ソネット 光。 NURO(ニューロ)光とSo

ソネット光とauひかりの違いを比較!契約・乗り換えるならソネット光

ソネット 光

なおauユーザー以外の人は、 こちらのページで、あなたにぴったりの光回線を探せるので、参考にしてみて下さい。 ソネット光の通常月額料金は戸建て5,700円・マンション4,500円ですが、30ヶ月の定期契約を条件に割引が実施され、戸建て4,800円・マンション3,500円になります。 この月額料金は、 他の光回線と比較すると少し安いかな、といった感じです。 最大通信速度に関しては、フレッツ光や他の光回線と変わりません。 次に、ソネット光を利用するメリットをお伝えします。 ソネット光を使うメリット ソネット光を使うメリットは、以下の5点です。 フレッツ光などはキャッシュバックキャンペーンをほとんど実施していないことを考えると、かなりお得ですね。 記事はじめに「auユーザーはソネット光を検討してもいい」とお伝えしたのは、この割引特典を受けられるからです。 ちなみに、auスマートバリューは同一契約内の家族にも適用されるので、 家族4人全員がauユーザーなら最大で8,000円の割引が受けられるということになります。 ちなみに、割引額は以下のようにスマホのプランによって変わります。 IPv6の一つ前の通信方式をIPv4と言うのですが、たとえるならIPv6は高速道路、IPv4は一般道路です。 IPv6はスイスイと流れるように通信ができるんですね。 なおIPv6はソネット光を申し込んだ後に別途申し込む必要がありますが、 手数料や月額料金は一切かからないので、契約後は必ず申し込みをしたほうがいいです。 光電話とは、光ファイバーを利用した電話サービスです。 従来のアナログ電話よりも高品質な通話が、3分8円という安い通話料金で利用できるのが特徴です。 これまでアナログ電話を使っていた人は、月額料金だけでも2,000円近くお得になるので、固定電話が必要な人は必ず契約した方がいいサービスです。 光テレビは光ファイバーを通して映像を受信するため、アンテナテレビのように天候に影響されることなくいつでも快適な映像を楽しむことができます。 ソネット光をおすすめしない理由 ソネット光の特徴を見たところ、そこまで悪い感じはしないですよね。 しかし初めに解説した通り、 ソネット光はauユーザー以外にはおすすすめしません。 (auユーザーは割引があるので検討もあり) おすすめしない理由、それは ユーザーの評判・口コミが圧倒的に悪いからです。 一般的な光回線は悪い口コミ・良い口コミが半々ほどですが、ソネット光に関しては残念ながら悪い口コミが大半です。 なにがそんなに悪いのか、見ていきたいと思います。 ソネット光の最大通信速度は1Gbpsですが、夕方〜夜間などの通信が混み合う時間帯には1Mbpsを切るという声も複数ありました。 1Mbpsって、たぶんスマホの通信速度よりも遅いので相当ですよね… なぜ、これほどまでにソネット光は遅いのか? ソネット光は、以前に比べてユーザーが急増したという背景があります。 その結果、これまでの回線設備では耐えられなくなり、パンク状態になって速度が落ちているのではないかと推測されます。 今後、回線が強化されれば速度改善もありえますが、今のところなんとも言えない状態です。 ソネット光の前にNURO光を検討して! はっきり言うと、ソネット光は評判が悪すぎるので当サイトではおすすめしません。 もしいま新たに光回線を申し込むなら、絶対にを最初に検討すべきです。 NURO光はソネット光と同じプロバイダSo-netが提供する、 世界最速クラス2Gbpsの光回線です。 こちらの評判は、ソネット光と比べると雲泥の差。 現時点で、ほとんど不満の口コミが見つかりません。 NURO光の詳細に関しては、以下のページで解説しているので参考にして下さい。

