タクシー 代 払う ので 家 ついて行っ て イイ です か。 家ついて行ってイイですかを見逃した!再放送や無料動画はある?

外資系広告代理店で働く高学歴イケメンが『家、ついて』に登場!“ヴィレヴァン”のような自宅を公開

タクシー 代 払う ので 家 ついて行っ て イイ です か

水曜夜9時からテレビ東京で放送されている番組「家、ついて行ってイイですか? 」。 4月22日(水)の放送は「緊急事態宣言で・・・人生激変した人SP!」で3組のかたが登場しました。 59歳、元通産相の遠距離通勤おじさん• 21歳、薬物中毒の過去をもつ新宿のホステス• サイゼリア大好き、マッチョな中央大学3年生 「サイゼリア大好き、マッチョな中央大学3年生」が印象的でした。 アルバイト先のサイゼリアが大好きで、就職活動もサイゼリアの面接を受けて内定をもらっていました。 彼の考えるサイゼリアのトッピングオリジナル料理、めちゃくちゃ美味しそうなので今度試したいです。 番組内容・出演者 「家、ついて行ってイイですか?」は、こんな番組です。 住人の方の、印象に残った言葉をメモしておきます。 もう日本の絶頂期ですね。 給料の上がり方が半端じゃなかったですね。 給料が上がっていくことを考えれば『24時間働けます宣言』して夜中の3時くらいまで平均的に働いてたんで。 で、始発で帰って着替えて、1時間くらい寝て、で朝9時半には出勤すると・・・。 (部署は)専業政策局。 当時通産省で一番ヘビーな局。 」 番組「通産省大変でした?」 住人「いや楽しかったです。 めっちゃくちゃ楽しかったです。 周りからチヤホヤされて、我々のこの仕事で国が回ってるかと思うと、ヒーローみたいなかんじになった気分でした。 それが人生の最高の頂点でした。 」 番組「今働いているところは?」 住人「産業技術総合研究所。 自動運転化とか共同研究などをして、研究部門のトップが安全にマネジメントをしてるかどうかをチェックする。 政策の現場とちがってチヤホヤされることは全くないんだけれども、国民国家が潤うためには研究開発以外はありえないんですよ。 同じような元薬物中毒者の友人と共同生活をすることで、お互いがお互いを見張り合い、また元に戻らないように気をつけている。 ) 番組「夢とか目標って?」 住人「一番の夢は、ほんとに子ども食堂とかNPOをやりたいんです。 非行少年とか少女とかの窓口になりたいっていうか。 実際犯罪して全部が全部ダメな人間っていないし、粗探しする世の中じゃないですか。 人の良いところって絶対あるのに、それをみんな分かってるのに、1個犯罪を犯したことによって生きづらくなって、居づらくさせてるなって。 自分が10代のときに『こういう施設があったら』とか『こういう人がいればいいな』って思う、『こういう施設があったらよかったな』っていう施設を自分が作りたい。 サイゼの社員から貰ったものですね。 その社員がワインソムリエでワインの飲み方教えてくれて。 サイゼのワインめっちゃ美味しいんですよ。 毎日アルバイト上がった後、社員とかアルバイターが集まってワインを飲むっていうのが恒例行事なんですよ。 ミラノ風ドリア(299円)頼んで、出てきたらミラノ風ドリアをグチャグチャにするんですよ。 混ぜ込んだミラノ風ドリアに、グランモラビアチーズっていうのが誰でも自由に使えるんで、そのグランモラビアチーズというのを少しかけて、食べて赤ワインでキュッ。 飛びます。 」 番組「飛びますって何ですか?」 住人「意識が飛びそうになるんですよ。 なんか混ぜることによって、めちゃくちゃクリーミーさが増すんですよね。 一番おすすめしたいのは、アーリオ・オーリオ(299円のパスタ)、そこにガルムソース(149円)っていう焼肉のタレみたいな感じで。 それをスパゲッティーにかけたら、飛びます。 やばいす。 ありなんすよね。 最高ですよ。

