年末 年始 高速 道路 渋滞。 年末年始を含む期間の渋滞回避のお願い|阪神高速道路株式会社 ドライバーズサイト

年末年始期間の本四高速道路の渋滞予測と回避のポイントについて

年末 年始 高速 道路 渋滞

2019年度の年末年始も高速道路では激しい渋滞が予測されていますが、そのなかで「通過に最も時間を要する」とされる渋滞区間が、名神高速にあります。 名神の渋滞、新名神の三重県区間が開通したことで激しくなっている傾向です。 上下線ともノロノロの名神 渋滞先頭は草津と大津 2019年度の年末年始も、高速道路では激しい混雑が予測されており、長いものでは年始に関越道や東北道、東名高速でそれぞれ最大35kmの渋滞が発生するとされています。 一方、NEXCO管内で「通過に最も時間を要する渋滞」、つまり通常時とピーク渋滞時とで通過時間の差が最も大きい渋滞の発生が予測されている区間が、名神高速にあります。 それは2020年1月2日(木)および3日(金)の上り、名神から新名神が分岐する滋賀県の草津JCTを先頭に、京都府の大山崎JCT付近まで最大25kmの渋滞が発生し、通常と比べ通過時間が最大1時間21分ほど増加するとされています。 前出の関越道や東北道、東名で予測されている最大35kmの渋滞において、通過時間の増加分は約45分から1時間とされています。 それらより短い距離にもかかわらず、通過時間が長くなる名神の渋滞は、より「ノロノロ」な渋滞と見ることができるでしょう。 なお、名神では下り線でも、草津JCTに近い大津IC付近を先頭に、年末・年始とも最大20km、通常と比べ通過時間が最大1時間5分ほど増加する渋滞の発生が予測されています。 大津IC付近や草津JCT、なぜこれほど通過に時間がかかるのでしょうか。 近年における道路ネットワークの進展により、傾向の変化も見られるようです。 なぜ混む名神? 新名神開通で変化も 名神の大津IC付近や草津JCTの渋滞について、NEXCO西日本に聞きました。 さらにその先、京都東ICにかけても2か所のトンネルがあり、速度の低いままの状態が続きます。 このように渋滞の要因になる箇所が短い区間に集中するため、影響が大きくなりやすく、通過に時間がかかる傾向です。 上り線についても、草津JCTを先頭としてはいるものの、主たる渋滞の要因としては、大津ICおよび大津SAの流入車によるものです。 このため従来は上り線も渋滞の先頭は大津IC付近となることが多かったのですが、2019年3月に新名神の三重県区間(新四日市JCT〜亀山西JCT)が開通して以降、草津JCTから新名神へ流入するクルマが増えました。 この草津JCTを先頭とする渋滞が後ろへ伸び、大津IC付近を原因とする渋滞とつながることがあります。 全国の「通過時間1時間以上増し」渋滞一覧 ちなみに、この年末年始で通過時間が通常よりも1時間以上増える渋滞区間は、NEXCO管内では次のように予測されています。 路線名、渋滞区間と渋滞の先頭部、ピーク時渋滞長、通過に要する所要時間の最大増加分の順に記載します。

次の

年末年始の高速道路の渋滞予測「最ノロノロ区間」は名神

年末 年始 高速 道路 渋滞

これによると、年末年始はとくに1月2日(木)と3日(金)に渋滞が多発する見込みで、10㎞以上の渋滞回数は下りが37回、上りが68回発生する予想となっている。 なかでも30㎞以上のとくに長い渋滞は、下りは12月28日(土)〜30日(月)に3回、上りは1月1日(水)〜4日(土)にかけて8回発生するものと見込まれている。 以下はその一覧。 なお、この予測は過去の年末年始の渋滞実績と、最近の交通状況を踏まえたものであるが、事故や天候の影響などで実際の渋滞状況が予測と異なる可能性もあるため、出発前には最新の交通情報を確認してもらいたい。 渋滞予測情報やリアルタイムの道路交通情報は下記からも入手することができる。 スクープ! スバル技... 94,785ビュー posted on 2017-12-28• ランクル300系の開... 81,221ビュー posted on 2020-04-24• 「ホンダの社内ネット... 65,324ビュー posted on 2020-06-08• ホンダが軽自... 58,859ビュー posted on 2018-12-26• 東京モーターショーで... 58,626ビュー posted on 2019-10-09• スクープ! スズキ... 49,887ビュー posted on 2017-07-03• 上はアシ... 47,357ビュー posted on 2017-05-23.

