シャドー イング アプリ。 シャドーイングに使える無料の英語アプリ

シャドーイングの神アプリ!NHKで人気のTEDを10倍活用しよう

シャドー イング アプリ

タカコ こんにちは、アメリカ在住ライターのタカコです。 今回は英語のリズムに慣れるために効果的と言われる シャドーイング(shadowing)についてです。 「 シャドーイング」というのは、英文を読んでいる音声のあとを、 まるで影(shadow)のように追いかけていく読み方です。 アメリカの「 英語の発音クラス」で実際に私が学んだこと、練習したことを元に、シャドーイングについてまとめました! シャドーイングとは? 英語のリズムに慣れるために効果的な練習方法が「 シャドーイング(shadowing)」です。 ニュースなどの英語を聞きながら、その 聞いたことを影(shadow)のように追いかけて読むという練習で、「I don't like it」という音声をシャドーイングする場合このように読みます。 シャドーイングの目的 英語のリズムに慣れること そのため「あれ……なんて言っているのか全然わかんないや」と思う必要はありません。 そもそも、「意味をとろうとする」のはやめて、ひたすら 聞こえた「 音」を真似していってください。 まさに「影」になったように。 シャドーイングは「聞く」+「話す」に慣れるという効果 英語のリズムに慣れるためにニュースを聞いたり、映画を見たり、という話はよく聞きます。 でも、私は 「声に出す」という練習は、それまであんまりやったことがなかったんです。 ここがシャドーイングのポイントなんです。 聞くだけでなく、 「話すこと」に慣れる効果があります。 はっきり言って、 話す力をつけるのに声を出さないなんてありえませんからね。 シャドーイングという練習方法は、「聞く」と「話す」という2つの動作を同時にやるため、 脳への刺激も多く効果的なんですね。 参考: シャドーイングのやり方 ではシャドーイングは具体的にどうやっていくのでしょうか? そのやり方を紹介しますね。 1教材を用意する まずは、教材を用意するのですが、教材とは言っても教科書が必要なわけではありません。 必要なのは「 音声教材」です。 具体的なオススメはあとで紹介しますが、このようなものが音声教材として向いています。 シャドーイングに適した教材• ネイティブスピーカーが話している音声• 自然なスピードで話している音声• 繰り返し聞けるもの• レベルの選べるもの 「最後のレベルが選べるもの」というのはなくても大丈夫ですよ。 2音声を聞きながら真似をする あとは、 音声教材を聞きながら、真似していきましょう。 聞こえてきた英語を口で言っている間にも、次の音声が流れてきています。 これは慣れていないと非常に難しいと思います。 でも、絶対に慣れてくるので「 トレーニング」だと思って続けましょう。 3毎日10分間というルールで継続! シャドーイングは、考えて理解する「勉強」のようなものではありません。 野球の素振りのようなものです。 そのため、 毎日の練習が非常に重要になってきます。 そこで「 毎日10分間シャドーイングをする! 」というルールを決めましょう。 練習する時間を決める• いつもより10分早く起きてやる• 毎日の散歩の時間にやる• お昼休みに10分とる• 寝る前の10分を使う とにかく「ない時間の中から10分をひねり出す」のではなく、 優先的に10分を確保することが大切です。 