テンペスト シェイクスピア。 シェイクスピア【あらし】あらすじ・感想〜無人島に繰り広げられる魔法の世界

キャリバン(Caliban):テンペスト

テンペスト シェイクスピア

シェイクスピアの「あらし」または「テンペスト」は、弟の裏切りによってミラノ公の座を奪われ、島流しにされた親子が無人島に流れ着き、魔法と妖精の力を借りて再び元の地位に戻るまでの話。 *今回をもってシェイクスピアのレビュー・シリーズはいったん休止します。 😉 ミラノから追放 元ミラノ公であるブロスペローは大の学問芸術好き、政治そっちのけで書斎にこもりひたすら隠された事物の探求に没頭していた。 仕事を任せられていた弟のセバスチァンは、公が全然世の中のことに興味がないのを良いことに、権力を完全に私物化してしまっていた。 しまいに側近をすべて自分のお気に入りの人選で固めて、ブロスペローを幼い娘共々島流しにした。 殺されなかっただけでもありがたいと思え、というわけ。 波に翻弄されるがままの小舟はとある無人島に流れ着いた。 ブロスペローは島の岩窟に住んで魔法の研究に没頭しながら娘を育てた。 無人島漂流 ブロスペローはもはや島の妖精も怪物も魔女も、言うことを聞かせる力を手に入れていた。 彼らを自在に操って命令を下し、ナポリ王一行が乗った船を嵐に遭遇させ沈めた。 しかしそれは魔法の力による幻覚で、彼らは無人島に流れ着いていながら無傷であった。 その中には裏切った弟のミラノ公もおり、ブロスペローは妖精たちを使ってかつて受けた苦しみの復讐を仕掛けるのだった。 怪物キャリバン ブロスペローの娘のミランダは美しい乙女に成長していた。 島に漂着したナポリ王の若き息子が一人やってきて、彼女を見初めるや二人はたちまち恋に落ちた。 それは父親の狙い通りだった。 娘を本来の高い地位に戻してやりたかったのだ。 またブロスペローが飼っている怪物のキャリバンは、多分チューバッカみたいな毛むくじゃらの化け物だった。 魔女が産んだ子を助けてやったのに、この怪物はブロスペローに逆らってばかりだった。 同じく島に流れ着いた道化のトリンキュローと酒飲みの賄方ステファノーがキャリバンを見つけ、酒を飲ます。 化け物は酒を飲ましてくれた賄方を神様だと信じ、家来にしてくれと頼む。 キャリバンはブロスペローの魔法の本を取り上げて殺してくれれば、酔っ払い二人がこの島の王様として何でも好きなことができると吹き込んだ。 空気の精 だがブロスペローのお気に入りの空気の妖精エーリエアルが、島中を見張っておりどんな謀りごとも筒抜けだった。 キャリバンの企ては失敗し、酔っ払い2人はナポリ王がまだ生きていることを知って驚いた。 ブロスペローが姿を表し、過去に受けた罪の復讐をしようとはもう思っていないこと、領地さえ戻ればそれで良いことをナポリ王に述べた。 そして王の息子とブロスペローの娘ミランダが愛し合い、結婚することを皆は承諾した。 まとめ・感想 シェイクスピアの最後の戯曲という説がある「あらし」は、確かに作家の晩年の円熟のような広い心で書かれた感がある。 ちょうどプラトンの本のなかで「ティマイオス」が異色であるように、「あらし」はシェイクスピア異色の作品。 無人島という閉ざされた舞台、魔法、妖精といった超現実世界は「夏の夜の夢」の森と妖精たちに比較できる。 この一味違ったシェイクスピア劇を読んでみれば、新たな発見に驚くことだろう。

