無職 国民 健康 保険。 無職で確定申告してない人の国民健康保険料はどうなりますか?去年ま...

無職(ニート)が国民健康保険に加入しに行った話【朗報すぎる件】

無職 国民 健康 保険

無職になったあとの手続きのことでお困りですか? 無職になったら一番最初にやるべきことは 国民健康保険と 国民年金の手続きです。 特に国民健康保険の手続きを行わなければ、病院などに行くことが出来ません。 あなたが退職した会社に勤めた期間によっては、それまで加入していた健康保険の任意継続という手段もあります。 場合によっては、任意継続したほうが安く済む場合もありますが、申請までの期間がものすごく短いので、じっくり検討している暇は無いです。 会社都合など予期せぬ退職や、前年の所得がとても低い場合には、国民健康保険や国民年金の支払いの減免や免除申請も可能です。 ただ、きちんと給料をもらっていて、自己都合で退職した場合には、所得が多すぎて、減免はたぶん受けられないです。 国民健康保険料は前年の所得から算出されるので、前年に所得があれば、現在無収入であっても大きな支払い額になる可能性があります。 無職になったあとの生活費はで解説。 なんだかんだで、働いてお金を得るしかないので、次はもっと良い職場を探すのが良いと思います(あなたが20代なら、良い職場を探すためにを使いませんか?)。 国民健康保険や国民年金は誰が加入するの? 国民健康保険や国民年金に加入するのは、現在企業など提供する社会保険(健康保険や厚生年金など)に加入しておらず、家族の扶養にもなっていない人です。 高齢者• 自営業者• 両親の扶養から抜けているフリーター• 両親の扶養から抜けている無職やニート あなたがフリーターや無職の状態にあり、他に加入すべき保険や公的年金が無い場合には、加入は 強制です。 加入するかしないかという選択権はありません。 ので、 あなたが会社を退職し無職になったら、国民健康保険と国民年金に原則加入すると思ってください。 例外的に、で触れているように、「健康保険の任意継続制度」という制度もありますので、時にはそちらに加入したほうが健康保険料を少し安くできるかもしれません。 いずれにせよ、 私たちは健康保険への加入は強制であり、20歳以上は年金加入も強制です。 国民健康保険も国民年金も任意の制度ではなく、無職になったら必ず手続きを行うものとして認識されておくと良いと思います。 国民健康保険や国民年金の支払い方 国民健康保険 国民年金 基本的な支払い方 納付書払い 納付書払い その他の支払い方 口座振替 Yahoo! 公金払い nanaco払い 口座振替 口座振替(前納) クレジットカード 納付書が届くタイミング 6~7月ごろ 1~3月ごろ 免除の可否 あり あり 未払い時のデメリット 医療費が自費 医療機関の診察拒否 年金が貰えない 国民健康保険 国民健康保険料の払い方 国民健康保険 1年分を第1期~第8期まで分割して支払います。 納付書払いの場合、 6~7月ごろ、あなたの自宅に納付書が届き、それから翌年2月か3月ごろまでの分割払いです。 口座振替にて支払う場合には、別途口座振替の申請書を提出する必要があります。 国民健康保険料の決まり方 国民健康保険料は、前年度の年収に応じて決まります。 会社員と異なり、標準月額制度(4~6月の給与を元に保険料を決める制度)はありません。 そのため、 たとえ今年が無職で無収入であっても、前年に相応の稼ぎがあれば結構な保険料を請求されます。 この会社員以外には優しくない社会保険制度、本当に泣きたくなります。 国民健康保険料は自治体によって異なります。 保険料の高い自治体、安い自治体があり、首都圏は相対的に安くなることが多いです。 国民年金 国民年金の払い方 国民年金は毎月支払います。 納付書払いの場合、 1~3月ごろ、あなたの自宅に納付書が届き、それから毎月、分割にて支払います。 口座振替を利用すると50円安くなるほか、前払いを制度を利用すると総額で数千円程度の割引が受けられます。 前払い利用時は、最大で2年先の分までまとめて支払います。 379,500円(平成29年)と大きな支払いになりますが、割引額が14,400円とおおよそ1か月分の支払いに相当します。 お金を持っているほど、有利なんですね。 悲しいことに。 国民健康保険料の決まり方 年度によって支払う月額が決まっており、平成29年は16,490円です。 国民健康保険や国民年金の加入手続きはどこでやるの? 国民健康保険や国民年金の加入手続きは、あなたが住んでいる自治体の市役所や区役所の出張所など、 自治体公的機関の窓口にて行います。 自治体窓口に行く際には、以下のものをお持ちになってください。 