四面楚歌 現代 語 訳 - 史記 「四面楚歌」 現代語訳

訳 語 四面楚歌 現代 史記 「四面楚歌」

項王の最期(2)原文・書き下し文・現代語訳

訳 語 四面楚歌 現代 top

訳 語 四面楚歌 現代 『源氏物語』の“葵”の現代語訳:5

阿弥陀経 現代語訳

訳 語 四面楚歌 現代 項王の最期(2)原文・書き下し文・現代語訳

訳 語 四面楚歌 現代 『源氏物語』の“葵”の現代語訳:5

訳 語 四面楚歌 現代 『枕草子』の現代語訳:34

阿弥陀経 現代語訳

訳 語 四面楚歌 現代 項王の最期(2)原文・書き下し文・現代語訳

訳 語 四面楚歌 現代 四面楚歌/項王の最期(現代語訳・解説あり) 項羽本紀第七

訳 語 四面楚歌 現代 四面楚歌(しめんそか)の意味!現代語訳でわかりやすくまとめたよ!

訳 語 四面楚歌 現代 史記 「四面楚歌」

項王の最期(2)原文・書き下し文・現代語訳

麾 き 下 か の 壮 そう 士 し 、 騎 き して 従 したが ふ 者 もの 八 はっ 百 ぴゃく 余 よ 人 にん なり。

  • その仏の国土では、微風が吹いてきて、多くの宝の並木および宝の羅網が妙なる音を出す。

  • と 項王則ち夜起ちて帳中に飲す。

  • このためにというのだ。

top

是何楚人之多也。

  • 於是項王乃悲歌忼慨、自為詩曰、 しゆんばあり、なはすゐ。

  • 歌ふこと数闋、美人之に和す。

  • びじんあり、なはぐ。

『源氏物語』の“葵”の現代語訳:5

常に之に騎す。

  • 美人有り、名は虞(ぐ)。

  • 農夫は嘘をついて、「左に行きなさい。

  • 楽天AD [古文・原文] 「いとまばゆきまでねびゆく人の容貌かな。

『枕草子』の現代語訳:34

『であるあなたたちは、まさにこの不可議な功徳を称賛し、すべての諸仏が守護し念じるところの経を信じるべきである』と。

  • 今翻訳している箇所でいうと、「友禅の扱帯」とか「和尚の遠良天釜」という言葉を、無理して、現代語や英語に訳しても意味があるかという問題です。

  • 項王は陰陵にまでやって来たところで、迷って道がわからなくなった。

  • 項王渡 レ ル淮 ヲ。

漱石 草枕の現代語訳と英訳

かんぐんおよびしよこうのへいこれをかこむことすうちよう。

  • (項王は)すぐにその夜、敵の囲みを破り、南に出て馬を走らせた。

  • 是 ここ に 於 お いて 、 項 こう 王 おう 乃 すなわ ち 馬 うま に 上 の りて 騎 き す。

  • まして、こんなにも美しいお方であったとは、どうしたものか。

top

極楽国土はこのような功徳によって厳かに飾られているのだ。

  • ) またよ。

  • これこそ、非常に難しいことなのだ。

  • 」などと聞いているのも、情趣がある感じだ。




2021 cdn.snowboardermag.com