あと、リラックスしてやるのがいいので、 何かをしながらでいいんです! ぜひ毎日10分というルールを守ってください。 上達をあせらない シャドーイングを始めてからしばらくは「なかなか上達しない! 」と焦るかもしれませんね。 話そうと思って集中すると、言葉が耳に入ってこないし、「少し遅れて」というのも難しいです。 でも大丈夫です。 シャドーイングって ネイティブスピーカーにとっても難しいんですから。 NHKの日本語のニュースを聞きながらシャドーイングしてみるとよくわかると思います。 慣れていないと日本語でも難しいんです。 シャドーイングにオススメの教材 では、最後に シャドーイングにオススメの教材を具体的に紹介しますね。 ニュースサイト「VOA」 まずは、私が実際に使っていたシャドーイングにオススメのWEBサイトを紹介します。 それが「VOA」というサイトです。 ニュースを英語で言ってくれるのですが、このサイトは 難易度のレベルが選べるんです。 使われているボキャブラリーが各レベルによってコントロールされていると思います。 うまく言えなくても、言葉がわからなくても気にせず、続けるようにしましょう。 ニュースで何を言っているのかというのは、このトレーニングではあまり関係がありませんから。 参考: Amazonプライム 音楽を聞くのが好きな方には、 洋楽を聞きながらシャドーイングする方法がオススメです。 好きな音楽には リラックス効果もありますので、うってつけですよね。 そこでオススメなサービスが、音楽聞き放題の。 なんと 30日間は無料で試せます。 30日間も無料で試せる 無料期間が終わっても年間たったの4,900円 解約も簡単にできます 曲によっては有料のものもありますが、 年間4,900円払うだけで音楽を聴き放題になります。 試しに聞いてみて、 気に入った曲はどんどんダウンロードして、何度もシャドーイングしましょう。 Amazonプライムなら洋画も Amazonプライムは、音楽だけではありません。 映画も見放題になります。 Amazonで観られるビデオなどを楽しめる ただ、こちらは音楽よりも無料で見られる作品がさらに限定されてしまいますが。 音楽よりも映画のほうが好きという方は洋画を見ながらセリフをシャドーイングしてみてください。 参考: DUO 3. 0 そして、単語帳の『DUO 3. 0』を使ったシャドーイング。 『DUO 3. 0』は すべての例文を暗記する価値のある単語帳です。 こちらはシャドーイングだけでなく、全部の文章を暗記するのをオススメします。 シャドーイングにおすすめのアプリ 今だと、スマホアプリを使って練習するのもお手軽で良いですね。 シャドーイングにオススメのスマホアプリも紹介します。 1VOA 先ほど、オススメサイトとして紹介した「VOA」ですが、アプリとしてもあります。 2TED 世界レベルの著名人による講演を開催しているTED。 その動画がYouTubeで無料で配信されていることは有名ですよね。 実はTEDのアプリもあるんですよ。 ぜひお手軽な「TED」のアプリをシャドーイングの教材にしてみてください。 いろんな方が話しているので、じゃっかん聞き取りづらい人、英語もありますが。

