韓国 為替 ニュース。 韓国、ドル建て為替スワップの返済でデフォルト確定?

[ニュース実況++]韓国ウォン為替相場 USD/KRW★380

韓国 為替 ニュース

【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

[ニュース実況++]韓国ウォン為替相場 USD/KRW★380

韓国 為替 ニュース

韓国は、未だに「為替スワップ」を「通貨スワップ」と報道しているんですね。 「通貨スワップ」と思い込みたいのは分かりますが、真実は「為替スワップ」つまり年利4. 75%の短期の借金です。 現在、約2兆円の借金をしてますが、そんなに借金して返せる目処はあるんでしょうか? ドル建てだから返すのは大変です。 韓国のニュースです。 韓国銀行(韓銀)は3月19日、米連邦準備制度理事会(FRB)と600億ドル規模の通貨スワップ契約を締結した。 今月6日まで韓米通貨スワップ資金の入札は6回行われた。 第1-6回の入札によるドル供給額は198億7000万ドルと、韓米通貨スワップ契約限度(約600億ドル)の約30%水準だ。 FRBが3月に韓銀と通貨スワップを締結をする際、計9カ国の中央銀行と通貨スワップ契約を締結した。 韓国・オーストラリア・ブラジル・メキシコ・シンガポール・スウェーデンの中央銀行とは600億ドル、デンマーク・ノルウェー・ニュージーランドの中央銀行とは300億ドル規模だ。 期間は最短で6カ月。 FRBは声明を通じて「世界ドル市場の緊張を緩和し、国内外の家計・企業に対する信用供給に及ぼす影響を減らすため」と明らかにした。 FRBと3月に同時に契約を結んだ他国と比較すると、韓国の通貨スワップ資金活用度は多い方だ。 国際金融センターのイ・サンウォン副専門委員はアジア経済のインタビューで「韓国とシンガポールは、通貨スワップ限度が無制限の英国やスイス劣らず、すでに多くの資金を供給した」とし「日本は2258億ドル、英国は231億ドル、スイスは94億ドルの供給残額を保有中」と明らかにした。 メキシコは66億ドルを供給し、ノルウェーはほとんど応札がない。 また、ブラジルとニュージーランドはFRBと通貨スワップを締結したが、ドルの供給はしていない。 「為替スワップ」を「通貨スワップ」とは? 韓国は、分かっていて国民を騙しているのでしょうか? 韓国が結んでるのは、「為替スワップ」つまり単なる短期の借金契約です。 ドルを借りれるだけで、返済は韓国ウォンではなくドル、しかも金利付きで返済しなくてはなりません。 逆に「通貨スワップ」であれば、ドルを借りても、為替レートでウォン返済できます。 まぁ、ウォンなんかで返済して貰ってもアメリカには損にしかなりませんが・・! 韓国の民族性は、貸したほうが頭を下げて「どうか返してください」と言わないといけないらしく、そのためか日本が韓国に貸したお金は、今までほとんど返ってきていません。 つまり、貸し倒れですが・・・ただ米国にそれが通じるかどうかです。 ニュースの中で、日本は韓国の数倍だと書くことで、「韓国は何も問題ない」と国民を騙しにかかってます。 日本やイギリス、スイスは、通貨がハードカレンシーのため、アメリカとは無期限・無制限の「通貨スワップ」を締結しています。 既に円やポンド、スイスフランで交換済み、つまり自動的に返済済みということです。 日米のスワップは、引出限度額が無制限、有効期限が無期限の通貨スワップ協定ですので、米韓の為替スワップとは単純比較できないのです。 韓国は、外貨準備高が4,000憶ドルと称してますが、9割強が現金化できないジャンク債です。 そのため、市場介入(為替操作)に使えるキャッシュがなくて、サラ金(FRB)から為替スワップ(有利子の借金)しているということです。 しかも、借金していることが恥ずかしくて、国民にも「為替スワップ」とは言わず「通貨スワップ」と嘘をついているのです。 韓国は、限度額の半分まで借りて、残りの半分で返済の自転車操業をしようとしているのでしょう。 何度も言いますが、「通貨スワップ」ではありません。 「為替スワップ」でただの外貨借金です。 韓国は、来月から米への償還が開始されますが、今の状況ではデフォルト間違いなしでしょう。 韓国に、生き残る道、その起死回生策は「日韓スワップ」しかありません。 なぜなら、日本の円はハードカレンシー、つまり基軸通過であり、いつでもドルと無期限無制限で交換できるからです。 日韓スワップで得たドルでアメリカに返済し、日本にはウォンで返済する、つまりアメリカへの借金を返済するのに、日本を利用するということです。 韓国は、これからあの手この手を使い、強力に日本への「通貨スワップ」を要求してくるでしょう。 しかし、韓国は恩を仇で返す、意とも簡単に約束を反故にします。 しかも永遠にゴールポストを動かす、捏造歴史戦を繰り返してきます。 日本政府には、強く拒否していただきたいものです。 日韓議員連盟の動向も、国民全員で注視していく必要があります。 ブログ頑張りますので、応援クリックをよろしくお願いいたします。