年金手帳• 口座振替を利用する場合は銀行口座番号のわかるもの• マイナンバー(マイナンバー通知カードも可能)• 国民健康保険や国民年金に加入する必要がある理由を示すもの 筆者は2016年4月にも申請を行ってきましたが、その時はマイナンバーの記載も求められましたので、マイナンバー通知カードなども併せて持って行くと良いと思います。 加入手続きは、書類に住所氏名を記載して受付に出すだけですので簡単です。 国民健康保険や国民年金に加入する必要がある理由を示すもの 国民健康保険や国民年金に加入するには、 加入するための理由が必要です。 二重加入などの間違いを防ぐため、 必ず受付でチェックされ、書類が無ければ加入できません。 仮に、あなたが前職を辞めて無職になる場合には、• 離職証明書• 異動証明書• 雇用保険受給資格書• etc など、 退職したことがわかる、企業側が発行した各種証明書を1通持っていけば良いです。 証明書の原本発行には時間がかかる場合があるので、会社を退職する際には、事務からコピーを一枚貰っておくと、その後の手続きが捗ります。 支払い軽減は可能か? 国民健康保険 国民健康保険は、 会社都合の退職(倒産やリストラ)や自然災害を被ったときなど、離職理由が 特定受給資格者、特定理由離職者1、特定理由離職者2に該当する場合には、軽減措置が受けられる場合があります。 失業や倒産などやむをえない事情により納付が困難になったときは、そのままにしないで、お早めに国保保険料係までご相談ください。 一方、自己都合退職の場合には、軽減はまず受けられないと思ったほうが良いです。 前年の所得が基準額に満たない場合にも割引を受けられますが、この基準額は結構低いです。 普通に会社勤めを行っていれば、この所得は簡単に超えます。 ので、「働きたくない」等の理由で会社を辞めてしまった場合には、その後苦しい状況が待っていることを知っておいてください。 お金が無いのに自己都合退職をしてしまうと本当に悲惨な状況になります。 国民健康保険料を滞納すると 保険料の督促、また有効期間の短い「短期被保険者証」などへ変更され、最終的には差し押さえの対象になります。 『短期保険証 = 保険料を滞納している』ということですので、病院の窓口の方であれば保険証の有効期限を見ただけで分かります。 例えば、以下は東京都北区の対応例です。 督促状・催告書の発送など• 「短期被保険者証(短期証)」の交付(有効期限が短くなる)• 「被保険者資格証明書」の交付(医療費の支払いは全額(10割)自己負担)• 滞納処分(差し押さえ) 基本的に、 病院に行くことが難しくなる、もしくは、全額自費負担のために高額な医療費が発生するなどのデメリットが生じます。 支払えないなら、支払えないと役所に相談するのが良いと思います。 国民年金 前年の所得に応じて、全額免除もしくは一部免除の免除申請が可能です。 年金手帳• 失業を理由とする場合にはその証明書(離職証明書など)• 転入を理由とする場合にはその証明書(所得証明書など) などを用意し、市役所などで入手可能な国民年金保険料免除・納付猶予申請書とともに、市役所の国民年金担当窓口や年金事務所に持ち込みます。 提出後は、前年の所得を元に免除や猶予が可能かどうか審査が行われます。 あなたが30歳未満の場合には、納付猶予制度を利用することも出来ます。 詳しくは、お近くの自治体の年金窓口にて相談してみてください。 国民年金を滞納すると 国民年金料の督促が行われ、最終的には差し押さえの対象になります。 督促状・催告書の発送など• 滞納処分(差し押さえ) 国民年金は私たちの老後の備えになります。 滞納も支払いの免除も全て、老後に貰える年金額の減少に繋がります。 もっとも、国民年金を全額支給されたところで、年間70万円ちょっとにしかなりません()。 なんだかんだで、働いてお金を得るしかないので、次はもっと良い職場を探すのが良いと思います(あなたが20代なら、良い職場を探すためにを使いませんか?)。 [スポンサーリンク] まとめ• あなたが無職になったら、最寄の役所にて国民健康保険と国民年金の加入手続きを行ってください• 加入の際には、マイナンバーがわかるものと、退職を証明する書類を• 滞納や、加入しないままにすると督促・差し押さえの対象になりうるので注意 繰り返しになりますが、 お金も無いままにふらっと会社を辞めてしまうと、その後請求書をみて「どうしよう・・・」と頭を抱える事態が来るはずです。 あなたが既に無職になって、これから保険料などの支払いが始まるのであれば、そのためのお金は用意しておくようになさってください。 一方、これから会社を辞めたいなぁと思って弊サイトをご覧になっていらっしゃるのであれば、少なくとも50万円程度の貯金を持つまでは考えたほうが良いと筆者は考えます。 「いやな」仕事をしながら50万円をためるのは至難の技かもしれませんが、出て行くときはあっという間に手元からなくなるものです。