次の

テンペスト:シェイクスピアのユートピア

テンペスト シェイクスピア

キャリバン(Caliban):テンペスト ||||||| キャリバン(Caliban):テンペスト キャリバン(Caliban)はシェイクスピアが創造したキャラクターのなかでも最もユニークなものだ。 登場人物のリストの中で、彼は「野蛮で奇形の奴隷」というふうに紹介されている。 つまり人間の形をしているのではなく、グロテスクな形をした怪物のイメージで包まれているのである。 キャリバンを始めてみたステファーノは4本足の化け物だといい、トリンキュロは魚と化け物のあいの子だといっている。 頭は魚で、鰭が手足のように伸び出ているのだろう。 ヒエロニムス・ボスの絵に出てくる魚の怪物を思い浮かべれば、近いイメージが得られると思う。 キャリバンは魔女シコラコスが魔物とまぐわいして生んだということになっている。 彼らはもともとこの島の原住民であり、この島の主人だったのである。 ところがプロスペロがやってきて、彼らを魔法の力でねじ伏せ、この島を簒奪したのだ。 キャリバン:この島は俺のものだ おふくろのシコラコスが残してくれたものを お前が横取りしたんだ CALIBAN :This island's mine, by Sycorax my mother, Which thou takest from me. 2) ここには、キャリバンは島の原住民、プロスペロは外部からやってきて乗っ取った侵略者という対立が設定されている。 いいかえれば、キャリバンは文明が成立する以前の野蛮、プロスペロはそこに文明の光を持ち込んだものということになる。 キャリバンと云う名は、人肉食いを意味するcanibal という言葉をもじったものだ。 プロスペロの方には文明による繁栄を象徴させているのだろう。 ここからもうかがえるように、これは野蛮と文明との中世的な対立図式を反映したものだ。 中世的な世界観にあっては、聖と俗、生と死、高貴と下賤、内側と外側と云ったように、あらゆるものが対立の相のもとにとらえられるとともに、その融合によって混沌が生じ、世界が死と再生を繰り返していくという考えが抱かれていた。 キャリバンとプロスペロの対立は、こうした図式を反映したものだ。 それ故、この劇においては、プロスペロとキャリバンとの対立が根本テーマなのだといえる。 嵐による遭難や、プロスペロの復讐と云ったテーマは副次的なものでしかない。 キャリバンは野蛮の象徴だが、プロスペロによって言葉を教えてもらう。 キャリバン:お前はおれに言葉を教えてくれた その言葉でいってやる てめえなんかくたばれ、と 言葉を教えてくれたお返しだ CALIBAN:You taught me language; and my profit on't Is, I know how to curse. The red plague rid you For learning me your language! 言葉は文明のシンボルだ。 野蛮状態にあったキャリバンにとってはしたがって言葉は存在しなかった。 キャリバンには言葉を覚えたことで、何かが変化しただろうか。 いや何も変化しない。 せいぜい忌々しさを言葉にこめて、相手をののしることができるようになったくらいだ。 キャリバンは自分がプロスペロによって支配されているのが我慢できないのだ。 そこで、ステファーノとトリンキュロをそそのかしてクーデタを起こし、プロスペロを島から追放しようと企てる。 しかしその企ては成功しない。 ステファーノもトリンキュロもそんなに気の利いた人間ではないからだ。 そんな連中をあてにせざるを得ないところに、キャリバンの弱さがある。 その弱さが優しい気持ちとして現れる場面がある。 姿の見えないアリエルが奏でる音楽をステファーノとトリンキュロが怖がるのを、なだめながらこういうのだ。 キャリバン:こわがることはねえ、この島にはざわめきや 音楽や歌声が満ちているが 楽しいばかりで害はない 時にはすげえ数の楽器が耳元でうなったり 時には歌声が聞こえたりして 長い眠りから目覚めた後でも またうっとりとして寝入ってしまうんだ そして夢の中で 雲が切れてその間から宝物が いまにも自分の上に落ちてきそうな気がする だから一旦目覚めても また夢を見たくなるのさ CALIBAN:Be not afeard; the isle is full of noises, Sounds and sweet airs, that give delight and hurt not. Sometimes a thousand twangling instruments Will hum about mine ears, and sometime voices That, if I then had waked after long sleep, Will make me sleep again: and then, in dreaming, The clouds methought would open and show riches Ready to drop upon me that, when I waked, I cried to dream again. これは文明に汚染されていない原始の状態を夢見たものだ。 アリエルもまたキャリバンとともにそうした原始の状態を象徴している。 アリエルはプロスペロの召使いではあるが、野生を引きずっているという点では、キャリバンと共通したところに立っているのだ。 || 作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved C 2007-2011 このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである.

