ワン ナンバー フォン ケース。 ワンナンバーサービスをApple Watchとワンナンバーフォンで切り替えて使ってみた

ドコモのワンナンバーフォン ON 01を手に入れました

ワン ナンバー フォン ケース

ワンナンバーフォンについて 今や多くの人が、あたりまえの用に使用しているスマートフォンですが、そのスマートフォン用の子機があるというのを知っていますか?この子機があるととても便利なので紹介します。 それが、DoCoMoで販売されているワンナンバーフォンON 01 です。 一番の特徴は電話のしやすさです。 このワンナンバーフォンは、押しやすいキーを搭載しています。 使いやすさに優れているのが大きなメリットです。 そのため、あらゆる世代が使いこなすことが出来ます。 また、機器自体がとても小さくて、持ち運びしやすいというのもとても魅力的です。 スーツの胸ポケットや、ストラップに付けて首から下げておくことが出来るので、外出する際にとても便利です。 どんな場面で使用するのか? この製品はどのような場面で活躍してくれるのか?というと、ランチタイムやちょっと近所に出掛けるなどという時に活躍してくれます。 スマートフォンは自分の家や会社においたままでもこの子機だけを持って行けば使えるので、とても便利です。 さらに、ワンナンバーサービスなら、親機、子機のどちらからでも同じ電話番号で電話をかけることが可能です。 また、プライオリティ着信機能というものがあります。 この機能では、取引先、実家、子供の保育園や幼稚園などの大切な所からの電話のみを着信させるという機能です。 これは初期設定ではオフですが、オンにすると使用することが可能です。 絶対に取り逃したくない電話を着信させることが出来るのはとても便利です。 また、この機能をオンにしておけば電話がなったら、それは重要な電話であるということをすぐに認識することが出来ます。 大切な電話を取り逃がしてしまうというリスクも大幅に減ります。 仕事関係の電話が多い人などにはとくに便利な機能と言えるでしょう。 便利な使い方について スマートフォンとこの子機を上手く使いこなせればさらに快適な、生活を送ることが出来ます。 電話のみをワンナンバーフォンで行い、その他のインターネット、動画、ゲームなどはスマートフォンで行うなどのように使い分けをすれば、バッテリーの節約にもなります。 また、ワンナンバーフォンで電話をしながら、スマートフォンで調べものをすることや、スケジュールの確認などをすることが出来るので、業務効率化にもつながります。 このように、仕事でもプライベートでも上手く活用することでさらに便利に使うことが出来るので、ワンナンバーフォンはとてもおすすめです。 nttdocomo.

次の

ドコモのワンナンバーフォン ON 01を利用してみた/様々な機種の子機として利用可能

ワン ナンバー フォン ケース

ワンナンバーフォン ON 01を選んだわけ 私も夫もスマートフォンを2台持っています。 1台はiPhone、もう1台はAndroid(Xperia)を所持しておりサポート対応するために両方の端末を手元にもっている必要があるのです。 カードケータイ KY-01Lの小ささはかなり魅力なので仕事で使っているiPhoneの番号を機種変更して電話のみの利用にしたとてiPhoneにはきっと何らかのSIMを挿して運用することになるため、番号を活かしたまま使えるワンナンバーフォン ON 01を選んだのです。 今回購入したのは夫のみで、私は購入を見送りました。 夫ほど頻繁に電話することがない上、iPhone 8はサイズが小さい為、持って電話してもそこまでストレスではないのです。 iPhone 8 Plusの夫は電話となるとかなりしんどかった様子です。 あまりに頻繁に電話がかかってくると接続しているBOSEのBluetoothヘッドセットの電池が切れてしまうこともあり、購入に踏み切りました。 ワンナンバーフォンはオプション扱いで月500円という負担の低さもありがたかったです。 機種も9800円(税抜)と安いですしね。 ワンナンバーフォン ON 01が手に入らない 実際、発売日とされた日に近くのDocomoショップに行ったのですが在庫がないと言われました。 そしていつ入荷するかも未定だと。 これはDocomoショップに限らずEDIONなどでも同じような状況でした。 オンラインショップで予約されるのが一番早いかもしれませんというアドバイスを受けてドコモオンラインショップで予約して購入しました。 たまっていたdポイントを当てたので支払金額も抑えられました。 なかなかdポイントを使う機会がないのでdocomoオンラインでとオススメしてもらってよかったです。 納期は大体1週間前後? 予約して1週間ほどで手元に届きました。 ちゃんとDocomo Online Shop用の箱を作ってるんですんね。 空けると結構スカスカ。 かなり小さい箱の様子です。 中身はON 01と納品書だけでした。 ON 01のパッケージが思っていた以上に小さい! ワンナンバーフォン ON 01を開封 卓上電卓ぐらいのサイズの箱に収まっています。 snapdragonが使われていることに驚き。 開けてみると本体と説明書・スタートアップガイドのみ。 電話機として使うのであれば物理キーがあるのは誤操作が少なく済んでよいです。 裏は注意書きのシールが貼られています。 剥がせば真っ白です。 ワンナンバーフォン ON 01を設定する iPhoneの番号を利用したい場合 ワンナンバーフォンの注意はAndroid端末の子機としての位置づけであるということ。 つまりiPhoneの子機にはなりません。 今回、夫はiPhoneで使っている番号をワンナンバーフォンとして利用したかったので、まずAndroidのSIMとiPhoneのSIMを差し替えて設定していきました。 AndroidとiPhoneの電話帳はどちらもGmailの共通アカウントを利用しているので差し替えても問題なく使えるのです。 一通りの設定が終わったらSIMを戻してしまいます。 一度ワンナンバーフォンに番号を付与さえすればあとは違うSIMのAndroidでも電話帳の同期はできるので問題なく利用することができます。 ワンナンバーフォン初期設定 スタートアップガイドの指示に従って操作すれば問題なく同期することができます。 今回はXperia XZ Premiumと同期しました。 まずはAndroid端末にワンナンバー設定アプリをインストールしておいてください。 まずは電源を入れてワンナンバーフォンを起動します。 しばらく起動に時間がかかります。 しばらくすると親機のワンナンバー設定アプリを起動して下さいと出てきます。 ここでAndroidのアプリを起動してマニュアル通り設定を行っていきます。 Bluetoothの同期が終わるとワンナンバーフォンへの電話番号の書き込みがはじまり、次に電話帳のコピーが始まります。 電話帳のコピーが終わるとワンナンバーフォン側のパスワードの設定など電話機としての設定を進めていきます。 ワンナンバーフォン ON 01のレビュー ワンナンバーフォン ON 01を1週間使ってみたのでレビューを簡潔にまとめておきます。 サイズ感が抜群、電話していても疲れない 電話子機というだけあって小さくて持ちやすいです。 手のひらにすっぽりおさまるサイズで55gしかないのでネックストラップで首からぶら下げていても肩がこりません。 角も落とされているので握って電話していても手が疲れません。 握りやすい形状なので長電話になってもつらくありません。 夫的には電話しやすいという最大のメリットを享受出来た段階でデメリットはある程度受容出来る様子です。 メリット・デメリットを以下の通りまとめてみました。 ワンナンバーフォンのメリット• 軽いので電話がしやすい• スマートフォンなしでも電話はできる• 電話番号は自動で同期される• 着信音がわりと大きいので気づきやすい ワンナンバーフォンのデメリット• Androidの発着信管理とワンナンバーフォンの発着信管理は同期しない つまりAndroidで電話にでるとワンナンバーフォンでは不在、逆もまたしかりになる• 画面ロックがハードキーで用意されていない ボタン長押しで解除されてしまうのでポケットにいれていると誤発信する可能性あり• 検索が前方一致のみ 仕事で使う場合、会社名+名前のようなスタイルで電話帳登録されている方も多いと思うが、名前で検索しようとしても前方一致スタイルなので検索できない• iPhone非対応 電話に特化していますが、デメリット部分は解消できただろうな~と思うので、解消されたら私も買おうかな。

