ハナ キンポウゲ - ハナキンポウゲ

キンポウゲ ハナ ハナキンポウゲ Ranunculus

ラナンキュラスとは

キンポウゲ ハナ GKZ植物事典・ハナキンポウゲ

キンポウゲ科

キンポウゲ ハナ ハナ キンポウゲ

ラナンキュラス・花金鳳花

キンポウゲ ハナ ラナンキュラス (ハナキンポウゲ)

キンポウゲ ハナ GKZ植物事典・ハナキンポウゲ

ラナンキュラス (ハナキンポウゲ) 花言葉・誕生花

キンポウゲ ハナ ハナキンポウゲ

キンポウゲ ハナ ラナンキュラス・花金鳳花

キンポウゲ ハナ ハナ キンポウゲ

ハナキンポウゲ

キンポウゲ ハナ ラナンキュラス (ハナキンポウゲ)

キンポウゲ ハナ GKZ植物事典・ハナキンポウゲ

3月2日の誕生花 ハナキンポウゲ(花金鳳花)の花言葉「とても魅力的」、あでやかに積み重なる花弁が美しいラナンキュラスの「晴れやかな魅力」

根生葉は長さ7~20㎝の葉柄がある。

  • 中国名は茴茴蒜 hui hui suan。

  • ハナキンポウゲ(花金鳳花)の誕生花:1月29日、1月31日、2月25日、3月2日、3月6日、3月20日、4月3日、5月25日 流通時期:球根を晩夏~秋に、ポット苗や鉢花を冬~早春に見かけます。

  • 心皮は多数。

毒草:ラナンキュラス

・原種は一重咲ききの五弁の花。

  • 高さ20~35㎝。

  • 根生葉は3~6個つき、葉柄は長さ3~22 ~25 ㎝、 短剛毛又は伏した剛毛がある。

  • ハナキンポウゲ : : : : : : : ハナキンポウゲ R. 心皮は多数。

ハナ キンポウゲ

Ohwi synonym Ranunculus silerifolius H. 多年草、高さ5~20㎝。

  • 品種 'Miss Austria' d , 'Molten Gold' 36 Ranunculus morii Yamam. 葉は異形葉は無く、主に根生葉と茎葉があり、互生、宿存性又は1年生で宿存しない。

  • 根はひげ根、株の基部でわずかに太くなる。

  • 側裂片は斜めの扇形、不等に2裂し、切れ込んだ歯状。

ラナンキュラスとは

38 Ranunculus nankotaizanus Ohwi ヒナキンポウゲ 雛金鳳花 台湾原産。

  • 49 Ranunculus radicans C. 塊根は紡錘形、長さ約2㎝、直径約1㎝、10~20本程度が束生する。

  • 葉身は狭線形~線状倒披針形~狭へら形、長さ3. 種子は豊富な胚乳をもち、胚は小さい。

  • 心皮は多数。

毒草:ラナンキュラス

根生葉は約6個、ほぼ無柄。

  • 葉は1回3出複葉、無毛又は両面に伏毛がある。

  • 15 0,rgba 0,0,0,0 16px,rgba 0,0,0,0 ,linear-gradient 270deg,rgba 0,0,0,. 上部の茎葉は小さく、短い葉柄があり、3全裂する。

  • 柱頭は子房に1個。

毒草:ラナンキュラス

花期は7~8月。

  • . 1777年の文献では1100品種がリストアップされている。

  • 葉はまばら~密に毛があり、3小葉、中間の小葉は柄がある。

  • 葉柄は長さ4~20㎝、剛毛がある。

キンポウゲ科

花は単生、頂生又は腋生、直径0. 花は直径1. 雄しべは多数。

  • flagelliformis Nakai Ohwi 日本(北海道~本州)、中国、モンゴル、ロシア、カザフスタン、ヨーロッパ、北アメリカ原産。

  • 茎葉はほぼ無柄、羽状細裂し、裂片は5~6個、縁は鈍鋸歯。

  • 枝先に花を単生又は葉腋から花柄を伸ばして単生する。




2021 cdn.snowboardermag.com