いで ぼく ソフト クリーム。 カウリゾートいでぼくは富士山の裾野に広がるナイスロケーション~牛を見ながらピザやソフトクリームを【静岡旅行記2】

富士山高原いでぼく 足柄SA上り線店

いで ぼく ソフト クリーム

「井出種畜牧場」の「いでぼく」 「いでぼく」は静岡県富士宮市北山の国道139号線から離れた北山小学校近くにある「井出種畜牧場」の事です。 明治初期に農業を始め、1960年より酪農を開始し、1996年に有限会社井出種畜牧場を設立しました。 牛を飼育するだけでなく、牛乳処理工場やミルクハウスを開業し、牛乳やアイスクリームを直売しています。 2001年にはヨーグルトも製造し、2004年にチーズ工房を開設したりと生産直売体制を一貫して行っています。 生産から販売まで一貫して管理、責任を負う事で高品質で安全な商品を提供しています。 2008年には「しずおか農水産物認証制度」を取得し、安心安全な「いでぼく」ブランドとして親しまれています。 日本でも珍しい3種類の乳牛の同時飼育 「いでぼく」の牛舎では「ホルスタイン種」、「ジャージー種」、「ブラウンスイス種」の3種類の牛を飼育しています。 一つの牧場で3種類の牛を飼育しているのは日本でも珍しく、それぞれの特徴を生かした製品を販売しています。 「ホルスタイン種」は黒と白模様の最も一般的な種類の牛で、日本の乳牛のほとんどがこの種類です。 乳質は薄めで乳脂肪分は3. 6%前後とあっさりとした牛乳です。 「ジャージー種」はイギリスジャージー島原産の淡い褐色の牛です。 乳量はホルスタイン種より少ないですが、乳質は濃く、乳脂肪分も5%近くあるコクのある牛乳が搾れます。 のソフトクリームはジャージー牛のソフトでコクがあって美味しいと評判が高いです。 「ブラウンスイス種」は黒褐色からシルバーがかったブラウンのスイス原産の牛です。 乳質はあっさりしていますが、舌触りは滑らかでコクがあり、乳脂肪分は4%前後あります。 日本ではほとんど飼育されていない稀少種ですが、乳質はナチュラルチーズ作りに適しています。 「しずおか農水産物認証制度」取得 「いでぼく」は静岡県の農水産物の生産者の安全・安心を認証する「しずおか農産物認証制度」を2008年に取得しました。 2011年3月には43件の生産者が取得していますが、野菜や茶などの農産物が27件、豚、牛や採卵鶏などの畜産物が15件、うなぎ等の水産物が1件となっています。 「いでぼく」は乳用牛の部類で初めて取得しましたが、同部類では他に1件のみにとどまっています。 認証制度は農水産物生産者の安全性確保及び情報提供のシステムを認証するもので、具体的には飼育管理法令等の遵守、安全管理情報の提供、消費者とのコミュニケーションについて県が審査及び認証するものです。 製品自体を保証又は認証するものではありませんが、生産者の製品の製造工程の取り組みを認証する事で安心安全な農水産物の普及促進に努めています。 「いでぼく」では牛舎での乳牛の飼育管理、搾乳から牛乳、チーズ、アイス等の乳製品の製造を一貫して行っており、製造の川上から川下まで責任を持って管理しています。 自社生産販売の乳製品 「いでぼく」では乳牛の飼育から乳製品の製造及び販売まで行う自社生産販売体制を確立しています。 自社で乳牛の飼育まで行っているので、新鮮で管理の行き届いた高品質な原料を使って、原料の特徴を生かした高品質の商品を提供しています。 3種類の乳牛を飼育している事からも商品の種類は多岐に渡り、「ホルスタイン種」、「ジャージー種」、「ブラウンスイス種」の各特徴を生かした商品を販売しています。 「牛乳」はもちろん、「ヨーグルト」、「ジャム」、「ジェラート」、「キャンディー」、「ミルクロール」、「ミルクあめ」、「生キャラメル」、「チーズケーキ」、そして「牛乳石鹸」まであります。 「牛乳」でも乳牛の種類によって3種類あり、どれも口当たりや濃さは違います。 「いでぼく」製品取扱店 「いでぼく」の乳製品は本社直売所「ミルクハウス」だけでなく、県内外でも手に入れる事ができます。 富士宮市内のスーパーでは牛乳を販売しています。 又、東名高速道路牧之原SA、富士川SA、由比PA、愛鷹PA、足柄SA、海老名、中井SAでは牛乳やソフトクリームなどの各種乳製品を取り扱っています。 又、静岡109の1階のセレクトショップ「CHAURU」でもソフトクリームを販売しています。 各所の規模や取扱商品は異なりますが、富士川SA(上り)・ や海老名SA(上り)でも「いでぼく」の牛乳やソフトクリームを味わえます。 最近では山梨県富士河口湖町本栖の にも出店しており、各地で「いでぼく」の味を楽しめる機会が増えています。 いでぼく のソフトクリーム。 自社牧場の新鮮牛乳やチーズをふんだんに使い、又地元産の野菜や肉を材料にしたピザやハンバーガーが自慢です。 ハンバーガーは「朝霧牛」、「萬幻豚又はLYB豚」、「富士の鶏」の3種類から選ぶ事ができ、単品でもポテトやサラダがつくプレートセットでも注文できます。 自家製チーズがのったピザも「ジェノベーゼ」、「ラタトゥーユ」、「大地」の3種類あります。 ドリンクは「いでぼく」自慢の牛乳をはじめ、「シェイク」、「ロックミルク」などもあります。 ショップはウッドデッキもあり、周囲は緑に囲まれて、まさにグリーンフィールド、大地の感覚に触れながら食事を楽しめます。 北山インターを降りて県道414号線を北上 「いでぼく」は国道139号線の北山インターを降りて、県道414号線を 「白糸の滝」 方面に北上する途中の道からわずかの北山小学校の近くにあります。 国道139号線沿いにはなく、大きな看板で道案内している訳でもないので少々わかりづらい場所にあります。 これから訪れようという方はナビや地図であらかじめ調べておいた方が良いかもしれません。 北山インターを降りて、大石寺方面へ西に向かうと県道414号線との交差点があります。 交差点の西側には北山郵便局があり、414号線を1キロほど北上すると東側に斜めに入る道路があって、「いでぼく」の看板が出ています。 その看板さえ見つければあとはその小路に入っていけば「いでぼく」に辿り着けます。