次の

ソネット光プラスの口コミ【契約前に事前チェック】

ソネット 光

・契約は開通するまで成立しない ・面倒な手続きでも必ずユーザー自身で行う ・【勧誘】での申し込みは受けない ・届いた書類は必ず開封して目を通す 契約は開通するまで成立しない ソネット光プラスの契約は開通するまで成立はしません。 【開通】というのは開通工事が完了することを指します。 転用と事業者変更については切り替え日が契約成立日になります。 その日を過ぎるまでは契約は成立しないのでキャンセルしても違約金はかかりません。 一つ注意したいのが無派遣工事の場合です。 無派遣工事の場合は工事担当者が来ることはなくNTTの局内だけでの切り替え工事が行われます。 つまりその日が来れば自然と契約成立するという流れになるので注意が必要です。 面倒な手続きでも必ずユーザー自身で行う 勧誘トラブルや詐欺まがいの勧誘被害にあったという方の多くは手続きを代理店に任せる傾向があります。 例えば・・・ 申し込みも全てこちらで任せてください こうした甘い言葉に乗せられて、本人が何も手続きしなくても開通まで進めていけると思いの方がいらっしゃいます。 ソネット光プラスの契約はユーザーとso-netで行われるものです。 面倒な手続きであったとしても必ずユーザー自身で行うように心がけましょう。 【勧誘】での申し込みは受けない 電話や訪問で勧誘が来た場合、その場ですぐ申し込みを受け付けないことです。 大事なことは自分の目や耳できちんと調べるということが大切です。 勧誘があってもその場ですぐ申し込みはせず、直接so-netサポートセンターに聞くかインターネットでソネット光プラスがどんなサービスなのか調べるようにしましょう。 そうすればトラブルや詐欺被害に遭うことはありません。 届いた書類は必ず開封して目を通す ソネット光プラスに申し込むと『契約内容のご案内』という書類が必ず届きます。 『契約内容のご案内』が届くということはso-netに申し込みが入っているという証拠になります。 もし申し込みの心当たりなくその書類が届いた場合は必ずすぐにso-netに連絡するようにしましょう。 その時点でキャンセルをすれば申し込みを食い止めることも可能です。 そもそも勧誘の詐欺に合わないためには ここまでは知らないうちに申し込みをしていた場合の対処法をお伝えしました。 ここからはそもそも勧誘詐欺に遭わないために気をつけることをお伝えいたします。 気をつけることは以下の4つです。 そんな電話してない!早く使えるようにしてくれ! すぐに音声を確認したところ全然声が違います。 そして判明したのが架けてきた電話番号です。 明らかにSさんが住んでる地域とはかけ離れた地域の固定電話から入電があったのです。 すぐに申込窓口となった代理店に確認をして調べ上げたところ、社員の一人がSさんに成りすまして解約と新規の申込みをしていたことが判明しました。 Sさんに詳しく確認したところ電話勧誘があり情報を伝えていたことが判明しました。 もちろんその代理店とはプロバイダAは契約解消。 Sさんの元の契約も復活させました。 これはまれな例ですが実際私が対応した事例です。 こんなことも実際にあるのです。 電話番号など含めて個人情報は安易に伝えないようにしましょう。 架かってきた電話番号をチェックしておく 電話勧誘の場合はどの番号から電話がかかってきたかチェックしておくのも一つです。 かかってきた電話番号をインターネットで調べるとその電話番号も評判がわかります。 意外と似たような申込み被害にあってる方もいるかもしれません。 しつこい勧誘の場合はso-netに連絡する あまりにしつこい勧誘の場合はso-netサポートセンターに連絡するようにしましょう。 so-netに連絡すれば代理店の勧誘を止めることができます。 それでもしつこい場合は消費者センターに連絡する so-netに連絡しても勧誘がしつこい場合は消費者センターに連絡することも可能です。 消費者センターに連絡した場合かかってきた番号は伝えるようにしましょう。 直接消費者センターの担当者がその電話番号にかけたり、場合によってはso-netに連絡をして間に入ってくれます。 は都道府県によって変わるので一度確認してみてください。 詐欺まがいの強引な勧誘が横行している理由を解説します インターネットの勧誘において 申し込みの時点で騙された というのは昔からよく聞く話です。 ではなぜこうした詐欺まがいの勧誘が横行してるのでしょうか? なぜ詐欺まがいの強引な勧誘が横行しているのか? 詐欺まがいの勧誘が横行してる理由は勧誘者が受け取れる報酬にあります。 電話勧誘や訪問セールスの場合、入会する人が多ければその分の報酬を得ることができます。 そのため多少強引でも申し込みを誘導する連中も中にはいるのです。 詐欺まがいの強引な勧誘をしているのはココ ではどういったところがこのような勧誘をしてるんでしょうか。 それは 代理店の下請けの下請けこういったところが強引な勧誘をしているのです。 このように代理店の下請けの下請けというところが強引な勧誘をする目的はやはり 報酬です。 申し込みをすればするほど代理店から報酬を受け取れるという仕組みがあります。 正規代理店は勧誘をしなくても興味のあるユーザーはwebサイトから自動的に申し込みをしてくれます。 しかしその下請けについては強引に勧誘しないとユーザーの確保ができません。 このような仕組みが無理な勧誘を招いているのです。 結局のところ最終的な責任はso-netにあります。 下請けに文句を言っても解決はしないのでやはりこうしたトラブルにあったときはso-netに直接連絡するか、もしくは消費者センターに連絡をするようにしましょう。 最後に 今回はso-netの申し込みにおいての詐欺被害の防止策、強引な勧誘の仕組みなどを解説致しました。 どの業界にもあるような仕組みですよね。 大きい会社になればなるほどこのような関連会社が増えてきて、その下請けが強引な勧誘をするという話はよくあります。 もちろんそのような詐欺まがいの勧誘をした者が一番悪いのです。 しかし会社で動いている以上やはり最終的な責任はso-netに出てきます。 なのでso-net契約において困ったことがあればまずはso-netに連絡することです。 もし料金が発生したとしてもこうした事情を説明すればso-netはきちんと対応してくれます。 もしあなたがこのような詐欺まがいの被害にあって思わぬ形で料金が発生したとか、知らないうちに申し込みがされていた場合すぐにso-netに連絡しましょう。 参考になりましたでしょうか。 今回はこの辺で。