次の

無職で収入がなくても国民健康保険料がかかる!月額と計算方法を解説

無職 国民 健康 保険

健康保険料は通常、サラリーマンなら給料から自動的に引かれるので 通常は、あまり考える必要は有りません。 では、会社を辞めて無職に成った場合、どうなるのでしょうか。 今日は、それについてです。 国民健康保険とは まずは国民健康保険とはどのようなものかについて簡単に言うと、 『自営業者、職業についていない人とその家族』が加入する保険で、 国民健康保険のことを「地域保険」とも呼びます。 会社勤めの人は• 全国健康保険協会(協会けんぽ)や、 合管掌健康保険(組合健保)などに加入する事に成ります。 ようするに、自営業者の健康保険と言う事に成ります。 国民健康保険料、無職の人は月額いくら 国民健康保険料の支払額は意外と高く、 6万~7万円と言われています。 無職だろうがなんだろうが支払わなければ、 保険が適用できません。 基本的にはそのようですが、 退職理由が 非自発的離職の場合は、前年所得を 30%にして計算するという特例があるそうです。 市町村が独自に決めた減免措置がある場合が 有るので 市町村相談するのがベストです。 ちなみに、無職の場合で、一番よいのは、親や配偶者、そして子供などの 扶養に入ると保険料が扶養と成るのでそれが一番ですかもしれません。 健康保険料は延滞する事も可能ですが、 利率は、こうなります。 ・1ヶ月までは、特例で 4.3% ・1ヶ月をすぎると 14.6% ここまでくるとカードローンなみです。 実際の所、 会社を辞めて直ぐ、6万~7万円を支払うのはきついでしょう。 では、どうしたら良いかを次に書きます。 会社をやめた時の健康保険の対処法とは 会社を辞め、直ぐに国民年金に加入するのはベストとは言えません。 勿論、それなりの収入が有るのなら良いのですが、 そうでないのなら、以下の方法がお勧めです。 1~2年は引き継ぐことが可能ですが、 規則は厳しく、退職後20日以内に手続きをしなくてはなりません。 1日でも遅れると理由がどうであれ加入することは出来ません。 また任1日でも保険料の納付が遅れると翌日には強制的に脱退させられるそうです。 その為、早めに対処する事が必要ですが、 会社を辞めて直ぐの時には、これがお勧めです。 退職時には必ず、健康保険事業者に任意継続の手続きをすることをお勧めします。 勿論、お金に余裕のある方は別ですが・・・ 任意継続した際の健康保険料の支払額は 任意継続した際の健康保険料の支払額、 およそ今までの2倍の金額と考えてよいと思います。 そもそも企業に勤める一般労働者の健康保険料は、 会社(組織)が半分負担するのが義務なので、 その2倍が相場と成ります。 まとめ 基本的には、国民健康保険は自営業の方の為のものなので 会社を退職した際の健康保険は任意継続がお勧めです。 その後、自営或いは会社を設立する若しくは再就職を選ぶかは あなたの自由ですがまずは、任意継続が良いと思います。

