シャオロン受け - 【wrwrd!】*BL短編集*

シャオロン受け 小説…我々だ

シャオロン受け wrwrd!BL短編集【腐向け】 携帯ホームページ

so受け詰め

シャオロン受け wrwrd R18短編集

週刊シャオデー#31:ブロマガの主役は我々だ!:チャンネルの主役は我々だ!(○○の主役は我々だ!)

シャオロン受け シャオロン(我々)顔バレから顔面偏差値を予想!かわいいし実は人気者

シャオロン受け wrwrd R18短編集

wrwrd R18短編集

シャオロン受け 【wrwrd】あなたは我々だの誰に似てる!?【診断】

我々だ短編集!!

シャオロン受け wrwrd R18短編集

シャオロン受け 週刊シャオデー#31:ブロマガの主役は我々だ!:チャンネルの主役は我々だ!(○○の主役は我々だ!)

【wrwrd!】*BL短編集*

シャオロン受け wrwrd!BL短編集【腐向け】 携帯ホームページ

wrwrd R18短編集

シャオロン受け 小説…我々だ

wrwrd R18短編集

」 ビクッと体が動く。

  • 「何とか言えや!!ゾムッ!!!」 「…ッ!」 『今声を出した?』 シャオロンの胸元を締め上げた手に力が入り、首が締まったゾムは思わず声を出しかける。

  • 6月17日 20時 id: - Zm受けとかガイイです 6月5日 6時 id: - 我々のblは禁止されています。

  • 多分寝てるんだろ。

我々だ短編集!!

鬱先生「ええわ、 今から証拠みせたる…」 鬱先生はシャオロンの顎を持ち上げ キスをした。

  • シャオロン「ちょっ… 大先生っ…んっ」 最初は触れるだけの優しいキス、 次は角度を変えたキス、 そして舌を入れた深いキスを 次々とシャオロンにする鬱先生。

  • 寝室に行くと、案の定寝転がってる姿を見つけた。

  • 僕もよく彼から相談を受けたりしていました。

wrwrd!BL短編集【腐向け】 携帯ホームページ フォレスト

そのあまりの勢いに真面目なトントンは(開け放たれた扉がきしんだのでは?)と心配してしまう。

  • それを見るのが、俺の最近の楽しみ。

  • 「ただいまぁ。

  • 」 鬱先生「いやぁ、帰らんとってー って泣かれてもーてな。

実況者で短編集!

シャ「んんっ…ん……」 少し苦しそうにしていたから軽くキスをした。

  • ホンマ、モテるって辛いわぁ…」 やや怒気を含んだ シャオロンの声を聞いても、 鬱先生は全く悪びれもない様子だ。

  • 唾液を吸って、重くなっていた。

  • その姿にまた笑みが溢れる。

実況者で短編集!

注:シャオロンが可哀想で、大先生がクズです。

  • 」 『そうか……なんか分かったら連絡してくれへん?』 「ええよ。

  • そっと近付き、頭を撫でてやる。

  • 感想を書こう! 携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります ニックネーム: 感想: - やったぁぁぁ!ショッピくんやった! 6月12日 22時 id: - ショッピくんだった^^推しだから嬉しいです! 6月9日 9時 id: - あ、シャオちゃんッ!?!?最推しやんけ!?嬉しみすぎて禿げそう 4月7日 15時 id: - シャオちゃんじゃん! ガラスのハートをお持ちな シャオロンさんなので 顔出しは 勇気のいるご決断だっと思いますが、 マスク越しでも ある程度整っていることが 分かりますよね! 鼻は通っていてシュッとしていそうですし、 可愛らしい目をしています。

週刊シャオデー#31:ブロマガの主役は我々だ!:チャンネルの主役は我々だ!(○○の主役は我々だ!)

待たせたら可哀想やろ?」 「ふぅ〜ん、ゴキブリか?」 「ちゃうわ!あれは非常食や!」 コネシマと一悶着した後自宅にむかう。

  • 鬱先生と同じくらい、もしくは 痩せている分、 鬱先生以上に イケメンである可能性も。

  • 誰にも教えてなんかやらない。

  • 」 鬱先生はシャオロンの両肩を掴みながら言う。

wrwrd R18短編集

」 口に入れてたタオルを取り出す。

  • 鬱「痛いでしょ?」 声は心配しているだろうが、多分顔はニヤけてる。

  • …ってなんなん、その匂い…」 鬱先生からはお酒とキツイ香水の 匂いが漂っていた。

  • 鼻歌を歌いたくなるくらいだ。

【wrwrd】あなたは我々だの誰に似てる!?【診断】

俺ら、付き合って3ヶ月やねんで? 「テメェッ!!」 目を見開いたまま固まっているだけのゾムに、シャオロンは激高に任せて拳を振り上げたが近くに来ていたグルッペンに腕を捕まれて止められてしまった。

  • 実はこの短編集、初投稿なんです。

  • 本当にbl書いたりはしないで下さい。

  • そしてグルッペンは二人が出て行ったのを見届けると、厳しい視線を皆に向け重々しく口を開いた。




2021 cdn.snowboardermag.com