次の

『家ついて』出演が夢だった女性、同棲中の彼に断られてブチギレ!婚約解消も視野に…

タクシー 代 払う ので 家 ついて行っ て イイ です か

水曜夜9時からテレビ東京で放送されている番組「家、ついて行ってイイですか? 」。 4月22日(水)の放送は「緊急事態宣言で・・・人生激変した人SP!」で3組のかたが登場しました。 59歳、元通産相の遠距離通勤おじさん• 21歳、薬物中毒の過去をもつ新宿のホステス• サイゼリア大好き、マッチョな中央大学3年生 「サイゼリア大好き、マッチョな中央大学3年生」が印象的でした。 アルバイト先のサイゼリアが大好きで、就職活動もサイゼリアの面接を受けて内定をもらっていました。 彼の考えるサイゼリアのトッピングオリジナル料理、めちゃくちゃ美味しそうなので今度試したいです。 番組内容・出演者 「家、ついて行ってイイですか?」は、こんな番組です。 住人の方の、印象に残った言葉をメモしておきます。 もう日本の絶頂期ですね。 給料の上がり方が半端じゃなかったですね。 給料が上がっていくことを考えれば『24時間働けます宣言』して夜中の3時くらいまで平均的に働いてたんで。 で、始発で帰って着替えて、1時間くらい寝て、で朝9時半には出勤すると・・・。 (部署は)専業政策局。 当時通産省で一番ヘビーな局。 」 番組「通産省大変でした?」 住人「いや楽しかったです。 めっちゃくちゃ楽しかったです。 周りからチヤホヤされて、我々のこの仕事で国が回ってるかと思うと、ヒーローみたいなかんじになった気分でした。 それが人生の最高の頂点でした。 」 番組「今働いているところは?」 住人「産業技術総合研究所。 自動運転化とか共同研究などをして、研究部門のトップが安全にマネジメントをしてるかどうかをチェックする。 政策の現場とちがってチヤホヤされることは全くないんだけれども、国民国家が潤うためには研究開発以外はありえないんですよ。 同じような元薬物中毒者の友人と共同生活をすることで、お互いがお互いを見張り合い、また元に戻らないように気をつけている。 ) 番組「夢とか目標って?」 住人「一番の夢は、ほんとに子ども食堂とかNPOをやりたいんです。 非行少年とか少女とかの窓口になりたいっていうか。 実際犯罪して全部が全部ダメな人間っていないし、粗探しする世の中じゃないですか。 人の良いところって絶対あるのに、それをみんな分かってるのに、1個犯罪を犯したことによって生きづらくなって、居づらくさせてるなって。 自分が10代のときに『こういう施設があったら』とか『こういう人がいればいいな』って思う、『こういう施設があったらよかったな』っていう施設を自分が作りたい。 サイゼの社員から貰ったものですね。 その社員がワインソムリエでワインの飲み方教えてくれて。 サイゼのワインめっちゃ美味しいんですよ。 毎日アルバイト上がった後、社員とかアルバイターが集まってワインを飲むっていうのが恒例行事なんですよ。 ミラノ風ドリア(299円)頼んで、出てきたらミラノ風ドリアをグチャグチャにするんですよ。 混ぜ込んだミラノ風ドリアに、グランモラビアチーズっていうのが誰でも自由に使えるんで、そのグランモラビアチーズというのを少しかけて、食べて赤ワインでキュッ。 飛びます。 」 番組「飛びますって何ですか?」 住人「意識が飛びそうになるんですよ。 なんか混ぜることによって、めちゃくちゃクリーミーさが増すんですよね。 一番おすすめしたいのは、アーリオ・オーリオ(299円のパスタ)、そこにガルムソース(149円)っていう焼肉のタレみたいな感じで。 それをスパゲッティーにかけたら、飛びます。 やばいす。 ありなんすよね。 最高ですよ。