次の

シャドーイング

シャドー イング アプリ

シャドーイングが英語学習の方法として注目されている理由は、ネイティブスピーカーならではの「発音」、「英語のリズム」、「音の強弱」、「イントネーション」などを改善し、より伝わりやすい英語を身につけることができるからです。 練習を重ねることで「リスニング力」、「スピーキング力」、「語彙力」の強化にも繋がります。 リスニング力の強化 シャドーイングの大切なポイントは、「聞こえてくる英語と全く同じ発音・スピードで」繰り返すことです。 そのためにはとにかく集中して聞く必要があります。 繰り返し練習することで英語のスピードに慣れ、これまで聞き取れなかった単語がわかるようになっていきます。 スピーキング力の強化 繰り返し聞いて発音することで、英語独特のイントネーションやリズム、区切り方などを自然に身につけることができます。 また、スピーチの意味にも注意を向けて、あたかも自分がスピーチしているかのようにシャドーイングができるようになると、スピーキングに対する苦手意識を克服できるだけでなく、「相手に伝わる英語の話し方」が身につき、スピーキング力の向上に繋がります。 語彙力の強化 英文をそっくり真似するシャドーイングは、自分で声に出しながら練習するので、ただ単語だけを覚えるよりも、圧倒的な語彙数を身につけることができます。 ただし、そのためには意味のわからない単語はしっかりと調べることも大切です。 リスニング まずはテキストを見ずに全文を聞きます。 何の話題について話されているのか、ざっくりと全体の意味をつかんでみましょう。 シャドーイング(1回目) テキストを見ずに、聞こえてくる英文だけを頼りにシャドーイングします。 シャドーイングの音声は録音して、後で確認できるようにします。 途中でつまずいても止まらず次に進むことが大切です。 発音、イントネーション、リズムに注意しながらシャドーイングをしていきましょう。 録音した音声を確認 自分のシャドーイング音声を聞いて、発音できていなかったところ、ついていけなかったところ、英語のリズムやイントネーションなどを確認します。 発音できていなかった単語はもちろん、しっかり声を出してリズムの良い、抑揚のある読み方になっているでしょうか?• トランスクリプト(テキスト)を確認 トランスクリプトを見て、文章全体の内容やメッセージを把握したり、聞き取れなかったり単語やわからない単語の意味を確認します。 シャドーイング(2回目) テキストを見ずに録音もしながら2回目のシャドーイングに挑戦します。 文章の意味や単語を確認した後なので、1回目よりもできているはずです。 また、1回目で声が小さかったり、抑揚がないシャドーイングをしていた場合は、その点にも注意しながら練習すると効果的です。 慣れてきたら文章の意味にも意識を向けながら、練習を重ねていきましょう。 シャドーイングをするときの注意点として以下の点が挙げられます。 しっかり声を出して練習する 聞こえてくる音声をただ真似て発音しているだけでは効果は出ません。 スピーキング力アップのためには、まず伝わる声で話しているかがとても重要です。 ぼそぼそと小さい声で音声についていくのではなく、大きな声でしっかり声を出して練習しましょう。 自分の練習音声を録音すること しっかり声を出してスムーズに発音できているかなどを確認するためには、自分のシャドーイング練習の声を録音するのがお勧めです。 自分の声を録音するのは、最初は少し抵抗があるかもしれませんが、どこが発音できていないのか、ごまかしてしまっている箇所はないかを把握することで、自分の弱点を確認することができます。 自分に合った教材を使うこと 教材は、難しすぎても簡単すぎてもよくありません。 自分のレベルに合った教材を選ぶことも大切です。 最近はトランスクリプト(テキスト)付きの音声教材がインターネットで簡単に入手できますので、「理解できて、興味が持てる内容」を選んでみましょう。 いきなり何も見ずにシャドーイングは難しいと感じたら、トランスクリプトを先に見る、またはトランスクリプトを見ながらシャドーイングをするという方法もあります。 ひとつ良い教材が見つかったら、完全にマスターできるくらいまで何度も練習することも大切です。 情景を思い浮かべながら シャドーイング練習に適した音声教材は、できれば「誰かに向かって語りかけているスピーチ」を使うと良いでしょう。 例えば、TEDなどはお勧めです。 ただ英文を真似して繰り返すのではなく、話している人の感情や抑揚、周りの風景などを想像しながらシャドーイングを行うことで、相手に伝えるためにスピーカーが工夫している英語の強弱など、より使える英語が身についていきます。 シャドーイングには英語学習者にとっても多くのメリットがあります。 ぜひ学習に取り入れて英語を上達させていきましょう。

