地図 記号 新しい。 地図記号

新しい地図記号について知る|ベネッセ教育情報サイト

地図 記号 新しい

【13年ぶりの新しい地図記号】 Q:これが新しい地図記号ですね。 A:「自然災害伝承碑」といいます。 文字が書かれた楕円形の石碑がモチーフになっています。 新しい地図記号は13年ぶりのことです。 ただ、実は、よく似たこういう記号はすでにありました。 これは「記念碑」です。 例えば、これは何かわかるでしょうか。 Q:東京・渋谷駅の前に記念碑の記号があります。 渋谷駅ですから、「ハチ公」でしょうか。 A:そうです。 忠犬ハチ公の像も、地図上はこの記号になるわけです。 自然災害伝承碑もいわば記念碑ではあるのですが、過去の災害を知ってもらおうと先月から新しく設けられました。 【伝承碑が示す西日本の豪雨記録】 Q:「自然災害伝承碑」、今はどこでみることができるんですか。 A:国土地理院のウェブ上の地図「地理院地図」で見ることができます。 例えば1年前の西日本豪雨で大きな被害が出た、広島県坂町の小屋浦地区を見てみます。 地図の左側にある「情報」という部分をクリックすると、リストの中に「自然災害伝承碑」という言葉が出てきます。 ここから見たい災害の種類を選ぶと、地図に表示されます。 この地区には明治時代の水害の伝承碑があります。 地図上に表示されている記号をクリックすると、写真が出てきます。 さらにクリックすると、書かれている内容も見ることができます。 Q:「水害碑」と書いています。 A:書かれている文章から明治40年に豪雨で土石流が発生し、40人以上の命が奪われたということが分かります。 Q:同じ場所で災害が起きているわけですね。 A:もう一つ、見てみましょう。 やはり西日本豪雨で大きな被害が出た岡山県倉敷市真備町の伝承碑です。 「大洪水供養塔」といいます。 この供養塔は、明治26年の水害で塔の高さまで水が来たことを示しているそうです。 【地図記号を活用へ】 Q:古い伝承碑からはいろいろなことが分かるんですね。 A:今回は洪水、地震、津波、火山など自治体の申請を受けたおよそ160か所が掲載されています。 全国にはもっとたくさんの災害の記録を記した石碑などがありますから、国土地理院は今後、自治体の申請を受けて掲載を増やしていく計画です。 また、印刷された地図には9月以降にこの記号が掲載される予定です。 同じ地域で同じような災害が繰り返されることは珍しくありません。 ただ、地元でも古い伝承碑が知られていないことがあります。 国土地理院は新しい地図記号を通じて、地域の防災意識を高めたり、学校の教材に活用したりしてほしいと話しています。 【宮古市の3つの石碑】 Q:各地の伝承碑にはどんなことが書かれているんでしょう。 A:今回、私は岩手県宮古市を訪ねてきました。 ここは市内で3か所「自然災害伝承碑」が掲載されています。 宮古市は明治三陸地震、昭和三陸地震、そして東日本大震災など、たびたび津波の被害を受けてきました。 昭和三陸地震の翌年、昭和9年に建てられました。 