次の

家ついて行ってイイですか・27歳美人女性芸術家&人気ユーチューバー元彼とは?1/17

タクシー 代 払う ので 家 ついて行っ て イイ です か

終電を逃した人に、タクシー代を払う代わりに「家、ついて行ってイイですか?」とお願いし、家をのぞかせてもらう完全素人ガチンコバラエティ『家、ついて行ってイイですか?』が、この春からゴールデンに進出する(毎週土曜19:54~20:54。 今やテレビ東京を代表する人気番組となった同番組の演出を手掛ける高橋弘樹プロデューサーにお話を伺った。 「放送時間帯は変わりますが、番組の内容は変わりません。 これまで通りエッジのきいた一般の方も登場します。 角が取れると面白味がなくなるので、躊躇(ちゅうちょ)なく人の人生が伝わるような番組にしたい。 とはいえ、視聴者層に多少の変化はあるはずですから、その点は意識していくことになるかと。 家族とテレビを見ている中で、他者の人生を見て何かしらの親近感を持ってもらえる番組にしなければいけないと思っています」(高橋氏、以下同) 『家、ついて行ってイイですか?』は、たまたまついて行った先で、その人の意外なドラマを発見することが大きな魅力となっている。 これまでにも、「離婚したばかり」「女装が趣味だった」「介護で仕事を辞めた」など、一般の方が抱えている数多くの悩みや夢が映し出されてきた。 高橋氏は、『世界ナゼそこに? 日本人 ~知られざる波瀾万丈伝~』『カメラ置いとくんで、一言どうぞ ~街中に、カメラ放置してみました~』など、一般人にスポットライトをあてた番組を手掛ける機会が多い。 なぜ普通の人々にクローズアップするのだろうか? 「学生時代から宮本常一や宮田登をはじめとした民俗学者の本が好きでした。 日本史の勉強では扱わない市井の人々の暮らしや歴史、失われた生活に興味を持っていて。 テレビにしてもNHKのドキュメンタリーを好んで見ていたし、読む本もノンフィクション。 小説はあまり読まないのですが、読むとすれば山崎豊子や沢木耕太郎、永井荷風のようなノンフィクション的な要素が多く含まれている小説か、私小説的な小説が好きですね。 田山花袋や上林暁など、自分の生き様をときに露悪的にさらけ出し、ドヤ顔を決めながら世の中に問う。 『自分の生き様終わっていますけど、どうですか?』と投げかけてくる小説は嫌いじゃないです(笑い)。 ですが、僕は当初、明智光秀の時代劇ドラマを作りたくて、テレビ東京に入社したんですよ」 ところが、最初にADとして担当した番組が『TVチャンピオン』だった。 街を歩いている一般人の中から選手を見つけ、その人をショーアップしていく。 発掘して知られざる魅力を探っていくという過程に、次第にのめり込んでいったと高橋氏は振り返る。 「ゆるキャラ王や、つめ放題王など、はたからみれば、全く意味のわからない大会でも、選手たちは常に本気で、負ければ悔し涙を流すんですね。 特殊な人ではない、一見フツーの一般の方でも、その人たちなりの人生ドラマがあることを知りました。 そこに、もともと自分が好きだった市井の人々への興味も募っていく。 縁があったというか、入るべくしてテレ東に入局したのかもしれません(笑い)」 ゴールデン移動後、『家、ついて行ってイイですか?』では、地方ロケの機会も増やしていくという。 また、鳥取の山奥で移動販売車が来訪する際にロケを行ったことがあったのですが、山奥や山村で暮らす人々にとって、その日はひと月に数回の大きなイベントなんです。 近隣の人が移動販売車に集っておしゃべりをする、自宅の冷蔵庫が食材であふれかえり好きなものを食べる……ハレとケで言えば、ハレの日なんですよ。 単に物資を購入するだけではない日だからこそ、気持ちが高揚する。 そういうときに家について行かせてもらうから、思わぬエピソードが聞けたり、ドラマが見つかる。 地方には地方の文化があって、そこで暮らす人にしか分からない感情が高ぶるときがある。 東京で暮らす人とは違う価値観があることも伝えていきたいですね」 取材・文/我妻弘崇.

次の