アイフォン から パソコン に 写真 を 送る 方法。 【Windows10】iPhoneの画像をパソコンに取り込みたい

無線で写真をiPhoneからコンピュータに転送する

アイフォン から パソコン に 写真 を 送る 方法

ファイルには、写真や動画、音楽、Excel 、Word 、PDF 、テキストなどがあります。 ご紹介するのは次の方法です。 1. 2. 3. 4. 5. おススメの方法は、1.パソコンソフトを使う方法で紹介している「AnyTrans」を使う方法です。 尚 iOS端末には、パソコンのようなファイラー機能がないので、自由にファイルを操作(検索・移動・コピー・削除など)することはできません。 詳しくは次を参照ください。 6. 1.パソコンソフトを使う方法 iOS端末とパソコン間でファイル転送できるパソコンソフトがあります。 例えば「AnyTrans」はiOS端末と他のiOS端末、パソコン、iTunes、iCloud間で様々なデータを双方向に転送できるソフトです。 ですから iOS端末とパソコン間で写真、音楽、ビデオ、メッセージ、連絡先、カレンダー、メモなどを転送できます。 さらに、iOS端末間でデータの転送ができるので、データの引き継ぎにも使えます。 参照:「」iOSデータ管理・転送ソフト 各ソフトの詳細はつぎのリンク先が参考になると思います。 参照: 2.iOS アプリを使う方法 (1)iOS アプリで写真・動画を転送する方法 『PhotoSync』や『Photo Transfer 3. 0 wifi』は iOS端末とパソコン間で写真や動画を手軽に送受信できるアプリです。 USB ケーブルで接続する必要がないので手軽です。 様々な連携方法でファイルをアプリに取り込んで、閲覧できます。 クラウドストレージサビス(Dropbox、Googleドライブ、OneDriveなど)とも連携できます。 対応しているファイルには、PDF、画像、音声、動画、MS Office文章、EPUB形式のebook、HTMLのウェブページなどがあります。 USBケーブルを利用しますので、転送速度が高速です。 具体的な方法については、次のリンク先を参照ください。 参照: 参照: (2)iTunesを使って各種ファイルを転送する方法 パソコンの iTunes を使って Office文章や PDFなどを iOS端末内のアプリにコピーできます。 例えば、アプリ「GoodReader」にコピーする場合は、iOS端末とパソコンをUSBケーブルで接続し、 iTunes画面の「App」タブの下にある「ファイル共有」から「GoodReader」をタップし、 「GoodReaderの書類」スペースにファイルをドラッグ&ドロップすればコピーされます。 もう少し具体的な手順は次のリンク先を参照ください。 有名なクラウドストレージサービスには、『Dropbox』や『Googleドライブ』、『OneDrive』などがあります。 通常それぞれの端末に専用のアプリをインストールして利用します。 初心者の方は 2GB まで無料で利用できる Dropbox が使いやすいと思います。 Dropbox に入れたファイルを閲覧したい場合は、ビューワーアプリ GoodReader を使うと便利です。 GoodReader は、PDF や MSオフィス文書の閲覧、動画や音声ファイルの再生機能があります。 『VENSAN-CD』は iOS端末に直接接続して使える SDカードリーダーです。 『AirStash MAS-A02 』は iOS端末から SDカード内の写真・動画などに無線でアクセスできる機器です。 これらの機器を使えば、スマートフォンやタブレット、パソコンなどの間で写真や動画、音楽、文章などのデータ交換ができたり、 メディアに入れて持ち歩くことができるので大量の写真や動画などのデータを利用したい方にはとても便利です。 利用にはそれぞれ専用のアプリを使います。 扱えるファイルの種類は、機器により異なります。 USBケーブルや Wi-Fi環境は必要ありません。 つまり無理やりあるファイルを iPhone のどこかに入れてもアプリから使うことはできません。 ファイルはアプリ毎に管理されているイメージです。 あるアプリが管理しているファイルを他のアプリが勝手に操作することはできません。 netなど)と連携するなどの方法があります。 利用するアプリにより扱えるファイルの種類は異なります。 Copyright C by kumasystem. info ALL RIGHTS RESERVED.