ここには「常に逃げ場を用意しておけ」「家を建てるなら津波の来ない安全地帯へ」などと書かれています。 これも昭和9年に建てられました。 碑文は最初と同じ内容もありますが、こう書かれています。 「大地震の後には津波が来る。 地震があったらここにきて、1時間我慢しろ」 Q:「1時間我慢」というのが、具体的ですね。 A:地元の人によると、東日本大震災の時も、小学校付近まで浸水したそうですが、ここは津波の被害はなかったそうです。 海から400メートルほど離れた海抜およそ60メートルのところにあります。 こう書かれていました。 「高き住居は、児孫の和楽、想え惨禍の大津浪、ここより下に、家を建てるな」。 つまり子供や孫のためにも高い場所に家を建てろ、下に建ててはいけないと、七五調の分かりやすい言葉で書かれています。 自治会長の木村民茂さんに、伝承碑から海まで案内してもらいました。 実際にこの下に住宅はありません。 東日本大震災の時は、伝承碑から数十メートル下ったところで津波は止まったそうです。 現在、木村さんたちは津波の到達地点に新たに石碑を立てています。 3分ほど歩くと、港に着きました。 木の上に丸いものがあります。 漁業の養殖に使っていた浮き球です。 津波でひっかかって、8年間そのままだそうです。 Q:あそこまで津波が来たんですか!確かにこのあたりは家がまったくありませんね。 A:このため、震災の時もこの地区の住宅は無事だったそうです。 ただ、この地区も漁業施設が流されたほか、別の場所にいて、津波に巻き込まれた方もいました。 姉吉地区も決して被害がなかったわけではありません。 【伝承碑は後世への「願い」】 木村さんによると地震が起きた時には、港で作業をしている人もみんなこの伝承碑を目指して駆け上ってくるそうです。 つまり避難の目印にもなっているんです。 姉吉地区は明治と昭和の三陸地震の津波で、壊滅的な被害を2度受けています。 昔の人がこれを建てたのは、「多くの人を亡くした悲しみを、せめて後の世に繰り返してほしくない」という強い願いではないでしょうか。 石に刻むことで、時代が変わっても私たちはそのメッセージを受け取ることができるわけです。 Q:これからも大切にしてほしいですね。 A:現在も、こうした活動は続いています。 今年5月、岩手県陸前高田市に新しく作られた石碑の除幕式がありました。 被災者のグループの呼びかけで高台へ向かう避難路に作られた石碑には「この道をより高いところへ駆け上がれ!」という言葉が刻まれています。 このように今も、遺族などの手で、災害の教訓を伝える新しい伝承碑が作られています。 「犠牲を繰り返さないでほしい」という願いは、昔の人も今の人も同じだと思います。 国土地理院は、こうした新しい記念碑についても、自治体の申請を受けて、今後伝承碑として地図に加えていくということです。 皆さんの周辺にも災害の記録を刻んだ石碑などがあると思います。 その教訓を防災に生かし、次の世代へと伝えてほしいと思います。 (清永 聡 説委員) キーワード• 関連記事.