次の

日本の底力!(韓国経済危機特集)

韓国 為替 ニュース

韓国は、未だに「為替スワップ」を「通貨スワップ」と報道しているんですね。 「通貨スワップ」と思い込みたいのは分かりますが、真実は「為替スワップ」つまり年利4. 75%の短期の借金です。 現在、約2兆円の借金をしてますが、そんなに借金して返せる目処はあるんでしょうか? ドル建てだから返すのは大変です。 韓国のニュースです。 韓国銀行(韓銀)は3月19日、米連邦準備制度理事会(FRB)と600億ドル規模の通貨スワップ契約を締結した。 今月6日まで韓米通貨スワップ資金の入札は6回行われた。 第1-6回の入札によるドル供給額は198億7000万ドルと、韓米通貨スワップ契約限度(約600億ドル)の約30%水準だ。 FRBが3月に韓銀と通貨スワップを締結をする際、計9カ国の中央銀行と通貨スワップ契約を締結した。 韓国・オーストラリア・ブラジル・メキシコ・シンガポール・スウェーデンの中央銀行とは600億ドル、デンマーク・ノルウェー・ニュージーランドの中央銀行とは300億ドル規模だ。 期間は最短で6カ月。 FRBは声明を通じて「世界ドル市場の緊張を緩和し、国内外の家計・企業に対する信用供給に及ぼす影響を減らすため」と明らかにした。 FRBと3月に同時に契約を結んだ他国と比較すると、韓国の通貨スワップ資金活用度は多い方だ。 国際金融センターのイ・サンウォン副専門委員はアジア経済のインタビューで「韓国とシンガポールは、通貨スワップ限度が無制限の英国やスイス劣らず、すでに多くの資金を供給した」とし「日本は2258億ドル、英国は231億ドル、スイスは94億ドルの供給残額を保有中」と明らかにした。 メキシコは66億ドルを供給し、ノルウェーはほとんど応札がない。 また、ブラジルとニュージーランドはFRBと通貨スワップを締結したが、ドルの供給はしていない。 「為替スワップ」を「通貨スワップ」とは? 韓国は、分かっていて国民を騙しているのでしょうか? 韓国が結んでるのは、「為替スワップ」つまり単なる短期の借金契約です。 ドルを借りれるだけで、返済は韓国ウォンではなくドル、しかも金利付きで返済しなくてはなりません。 逆に「通貨スワップ」であれば、ドルを借りても、為替レートでウォン返済できます。 まぁ、ウォンなんかで返済して貰ってもアメリカには損にしかなりませんが・・! 韓国の民族性は、貸したほうが頭を下げて「どうか返してください」と言わないといけないらしく、そのためか日本が韓国に貸したお金は、今までほとんど返ってきていません。 つまり、貸し倒れですが・・・ただ米国にそれが通じるかどうかです。 ニュースの中で、日本は韓国の数倍だと書くことで、「韓国は何も問題ない」と国民を騙しにかかってます。 日本やイギリス、スイスは、通貨がハードカレンシーのため、アメリカとは無期限・無制限の「通貨スワップ」を締結しています。 既に円やポンド、スイスフランで交換済み、つまり自動的に返済済みということです。 日米のスワップは、引出限度額が無制限、有効期限が無期限の通貨スワップ協定ですので、米韓の為替スワップとは単純比較できないのです。 韓国は、外貨準備高が4,000憶ドルと称してますが、9割強が現金化できないジャンク債です。 そのため、市場介入(為替操作)に使えるキャッシュがなくて、サラ金(FRB)から為替スワップ(有利子の借金)しているということです。 しかも、借金していることが恥ずかしくて、国民にも「為替スワップ」とは言わず「通貨スワップ」と嘘をついているのです。 韓国は、限度額の半分まで借りて、残りの半分で返済の自転車操業をしようとしているのでしょう。 何度も言いますが、「通貨スワップ」ではありません。 「為替スワップ」でただの外貨借金です。 韓国は、来月から米への償還が開始されますが、今の状況ではデフォルト間違いなしでしょう。 韓国に、生き残る道、その起死回生策は「日韓スワップ」しかありません。 なぜなら、日本の円はハードカレンシー、つまり基軸通過であり、いつでもドルと無期限無制限で交換できるからです。 日韓スワップで得たドルでアメリカに返済し、日本にはウォンで返済する、つまりアメリカへの借金を返済するのに、日本を利用するということです。 韓国は、これからあの手この手を使い、強力に日本への「通貨スワップ」を要求してくるでしょう。 しかし、韓国は恩を仇で返す、意とも簡単に約束を反故にします。 しかも永遠にゴールポストを動かす、捏造歴史戦を繰り返してきます。 日本政府には、強く拒否していただきたいものです。 日韓議員連盟の動向も、国民全員で注視していく必要があります。 ブログ頑張りますので、応援クリックをよろしくお願いいたします。

次の