次の

ドコモのワンナンバーフォンを活用する方法がないか色々考えてみました!

ワン ナンバー フォン ケース

「ワンナンバーフォン ON 01」 ワンナンバーフォンは、スマートフォンの子機として利用することを想定した電話機。 月額500円(税別)のワンナンバーサービスに申し込むと、スマートフォンと同じ電話番号で電話を受けたり掛けたりできるようになる。 対応する親機のスマートフォンは、Android 8. 0以上を搭載したドコモ端末。 初期設定時に親機のスマートフォンに専用アプリをインストールし、このアプリからワンナンバーサービスを契約。 その後ワンナンバーフォンに内蔵しているeSIMに、Bluetooth経由で親機の電話番号が書き込まれる。 それ以降は、手元にスマホがなくても、ワンナンバーフォンだけで通話やSMSが利用できる。 初期のワンナンバー登録手数料に500円(税別)が掛かるが、2018年11月30日までは無料となっている。 本体には1. 5型有機ELや物理型のテンキーを搭載しており、従来型ケータイを使っていた人にはなじみやすい形状だ。 ストラップホールも搭載しているので、首にぶら下げて持ち運べる。 機能は電話、SMS、電卓、アラーム、タイマーなどに限られる。 ブラウザやカメラ、ドコモメールには対応しておらず、外部メモリスロットも搭載していない。 OSは独自のもので、アプリの追加はできない。 親機と子機でペアリグしてから、アプリ経由でアドレス帳のデータを親機から子機に転送できる ちなみに、同時に発表された「カードケータイ」はワンナンバーフォンには対応しておらず、個別に回線を契約する必要がある。 タッチパネル対応の電子ペーパーディスプレイを搭載しており、小型スマホのような形状なので、スマホ初心者というよりは「先端の技術に関心がある人」を主なターゲットに据えている。 iPhoneは現時点ではワンナンバーフォンには対応していないが、Apple Watch Series 3と4のセルラーモデルで、ワンナンバーサービスを利用できる。 とはいえ、「電話を快適に使いたい」というユーザーにとって、Apple Watchはハードルが高い。 ワンナンバーフォンとiPhoneも技術的には対応できるはずなので、今後の改善を期待したい。 関連記事• スマートフォンの携帯電話番号をアクセサリ端末(子機)と共有できるNTTドコモの「ワンナンバーサービス」が、Androidスマートフォンにも対応する。 子機「ワンナンバーフォン」を購入した上で、スマホに専用アプリをインストールしてセットアップすることで使える。 「Apple Watch Series 3」セルラーモデル最大の特徴は、単体でモバイル通信ができることだが、どうやって設定するのか。 また注意すべきポイントは? 実機で設定をしながら確認した。 NTTドコモが2018年冬〜2019年春商戦向けの新製品を発表した。 ハイエンドから個性派ケータイまでバラエティに富んでいる。 現時点で判明している、ドコモオンラインショップの一括価格と実質価格をまとめた。 「Apple Watch Series 3」は単体でモバイル通信が利用できるのが大きな特徴ですが、MVNOのSIMではモバイル通信できません。 なぜそのようなことが起きているのでしょうか。 MVNOとAppleの関係も含めてまとめたいと思います。 ドコモの新製品発表会で、ひときわ大きな注目を集めていたのが「カードケータイ」だ。 厚さ約5. 3mm、重さ約47gという薄型軽量のボディーが大きな特徴だ。 このカードケータイでは何ができるのか? そして誰に向けたモデルなのか? 関連リンク•

次の