次の

いでぼくソフトクリーム | NEOPASA静岡 下り | サービスエリア★グルメ

いで ぼく ソフト クリーム

2019GW静岡旅行記 1. カウリゾートいでぼくは富士山の裾野に広がるナイスロケーション~牛を見ながらピザやソフトクリームを(この記事) 3. COW RESORT IDEBOK(カウリゾートいでぼく)in 人穴 カウリゾートというその名の通り… 富士山の麓で牛が放牧 前回の記事に、はてなブックマークでコメントいただきました。 牧場カフェの中にまさか牛がいてるんではないですよね。 Green さん そう、 牛がいてるんですよ。 上の写真はカフェの店舗じゃなくて、 牛の牧舎です。 ここでは牛たちが 放牧されて、草を食べたりゴロゴロしたり思い思いに過ごしてます。 爽やかな空気の中で、お天気も良くて、 とても気持ちよさそうでした。 そして 牧舎の前で振り返ると… この 絶景。 雄大な 富士山の裾野まで全部見えて、幸せそうな 牛たちと一緒にナイスな写真が撮れます。 GWなのに混んでない ここを訪れたのは 5月3日の13時頃。 富士山周辺の 国道は大渋滞していたのに、 県道71号富士宮鳴沢線に入ると嘘のように車が少ない。 その理由は、県道71号沿いに 観光施設や食事できるところが少ないからだと思います。 COW RESORT IDEBOK(カウリゾートいでぼく)の駐車場にも、すぐに車を停めることができました。 そして牧場の店舗らしき方に向かっていくと、全てが 新しくてピカピカな感じ。 公式ページを見ると 4月27日にオープンしたばかりのようです。 そして 検索しても、ほとんど情報が出てこない。 お客さんは、ここを目指して来た人じゃなくて、 通りがかりの人ばかりだと思います。 だからGWのお昼ご飯時なのに混んでなかったんですね。 ここは、とっても ロケーションがよくて気持ちいいので 穴場だと思います。 牧場の一角にカフェ 牧場の中には、こんな素敵な カフェがあります。 ジェラートやソフトクリームなどの テイクアウト窓口は、テラスから注文できるようになってます。 イートインは、中で食券を買って受付の人に渡します。 メニュー詳細は後ほどご説明します。 ピザが美味しい 私達はピザとコーヒーを注文しました。 これは ピッツァ生ハムジェノベーゼ。 こちらは ピッツァ大地の箱根野菜です。 生地はしっかりしたタイプで食べごたえがありました。 チーズの風味が良くて、野菜の新鮮なシャキシャキ感と合って 美味しかったです。 富士山を見ながら外でランチ COW RESORT IDEBOK(カウリゾートいでぼく)は 外で食事できる席がたくさんありました。 カフェの建物にも テラス席があって、上の写真のように ウッドデッキ席もあります。 他に パラソルの付いたテーブル席もいくつかありました。 ピザが出来るまで少し時間がかかりましたが、 富士山を眺めながらのんびり座って待つことができて、とてもよかったです。 ポニーの親子 駐車場の横に ポニーの親子がいました。 おとなしく草を喰んでて可愛かったです。 間近で眺められるので、 小さい子に大人気でした。 COW RESORT IDEBOK(カウリゾートいでぼく)のカフェメニュー それでは、新しくオープンしたばかりのカウリゾートいでぼくカフェではどんなものがいただけるか、メニューをご紹介します。 イートインとテイクアウトでメニューが違います。 ピッツア大地の箱根野菜 1,000円• ピッツア生ハムジェノベーゼ 1,000円• ピッツアきのこラタトゥーユ 1,000円• ピッツアくぬぎ鱒チーズ 1,000円• チーズ盛り合わせ(4種) 1,200円 肉料理 肉料理にはライス・スープがついています。 