アサヒ ノ マスク 通販。 アサヒノマスク(大津毛織)の買える場所や通販は?150回洗って使える!|Kaname's TOI

アサヒノマスク(大津毛織)はどこで買える?通販や店舗での購入方法を調査

アサヒ ノ マスク 通販

【スポンサードリンク】 アサヒノマスクは通販や薬局・ コンビニで購入できる? アサヒノマスクは 2枚で3300円と 決して安いマスクではありません。 でも、 値段が高いのには理由があって、 かなりマスクの高品質さでは 納得できるかなと思いました。 アサヒノマスクの品質は? アサヒノマスクの品質はかなり 高品質なんです。 天然繊維も織り込まれているため、 質感が良く、肌にも優しい。 ガーゼの毛羽立ちを抑える 特別な加工がされていて、4層構造に なっているのに、薄手。 生産数が確定した分だけ、 その都度再販売されるとのことなので、 またこちらも再販予定などが 分かれば、追記していきたいと 思います。 【スポンサードリンク】 アサヒノマスクの楽天最安値は? 楽天での 販売情報を見てみたのですが、 2020年4月21日時点で、 売切れ となっています! 資材の関係で、 一時販売中止となっていて、 再販日も未定。 今後、また 資材が整次第、 再販売されるとのことなので、 また私の方でも随時、チェックして いきたいと思います。 使い捨てマスクしか手元に ない場合は銀イオンシートの 利用も! 出来れば、アサヒノマスクのような 何度も洗えて、機能性にも優れている 丈夫なマスクの方がいいかも しれませんが、 もしお手持ちのマスクが 使い捨てであれば、 銀イオンシートを 中に挟むのがおススメかなとは 思います。 銀イオンには優れた抗菌効果が あると言われ、コロナウイルスなど ウイルスを寄せ付けないとも されています。 また、 繊維上の細菌の増殖を 抑制してくれるので、 普通に使い捨てマスクを使うなら、 プラスで装着しておけば、効果は あるかも。

次の

「アベノマスク」批判の急先鋒・朝日新聞が「布マスク高額販売」の支離滅裂

アサヒ ノ マスク 通販

大阪府泉大津市の「大津毛織」が製造・販売しているマスク=同社提供 新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて、政府が全世帯に2枚ずつ配る布マスク。 安倍晋三首相が主導し、国民の人気はいまいちで「アベノマスク」ともやゆされている。 一体、何が問題なのか?【政治部・花澤葵】 「御社のネットでも布マスク、3300円で販売しておられたということを承知しておりますが、つまりそのような需要も十分にある中において、我々もこの2枚の配付をさせていただいた」 「緊急事態宣言」の全国拡大などを巡って首相官邸で開かれた17日の首相記者会見。 事前に保守系の経済評論家が「朝日新聞が2枚で3300円のぼったくりマスクを販売中! 買っちゃダメだよ!」とツイートしていた影響もあってか、ネット上には「朝日新聞に特大ブーメラン直撃! ぼったくりかよ」「朝日新聞社は国民のことを何も考えていないぼったくり悪徳商法会社だった」などのツイートが相次いだ。 「繊維の街」として知られる大阪府泉大津市の南出賢一市長と泉大津商工会議所がマスク不足の解消を目指し、3月6日に市内の繊維メーカーに呼びかけて、市内と近隣の計6社(後に7社)がそれぞれに手作りで製造・販売したうちの一つだった。 市や商議所のホームページには「必要な人にマスクが届かない状況を改善するため、泉大津ならではの良さが詰まったマスクを揃(そろ)えました」「地元事業者が一つひとつ手作りでつくりました。 朝日新聞の通販サイトで販売していたマスクを製造したのは、1917年創業の泉大津市の老舗繊維メーカー「大津毛織」。 同社によると、マスクは計4層構造。 綿は医療用レベルの原料を使うなどし、150回洗濯しても使えるという。 1日1000~1500セットを社員約15人で手作りしているという。 だが、首相の発言によって、ネットの一部では「ぼったくり」などと表現されて攻撃対象に。 担当者は「すごく残念で悲しい。 言われっぱなしで我々にはどうしようもなく、対抗策もない。 日々マスクを作って届けるしかない」と声を落とした。 ただ、ネット上ではそうした事実を踏まえた投稿も増え始めている。 妊婦向けマスクの袋に虫が混入するなど約1900枚の不良品が見つかり、「サイズが小さく、重い」などと批判される「アベノマスク」と比較し、「アベちゃんも注目、アサヒノマスク! アベノマスクより高品質らしいし」といったツイートも。 「どこがぼったくりや? プロの作ったもん、バカにすんな。 仕事潰すな!」「安倍政権が打ち出した地方創生をも否定する話」などの指摘も上がっている。 ネット上ではさらに、朝日新聞の通販サイトが首相の指摘を受けて閉鎖したとの誤った情報まで広がった。 朝日新聞社によると、受注を停止したのは、首相が東京都などに緊急事態宣言を翌日に出すと「予告」した4月6日。 通販サイトでは日付は入っていないものの「新型コロナウイルス感染拡大で政府が緊急事態宣言を出しました。 これに伴い、朝日新聞SHOPは、物流に支障が出る恐れがあることから、お客様からの受注を、期間未定で停止いたします」と記載しており、確認をしないまま情報が広がっているようだ。 首相は、17日の記者会見では「ウイルスとの闘いを乗り切るためには何よりも国民との一体感が大切だ」と述べ、収入が減った世帯への30万円給付から1人当たり一律10万円給付へと方針転換したことに関し「混乱を招き心からおわびを申し上げたい」と陳謝するなど、いつになく低姿勢で国民の協力を求めた。 しかし、その同じ会見で、自らの政策に疑問を呈した特定の新聞社を「攻撃」し、結果的に一体感とは正反対の「分断」を招いている。 (毎日新聞).