次の

どうしてそこまで評判が悪い?So

ソネット 光

ソネット光プラスの最新キャンペーン ソネット光プラスは「公式サイト」と「代理店」でキャンペーンを実施しています。 どちらで申し込むかによってキャンペーン内容が大きく変わり、結論からいうと「公式サイト」のキャンペーンが総合的にお得です。 ここでは公式サイトと代理店のキャンペーン内容をそれぞれ詳しく紹介します。 公式サイトのキャンペーン 2020年6月現在、公式サイトでは以下3つのキャンペーンを実施しています。 これらのキャンペーンは全て併用可能です。 月額料金割引キャンペーン 公式サイトでは「月額料金割引キャンペーン」を実施しています。 2年間約3,000円割引されるので、 1. 2年目は戸建て2,980円、マンション1,980円で利用でき、とてもお得です。 月額料金を抑えたいという方は公式サイトから申し込みましょう。 工事費無料キャンペーン 公式サイトでは工事費無料キャンペーンを実施しています。 通常24,000円の基本工事費が毎月の割引によって実質0円になります。 ブロードバンドなどの一部の代理店では有料になってしまうので、工事費無料キャンペーンが受けられる公式サイトは比較的おすすめです。 ただし、戸建ての場合は60ヶ月、マンションの場合は48ヶ月以内に解約すると未払い分が請求されるので、そこだけは頭に入れておきましょう。 Wi-Fiルーター永年無料キャンペーン ソネット光プラスと同時にWi-Fiルーターのレンタルを申込むと、通常月額400円かかるレンタル料が永年無料になります。 他の窓口でもレンタルは出来ますが一定期間を過ぎると有料になるので、永年無料でレンタルできる公式サイトは比較的お得です。 先ほど紹介した公式サイトのキャンペーンとは併用出来ないので注意してください。 キャッシュバックキャンペーン 2020年6月現在、以下の6社でキャッシュバックキャンペーンを実施しています。 代理店 戸建て マンション BIGUP 45,000円 35,000円 NEXT 55,000円 45,000円 ブロードバンド 52,000円 45,000円 GrandNetwork 60,000円 60,000円 価格. com 70,560円 23,620円 代理店によってキャッシュバック額に大きな差がありますが、戸建ては45,000円~70,000円、マンションは23,000円~60,000円とかなり高額なキャッシュバックが受け取れることが分かります。 ただし、代理店の高額キャッシュバックにはいくつか注意点が潜んでいるので、このあと詳しくお伝えします。 ソネット光プラスのキャンペーンの注意点 公式サイトから申し込む場合は特に注意点はありません。 ただし、 代理店のキャッシュバックには以下4つの注意点が潜んでいるので詳しく紹介します。 代理店キャッシュバックに潜む4つの注意点 ・有料オプションへの加入が条件 ・転用だとキャッシュバックが減額される ・受け取手続きが複数回必要 ・キャンペーン違約金が発生 代理店のキャッシュバックを貰おうと思っている方は、この項目をしっかり読んで役立ててください。 有料オプションへの加入が条件 代理店のキャッシュバックで1番注意して頂きたいのが、以下のように有料オプションが条件になっている場合です。 ・高額なオプション料金を払わされていた… ・オプションを解約したら解約金がかかった… So-net光にて不要なオプションを勝手につけられてて2千円近く多く支払いさせられていることに気が付き電話してオプション外す手続きしたのにそれから3ヶ月前と変わらない請求が上がってくるんですがこういう詐欺が流行ってるんですか? — かず FX 1995ichi1 代理店のキャッシュバックを利用する際は、オプション条件を細かく確認してから申し込みましょう。 申し込みの電話でも改めて確認することで回避できます。 受け取手続きが2回必要 代理店のキャッシュバックは、基本的に2つのキャッシュバックが組み合わされています。 そのため受け取り手続きが2回必要になります。 そのため、手続きをうっかり忘れてしまうと、キャッシュバックを満額受け取れなくなってしまいます。 キャッシュバック違約金が発生 代理店のキャッシュバックを受け取り後、最低利用期間の3年以内に解約すると、ほとんどの場合で約1~2万円のキャッシュバック違約金が請求されます。 ソネット光プラスの解約違約金に加えて、キャッシュバック違約金も払うとなると3万円以上の出費になるので、3年以内に解約する可能性のある方は注意が必要です。 公式サイトの月額料金割引キャンペーンであれば、代理店のようなキャッシュバック違約金は発生しません。 転用だとキャッシュバックが減額される 公式サイトでは全員同じキャンペーンが受けられますが、代理店の場合は転用や事業者変更だと、キャッシュバック額がグンと減額されまうので注意が必要です。 代理店 新規契約 転用・事業者変更 BIGUP 45,000円 10,000円 NEXT 55,000円 10,000円 ブロードバンド 52,000円 12,000円 価格. com 70,560円 35,000円 このように、価格comの場合は新規契約だと約70,000円もの高額キャッシュバックを実施していますが、転用や事業者変更になると35,000円キャッシュバックに減額されるので2分の1になってしまいます。 そのため転用や事業者変更でソネット光プラスを申し込む方は、公式サイトの月額料金割引キャンペーンを受けた方が比較的お得です。 ソネット光プラスのお得な申し込み窓口 ソネット光プラスの全てのキャンペーンを紹介しましたが、その中で最もお得にソネット光プラスが申し込める「公式サイト」について紹介します。 ソネット光プラスの公式サイト 2020年6月現在、公式サイトから申し込むと「月額料金割引キャンペーン」「工事費無料キャンペーン」「Wi-Fiルーター永年無料キャンペーン」の3つのキャンペーンを受けることが出来ます。 とくに、公式サイト限定で実施している「月額料金割引キャンペーン」は、代理店のキャッシュバックと比べても非常にお得です。 キャンペーン総額がお得 公式サイトで実施している月額料金割引キャンペーンの総額と、各代理店のキャッシュバック額を比較した結論、公式サイトのほうが比較的お得だということが分かりました。 com 70,560円 23,620円 35,000円 このように代理店のキャッシュバックは最大でも約70,000円なので、全ての方が総額72,000円割引される公式サイトのほうが比較的お得なキャンペーンと言えます。 さらに、有料オプションへの加入もなく、もし解約してしまっても代理店のように違約金がかからないので、総合的に考えても非常にお得なキャンペーンです。 Wi-Fiルーターをレンタルする方はオプション選択画面で必ず以下にチェックを入れて下さい。 後から申し込むと月額400円になってしまうのでこのタイミングでの申し込みがベストです。

次の