牛ステーキ 2,200円• 青木養鶏場のコンフィステーキ 1,350円• 富士赤豚ステーキ 1,400円• ローストビーフ盛 1,800円 パン• くるみまかないパン1切(オリーブオイル・塩) 380円 デザート• AKITUショコラ 680円• フレンチトースト(平日限定) 680円 ドリンク• 静岡麦酒 600円• 自家製コーンスープ 300円 テイクアウトメニュー• ソフトクリーム(コーン・カップ) 400円• ヨーグルト 300~480円 トッピングとソフトの有無で値段が変わります• ジェラートバー 300円• ジェラートパフェ 680円• クレープ 480~580円 イートイン・テイクアウト共通メニュー くるみまかないパン1斤 1,500円 コーヒーゼリーソフト 400円 ミルク• ホルスタイン(ホット・アイス) 150円• ブラウンスイス(ホット・アイス) 300円• ジャージー(ホット・アイス) 250円• コーヒー牛乳(ホット・アイス) 270円 ドリンク• コカ・コーラ 200円• オレンジジュース 200円• 烏龍茶 200円• ジンジャーエール 200円• コーヒー(ホット・アイス) 250円 イートインでは、しっかり目のものが食べられる感じです。 COW RESORT IDEBOK(カウリゾートいでぼく)のアクセス COW RESORT IDEBOK(カウリゾートいでぼく)は 富士山の西側にあります。 国道139号線ではなく 県道71号富士宮鳴沢線沿いにあるのでご注意ください。 今なら 割と空いていてスムーズに利用できると思います。 住所:静岡県富士宮市人穴728 電話:0544-52-3697 まとめ 渋滞を回避するため、違う道に入って偶然見つけたカウリゾートいでぼく。 ふらりと入ったら、ロケーションは最高でピザも美味しくてとてもいいところでした。 6月にはチーズ体験工房、そして宿泊施設もオープンするらしいです。 お天気のいい日にはとても気持ちのいい風景が広がります。 富士山方面へお出かけの際にはチェックしてみてください。 以上、本日は カウリゾートいでぼくは富士山の裾野に広がるナイスロケーション~牛を見ながらピザやソフトクリームを【静岡旅行記2】 という話題でした。 お読みいただき、ありがとうございます。 チーズ作れるのかな?行ってみたいね ピザのチーズもすごく美味しかったもんね 前記事の静岡旅行記1はこちらから。 続きの記事はこちらです。 sakusaku-happy.

次の

いでぼく グリーンフィールド 大地 (富士宮市) の口コミ11件

いで ぼく ソフト クリーム

夏!高速道路!と来ますと、そう、定番お約束の「ソフトクリーム」です!この番組でも、数多くのソフトクリームを紹介してきました。 「ミカンソフト」に「ピーナッツソフト」、トマトときゅうりがのった「トマQソフト」に「わさびソフト」などなど... そんな変わり種ソフトもいいんですが、やっぱり夏は王道のソフトクリームが美味しいですよね。 ということで今日は直球王道ソフトクリームを紹介します。 こちらです!「いでぼくソフトクリーム」350円。 これはその日の朝絞ったばかりの牛乳を加工した、無添加ソフトクリームなんです。 ザ・牛乳という王道ストレートソフトクリーム、早速溶ける前にいただきます!無添加なので、溶けるスピードが速いんですよ。。。 おおお、濃厚!美味しい!ミルクの香りと味がとにかく濃い!口の中であっという間に溶けちゃうのに、そのミルク風味はしっかりと残っているんです。 これは美味しい! 夏、ちょっと疲れたあなたをリフレッシュしてくれる「いでぼくソフト」オススメです!ただし、あっという間に溶けるので要注意ですよ... 価格や商品内容などは変わる可能性があります。 また、現在は取扱いのない場合もありますのでご了承ください。

次の