次の

新型コロナ 首相の“口撃”で注目 「アサヒノマスク」実は高品質 150回洗濯可能/長時間快適

アサヒ ノ マスク 通販

いまこのご質問をいただいた御社のネットでも、 布マスクを 3300円で 販売しておられたということを承知しています。 そのような需要が十分にあるなかで、我々も 2枚の 配布させていただいたということでございます。 と回答してネット上で大きな話題になりました。 (製造販売元は大阪府泉大津市の 大津毛織 株式会社) ネット上では 朝日新聞記者の批判的な質問に対して 安倍首相が「反撃した」とも言われていますが、 安倍首相のこの発言の真意はさておき、このニュースを見て反射的に クオリティ的に マスク相応のレベルに達している。 そう自負しています。 通常、日本で流通しているガーゼはほぼ、中国から輸入した生地から作られています。 弊社の場合は、 日本で生産したガーゼのみを使用し、 毛羽立ちにくい特別な加工も施しています。 ガーゼを長年取り扱ってきた経験上、ガーゼというのは柔らかいものの、毛羽立つという部分で懸念されがちです。 ですが、その毛羽立ちを抑える加工を施し、またガーゼ素材は耐久性が劣っているという印象を解消する技術も取り入れています。 引用:週刊女性PRIME 製造販売元である 大津毛織 株式会社の担当者のコメントと製品特徴を見ていただくとお分かりになるように、 大津毛織製の 布マスクは素材と製法に徹底的に拘った手作りの高機能 マスクであり、 2枚で 3300円という 価格も納得の素晴らしい製品です。 「泉大津市マスクプロジェクト」の一環 また 大津毛織製の 布マスクは、大阪府泉大津市が「慢性的なマスク不足が起こっている現状」を少しでも改善できるようにと考えて発案された「泉大津市 マスクプロジェクト」の一環として新たに開発されたものです。 泉大津商工会議所の公式WEBサイトによると、 大津毛織さん以外にも6つの業者が特製の マスクを販売しています。 ぜひ、ご愛用ください。 なお、泉大津商工会議所、テクスピア大阪 事務局でも販売しています。 1点1点手作りですので、数に限りがございます。 予めお店にお問合せ頂き、売り切れの際はご容赦ください。 朝日新聞SHOPが唯一の通販サイトでしたが、現在は緊急事態宣言を受けての一時休業中となっています。 また、Amazonや楽天等の通販サイトでも 大津毛織さんの 布マスクは 販売されていませんので、手に入れるには上記の販売場所まで直接足を運ぶしか方法が無さそうです。 ですが、繰り返しの洗濯に耐えられる丈夫な作りであれば、中長期的に見ると使い捨て マスクよりもランニングコストは安く上がります。 配布する1億枚が洗濯により平均20回使われれば「使い捨て マスク20億枚分の消費を抑えられる」 引用:Yahoo! ニュース このことから、政府としては 配布する マスクを1枚辺り平均して約20回使用することを想定しているのでしょう。

次の