コペル プラス。 リタリコジュニアとコペルプラスどっちに通おうか迷っているあなたへ

コペルプラスの評判、口コミのまとめ【5分で読める】

コペル プラス

障害者手帳や療育手帳は必要ですか? 通所受給者証(市役所が発行)があれば、療育手帳及び障害者手帳が無くてもご利用いただけます。 障害かどうかも分からず利用するかどうか迷っています。 無料体験会及び説明会をうけてからじっくりご検討下さい。 お気軽にお問合わせください。 利用料金以外にかかる費用はありますか? 教材費はすべて含まれております。 別途かかる費用はありません。 兄弟で利用する場合は、料金が倍になるのですか? いいえ。 月額上限金額は1世帯あたりの金額になりますので、兄弟でご利用されても毎月の負担額は変わりません。 (市への申請要) 他の事業所を利用していますが、利用できますか? ご利用いただけます。 ご相談ください。

次の

コペルプラス西国分寺教室

コペル プラス

こんにちは、ゆうです。 今日は、大手療育 『リタリコ』と 『コペルプラス』についてお話したいと思います。 我が子は、リタリコ歴2年、コペルプラス歴半年です。 リタリコとは… 『リタリコ』は 一人ひとりにあった学びを提供する幼児塾+学習塾です。 公式HPはこちら。 コペルプラスとは… できることを伸ばし、自己肯定感を育む事を大事にしている療育・児童発達支援スクールです。 公式HPはこちら。 リタリコの特色 親との面談で決める目標に忠実に訓練を実施します。 目標までのコミット力で言えば、リタリコは最適かと思います。 ですので、 親自身がどこが今困っているのか、子どもがどうしたら生活がよくなるのかを十分に考えた上で、面談に臨まないと満足いく訓練は実施されないでしょう。 リタリコの口コミに関して… リタリコの口コミ…時々ひどいこと書かれていますよね(汗) たしかに、先生が入れ替わりが激しいのは改善点かと思います。 しかし、 誰が授業したとしても、ターゲットは親と責任者で決めているはずなのでそこはぶれないはずです。 ですので、先ほども申し上げましたが 『親がきちんと自分の子どもの現状を把握して、次の目標を先生方と相談できているか』にかかっていると思います。 そこが抜けてしまうと、不満ばかりが募ってしまうのだと思います。 新たに記事を追加しました。 リタリコジュニアに通っているママさんたちの口コミをまとめました。 先輩ママさんたちを読んで経験談を聞かせてもらったり、リタリコのほかの会社から障害児の将来の話なども聞かせていただきました。 とても助かりました。 私はこのリタリコライフで、お金・保険・住宅の相談をしました。 色々な経歴を持ったスタッフがいて、どの分野でもきちんとした資料や説明があり、とても助かりました。 ぜひ一度、相談してみてください。 絶対に後悔はしないと思います。 詳しくはこちらで解説しています。 コペルプラスの特色 七田式教育をご存じの方は、イメージがつくかと思います。 100玉そろばんやフラッシュを使って訓練を行います。 引用 とにかくこちらは インプットがメインです。 ですので、こちらに通いだしてすぐに効果があると期待するのはよくないでしょう。 幼児期という頭の柔らかい時期に沢山の事を見聞きさせたいという方には最適だと思います。 子ども達の集中力に圧巻です。 毎回違う先生が入ったとしても、同じようなパフォーマンスを引き出せていると感じます。 ここが、リタリコとは違う点かもしれませんね。 こちらも新たに記事を追加しました。 コペルプラスをおススメできないお子さんもいます 私の見解ですが…コペルプラスをおススメできないお子さんがいます。 それは、 聴覚優位のお子さんです。 一般的に発達障害の子ども達は、視覚優位で見て理解する方が得意な子どもが多いと思います。 新版K式発達検査でいうと、認知適応>言語社会タイプです。 しかし、これとは逆に聴覚が優位タイプがいます。 新版K式発達検査などで、認知適応<言語社会タイプです。 この子どもたちは、視覚的に提示されるものに弱いです。 聴覚で入れたほうが伸びるタイプなので、フラッシュには向かないと考えます。 学習系療育の前に、チェックしておくべき療育をご存じですか? まとめ 小学校までに机上課題が30分できるようになっていたい、小学校までに少しでも、鉛筆に慣れておきたい…など何か目的があり、それを絶対に達成させたい!と考えているなら、コミット力に長けているリタリコジュニアをおすすめします。 インプットを重視するなら、コペルプラスをおススメします。 我が子は、最初はぐずりながら行っていましたが、今となってはとても楽しそうに通っています。 参考になれば、幸いです。 今日もお付き合いいただきありがとうございました。 発達障害児のリハビリをご検討の方へ、感覚過敏・鈍麻について説明しています。 あわせてどうぞ。 記事が参考になったと思ったら、押していただけると助かります。 Twitterでは、子育て中の気づきを毎日発信しています。 フォローいただけると嬉しいです。 ママはいつでも100点満点! 今日も、頑張りすぎずにいきましょう!! syuhutago25.

次の

民間療育復活!?コペルプラスに行ってみた|我が家の自閉ちゃん

コペル プラス

株式会社コペルがフランチャイズ展開する児童発達支援スクール「コペルプラス」。 そもそも、児童発達支援スクールと聞いて、みなさんはどのような事業内容なのかイメージできるでしょうか。 「児童発達支援スクール」とは、障害児はもちろん、発達の遅れが気になるお子さまを対象とした、生活への不自由をなくすようなトレーニング施設のこと。 身近な地域で質の高い支援を必要とする児童が社会的に自立できるような療育を受けられる場を提供することで、障害児支援を強化しよう——そういう試みで2012年に児童福祉法が一部改正され、「児童発達支援スクール」が開設されはじめました。 そんなコペルプラスの療育(レッスン)に魅了されて法人加盟した「アイデアル株式会社」。 もともとは、通販の物流をメインに、印刷物の受注・管理、資材の調達などを事業内容として2012年に設立された会社です。 その後、2017年7月に埼玉県川越市に「コペルプラス川越教室」を、12月には幼児教育の「コペル」と併設する形で所沢教室を立て続けに開校しました。 アイデアル株式会社の代表取締役・田中博は、もともと大手物流系企業で25年の勤務歴を誇り、その内の15年間は店長として前線で活躍してきた人物。 そんな彼が独立するきっかけになったのは、今から約8年も前。 まだ、前職時代に店長として社会就労センターにダイレクトメールの封入作業を仲介したことがはじまりです。

次の