式部『源氏物語』:100分

名著 100 分 で 名著111「老い」:100分 de

100分 de 名著

名著 100 分 で NHK Eテレ「100分

「100分de名著」動画配信のベスト無料視聴方法【脱見逃し&再放送】|スタ誕MOVIE

名著 100 分 で 名著75 「法華経」:100分

名著 100 分 で 100分 de

NHK Eテレ「100分 de 名著」 取材記 収録現場の... |読書のいずみ |全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)

名著 100 分 で 名著75 「法華経」:100分

名著 100 分 で 名著11 紫式部『源氏物語』:100分

100分 de 名著

名著 100 分 で 100分 de

名著111「老い」:100分 de 名著

忙しい社会人こそ、NHK「100分de名著」で学び直しませんか?|たっけ(Masahiro Takeda)|note

だから、多くの場合、指南役は大学教授となっています。

  • これは、人類が初めて遭遇する事態といえます。

  • タイトルに惹かれて手にとったのですが、一読、ぐいぐいと引き込まれました。

  • 「法華経」というと多くの宗派や教団の人たちが聖典として仰ぐ経典ですし、私たちもお葬式や法事といった場で読経を耳にすることも多いと思いますが、その「法華経」を「思想」として読むという視点にとても新鮮さを感じて手にとりました。

NHK Eテレ「100分 de 名著」 取材記 収録現場の... |読書のいずみ |全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)

全4回、全て現代性のある切り口を心がけています。

  • 「100分de名著」では、この法華経のサンスクリット版の原典を「思想書」ととらえて解読し、一宗教書にはとどまらない普遍的なテーマや、私たちにも通じるメッセージを引き出していきます。

  • また、この番組は対話型ということもあり、撮影中にも教授が新しい例えを思いついたり、ご存知伊集院さんのヒラメキで盛り上がったりといろいろなアイディアが生まれていきます。

  • このような視点から、当時の思想状況や社会状況に照らし合わせて「法華経」を読み解いていくと、当時の常識では到底受け容れられないような新しい考え方や価値観を、象徴的な出来事や巧みなたとえに託してなんとか表現しようとする編纂者たちの意図が明らかになってきます。

NHK Eテレ「100分 de 名著」 取材記 収録現場の... |読書のいずみ |全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)

ぼくは、正直に言うと、2020年まで名著という類のものをほとんど知らずに生きてきました。

  • しかし、当時の思想状況や社会状況に照らし合わせて読み解いていくと、当時の常識では到底受け容れられないような新しい考え方や価値観を、象徴的な出来事や巧みなたとえに託してなんとか表現しようとする作者たちの意図が明らかになっていきます。

  • 例えば、光源氏とは一体どういう男なのか?を知りたいと思った場合、本やネットなどで調べると、イケメンでセレブで女を全力で愛することが出来て・・などなどが書かれていますが、何だか分かったような分からないような、非現実的な感じすらしてしまいます。

  • 巨大長編をわずか100分で説明するのは無謀とも言える企てでしたが、無理な要求に応えて下さったディレクターなどの番組スタッフ、そして何より講師役の三田村先生に感謝しております。

名著111「老い」:100分 de 名著

第3回では光源氏の晩年を描く。

  • しかし、100分de名著を観だしてから、歴史や知識への好奇心が確実に高まりました。

  • どんな暴力や迫害にあおうとも、ひたすら他者に内在する仏性を尊重し礼拝し続ける常不軽菩薩が、経文などを全く読めずともやがて覚りを得ていくという姿を描いている。

  • 第2回では、女にとっての、あきらめの意味を探っていく。

100分 de 名著

しかし、現代人には、意外にその内容は知られていません。

  • ハビトゥスを一言でいうと、身体に刻み込まれた、行動・知覚・評価の図式。

  • 難解な源氏物語がぐっと身近に感じられると思います。

  • 全てのいのちの絶対的な平等性、これまで成仏できないとされてきた出家修行者や女人、悪人にいたるまでの成仏の可能性、それぞれの人間の中に秘められた尊厳性、それを尊重する行為のすばらしさなどが、卓抜な比喩などを駆使して語られます。

名著111「老い」:100分 de 名著

第四回は、「老いは文明が引き受けるべき課題だ」という視点から、老いてもなお尊厳のある生き方ができる社会とはどんな社会なのかを深く考える。

  • 彼女が62歳の時に書いたのが「老い」。

  • 第一回は、ブルデューが編み出した「ハビトゥス」という概念がどんなものかを読み解き、私たちの趣味や趣向が、学歴や出身階層によっていかに規定されているかを明らかにする。

  • なんだか幻想的な光景で、別世界に訪れた気分です。

    関連記事



2021 cdn.snowboardermag.com