次の

NEXCO西日本管内の年末年始期間における高速道路の渋滞予測について|NEXCO西日本のプレスリリース

年末 年始 高速 道路 渋滞

道路情報ニュース・トピックス 年末年始を含む期間の渋滞回避のお願い 阪神高速では例年、年末年始期間中、帰省等により、一部の路線で普段と異なる激しい渋滞が発生しています。 お出かけに際しては、以下の 渋滞予測や最新の道路交通情報などをご参照いただき、できる限り、渋滞の発生区間やピーク時間帯のご利用をお控えいただきますようお願いいたします。 年末に向けて、平日の渋滞が多くなる傾向にあります 12月は、年間でも渋滞の多い月となっており、阪神高速道路全体では、 特に12月中旬以降、平日の渋滞が多くなる傾向にあります。 過去の渋滞発生状況をもとに予想した、年末年始を含む期間の渋滞予想カレンダーで 赤色(渋滞が特に多い)となっている日に阪神高速をご利用予定の方は、ご利用日の変更や、余裕を持ったご利用等をお願いいたします。 平成29年12月10日(日)~平成30年1月13日(土)の渋滞予想カレンダー 特に、13号東大阪線では、年末に向けた平日において、激しい渋滞が予想されていますので、ご利用経路の変更や、余裕を持ったご利用等をお願いいたします。 <参考>昨年度(平成28年度)の年末年始を含む期間の渋滞実績の推移(13号東大阪線) 年末年始期間中、3号神戸線では激しい渋滞の発生が予想されます 年末年始期間中は、それまでと比べると、阪神高速道路全体としては、過去の実績から渋滞は少なく推移すると予想していますが、 帰省等により、特に3号神戸線において、普段とは異なる激しい渋滞の発生を予想しています。 期間中は、以下の 渋滞予測情報や最新の道路交通情報などを参照いただき、できる限り、渋滞の発生区間やピーク時間帯のご利用をお控えいただきますようお願いいたします。 年末年始期間中は渋滞情報を参考に渋滞を避けてご利用ください 年末年始期間中は、下記の渋滞予測カレンダーから、 渋滞予測図の渋滞区間や渋滞時間帯を参照いただき、渋滞を避けたご利用を計画いただくとともに、当日は、最新の 道路交通情報を参照いただき、 渋滞を避けて阪神高速をご利用いただきますようお願いいたします。 渋滞予測カレンダー カレンダーの日付をクリックいただき、渋滞予測図をご覧ください。 また、ご利用の当日は、最新の道路交通情報を参照いただいたうえで、渋滞を避けたご利用をお願いいたします。 対象出入口等の詳細は、下記をご参照ください。 【お願い】渋滞予測図を活用して、渋滞している路線やピーク時間帯を避けてご利用ください。 平成28年度の渋滞実績では、月見山付近から深江付近までの 渋滞長が最大になる時間帯(18時~、21時)における通過時間は、渋滞がない場合の約4倍となっています。 明石方面から神戸・大阪方面に向けてご利用される方は、渋滞予測図の 渋滞発生区間を参考に、渋滞が予想される3号神戸線を避けてご利用ください。 また、ご利用の際は、渋滞予想図の 渋滞発生時間帯を参考に、ピーク時間帯を避けてご利用ください。 (下記の例の場合、9時以前、翌日1時以降に通過いただければ渋滞に巻き込まれる可能性は小さいです。 ) 道路交通情報 ご利用の当日は、事故等による予想外の渋滞の発生も考えられますので、 ご出発前に下記の道路交通情報から最新の渋滞情報をご入手いただき、渋滞を避けて阪神高速をご利用いただきますようお願いいたします。 日本道路交通情報センター• 阪神高速ホームページ道路情報• (PC)• テレホンサービス「愛ウェイダイヤル」• 06-6576-1620( 全線 )• 078-321-1620(兵庫地区)• 阪神高速の料金案内や経路案内など• (PC)「料金・経路・所要時間検索」• (携帯電話)「阪神高速はしれGO! 阪神高速周辺のより広域な渋滞予測について• NEXCO西日本のウェブサイト•

次の