次の

『テンペスト』 シェイクスピア

テンペスト シェイクスピア

プロスペローとエアリエル (画) プロスペロー 前ミラノ大公 ミランダ プロスペローの娘 エアリエル 空気の精 島に住む怪獣 アロンゾー ナポリ王 セバスチャン 王の弟 ファーディナンド 王の息子 アントーニオ ミラノ大公、プロスペローの弟 ゴンザーロー ナポリ王の顧問官 あらすじ [ ] 王アロンゾー、大公アントーニオらを乗せた船が大嵐に遭い難破、一行は絶海の孤島に漂着する。 その島には12年前にアントーニオによって大公の地位を追われ追放された兄プロスペローとその娘ミランダが魔法と学問を研究して 暮らしていた。 船を襲った嵐はプロスペローが復讐のため手下のエアリエルに命じて用いた(歌 )の力によるものだった。 王の一行と離れ離れになったナポリ王子ファーディナンドは、プロスペローの思惑どおりミランダに出会い、2人は一目で恋に落ちる。 プロスペローに課された試練を勝ち抜いたファーディナンドはミランダとの結婚を許される。 一方、更なる出世を目論むアントーニオはナポリ王の弟を唆して王殺害を計り、また島に棲むキャリバンは漂着したナポリ王の執事とを味方につけプロスペローを殺そうとする。 しかし、いずれの計画もエアリエルの力によって未遂に終わる。 魔法によって錯乱状態となるアロンゾー一行。 だが、プロスペローは更なる復讐を思いとどまり、過去の罪を悔い改めさせて赦すことを決意する。 和解する一同。 王らをナポリに送り、そこで結婚式を執り行うことになる。 魔法の力を捨てエアリエルを自由の身にしたプロスペローは最後に観客に語りかける。 「自分を島にとどめるのもナポリに帰すのも観客の気持ち次第。 どうか拍手によっていましめを解き、自由にしてくれ」と。 — 第4幕第1場 我々は夢と同じ物で作られており、我々の儚い命は眠りと共に終わる は、多くの文学作品で引用されている。 日本語訳 [ ]• 「テムペスト(颶風)」訳 1915• 「テムペスト」,譯註 、1917• 「あらし」訳 1950• 「大嵐」沢村寅二郎訳註 出版 1950• 「あらし」訳 1965 のち文庫• 「あらし」訳「世界文学大系 第75 シェイクスピア 第2 」 1965• 「テンペスト」訳 1975 のち• 「あらし」訳 1980• 「あらし」訳「世界文学全集 5 シェイクスピア 」 1981• 「テンペスト」訳「世界文学全集 9」 1983• 「テンペスト」訳 2000• 「あらし」訳 2003• 「嵐」訳 研究社 2010 関連作品 [ ] 音楽 [ ]• のは『テンペスト』の通称を持つ。 これはベートーヴェンが弟子のシントラーにこの曲の解釈について質問された際に「シェイクスピアの『テンペスト』を読め」と返答したという逸話に由来する。 はシェイクスピア劇を題材に3曲の「幻想序曲」を作曲しており、その一曲が『』である。 はこの戯曲のためにを作曲している。 後にその中から序曲と2つの組曲が演奏会用に編まれた。 映像化 [ ]• (1979年) - 監督、主演。 テンペスト(1980年) - ジョン・ゴリー監督、主演。 によるシェイクスピア全作品テレビドラマ化シリーズ の一本。 テンペスト(1982年) - 監督、、出演。 日本では劇場未公開。 (2010年) - 監督、主演。 主人公のプロスペローをプロスペラという女性に置き換えている。 モチーフにした作品 [ ]• () - 監督、主演。 本作品をアレンジした映画• - 本作品をアレンジしたテレビドラマ。 - 本作品の設定をベースに制作された。 - によるコミック。 最終話 The Tempest が本作品を主題にしている。 関連項目 [ ] The Tempest 1908• - 劇中の登場人物が衛星名に多数命名されている。 - 題名がセバスチャンの台詞「 eyes wide ope」の引用とされる。 - 題名がミランダの台詞「 O brave new world」の引用とされる。 - の。 魔法使いの住む島に漂着する設定などで同じモチーフをとる。 注 [ ]• 菊地, 善太「 」 『日本大学大学院総合社会情報研究科紀要』、、2006年、 159-169頁、 2018年8月21日閲覧。 菊地, 善太「 」 『融合文化研究』、国際融合文化学会、2005年、 2018年8月21日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の