次の

シャドーイング

シャドー イング アプリ

シャドーイングという英語学習方法をご存知でしょうか? 「英語のリスニングが出来ない」という方や、「英語が口から出てこない・・・」という初心者から上級者までのあらゆる人にオススメな勉強方法がシャドーイングです。 今回は大学でシャドーイングの方法を学んだ僕が、効果的にシャドーイングを英語学習に取り入れる方法をご紹介します。 シャドーイングの練習をある程度こなすと、実際に英語で話すトレーニングが必要になってきます。 などを活用して、英語のアウトプット量を増やしていきましょう。 僕が社会人になっても毎日英会話の勉強を続けられているのは、のアプリを使って、通勤中に勉強する習慣をつけたからです。 シャドーイングにも効果的な学習カリキュラムも組まれてます。 公式サイト: 今なら7日間無料体験を実施中! タップできる目次• シャドーイングは通訳の練習プログラムに使用されているほど、実践的な英語学習プログラムとなります。 Youtubeで英語の勉強方法を紹介されているATSUさんのこちらの動画でシャドーイングがどんな練習方法かのイメージがつかめますのでぜひ! では次に、シャドーイングをどのようにやっていくかの方法を見ていきましょう。 シャドーイングの効果とは? 英語の発音がよくなる シャドーイングを続けていけば、英語の発音はよくなってきます。 これは言語を習得するときに、「真似る」という行為の練習を行っているからです。 発音の矯正を行いたい方は、発音についても同時に勉強していくのがオススメです。 で紹介している本で、英語の音の出し方を勉強しましょう。 リスニング能力が高くなる シャドーイング学習をすることで、英語のリスニング力が高くなります。 なぜなら、英語の音を意識して聞く練習が出来るので、効果的なリスニング学習になるからです。 スピーキング能力が高くなる シャドーイングの練習をしていくと、英語でのスピーキング能力が高くなっていきます。 イントネーションなどを真似してそれが定着することで、自然と口から英語が出てくるようにまでなります。 シャドーイングの効果の期間は学習量や、英語の経験によって変わってきますが、1ヶ月ぐらい継続してやると、英語の音には必ず慣れてくる段階にはなります。 シャドーイングのやり方とは? シャドーイングのやり方についてはこんなツイートをしました。 シャドーイングはこの3つの勉強方法の繰り返し 📘マンブリング つぶやき) 📘プロソディシャドーイング 音に意識 📘コンテンツシャドーイング 意味に意識 ただ繰り返すだけの練習では成果が出にくいので、 上の3つは絶対意識してやった方がええよ〜 — もりぞー 英語ブロガー englishinform 僕がおすすめするシャドーイングのやり方を一つ人つ確認していきましょう! 教材を探す まずは自分のレベルに合った教材を探しましょう。 初心者の方がいきなり上級レベルの教材を購入するのはオススメできません。 シャドーイングの教材を選ぶ時のコツは、「少し早いな~と聞こえる」ぐらいの音声教材を選ぶことです。 後程オススメの教材をレベル別に紹介するので、参考にしてみて下さい。 次は、実際にシャドーイングをする教材の音声を聞きましょう。 リスニング まずは教材の音声をリスニングしてみましょう。 意味をすべて理解する必要はこの段階では必要ありません。 マンブリング マンブリングとは「ぶつぶつ」とつぶやく事です。 リスニングで聞いた同じ教材を再度聞きながら、聞こえる音を「 つぶやき」ましょう。 マンブリングのポイントは、可能な限り音声のスピードについていく事です。 プロソディ・シャドーイング プロソディ・シャドーイングとは、「 音」に注目しながら行うシャドーイングです。 聞こえてきた音を可能な限り同じようにシャドーイングします。 プロソディ・シャドーイングの目的は、発音やイントネーションを取得することです。 プロソディ・シャドーイングでは、音声の意味を理解する必要はありません。 コンテンツ・シャドーイング コンテンツ・シャドーイングは、「 意味」に注目しながら行うシャドーイングです。 プロソディ・シャドーイングとは違い、音声の「意味」を理解するのを1番にシャドーイングします。 ここでは発音やイントネーションは気にしなくていいです。 スクリプトを見ながらオーバーラッピングする コンテンツシャドーイングを終えたら、教材のスクリプト(英文 を読みながら、音読をして見ましょう。 このやり方を、オーバーラッピングと言います。 スクリプトを見ることで、どの単語がうまくシャドーイングで再現できてなかったを確認することができます。 英語で会話をする シャドーイングの練習を継続することが出来たら、実際にシャドーイングで身についたイントネーションや英語の表現を英会話でアウトプットしましょう。 