次の

新しく作られた地図記号【ぼくたちの地図記号】

地図 記号 新しい

国土地理院が発行している地図上に使われている、建物や土地利用の様子などをあらわす地図記号。 社会科では頻出の、地形図の読み取り問題を解くために不可欠な知識であるとともに、近年新しい地図記号が追加されたこともあり、時事問題として扱われる可能性もあります。 今回は、新しい地図記号を中心に、つくられた背景などを探っていきましょう。 クイズde基礎知識 最近追加された次の地図記号は何をあらわしている?/新しい地図記号が追加されたのはいつ?/新しい地図記号は日本のどのような社会の状況と関係している? 時事問題を学ぶきっかけになる題材をクイズ形式でご紹介します。 基本情報の整理に、親子で時事問題について話題にするきっかけに、入試・適性検査対策に、お役立てください。 Q1 最近追加された次のような地図記号は何をあらわしている? A.海水浴場や登山道などの観光施設 B.災害が起きた時の緊急避難場所・避難所 C.陸上競技場やプールなどのスポーツ施設 A1 正解は 「B.災害が起きた時の緊急避難場所・避難所」 です。 この地図記号は、以下のように数種類の記号が組み合わさってできており、施設の種類や対応している災害をあらわしています。 緊急避難場所 災害が起こった時、まず逃げ込む場所として設定されているのがこの「緊急避難場所」です。 避難所 この「避難所」は、被害を受けた人たちがしばらく滞在して生活することができる場所として設定されています。 緊急避難場所兼避難所 「緊急避難場所」と「避難所」の両方の役割をはたすことができるのが、この「緊急避難場所兼避難所」です。 また、以下のような災害の種類ごとに設定された記号を緊急避難場所や避難所の記号の横に配置することで、どのような災害の時に利用できる施設なのかがわかるようになっています。 また、対応する災害が限定される場合など注意事項がある場合や火山など特定地域の災害については赤い感嘆符で示し、ポップアップでメッセージが表示されるようになっています。 この地図記号は、国土地理院が作成する地図に使われるほか、地方公共団体が発行する、災害が起こった時の被害の範囲などを示した地図(ハザードマップ)にも使われる予定です。 Q2 Q1の地図記号が追加されたのはいつ? A.太平洋戦争終結後の1946年 B.東京オリンピック実施後の1965年 C.東日本大震災後の2014年 A2 正解は 「C.東日本大震災後の2014年」 です。 2011年に発生した東日本大震災の経験から、2014年4月に災害対策基本法が改正され、市町村に災害に備えた避難所を指定するように定められました。 この新しい地図記号は、そうして指定された避難所が地図上ですぐにわかるよう、有識者や一般の人々の意見も取り入れ、改正と同時に作成されました。 この地図記号は、市町村が定めた避難所等の位置に基づいて「地理院地図」や内閣府の総合防災情報システムなどで利用されることになります。 災害対策基本法は、1959年に発生した伊勢湾台風による大きな被害を教訓に、防災対策をすすめるため、国や地方公共団体が防災対策のためにしなければならないことなどを定めた法律です。 東日本大震災では、地震に加えて津波による被害が非常に大きかったことから、災害が起きた時に逃げ込める安全な場所である避難場所や避難所の重要性がよりさけばれるようになり、そういった場所をより充実させるため、法律が改正されました。 新しい地図記号もそのような背景を受けて作成され、防災対策に一役買っているのです。 Q3 次の地図記号は日本のどのような社会の状況と関係している? A.高齢社会 B.情報社会 C.グローバル化 A3 正解は 「A.高齢社会」 です。 建物の中に杖が描かれているこの地図記号は老人ホームで、2006年に新しく追加されました。 人口に占める高齢者の割合が高くなる高齢社会になると、高齢者の介護などを行う老人ホームの数も多くなってきます。 それを受けて、この地図記号は作成されました。 2006年には、老人ホームに加えて、以下のような地図記号も追加されました。 大きな風車の形をしたこの地図記号、何をあらわしているでしょうか。 答えは「風力発電用風車」です。 近年、石油や石炭などの燃料を使った火力発電は燃料不足になる心配があり、また原子力発電はその安全性を心配する声があがっていることから、風や水、太陽光などの自然の力を使った発電が注目されるようになってきました。 この地図記号も、そういった社会の状況を背景にしてつくられたのです。 < 前へ• プロフィール.

次の

【地図とデザイン】 外国人向けの地図記号案18種、国土地理院が発表、パブコメ募集

地図 記号 新しい

国土地理院が2006年1月、初めての試みである小中学生からの応募デザインをもとに 「風車 風力発電用 」「老人ホーム」の地図記号を決定したことがわかる。 ニッポニカURLセレクトとして、「ぼくたちの地図記号」 2009. 30確認 が紹介されており、 地図記号の種別一覧とその由来などを解説しているが、子供向けに作られたサイト。 01 「地図記号400 特集 〔地図中心〕創刊第400号 地図記号400 」という記事が掲載。 p12-38に地図記号が記載されており、最も新しい平成14年図式の記号はすべて網羅されているよう。 (ただし、平成14年図式が、平成14年に初めて誕生したものではないと思われます。 ) 3. 地図に関することなので、国土交通省国土地理院のホームページを確認 トップページから、キーワードを「地図記号」でサイト内検索 「4. 地図記号の一覧など 国土地理院」で、「地図記号一覧」や、「新しく生まれた地図記号」を見ることができる。 (2009. 29確認) 事前調査事項 Preliminary research.

次の