次の

無職(ニート)が国民健康保険に加入しに行った話【朗報すぎる件】

無職 国民 健康 保険

夫婦共働きでしたが、今年8月末に主人が退職し、私も9月に退職しました。 二人とも国民健康保険へ加入する手続きをしたのですが、国民健康保険料の通知が届いて、びっくり!2人分で10月は7万7770円の最高額を支払わなければならないそうです。 現在は夫婦ともに無職のため、減免のお願いをしに役所に行きましたが、「今月はこのままの金額を払ってください。 申請手続きをすることで、来月からは7万4830円になります。 」言われました。 減免を受けられると言っても、金額はほとんど下がってませんし、二人とも無職なので、支払いが難しいことを伝えると、「分割でも構わない」と言われました。 結局、いつかは払わないといけないそうです。 無職で毎月7万4830円支払するのはかなり厳しいです。 「今まで収入があったので仕方がありません」「過去3か月の収入を計算するので、1月にまた来てください。 少しは安くなると思います。 」と言われました。 今月末に10月分を支払しないといけないんですが、納得がいきません。 本当に、退職されて誰も働いていない家庭で、みんな7万円を超えるような国民健康保険料を払われているのでしょうか?何か、対応出来ることがあれば教えてください。 宜しくお願いいたします。 退職されて、収入が途絶えた中で、ひと月7万円を超える国民健康保険料の支払いは確かに厳しいですね。 今回のご質問で気になったのは、退職に向けてのさまざまな手続きの中で、健康保険の任意継続に関する案内はなかったか、ということです。 任意継続とは、退職後も2年間に限り、それまで加入していた健康保険に引き続き加入できる制度です。 会社負担分の保険料も自分で払わなければならなくなりますが、上限額が決められているため、いきなり国民健康保険に加入するより、保険料負担が抑えられるケースが多くなっています。 任意継続中の保険料は、加入している健康保険や居住地などで若干異なりますが、ここでは一例をご紹介してみます。 たとえば東京都内にある企業にお勤めで、協会けんぽに加入していた場合は、65歳未満ですとひと月3万2732円、65歳以上の場合は、ひと月2万7916円が上限額になっています。 この金額は2年間変わりません。 保険料が2年間変わらないため、退職してからずっと働いていない場合、2年目は国民健康保険のほうが保険料は安くなるケースもあります。 とはいえ、1年目の国民健康保険料が上限額になってしまうと、2年分の総支払保険料は任意継続のほうが抑えられるはずです。 ただし、残念なことに、任意継続の手続きは資格喪失日から20日以内におこなわなければなりません。 20日以上経過している今からでは、さかのぼって手続きするのはできないのです。 今からさかのぼれないことを説明されても怒りが増すだけかもしれませんが、今回のケースでは、ご主人が退職されたときに奥様の扶養者になり、その後、奥様が退職されたときに任意継続の手続きをおこなってご主人を扶養にすれば、先にご紹介したひと月3万円前後の保険料ですんでいたように思います。 また、逆も可能だったのではないでしょうか。 ご主人が退職した際に任意継続の手続きをおこない、奥様が退職された時点で、奥様を扶養者にするという方法です。 この後にできる対策としましては、正社員、あるいは正社員でなくても、社会保険に入れる職場を見つけてパートなどで働くという方法は考えられますか。 ご夫婦のどちらかが社会保険に加入することで、保険料負担を抑えられるからです。 長年働かれてきて、ようやくホッとできたとすると、すぐに働くことなど考えられないかもしれませんが、ひとつの案として、ご紹介しておきます。

次の