自宅やスマホでできるオンライン英会話は、気軽に始めれて価格も安いのでオススメです。 やは無料体験レッスンから始めることができるので、まだオンライン英会話をやったことがない人は力試しのつもりでやってみましょう。 シャドーイングが上手くできない時のコツとは? 英語初心者の人にとっては、シャドーイングは最初難しく感じるかもしれません。 その理由は、発音やイントネーション、文法など全てを完璧にしようと思ってしまうからです。 しかし、これがシャドーイングが上手くできない原因なんです。 シャドーイングができるようになるためには、下記のことに気をつけてください。 自分の発音は気にしない 自分の発音を最初はきにする必要はありません。 シャドーイングの練習に慣れてきてから、音声メモなどを利用して発音確認をすれば十分です。 英語の発音練習はシャドーイングだけだと足りません。 母音や子音の口の動きを練習する必要があるので、下記の関連記事で紹介している発音本を参考にしてください。 関連記事: 文法は気にしない 文法を気にしているとシャドーイングのスピードについて行けなくなります。 こちらも発音と同様で、最初はわからない部分は無視しても問題ないです。 シャドーイングおすすめ教材 初級 初心者) 決定版 英語シャドーイング 超入門 上級レベルの方はこの本がオススメです。 映画の出演者のインタビューなどをシャドーイングできるのがこの本の特徴です。 Hulu は海外ドラマや映画が月額933円で視聴することができるサービスです。 海外ドラマや映画が見放題になるHuluでシャドーイングを実践してみましょう。 ドラマや映画はかなり英語のスピードが速いのと、アクセントが俳優さんによって違ってきたりするのでかなり上級者向けです。 しかし、映画やドラマによってもシャドーイングに適しているものもあるので、今後紹介させて頂きますね。 なので、まだ試したことない方は一度試してみて下さい。 シャドーイングにおすすめな無料サイト 初級編 VOA は、VOICE OF AMERICAというアメリカのニュース番組です。 アメリカは移民が多い国なので、英語が第二言語の方が多いです。 そんな英語が第二言語のためにも優しい英語のニュースサイトが、VOAです。 VOAでは英語のレベル毎にニュースが分かれていたりするので、英語学習者(特に初心者には!)かなり優しいニュースサイトだと言えます。 Learning English-BBC は、イギリスのBBCが提供する英語学習のためのコンテンツです。 通常のBBCのニュースよりもスピードがゆっくり話されるのに加え、英文法や英語の発音など「英語学習」を英語で行うことができるサイトです。 シャドーイングのおすすめアプリ スタディサプリENGLISH はリクルートが提供している英会話学習アプリです。 AppStoreの教育カテゴリでも1位を獲得している人気アプリです。 僕も実際にダウンロードして使ってますが、アプリなので2〜3分の隙間時間ですぐに勉強することが可能です。 公式サイト: TED は知っている人も多いと思いますが、様々な分野の先駆者のプレゼンテーションが観れるサイトです。 では、他のシャドーイングに役立つアプリを紹介してますので、ぜひ一度ご覧ください。 シャドーイングの音声の録音に役に立つICレコーダー シャドーイングに役立つのは、自分の音声を録音できるICレコーダーです。 録音した音声を聞くことで、実際にどんな英語の発音やイントネーションを行っているかを確かめることが可能です。 自分の音声を聞くことで、改善前と改善後の比較をすることができるようになるでしょう。 シャドーイングは初心者には難しい? 英会話初心者の人がシャドーイングを始めて挫折してしまう理由があります。 教材選びを間違えている 多いのが、初めから英語のスピードが早い教材を選んでしまっていることです。 自分のレベルに合わせた教材を選んで、挫折しないことが大切です。 意味を理解しようとし過ぎている シャドーイングでは「音」を意識して行うプロソディーシャドーイングと、「意味」の理解を意識して行うコンテンツシャドーイングがあることはご紹介しました。 しかし、コンテンツシャドーイングにおいても、完璧に意味を理解する必要はありません。 完璧を目指すとどうしても分からないときにモチベーションが下がるのが、避けたいデメリットとなります。 発音記号がわからない 英語の母音や子音の発音の仕方がある程度理解できていないと、いくらシャドーイングを練習しても上達しません。 を同時に行うのがおすすめです。 では、初心者の人が現在悩んでいるリスニングの課題を解決できるアプリや教材を紹介してます。 まとめ で勉強するにはかなりの根気が必要です。 なども増えてきてますので、ぜひ一度検討してみてください。 ディクテーションに挑戦してみたい方は、も参考に。

次の