次の

パソコンからiPhoneへ写真を転送する方法

アイフォン から パソコン に 写真 を 送る 方法

iPhoneで撮った、スクリーンショット、サイト・LINEなどのSNSから保存された写真をパソコンに取り込みたいと思っていますが、結構沢山あるので、メールで1個1個添付で送るのは面倒だし、iTunesでもできないです。 その際、というソフトを強くおすすめします。 なぜかいうと、このソフトは次のようなメリットを持っているからです。 AllFilesをおすすめ理由 AllFilesは業界初iOSデバイス上のファイル管理に特化したデスクトップ向けソフトウェアとして、iPhone・パソコン間でデータを手軽に取り込みます。 さらに、このソフトには次のようなメリットも持っています。 双方向 - iPhone・パソコン間で写真を自由に取り込みます;• 安全 - iPhoneから入れた写真の画質が劣化しなく、サイズも変化しません;• 便利 - パソコンに保存する前に、Windowsフォトビューアー(Macなら、プレビュー)で閲覧できます;• 高速 - 1分間で800枚の写真をパソコンに送ります;• 多機能 - iPhoneからパソコンに写真を送るだけでなく、iPhone・クラウド、パソコンとクラウド、iPhoneと他のiデバイス間でも、写真を転送できます;• 多種類なデータをサポート - 写真のみならず、音楽、ビデオ、アプリデータ、ブック、text、ワード、Excelなどさまざなデータをサポートします。 iPhoneからパソコンに写真を一括・個別に送る方法 Step 1:AllFilesをダウンロードしてインストールします > iPhoneをパソコンにつなぎます > ホーム画面で「iPhone」をクリックします。 ここで、iPhone 7を例します。 - 写真をパソコンにドラック&ドロップしたら、iPhoneからパソコンに写真も送ります。 - 右のウィンドには、選択された写真のサイズ、撮影時間などが表示されます。 おすすめ記事: まとめ 以上はiPhoneからパソコンに写真を入れる方法です。 写真の画質もサイズも変化しなくてiPhoneからパソコンに写真を送るには、AllFilesをおすすめします。 そして、このソフトには次のようなメリットも持っています: 1. 異なるクラウドストレージ間でのファイル移行やコピーを行うこともできます。 大画面ウィンドウでファイル管理し、一目瞭然です。 写真のほか、動画、音楽、ブック、アプリデータ、ドキュメントなどでもパソコンに入れます。 Mac・Windowsパソコン両方とも対応しております。

次の

【Windows10】iPhoneの画像をパソコンに取り込みたい

アイフォン から パソコン に 写真 を 送る 方法

パソコンはMacでもWindowsでもおこなうことができます。 方法は、まずiCloudフォトライブラリを有効にします。 iPhoneの方では、ホーム画面から設定アプリを開き、iCloudを選択します。 次に写真を選択し、iCloudフォトライブラリをオンにします。 そして、Macパソコンに転送したい場合は、Macのシステム環境設定を開き、iCloudを選択します。 そして、写真の横のオプションをクリックし、iCloudフォトライブラリを選択します。 もし転送したいパソコンがWindowsの場合はWindows用iCloudをダウンロードしたうえで、写真の横にあるオプションを開きiCloudフォトライブラリを選択します。 Macに読み込む場合 Macに転送する場合は、iPhoneをUSBケーブルでMacに接続します。 もしSDカードを使っている場合は、MacのSDスロットに挿入するか、カードリーダーを使って接続します。 そして、iPhoneのパスコードを解除します。 すると、MacにiPhoneの写真Appが自動的に開きます。 すると、写真Appに読み込み画面が表示されます。 iPhoneに保存している写真と動画が全て表示されますので、Macに移したい写真等をクリックし、選択項目を読み込むをクリックします。 もし、全ての写真を読み込みたい場合は、すべての新規項目を読み込むをクリックすると良いです。 読み込みが完了すると、iPhone上に写真を残しておくか削除するかを選択します。 ここまで完了したら、Macから取り外せますので、安全に外します。 Windowsに読み込む場合 Windowsパソコンに読み込む場合は、iPhoneをパソコンに接続したうえでWindowsフォトギャラリーを使用します。 iPhoneをUSBケーブルでWindowsパソコンに接続します。 そして、Windowsフォトギャラリーに写真を読み込みます。 WindowsフォトギャラリーでiPhoneの写真を読み込む場合、向きが逆になったりすることがありますので注意が必要です。 この方法をおこなう場合は、転送先のパソコンでLINEアプリをインストールしておく必要があります。 そして、iPhone側とパソコン側をLINEで同じグループにし、あとは通常のLINEの使い方と同じです。 iPhoneから転送したい画像をメッセージで送ることもできれば、トーク内でアルバム作成することもできます。 これだけで、パソコン側からは、通常のLINEと一緒で画像が送られてきたり、アルバムに追加された画像を確認・保存することができます。 ネットさえ使える環境であれば、Wi-Fiネットワークでなくても簡単に画像転送することができます。 Androidでインターネットを... 403,148件のビュー• Android端末を利用している... 376,090件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 328,149件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 286,235件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 235,290件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 226,282件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 224,641件のビュー• Windowsを利用していると「... 216,312件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 208,202件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 190,381件のビュー.

次の